FC2ブログ

(エア)今週は試合がない チーム数奇数のJ3は第4節

(ご存知のとおり、新型コロナウイルスの影響は更に大きくなり、J3に関しては、4/11,12の第6節まで開催延期となりました。ですが、エア記事として、プレビューを書きます。気に入らない方はスルーしてください。)

今年からJ3はFC今治が昇格して19チームになった。
チーム数が奇数になったことにより、試合のない節ができることになったが、カターレはこの第4節が試合のない節に。

まだ、県総が使えない時期ということもあり、この時期に休みの節を消化できるのはいいのかもしれない。
まだシーズンは始まったばかりで、まだ一進一退が続く状況。
例年、このあたりから、今年の上位下位がはっきりしてくる。

次節のY.S.C.C.横浜戦は大事な一戦になる。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

(エア)福井で迎えるホーム開幕戦 相手は昨年3位の藤枝

(ご存知のとおり、新型コロナウイルス感染対策として、Jリーグは少なくとも3月中は公式戦を行わないことになりました。ですが、エア記事として、プレビューを書きます。気に入らない方はスルーしてください。)

3月22日、いよいよ迎えるホーム開幕戦。
ホームである富山県総合運動公園陸上競技場が芝の張り替えのため使えないため、今年は福井での開催となる。
(去年は長野Uスタジアムをお借りしました。ありがとうございました。)

会場となる福井県のテクノポート福井スタジアム。
行ったことはないが、2018年の国体でサッカー会場として使われた場所で、収容人数が21,000人!
専用スタジアムなのにちょっと客席からピッチまで遠いということがあるようだが、お借りするのにそれは小さな問題。
ありがたいことである。

この場所をホームとして迎えるホーム開幕戦。
開幕戦はきれいに勝ちたいところ。

対戦相手の藤枝とは、7勝2分2敗と相性は比較的いい。
ホームでは昨年の敗戦まで全勝だった。
とはいえ、藤枝は昨年チームが大きく変わって躍進。
今年はそのメンバーの軸が残っている。
昨年のMVP級の活躍だったデカモリシこと森島は健在で、DFリーダーの秋本もいる。
それにJ3最多得点の大石が加入し、攻撃力は増している。
今年も上位に絡んでくるだろう。

いずれにせよ、今年を占う上で非常に大事な一戦になる。
福井の会場を借りて、ホームの大声援を送りたい。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

(エア)開幕ダッシュに向けて 日曜はアウェイ福島戦

(ご存知のとおり、新型コロナウイルス感染対策として、Jリーグは少なくとも3月中は公式戦を行わないことになりました。ですが、前節同様、エア記事として、プレビューを書きます。気に入らない方はスルーしてください。)

3月15日、カターレ富山は、第2節、アウェイで福島ユナイテッドと対戦する。
昨年の最終順位が11位だった福島。
途中、上位をうかがおうかと言う時期もあったが、結局はこの順位に落ち着いた。

昨年はカターレのホーム開幕戦で対戦し、1−3で敗戦した。
カターレが去年2点差以上で敗れたのは2試合しかないが、そのうちの1チームである。

相手が福島ということになれば、俄然新加入の武に注目が集まる。
去年まで福島のエースだった男。
11位だったチームで15点をあげ、福島の総得点の3分の1を叩き出している。
マークは武に集中するだろうから、その隙をついて、武以外の選手に頑張ってもらいたいところだ。

福島は開幕から2試合連続でホームでの戦いになる。
東日本大震災が起きた3月11日をはさんでのホーム2連戦。
今年は新型コロナウイルスの影響もあって例年よりも東日本大震災の報道は少なかったように思う。
だが、福島にとっては特別な日。
試合日の前日には常磐線が前線で運行再開という明るいニュースもある。

この特別な日に福島で試合ができることを楽しみたい。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

(エア)いよいよ開幕!勝負の2020年、開幕はアウェイ鳥取戦

(ご存知のとおり、新型コロナウイルス感染対策として、Jリーグは3月15日までの開催試合を延期しています。本来なら、J3は3月7日に開幕を、カターレ富山は3月8日に初戦を戦う予定でしたが、この措置により、少なくとも第2節までの延期が決まっています。ただ、少しでもこの重苦しい空気を和らげたいと、本来行われるはずの日程に沿って、妄想でプレビューをしていきたいと思います。1日も早い開幕を待っています。Jリーグのサポーターは全て同じ気持ちだと思います。)

3月8日、カターレ富山の2020年は、アウェイ鳥取戦で開幕する。
昨年の最終順位は、4位。
シーズン後半に驚異的な追い上げを見せたものの、一歩届かなかった。
全体で見れば、前半に勝ち点を落としていたのが痛く、今年は開幕から勝ち点を積み重ねていきたい。

サッカーダイジェストの開幕予想スタメンは、
GK岡、DF柳下、林堂、今瀬、松原、MF大谷、碓井、花井、佐々木陽次、FW平松、武
となっている。

実際のスタメンは、これとはまた違ったものになるだろうが、やはり期待は前線の大谷、平松、武ということになる。
後半戦だけでそれぞれ9ゴール、7ゴールをあげた大谷と平松に加え、福島で15点をあげた武が加入し、得点力は間違いなくアップしているはず。
パスの供給源となる花井も健在であるし、そこは不安はない。
未知な点といえば、昨年攻撃のアクセントになっていた左サイドだ。

去年の白石、前嶋のコンビは間違いなくJ3でも屈指のコンビで、2人ともJ2へ個人昇格していった。
去年のこの2人、特に白石はドリブルが得意で、ボールを持てば必ずチャンスを作っていた。
これに代わるタイプといえば、新加入の戸高になるのだろうが、スタメンに定着できるかは未知数。
白石は攻撃のアクセントにもなっていただけにいなくなると攻撃はどうなるだろうか。
また、左サイドバックに入ることが予想される松原もタイプは違う。
ロングスローは間違いなく武器になるだろうが、逆にいうと、その際はゴール前にヘディングに強い選手が必要だ。

またメンバーが代わった守備面もどうだろうか。
今瀬がどれだけまとめられるか、またGK榎本の存在は何だかんだ言って大きかったので、それに代わるプレーを岡が見せられるかということになるだろう。

対する鳥取は、昨年の得点源の林が移籍するなど、選手は大きく入れ替わっており、また違ったチームになっているはず。
その中で、フェルナンジーニョは今年も健在で、攻撃は彼が中心となるだろうか。
ここ数年は鳥取も開幕直後はあまりよくない年が続いている印象があるので、開幕戦にかける思いは強いだろう。

いずれにせよ、いよいよ開幕だ。
長いシーズンの始まりだが、応援する側からはこれほど楽しみな日はない。
今年どんなサッカーを見せてくれるのか期待は大きい。
いや、期待しかない。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

どこにでもあるどこかになる前に。(藤井聡子著/里山社)

富山県にUターンで帰ってきた著者が書いた、何というのだろう、富山に戻る前と戻ってきてからを綴った記録というべきだろうか。

何年か前にはピストン藤井という名前で富山県内の珍スポットを紹介する地元の芸人のような感じで、テレビにも出ておられた。
だが、この本を読むとその姿は本当に彼女が目指していたものではなかったようである。
テレビで見た時にはきちんと見ていたわけではないが、それはそれで面白い視点だったような気がするが、迷いながらの当時の輝きだったようだ。

この本のタイトルを見た時、富山の街作りに対する批判のようなものが書いてあるのだろうか、という気がしたが、それは半分外れて半分当たっていた。

自分が好きな映画という仕事に関わることで充実した時を過ごしていた東京時代、しかし出版不況の波を感じて、著者は「都落ち」することになり、ライター活動を始める。
初めは富山の珍スポットを紹介するような記事を地元のタウン誌に掲載していた。
その中で交友関係も広がって行く。

テレビで見たことがある日本海食堂や、立山登山に行く時に必ず目にする独自のコンビニ「サンダーバード」、街中で女手一人で切り盛りしている「総曲輪ビリヤード」などなど。
それぞれその店を運営している個性的な店主に著者は惚れ込んでいる。
つまらないと思っていた富山で、根を下ろしてそれぞれの居場所を作ろうとしている人達に大きな影響を受ける。

いろんなエピソードが出て来るが、富山市中心部でいろんなイベントの裏方として顔を出しておられた島倉さん、そして自分も何度か行ったことがあるフォルツァ総曲輪のエピソード。
島倉さんは、残念ながら49歳という年で亡くなられている。(私も現在その年だ)

そして、フォルツァ総曲輪。
私がそこで見た映画は「サウダージ」という映画と、佐村河内氏の映画(タイトルは忘れた)。
渋い映画をよくやっていた。
「ヤクザと憲法」も見に行きたかったが、結局タイミングが合わなかった。
富山市の助成金をもらいながら、シネコンでは絶対にやらないような映画をよくやっていた。
富山市も大らかだったと思う。

それが数年前、近くにシネコンができた時に助成金が打ち切られ、存続できなくなった。
しかし、このフォルツァ総曲輪はこの春に復活する。
富山駅路面電車の南北接続が行われるというタイミングでだそうだ。
このタイミングはよくわからないが喜ばしいことだ。
嬉しいニュースである。

そのほか、消えてしまった富山駅前のシネマ食堂街と富劇ビルの話題が出てくる。
まだ昭和の香りが残っていた見た目は薄暗い裏通りである。
今は無味乾燥な新しいビルになり、面影はあまりない。
新幹線が来て確かに駅前の見た目はきれいになった。
だが、いわゆるその土地の味というものはますます消えて行ってしまっている。

まさにどこにでもある地方都市になりつつある富山。
その中で、これから異質な光を放ち続けようとする姿勢に、自分もそうありたいと思う。
言葉で誰かの気持ちを動かしたいという気持ちは、まだ往生際が悪く、あきらめられない。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

出張

出張で鳥取へ向かい、明日は岐阜へ向かうという強行軍。
岐阜といっても中津川なので名古屋に宿泊。
手羽先とどて煮食べて少しは元気回復。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

一週間の韓国ニュース

気が向いた時にやる一週間の韓国ニュースです。

「ソル」の連休 104万人が仁川空港利用の見通し
新型コロナウイルスの影響は大きくなく、今年も移動が激しいようで。

韓国、男性の育児休暇2万人突破 全体では10万人超え
韓国でも増えてきているとは思いますが、実際の企業ではどう受けられているのだろう。

韓国、去年の成長率2.0% ここ10年で最低
景気の落ち込みが深刻なようです。

「パラサイト」 全米映画俳優組合賞で最優秀作品受賞
全米俳優組合というのがあるんですね。原題は「寄生虫」でしたか。

新型肺炎の患者 韓国で初めて確認、中国以外では3か国目
想像以上に中国からの旅行者が多いんでしょうね。

野球世界ランク 韓国は3位
日本のポイントが突出していますね。


今週は、以上です。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

退院

父親が1か月ほど入院していたのだが、いよいよ今日退院することになった。
午後から休暇をもらって病院へ。
何だか迎えに来る時間で行き違いがあって、機嫌が悪かった。
先が思いやられるが、何とかやって行くしかない。

どこまで自分が協力できるかというところである。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

早歩き

体重が徐々に増え続けている。
冬場で通勤も結構歩いているが、あまりそれは影響しない。
それならと今日は意識して早歩きにしてみた。

効果がどれほどあるかはわからない。
3kgくらいは落としたいところだが、どうなるか。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

久しぶりに

妻の体調が昨日から悪いので、朝食を作る。
段取りが悪く遅くなりそうだったが、何とか仕事に遅れることはなかった。
仕事は早いうちにやるべきことをやったつもりだったが、忘れていたこともあり、うまくいかず。
何とか乗り切りました。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク