久しぶりのホーム 連勝を目指して 日曜はG大阪U23戦(2017/6/22)

(いろいろあって、ずっと更新できずにいました。まだ落ち着いたわけではありませんが、何とかブログを更新しようという気持ちにはなれました。今後も頻繁に更新とはいかないとは思いますが、よろしくお願いします。)



アウェイ2連戦は結局1勝1分で乗り切った。
秋田に勝てなかったのは残念だったが、結果を見れば、上出来だろう。
それでも、秋田との差は結局詰められなかった。

前節は、苔口のゴールで勝利した。
相変わらず、苔口は調子がいい。
その下で動く椎名も絶好調だ。
天皇杯ではゴールも決めた。

相手のG大阪U23は長身の郡が2試合連続ゴール中とのこと。
前節苦戦した長身FWである。
元々、今年の選手構成では、ヘディングに強いDFが少なかったが、その部分が前節出てしまった。

前節、ハン・スンヒョンを投入したが、元々FWの選手で、完璧ではなかった。
今節はその対策をしっかりととってほしいところ。

天候はあまり良くなさそうだが、雨の日は強いというデータもある。
今後、昇格のライバルチームとの対戦が続くので、確実に勝っておきたい。
また、メンバーはどうするのか。
天皇杯は鳥取戦と基本的に同じメンバーで臨んだが、日曜はメンバーをどうするのか。
苔口、椎名、北井、佐々木一輝は好調なので、いじらずに行くのか。
また、國吉が全く出場しなくなってしまったが、そこの穴をどうするのか。
出場メンバーにも注目である。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

もう一度仕切り直し 土曜は相模原戦(2017/6/1) 



前節は長野に敗戦を喫して、ホームに帰ってきた。
迎えるは相模原である。

去年は1勝1分。ホームでは最終戦であたり、当時、調子が悪かったが、先制されて引き分けた。
今年の相模原は順位は上にはきていないものの、改めて成績を見ると、2敗しかしておらず、ここ6試合負けなしである。
この中には、前節の栃木からの勝利や北九州からの勝利があり、調子がよかった福島や沼津からの引き分けもある。
GK川口も復帰して、調子は上向きだろう。

一方のカターレは、前節もそうだったが、とにかくゴールが遠い。
1点取られるとかなり苦しい展開になりそうだ。

メンバーはどうなるのか。
正直なところ、全くわからない。
苔口のワントップが、結局のところ、一番形にはなっているが、なかなかシュートの形までいかないし、シュートも枠に飛ばないという状態が続いている。

簡単にゴールは割れないだろうが、上位から離されないためにも何とか勝利がほしい。

(パブロは今日も出ないのかな。)

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

ゴールが遠く敗戦 AC長野パルセイロ 対 カターレ富山(2017/5/28)

アウェイ長野までバスツアーで向かってきた。
昨日飲んでいたせいか、朝から調子が悪く、あまり何も食べたくない感じである。

長野についても、あまり食べる気分はならず、ハーフタイムにようやく食べようかと思ったが、その頃にはほとんどのものが売り切れていて、結局は主食は何も食べずという状態になってしまった。
ちょっと、主食系が少なかったような気がするので、思わず、長野の運営に意見としてメモを書いてきてしまった。

試合の方は、前半からやや押され気味で、セットプレーで失点。

後半に入り、北井が途中交代で入ったあたりから、追いつこうという姿勢は見えたが、何しろシュートが枠に飛ばない。
萱沼のヘディングシュートが一番惜しかったように感じたが、後から見返すと枠からも少し遠かった。

試合の終盤に長野のベンチ(カターレで引退した水谷GKコーチ)から何やら不穏当な発言があったようで、山形が激昂するシーンがあった。
あの時間帯で怒るのだからよほどのことだったのだろう。

いずれにせよ、負けは負け。
帰りのバスはつらかった。

もう一度出直しだ。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

完全アウェイの中で重要な試合 日曜は長野戦(2017/5/25) 



この煽り動画を見て思う。
アウェイでは2か月も勝っていないのかと。
ということは、と振り返ると盛岡戦以来ということになる。

でも、よく考えると、この間のアウェイといえば、藤枝戦とC大阪U23戦の2試合だ。
勝ちたい相手だったが、そんなに勝っていないという感覚でもない。

そこで、アウェイに乗り込んでの長野戦である。

なぜか長野とは毎年5月に試合がある。
何と言ってもベストゲームは2015年の初対戦、アウェイでの長野戦だ。

開始早々に中西のゴールでリードし、そのまま逃げ切った試合。
完全にアウェイの空気の中、文字どおり、戦ってつかみとった勝ち点3。
あの試合はJ3になってからの試合では、かなり上位に入る思い出に残っている試合。

長野戦では負傷していた平出が戻ってくるだろうか。
そうなら明るい材料だし、そろそろ萱沼にもゴールが欲しい。
前節も、結局は、苔口がワントップに入ってからが、何となく収まりがよかったが、得点力不足が顕著で、得点源はほしいところだ。

対する長野。
これまでの記録を見ると、カターレ以上に得点力不足が見られるが、逆に失点はリーグ最少の3。
ここまで9試合での失点3で、複数失点した試合はない。

こちらも失点は、沼津戦の3失点が響いているが、失点した試合数という意味では3試合。
本当に1点勝負になりそうな過去の成績である。

実際に、この対戦は毎年0−0で終わる試合がある。
今年もこのデータどおりなら0−0になる可能性もあるが、それではやはりつまらない。

それと楽しみなのは、今年移籍して行った三上である。
鹿児島戦で三浦監督の前でゴールを決めた三上。
富山相手にはそうはさせない。
楽しみである。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

カターレの批判記事(2017/5/24)

ネットを見ていたら、カターレに関するブログを見かけた。

Jリーグホームスタジアム訪問記〜カターレ富山〜

ネット上は批判が多かったが、書いてあることは妥当だったと思う。
今の状況はグラウジーズに注目が集まり、危機には違いない。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

確実に勝利 カターレ富山 対 Y.S.C.C.横浜(2017/5/20)

スタメンは、GK永井、DF山形、代、柳下、國吉、脇本、MF窪田、佐々木陽次、萱沼、衛藤、FW苔口。サブはGK服部、平出、MF椎名、西室、北井、木本、ホドリゴ・カベッサ。

試合は、開始早々からやや危ない場面が何度かあったが、そこは無難にしのぎ、徐々にこちらのペースに。
前半は得点が入らず、少々フラストレーションがたまったが、後半に入って間もなく、山形ー衛藤のホットラインで先制点を奪い、そのまま逃げ切った。

(選手の動向)
1 GK 飯田 ベンチ外
2 DF 脇本 3試合連続スタメン
3 DF 代  9試合連続スタメンフル出場
4 MF 國吉 7試合連続スタメンフル出場
5 DF 平出 サブメンバーに復帰
6 DF 山形 9試合連続スタメンでフル出場
7 MF 北井 8試合連続サブ
8 MF 窪田 5試合連続スタメンフル出場
9 FW 苔口 4試合連続スタメンフル出場
10 MF 衛藤 2試合連続スタメンで1得点
11 FW パブロ ベンチ外
13 FW 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 佐々木陽次 9試合連続スタメン
16 FW ハン・スンヒョン ベンチ外
17 MF 木本 2試合連続途中出場
18 DF 登崎 ベンチ外
19 DF 柳下 2試合連続スタメンフル出場
20 DF 進藤 ベンチ外
21 GK 永井 9試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 2試合連続途中出場
23 FW 萱沼 3試合連続スタメンでフル出場
24 MF 西室 3試合連続サブから途中出場
25 MF 梅村 ベンチ外
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 DF 石坂 ベンチ外
28 FW 西  ベンチ外
29 FW ホドリゴ・カベッサ 6試合連続サブ
31 GK 服部 5試合連続サブ

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

確実に勝ち点3を(という姿勢がいいのか迷っている) 土曜はY.S.C.C.横浜戦



最近、ちょっと迷っていることがある。
J2昇格を絶対的な目標として扱うのかどうか、そしてそれだけを追い求めるのか、である。

J2昇格のためには、この試合は確実に勝ち点3を奪わなければいけない試合である。
だが、勝ったとして、それを当たり前として感じるのもどうかと思っている。
勝ったことは勝ったこととして、思いっきり喜ぶべきなのではないかと。

また、この試合に限らないが、仮に引き分けや負けになった時に、そこでチームに不満をぶつけてそれで終わってしまうのか、それとも、そんな試合でも楽しかったと思うくらいの心構えで観戦するのがいいのかどうか。

昇格とかそういうことにこだわらないならば、いろいろともっと楽しむことができるはずである。
せっかくの週末の娯楽である。
それをどんな態度で臨むのか。

もちろん、負けた時にチームへの不満を観戦者が話をするのも悪いことではない。
それも楽しいことである。
チームに攻撃的な行為を行うのではなくて、試合を見た者同士で語り合うのはいいことだ。

去年はこのカードを見ることができなかったが、勝ったとはいえ内容に不満があり、それから試合後に喜ぶことをあまりしなくなったという経緯があるカードである。

昇格したいというのは、選手もチームも言っていることではあるし、その目標に向かって応援することに異論はない。
だが、何でもそううまくいくものではない。

とはいえ、そんな甘い態度では昇格にまで手がなかなか届かないのではないかという気もする。

が、プレイするのは選手であり、采配はそれを束ねる監督である。
試合を観る側は、とにかく、いい後押しと雰囲気づくりをすることしかできない。

いくら選手にもっと頑張れと言っても、その声にどこまで発奮してくれるのか。

やはり、後押しという言葉が好きである。
そんなスタジアムの雰囲気づくりに貢献したい。

試合のことも少々触れておこう。
前節はオウンゴールでの得点のみ。
試合はかなり試合できていたように思うが、その時間帯に得点を決められなかったのが、追いつかれた要因だった。

果たして、課題となっている得点を決められるのか。
どのような観戦をするのかというの課題は観る側の課題。
得点力はチームの課題ということで、双方の課題の解決のために、努力したい。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

もったいない引き分け C大阪U23 対 カターレ富山(2017/5/13)

いろんな見方ができるだろうが、まず、今日は勝たなければいけない試合だったということは強く思った。

スタメンは、GK永井、DF山形、代、脇本、國吉、MF佐々木陽次、窪田、萱沼、衛藤、FW苔口、柳下。
実際の並びは柳下がセンターバックに入り、脇本がボランチ、萱沼がワントップに入っているようだった。
サブは、GK服部、DF進藤、MF西室、椎名、木本、北井、FWホドリゴ・カベッサ。

試合は、相手のオウンゴールで先制し、後半にPKを与えるもGK永井が止める。
こんな試合は追加点を奪って逃げ切る、ヒーローはGK永井、というのが理想。
後半には高い位置でボールを奪ってゴールに迫る場面が何度もあったが、結局、ラストパスの精度が足りなかったり、シュートが枠に飛ばなかったり。

チャンスを逃し続けていると、C大阪の絶妙のクロスからシュートを決められた。
結局、相手の戦意をそぐ2点目を奪えなかったのが全て。
そして、同点になったクロスボールにもっとチェックに行けなかったのも問題だった。
いずれにせよ、もったいない試合だった。

J2昇格のためには、大きな連勝が必要。
そろそろそれを開始したいところだったし、それができるカードの巡り合わせのようにも見えたが。
スタメンではいろんな選手が入れ替わり出場しているが、やはり特にワントップの選手に得点がない。

萱沼も動きが良くなっては来ているし、苔口も得点力はある。
しかし、得点パターンというか、素早く前線で勝負するという形になかなかならない。
複数得点が奪えないなら、相手をゼロに抑えたいところだったが、それもかなわず。
幸いまだ上位は混戦で3位にはいる。
ただ、徐々に栃木が上がってきた。
秋田も走っている。
2位以内の確保が命題なら、何とか勝ち試合を増やさなければ。
まだまだと思っているうちに、シーズンはどんどん進んでいく。



(選手の動向)
1 GK 飯田 ベンチ外
2 DF 脇本 2試合連続スタメンフル出場
3 DF 代  8試合連続スタメンフル出場
4 MF 國吉 6試合連続スタメンフル出場
5 DF 平出 ベンチ外
6 DF 山形 8試合連続スタメンでフル出場
7 MF 北井 7試合連続サブ
8 MF 窪田 4試合連続スタメンフル出場
9 FW 苔口 3試合連続スタメンフル出場
10 MF 衛藤 3試合ぶりスタメン
11 FW パブロ ベンチ外
13 FW 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 佐々木陽次 8試合連続スタメン
16 FW ハン・スンヒョン ベンチ外
17 MF 木本 3試合ぶりサブから今季初出場
18 DF 登崎 ベンチ外
19 DF 柳下 4試合ぶりスタメンでフル出場
20 DF 進藤 5試合連続サブ
21 GK 永井 8試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 2試合ぶりサブから途中出場
23 FW 萱沼 2試合連続スタメン
24 MF 西室 2試合連続サブ
25 MF 梅村 ベンチ外
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 DF 石坂 ベンチ外
28 FW 西  ベンチ外
29 FW ホドリゴ・カベッサ 5試合連続サブから途中出場
31 GK 服部 4試合連続サブ

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

連勝を目指して 土曜はC大阪U23戦(2017/5/11)



今週は土曜日になるが、C大阪U23との対戦になる。
前節、4試合ぶりの勝利を奪って、悪い流れは断ち切った。

アウェイでの戦いになり、攻撃がどれだけ機能するかが問題である。
前節も勝ったとはいえ、それほど攻撃がいいようには見えなかった。
相手の攻撃を抑えこんで、1点奪っての勝利。
ただこれも昇格に向けては、こういう勝利の方が継続しやすいものだ。

攻撃陣では、2試合連続ゴール中の苔口に期待がかかる。
また、平出の怪我も気になるところだが。

相手のセレッソU23も前節初勝利をあげて、調子はあがっているだろう。
順当に勝ち点3を持ち帰って欲しい。

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

4試合ぶりのリーグ戦勝利 カターレ富山 対 福島ユナイテッドFC(2017/5/7)

今日は仕事で観戦できず、家に帰って来てからテレビで見た。

スタメンは、スタメンは、GK永井、DF山形、代、平出、椎名、MF脇本、窪田、國吉、萱沼、佐々木陽次、FW苔口。
椎名が初スタメンだったが、実際の並びは國吉がサイドバックで、椎名が2列目だった。
サブは、GK服部、MF馬渡、進藤、西室、椎名、北井、FWホドリゴ・カベッサ。

前半は、苔口のゴール以外は、正直、退屈な試合だった。
シュートシーンもカターレが2で、相手は0。
國吉が珍しく右であげたクロスが走りこむ苔口にピタリとあった試合だった。

後半は、まず、椎名がPKを得る。
しかし、これが止められ、非常に嫌な感じになった。
この状態が長く続くと、試合としては非常にまずかったが、その後、間もなく、セットプレイから山形のクロスに佐々木陽次がヘディングでゴールを決めた。

この1点がとても大きかった。

これで試合は落ち着き、そのまま終了。
攻撃がとても良かったわけではなかったが、それでも守備が安定して、ほとんど相手に攻撃の形を作らせなかった。

途中、平出が交代したが、代わりにCBに入った脇本も落ち着いて対応していた。

4月勝てなかったが、5月に入ってまず1勝を挙げられたのが、大きい。
上位はまだまだ混戦なので、ここから落ちないようについていきたい。



(選手の動向)
1 GK 飯田 ベンチ外
2 DF 脇本 3試合ぶりスタメンでフル出場
3 DF 代  7試合連続スタメンフル出場
4 MF 國吉 5試合連続スタメンフル出場
5 DF 平出 7試合連続スタメンで途中交代
6 DF 山形 7試合連続スタメンでフル出場
7 MF 北井 6試合連続サブから途中出場
8 MF 窪田 3試合連続スタメンフル出場
9 FW 苔口 2試合連続スタメンフル出場、2試合連続得点。
10 MF 衛藤 ベンチ外
11 FW パブロ ベンチ外
13 FW 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 佐々木陽次 7試合連続スタメンで1得点
16 FW ハン・スンヒョン ベンチ外
17 MF 木本 ベンチ外
18 DF 登崎 ベンチ外
19 DF 柳下 ベンチ外
20 DF 進藤 4試合連続サブから途中出場
21 GK 永井 7試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 初スタメンでフル出場
23 FW 萱沼 3試合ぶりスタメンでフル出場
24 MF 西室 今季初のサブ
25 MF 梅村 ベンチ外
26 MF 馬渡 今季初のサブメンバー入り
27 DF 石坂 ベンチ外
28 FW 西  ベンチ外
29 FW ホドリゴ・カベッサ 4試合連続サブ
31 GK 服部 3試合連続サブ

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
23位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク