FC2ブログ

負けるべくして負けた ガイナーレ鳥取 対 カターレ富山

前節、ホームで藤枝を相手に3-0で勝利を飾った。
そのメンバーをどれだけ残すのかと思っていたが、スタメンは再び前々節のメンバーが中心になった。

スタメンは、GK岡、DF今瀬、林堂、田中佑昌、MF花井、末木、稲葉、椎名、戸高、FW武、平松。サブはGK齋藤、DF柳下、MF佐々木一輝、松本雄真、FW大谷、松澤、宮城。
スタメンは7人入れ替わり、連続のスタメンは岡、椎名、末木、稲葉の4人だけだった。

フォーメーションは、末木が左サイドバックに入った4バック。
前半はお互いにあまり大きなチャンスを作ることができず、過ぎていった。
前節の試合はそこから後半に一気に得点を奪えていたが、まだ流れはつかめずにいた。

後半に入ると徐々に鳥取に流れをつかまれる。
DFラインの裏を取られ始め、鳥取は交代でフェルナンジーニョを投入し、攻勢を
強める。

そして85分にとうとう右サイドを崩されて、失点を許した。
終了間際にはさらに相手にスーパーなミドルシュートを決められて試合は終了。
何となく嫌な流れになっていたのだが、その流れを食い止めることができずに、予想通りと言っては失礼だが、そのまま敗れてしまった。

今日はスタメンのメンバー選考に疑問を感じた。
ディフェンスに不安がある中で、前節今年初めて無失点に抑えた。
そのディフェンスラインは右から柳下、ルーカス、戸根、佐々木一輝だったと思うが、その全員が今日はスタメンではなかった。

特に中心として頑張ったルーカスと戸根はメンバーにすら入らなかった。

連戦が続く中でどんなメンバーが出ても結果が残せるというのは聞こえがいいが、結果を残しても、次の試合で使われないのでは、チーム内に公正な競争があるとは言えないのではなかろうか。

安達監督はこんなものではないだろう。
ここからの大逆襲を期待している。



(選手の動向)
1 GK 岡 5試合連続スタメンフル出場
2 DF 松原 ベンチ外
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 2試合ぶりスタメンでフル出場
6 MF 碓井 ベンチ外
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 2試合ぶりスタメン
10 MF 花井 2試合ぶりスタメンでフル出場
11 FW 大谷 今季初のサブから途中出場
13 MF 佐々木一輝 2試合ぶりサブから途中出場
14 FW 大野 ベンチ外
15 MF ルーカス・ダウベルマン ベンチ外
16 MF 末木 3試合連続スタメン
17 MF 稲葉 4試合連続スタメンで2試合連続フル出場
18 FW 松澤 2試合連続途中出場
19 DF 柳下 今季初のサブ
20 FW 宮城 2試合ぶりサブから途中出場
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 2試合連続スタメン
23 DF 林堂 2試合ぶりスタメンでフル出場
25 MF 松本 2試合連続途中出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 MF 田中佑昌 2試合ぶりスタメンでフル出場
31 GK 齋藤 3試合連続サブ
32 MF 戸高 2試合ぶりスタメン
33 MF 池高 ベンチ外
37 FW 平松 2試合ぶりスタメン

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

ここで相手を叩かなければ上には行けぬ 日曜は鳥取戦

水曜の藤枝戦で2試合ぶりの勝利を挙げた。
3連戦の3戦目の相手は好調の鳥取だ。

過去の対戦成績はカターレの10勝5分2敗と相性はいいが、今年の鳥取は5勝1分1敗と好調。
試合内容はほとんど追えていないのだが、1点差で4試合を勝利しており、しぶとく戦えているようだし、前節、上位対戦の熊本とも引き分けている。

カターレの注目は中3日で迎える試合にどのようなメンバーで臨むのかということだ。
特に前節メンバー外だった花井と今瀬に注目が集まる。
花井頼みだった攻撃と今瀬に頼っていた守りは今節どうなるのか。

ここまでの試合では、どんなメンバーが出ても一定のレベルは保たれてはいるが、軸となる得点パターンや守備の確立は大事なところ。
相手は充実している中ではあるが、ここで鳥取と勝ち点を離されると優勝はおろか昇格すら遠のきかねない。

厳しい試合にはなるだろうが、素晴らしい試合を見せて欲しい。

カターレ通信2020
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

後半波に乗り快勝 カターレ富山 対 藤枝MYFC

前節の福島戦は終了間際に追いつかれ、なかなか調子が上がらないカターレ。

中4日で迎える水曜日の一戦。
スタメンは、GK岡、DF戸根、ルーカス、柳下、MF佐々木一輝、末木、稲葉、椎名、FW大谷、大野、宮城。サブはGK齋藤、DF林堂、MF松本、馬渡、池髙、FW武、松澤。
前回の水曜の試合はスタメン全員を入れ替えていたが、今回は前節から7人を入れ替えた。
入れ替えはともかく、今回は花井、今瀬がサブにも入らず、ボランチの二番手の碓井もメンバー外。
ボランチは稲葉と末木で、ゲームキャプテンは稲葉。
稲葉、頼むぞ、という試合だった。

仕事が終わった後、見に行くつもりだったが、仕事が立て込んでしまい、結局行くのを諦めた。
映像を見ると試合の前半は藤枝にかなり攻められていた。
だが、相手のシュートが枠に飛ばなかったことで助かった。

後半に入っても、開始直後は藤枝が攻めていたが、53分にカターレに先制点が入る。
左サイドから稲葉を経由して右サイドに展開したボールはフリーの柳下に。
柳下はゴール前にクロスを入れるとその落下地点にうまく椎名が飛び込み、このヘディングシュートがきれいに決まる。
欲しかった先制点を奪った。

これで大きく流れが変わる。

完全にボールを支配とは行かないまでも、だんだんテンポがよくなった。
見ていると特に左サイドの宮城がボールを失わず、左サイドバックの佐々木一輝とのパス交換でいい流れを作っていた。

2点目は前線でFW大野が相手からボールを奪ってこれをシュート。
このシュートは相手DFに防がれたが、これで奪ったコーナーキック。
宮城が蹴ったコーナーキックに柳下がきっちりとヘディングで合わせて2点目を奪った。

その後も相手のボールをカットしてカウンターという展開が続き、間もなく3点目も入る。
選手交代がいろいろあって、富山のコーナーキックの時に藤枝の選手交代があった直後。
宮城のコーナーキックが流れたところ。
佐々木一輝がボールを左サイドから中央に持ち出して、綺麗なミドルシュートが決まった。

立て続けに3点が決まったことで勝負は決した。
問題はこのまま無失点に抑えることができるかだったが、ルーカス、戸根のセンターバックは、無理せずボールをカットし、繋げることに終始し、このまま抑え切った。

チームの軸である花井と今瀬がいない中の試合で、結果が出た。
次節、メンバーがどうなるかは不明だが、少なくともセンターバックは今日の2人の方が安定しているように見える。
どうなることだろうか。



(選手の動向)
1 GK 岡 4試合連続スタメンフル出場
2 DF 松原 ベンチ外
4 DF 戸根 3試合ぶりスタメンでフル出場
5 DF 今瀬 ベンチ外
6 MF 碓井 ベンチ外
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 2試合ぶりサブから途中出場
10 MF 花井 ベンチ外
11 FW 大谷 3試合連続スタメンでフル出場
13 MF 佐々木一輝 2試合ぶりスタメンで1得点
14 FW 大野 4試合ぶりスタメン
15 MF ルーカス・ダウベルマン 3試合ぶりスタメンでフル出場
16 MF 末木 2試合連続スタメン
17 MF 稲葉 3試合連続スタメンでフル出場
18 FW 松澤 3試合ぶりメンバー入りで途中出場
19 DF 柳下 3試合ぶりスタメンでフル出場、1得点
20 FW 宮城 加入後初スタメン
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 2試合ぶりスタメンで1得点
23 DF 林堂 ベンチ外
25 MF 松本 2試合ぶりサブから途中出場
26 MF 馬渡 2試合ぶりサブから途中出場
27 MF 田中佑昌 ベンチ外
31 GK 齋藤 2試合連続サブ
32 MF 戸高 ベンチ外
33 MF 池高 2試合連続サブから途中出場
37 FW 平松 ベンチ外

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

今のままではあっという間にシーズンは終わる 水を運ぶ選手の登場を 福島ユナイテッドFC 対 カターレ富山

前節、岩手を相手に逆転勝ちで大勝して、連勝をと臨んだ福島戦。

スタメンは、GK岡、DF今瀬、林堂、MF花井、末木、稲葉、田中佑昌、戸高、FW武、大谷、平松。サブはGK齋藤、MF碓井、佐々木一輝、ルーカス、池高、FW大野、宮城。
前節からは末木と武がスタメンに復帰してきた。

フォーメーションは、大谷がいつもの右サイドではなく、トップに張り、逆に平松が右サイドに出ていた。
序盤は一進一退だったが、大谷のシュートもあり、雰囲気は悪くなかった。
そして、林堂のパスを平松が受けて、それを武にスルーパス。
右サイドを抜けた武が中央にクロスを送ろうとしたところ、そのボールが相手にあたり、そのままループシュートのような形になってゴールネットを揺らした。
幸運ながらいい先制の形を作れた。

しかし、前半のうちに追いつかれる。
カターレの右サイドの裏を取られて抜け出される。
完全に後手に回ったディフェンスは、相手のマイナスのクロスを、末木がクリアできず、ゴール方向へ。
それを辛うじてGK岡がはじき出すもその先に福島の選手がいて同点とされた。

しかしそこからもあまり時間が経たないうちに勝ち越すことができた。
大谷の突破が相手GKのファウルを誘ってこれがPKに。
PKを蹴るのは武。
武が蹴ったボールは一度は相手GKにはじかれたが、それを武が先に押し込んで勝ち越した。

後半に入り、選手交代で花井がFWの位置に上がり、最終的にボランチは碓井とルーカスという形になった。
途中、花井の惜しいシュートなどもあったが、それは決まらずに、そのまま逃げ切りたいところだった。

だが、終了間際に相手のカウンターを許す。
途中出場のトカチが中央をドリブルで駆け上がり、最終的には、イスマイラへのスルーパス。
狭い場所だったが、これが通り、何度もDFやGKが防ごうとするが結局はボールを奪えず、最終的にはイスマイラに同点シュートを許してしまった。

開幕からどこか安定感に乏しい最終ライン。
今日も相手に裏を取られたり、勝っているときにカウンターを食らったりと何か不完全だ。
どうも流れがよくない。

去年は逆にミスがあっても不思議と相手のシュートが決まらなかったりということがあったが、今年は逆でうまく決まることが多い。
何なのだろう。
どうも守備の流れが良くない気がする。

個々の選手はいい選手なのだが、何かチームとなった時に今一つ力を発揮できていないというか何というか。
何か守りでもどうするのかというはっきりと明確なものが見えていない気がする。
毎試合、裏を取られて大ピンチを迎えたり、カウンターを受けたりというのでは、なかなか勝ち点を積み重ねていけない。

今日、また秋田が勝ったので、早くも秋田との勝ち点差は10となった。
最終ラインにテコ入れが必要なのではなかろうか。

また、去年ほどボールを保持できなくなってきているのも事実で、これが守備の負担を増している気もする。
次の藤枝戦はすぐにやってくるが、間隔が短いことによるターンオーバーよりも軸をしっかり据えて、ディフェンスを安定させることが長期的にはいい結果をもたらすと思っている。
選手はいるのだから、その中で元気のいい、いわゆる水を運んでくれる選手の登場を待ちたい。



(選手の動向)
1 GK 岡 3試合連続スタメンフル出場
2 DF 松原 ベンチ外
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 2試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 2試合連続サブから途中出場
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 2試合ぶりスタメンで2得点
10 MF 花井 2試合連続スタメン
11 FW 大谷 2試合連続スタメン
13 MF 佐々木一輝 今季初のサブから途中出場
14 FW 大野 2試合ぶりサブから途中出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 3試合ぶりサブから途中出場
16 MF 末木 2試合ぶりスタメン
17 MF 稲葉 2試合連続スタメン
18 FW 松澤 ベンチ外
19 DF 柳下 ベンチ外
20 FW 宮城 3試合連続サブ
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 ベンチ外
23 DF 林堂 2試合連続スタメンフル出場
25 MF 松本 ベンチ外
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 MF 田中佑昌 2試合連続スタメンフル出場
31 GK 齋藤 2試合ぶりサブ
32 MF 戸高 2試合連続スタメンでフル出場
33 MF 池高 2試合ぶりサブから途中出場
37 FW 平松 2試合連続スタメン

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

真価が問われる一戦 土曜は福島ユナイテッドFC戦

前節で連敗を止めて、2試合連続の東北アウェイとなる一戦。
前節は4得点を決めて非常に良い気分にはなったが、相手は最下位のチーム。
そこは多少割り引いて考えないといけないかもしれない。

そういう意味では、次に対戦する福島は、リーグ内では中位が予想されるチーム。
この相手を倒せるかどうかが今後を占ううえで重要だ。

スタメンは前節のメンバーが中心になるだろうか。
なんだかんだ言って、安達監督が信頼を寄せているメンバーが前節のメンバーだということはわかってきた。
サブメンバーもかなり充実していて、誰が出場しても遜色ない選手層にはなっている。

福島とは過去の対戦成績は5勝3分3敗。
決してものすごく相性がいいわけでなく、昨年も一昨年も1勝1敗。
この2年間は全ての試合で失点しており、相手を抑えられるかということよりも、今のチームスタイルからしてどれだけ点を奪えるかがカギになるだろうか。

思えば、その2年間は今年移籍してきた武が福島にいたわけで、彼が移籍した後は初の対戦になる。
そういう意味ではエースを引き抜かれた福島の方により強く燃える要素がある試合。
チームの中心、橋本は健在のようだし、新FWイスマイラも元気のようだ。
前半は集中して失点しないことが重要。

アウェイで連勝といきたい。

カターレ通信2020
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

内容はともかく結果を出して連敗は止めた いわてグルージャ盛岡 対 カターレ富山

ホームで2連敗を喫した後に迎えたのはアウェイでのグルージャ戦。
相手のグルージャはまだ勝ちがなく、チーム状態は良くない。
昨年の8月からずっと勝ちがない状態だが、そんな時だからこそ、気をつけなければいけない試合だった。

スタメンは、GK岡、DF今瀬、林堂、MF花井、大谷、佐々木一輝、稲葉、椎名、田中佑昌、戸高、FW平松。サブはGK田中勘太、DF戸根、MF碓井、松本、馬渡、FW武、宮城。
前節全員を入れ替えたスタメンからは再び9人を入れ替えて、2試合連続のスタメンは岡と椎名というメンバーだった。
またその中で、GK田中とMF馬渡が初めてメンバー入りを果たした。
その一方でグルージャ戦が得意の佐々木陽次はメンバーにも入らなかった。

試合は前半、試合開始早々に、こういう相手に一番与えてはいけない先制点をあっさりと献上する。
CKから綺麗に決められてしまった。
グルージャは勢いづいて、活気にあふれていた。
そんな中でDFの石井が負傷し、昨年までカターレにいた脇本が投入された。

正直嫌な予感がした。
脇本は守備的な選手で、守るという状況で特に力を発揮する。
早い時間帯で脇本が投入されて、守備が強化されてしまうのではと思った。

前半は徐々に試合を試合し始めるものの、なかなかゴールが決まらない。
嫌な流れになりつつあった。
そんな流れをチームのエースが救う。

左サイドを突破した戸高からの鋭角の折り返し。
ゴール前にいた稲葉がスルーし、その後ろに走り込んだ花井がミドルシュートを決めた。
前半のうちに追いつけたのは大きかった。

後半に入り、勝ち越し点は58分。
大谷が花井からのパスに抜け出してゴール前へ。
相手GKとの競合いで倒されてPKになり、これを後半に投入されたばかりの武が決めた。

勝ち越してからも、相手のチャンスがあったが、これはGK岡が防ぐ。
2点は防いでくれただろうか。
今日の陰のヒーローは岡だ。

このピンチをしのぐと、3点目が生まれる。
右サイドを突破した田中からのクロスに走り込んだ花井が合わせる。
ペナルティエリアの外でゴールまでには距離があったが、ループ気味に狙ったシュートは綺麗にサイドネットに決まった。

この後、花井はお役御免で松本に交代。同時に大谷に代わって宮城も投入された。
特別指定選手の松本はJリーグデビューとなった。

試合はその後さらに4点目が入る。
終了間際の88分。
右サイドの田中のボール奪取からパスがつながり、前線へ。
そこへ走り込んだのは途中交代の宮城で、前線でDFをかわしてシュート。
一度はDFに防がれるが、そのこぼれ球をもう一度シュートして、ゴールを揺らした。

2試合目の出場となった宮城はこれがJ初ゴールとなった。
年代的には高卒で川崎フロンターレに下部組織から昇格し、即カターレにレンタルされてきた選手。
若いとはいえ、さすがとも思える能力の高さを見せてくれた。
今後の活躍も楽しみだ。

全体的には守りの連携が悪く、何度かピンチを招いていた。
課題も多かったが、それでも自らの力で流れをつかみ、得点を積み重ねたのは大きい。
結果を残すことで、チームは良い方向に向かうと信じる。
そのきっかけにしないと。



(選手の動向)
1 GK 岡 2試合連続スタメンフル出場
2 DF 松原 ベンチ外
4 DF 戸根 サブ
5 DF 今瀬 2試合ぶりスタメンでフル出場
6 MF 碓井 2試合ぶりサブから途中出場
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 2試合ぶりサブから途中出場、1得点
10 MF 花井 2試合ぶりスタメンで2得点
11 FW 大谷 2試合ぶりスタメン
13 MF 佐々木一輝 2試合ぶりスタメンでフル出場
14 FW 大野 ベンチ外
15 MF ルーカス・ダウベルマン ベンチ外
16 MF 末木 ベンチ外
17 MF 稲葉 2試合ぶりスタメン
18 FW 松澤 ベンチ外
19 DF 柳下 ベンチ外
20 FW 宮城 2試合連続途中出場で1得点
21 GK 田中勘太 初のサブメンバー入り
22 MF 椎名 2試合連続スタメン
23 DF 林堂 2試合ぶりスタメンフル出場
25 MF 松本 2試合連続サブからJデビュー
26 MF 馬渡 初のサブメンバー入りから今季初出場
27 MF 田中佑昌 2試合ぶりスタメンでフル出場
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 戸高 2試合ぶりスタメン
33 MF 池高 ベンチ外
37 FW 平松 2試合ぶりスタメンフル出場

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

連敗を止めて上位を狙え 日曜はいわてグルージャ盛岡戦

ホームで2連敗を喫してしまい、苦しい状態が続く。
3連戦の最後はアウェイでの岩手戦となる。

今年大型補強を行った岩手だが、まだ1分3敗と勝ちがない。
昨年から通算して18試合勝ちがない状態だそうだ。
しかしどんなチームでも負け続けるというはずはなく、いつ歯車が噛み合い出すかわからない。
メンバー自体はJ3でも屈指のメンバーが揃っているので、要注意だ。

前節メンバーを総入替えしたため、この試合はどんなメンバーで来るのか全く想像がつかない。
ここまでの試合ではどんなメンバーでも悪くない試合はするが、まだ圧倒するほどではない。
ある程度支配できても相手に引かれるとなかなかゴールを割れない試合が続いている。

キーとなるのは、やはり大谷だろうか。
スピードのある彼が、スペースをついて飛び出す形がなかなか見られない。
去年のように大谷に得点が生まれ始めるとチームの調子は上向き出すかもしれない。

いずれにしても結果がほしいところ。
がんばれ。

カターレ通信2020
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

スタメン総とっかえもアクシデントで元のチームに カターレ富山 対 ブラウブリッツ秋田

前節の痛い敗戦を受けて、迎えたホーム2連戦の2試合目。
平日開催ということで、お客さんの入りも心配された。
天候の方は、悪天候ではあったが荒天とまではならず、何とかもってくれた方だろうか。
まずスタメンを見て驚いた。

後から知ったが、前節からスタメン全員を入れ替えてきた。
スタメンは、GK岡、DF松原、戸根、柳下、MF碓井、佐々木陽次、ルーカス、末木、椎名、FW 武、松澤。サブはGK齋藤、DF今瀬、MF花井、松本、池高、FW大野、宮城。
全員入れ替えではあるのだが、特に戸根は2年目でJ初出場。柳下は今季初のメンバー入りで初出場。ルーカスは初スタメンで、ルーキー松澤はJ初出場となった。
また初めて松本と宮城がメンバー入りした。

試合は前半、早々に左サイドバックの松原が負傷交代する。
これが結果的には大きかったのかもしれない。
代わりに入ったのは花井で、初めてボランチとして出場していた末木が左サイドバックに下がることになった。

花井はチームの中心でどうしても花井にボールが集中する傾向にある。
今日も結局はそうだった。
流れを変えようとしてスタメンを全て変えたのだったら、花井の投入は結果として早すぎたように思う。
メンバーは変わったが、結局はこれまでのチームになってしまった気がする。

前半、椎名のシュートからそれを相手GK田中が弾いたところに武が詰めたが、決まらず。
その他にもいくつかシュートを打つが決まらず。
ピンチをしのいだ後もチャンスはいくつかあった。
前半終了間際に椎名のクロスを相手DFが手で防いだように見えた場面もあったが、PKのジャッジは下らず。

後半、徐々に押し込んで行ったが、そこを耐えた秋田がボールを支配する時間ができた。
こうやってボールを持たれると、やられるのを何度か見てきたが、今日も結果的にその流れになってしまった。
カターレの右サイドでボールを回されて、そこからうまくクロスボールを入れられて途中出場の井上に決められて失点。
試合はこのまま終わってしまった。
観客が入るようになった試合でホーム2連敗。
非常に痛い。

それに首位秋田に敗れたことで、早くも勝ち点差は8となり、優勝を目指すにはもうこれ以上離されたくない勝ち点差になっている。
去年後半絶好調になったとはいえ、結局は前半の取りこぼしが痛く、昇格圏には届かなかった。
これを繰り返したくはないが、今年も同じような展開に早くもなりつつある。

ただ、去年は勝ち点をつかめない時期にもゲームは支配しており、そこに得点パターンができて結果がついてきたところがあるが、今年はまだそこまでゲームを支配できているわけでもない。
心配な点はそこである。
また、新しいメンバーが多いだけに結果が出ないとまとまりが生まれないという危険もある。
まずは、2勝目を早くあげたい。



(選手の動向)
1 GK 岡 今季初スタメンでフル出場
2 DF 松原 今季初スタメンも前半早々に負傷交代
4 DF 戸根 初スタメンフル出場でJデビューを飾る
5 DF 今瀬 今季初のサブから途中出場
6 MF 碓井 2試合ぶりスタメンでフル出場
7 MF 佐々木陽次 2試合ぶりスタメン
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 今季初スタメンでフル出場
10 MF 花井 今季初のサブも前半早々から途中出場
11 FW 大谷 ベンチ外
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 FW 大野 2試合ぶりサブから途中出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 今季初スタメンでフル出場
16 MF 末木 2試合ぶりスタメンでフル出場
17 MF 稲葉 ベンチ外
18 FW 松澤 初スタメンでJデビュー
19 DF 柳下 今季初出場初スタメンでフル出場
20 FW 宮城 今季初のメンバー入りから途中出場でJデビュー
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 2試合ぶりスタメン
23 DF 林堂 ベンチ外
25 MF 松本 今季初のメンバー入り
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 MF 田中佑昌 ベンチ外
31 GK 齋藤 今季初のサブ
32 MF 戸高 ベンチ外
33 MF 池高 4試合連続途中出場
37 FW 平松 ベンチ外

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

秋田を止めろ 水曜はホーム2連戦 ブラウブリッツ秋田戦

前節、痛い負けを喫した試合がまだ印象に強く残る中、すぐに次の試合がやってくる。
これが過密日程となる今年の特徴かもしれない。

そんな中で迎えるのは絶好調の秋田。
ここまでの3試合、いずれも複数得点で、無失点。
得失点差は8である。

今年就任した吉田監督のもと、今年加入したFW齋藤と、再び吉田監督の指導を受けることになったFW中村の2人が絶好調である。
カターレが苦手とするタイプ(快足とパワー系)のFWでもあり、注意が必要だ。
ここまでの3試合、DFのミスが失点につながる場面が目立っている。
攻撃陣は厚みが増しているが、その一方でDFの方は連係ミスが見られるのが心配なところだ。
なかなかDFラインをいじるのは難しいところだが、どうするのか。
監督の采配に注目したい。

また、連戦となるため、スタメンがどうなるかも注目だ。
前節は、前々節のスタメンだった佐々木陽次や椎名がメンバー外になっていた。
彼らが戻ってきてまたスタメンに名を連ねるのか、どんなメンバーになるのかが注目の的だ。
今季まだゴールがない大谷や平松にもそろそろ得点が欲しいところ。

ここで星を落とすと早くも勝ち点差が8に開いてしまう試合。
秋田に初黒星を付けて、何としても勝ち点3をつかみたい。

デジタルマッチデープログラム配信!
会場での配布はありません。

カターレ通信2020
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

今季初の有観客試合は悔しい試合に カターレ富山 対 アスルクラロ沼津

前節の大逆転を受けて、いよいよ迎えたホームでの有観客試合、沼津戦。
始まる前から楽しみで、事前のチケット発行はちょっと手間ではあったが、それもそれほど気にならないくらいに楽しみにしていた。

いつものようにスタグルを楽しんで、というわけには行かないので、開始30分前に到着。
今日はメインで観戦。
いつものようにゴール裏からのコールもなく、静かな立ち上がりだった。

スタメンは、GK齋藤、DF今瀬、林堂、田中佑昌、MF花井、佐々木一輝、稲葉、戸高、FW大谷、大野、平松。サブはGK岡、MF碓井、ルーカス、末木、池高、FW武、松澤。
佐々木一輝、稲葉、大野が初スタメン、戸高がスタメンに復帰した。
また初めて松澤がメンバー入りした。

試合は前半、ややカターレが支配していたが、なかなかシュートには至らず。
佐々木一輝のミドルシュートが印象には残った。
だが、沼津も機を見て逆襲し、決定的なチャンスを二度作った。
クロスバーに当たるシュートもあった。

後半開始からは大野に代わって武が投入され、武の惜しいシュートが何度かあった。
ただ後半の早い時間に花井が碓井と交代。
前節を見て花井と武は合うと思ったのだが、一緒にいる時間は短かった。

お互いに得点を奪えないまま終盤に。
徐々にゴールに近づいていたカターレ。
碓井が抜け出して放ったシュートが一番惜しかったが、これは相手GKに防がれた。
これだけでなく、武のシュートなど、相手GKが当たっていた。

何とか1点を、と思っていたが、逆に失点を許してしまう。
相手のパスにDF林堂が追いついたように見えたが、競り合いに負けて、相手FW渡辺とGK齋藤とが一対一になり、これを決められてしまった。

試合はこのまま終了。
初めて観客が入った試合で残念な結果になってしまった。
沼津も決して怖いチームではなかったと思うが、結果的には敗れてしまった。
去年、勝利も奪って苦手意識はなくなったと思ったが、そうはなっていなかった。

次の試合はすぐに来るので、次はいい試合を見せて欲しい。



(選手の動向)
1 GK 岡 3試合連続サブ
2 DF 松原 ベンチ外
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 3試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 今季初のサブから途中出場
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 3試合連続途中出場
10 MF 花井 3試合連続スタメン
11 FW 大谷 2試合連続スタメン
13 MF 佐々木一輝 今季初スタメン
14 FW 大野 今季初スタメン
15 MF ルーカス・ダウベルマン 3試合連続サブから今季初出場
16 MF 末木 今季初のサブから途中出場
17 MF 稲葉 今季初スタメン
18 FW 松澤 プロ入り初のメンバー入り
19 DF 柳下 ベンチ外
20 FW 宮城 ベンチ外
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 ベンチ外
23 DF 林堂 3試合連続スタメンフル出場
25 MF 松本 ベンチ外
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 MF 田中佑昌 3試合連続スタメンフル出場
31 GK 齋藤 3試合連続スタメンフル出場
32 MF 戸高 2試合ぶりスタメンでフル出場
33 MF 池高 3試合連続途中出場
37 FW 平松 3試合連続スタメンでフル出場

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
55位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク