ヤクルト優勝(2015/10/2)

近年は、プロ野球になかなか関心を寄せていないのだが、ヤクルトが優勝するかどうかという試合をテレビで見ていた。
ヤクルトも今日負けて、明日も負けると、巨人との直接対決の最終戦という苦しい状況になる。

その中で、同点に追いつかれてなかなか勝ち越すことができずに延長戦へ。
引き分けでも優勝という条件だが、ヒット性の当たりが伸びすぎたり、ちょっと嫌な流れになりそうな雰囲気もあった。

阪神もリリーフに能見を出してくるなど、優勝させまいと必死。
そんな中で、何とかサヨナラで優勝を決めた。
2年連続最下位からの優勝。

セ・リーグは一時、全チームが借金生活になるなど、なかなかの混戦状態だったが、そんな中から徐々に抜け出していったヤクルトは見事だった。
個人的には、小さな大エース、石川投手が好きなので、彼の活躍で優勝につながったのは嬉しい。

だが、これでも日本シリーズに出られるわけではなく、クライマックスシリーズを制さなければならない。
果たして日本シリーズに出場できるのか。
制度の問題でもある。

(私の10年日記)
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

バレンティンの記録(9/18)

ヤクルトのバレンティンが日曜に日本プロ野球の新記録となる56号を打った。
その後、同じ日には57号も打ち、今日、58号も打っている。

このペースで記録を更新すれば、60号も現実的になってきた。
しかも開幕直後は欠場していたというし、大変な記録だ。
今年は飛ぶボールの影響があったのかと思いきや、全体ではホームランの数は減っているらしい。
つまり、バレンティンだけが大きくホームラン数を伸ばしたということだ。

にもかかわらず、ラジオのある番組でこんな声を聞いた。
聴取者からのメールだったが、最下位のヤクルトで打っているホームランと王選手が優勝を争うチームで打ったホームランとは雲泥の差があると。
表現の詳細までは覚えていないが、間違いなく「雲泥の差がある」という表現は使われていた。

何でこんなにケチをつけたがる人がいるのだろうか。
王選手が偉大な選手であったことは、自分もよく分かる。
だが、その記録が破られることに難癖をつけるのは何とも嫌な気持ちだ。
偉大なる王さんにも失礼だ。
ファンが飲み屋で語っているレベルの話であり、聴取者のメールだからそのレベルでも構わないかもしれないが、何となく野球界にそんな雰囲気が漂っている気配もある。

かつて、ローズやカブレラが並んだ時も何となく勝負を避けるところがあった。
確かに時代が変わってはいて、今のホームランの価値と王さんの時代のホームランの価値は違うかもしれない。
だが、それならそれで、それでも王選手の55号の価値が下がるものではない、ということでいいではないか。
バレンティンの記録にケチをつける必要があるのだろうか。

優勝争い云々の話があるが、優勝を争うチームにいられるかどうかについて、その選手に非はない。
それに見方を変えれば、最下位のチームでその記録を作ったと言うことは、首位のチームの投手陣と相対し、最下位のチームの投手陣とは対戦できないということでもある。
その方が相手としては手強いという言い方もできるかもしれない。

何十年も破られなかった記録をついに破る人間が現れた。
素直に祝福してあげればいいではないか。
驚異的なペースで更新された記録。
将来的にこの記録を破る選手がまた現れるかもしれないし、それはそれで盛り上がればいい。

バレンティンが打ったホームランの記録はそれほどに偉大な記録だ。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

現代に現れた秘打男、殿馬(8/26)

もう高校野球は終わってしまったが、話題になっていた選手がいた。
花巻東高校の千葉選手。
背は小さいが高打率の2番打者だ。

彼の打ち方(カット打法でファウルを打って粘ること)が、2ストライク後には、スリーバントと見なすと言われたらしい。
そして、その武器を失うと精彩を欠き、困った果てに、2塁走者の時に彼はやってはいけないサイン盗みと疑われる行為をやって注意された。

映像を見たが、バントに毛の生えたようなスイングなのかと思いきや、そのカット打法は見事なもので、あれは簡単ではないと思う。
自分が生き残るために大変な練習をしたのだろうと想像できる。

粘って出塁はするし、打たせてもうまい。
済美戦では、大会屈指の投手、安楽から、内野5人というシフトを敷かれながらも野手の間を抜くヒットを打ったり、がら空きのライトに打って三塁打としたり、と見事だ。

そんな展開が漫画のドカベンを思い出させて、そしてこの敵にすると嫌な感じは、ドカベンの明訓高校の二番打者殿馬を思い出す。

まさに、彼は現代に現れた秘打男、殿馬ではないだろうか。
プロ野球でも見てみたい選手である。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

統一球が変わっていたことを発表しなかったのはそんなに大問題か(6/12)

プロ野球で使用している統一球がこれまでのものと変わっていたことを、日本野球機構が発表した。
今年のプロ野球は確かにホームランがよく出ていたし、ボールに何らかの変化があったのではないかというのは明らかだった。

ボールを変えたことを発表しなかった理由は分からない。
よくなかったことは確かにそうだが、かといって、特定のチームだけが使っていたわけではないし、公平性という点は保たれている。

正直なところ、ずっと人気が落ちていると言われているプロ野球を叩く材料ができたと言ってたたいているだけじゃないか、とさえ思う。そんなことには興味がないし、そういうところで注目を集めるのもどうかと思う。

そんなわけで、この話はそろそろ幕を引いてもらいたい。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

スモールベースボール(3/13)

WBCが盛り上がっている。始まる前はそんなに盛り上がってはいなかったが、
テレビの力は偉大で、かつ思わぬ苦戦が人気を高めているようにも思う。

で、その中で日本チームの特色として取り上げられる言葉。
それが「スモールベースボール」。

明確な定義はないが、長打ではなく、短打に足を絡めるなどして点を取り、
堅い守りで勝つという感じだろうか。

ただ、先日のオランダ戦はホームランが飛び交うおよそ「スモールベースボール」
とは対極の試合になった。しかし、あれはあれで面白かった。

多分、通常のペナントレースならあんな試合の方が面白いはずだ。
プロ野球なのにやたらとバントで塁を進める野球は面白くない。
だが、勝つのは「スモールベースボール」だ。

今の日本のプロ野球は、そういう野球をやるチームが多い。
勝つことが目的だからそれを否定するつもりはない。
でも、魅せることも求められる興業でもあるわけで、それを考えると、
派手に打ち勝つようなチームもあってもいいし、
思わぬ逆転を見せてくれるそんなチームを応援したい。

かつての近鉄バファローズがそうだったように。
そんなチームはもう現れないかな。

プロ野球ももうすぐ開幕。毎年、今年はちゃんと追ってみようかと思っているが、
いつもサッカーで精一杯。今年はどうなるか。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

WBCの順位決定方法(3/5)

昨日の出張帰りの時からいろんなことが裏目に出て何だかつらい気分だったが、
朝から気持ちを麻痺させて乗り切った。夕方には少しましな気分になっていた。

昨日から恐れていたこともあったのだが、それは杞憂だった。

夜、韓国がWBCでピンチだ、というニュースを見た。台湾に先制されたようだ。
オランダは勝ってもう出場決定なのだとか。
WBCの場合、3チームが同成績で並んだ場合の順位決定方法はどうなるのか
気になった。

調べてみたが、どうもよくわからない。
WBCの公式サイトやスポーツニュースのサイトを見ても見当たらない。

結局、イニング当たりの得点率と失点率との差の比較だそうだ。
結構遅くまで追っていたが、8回の裏に8点取らないといけないという絶望的な
条件に追い込まれていた。

そこで自分は寝てしまい、翌朝、試合自体は逆転勝ちしたことを知ったが、
結局、さっきの順位決定方法で、台湾1位、オランダ2位、韓国3位なんだそうだ。

韓国は負けたが、今回の台湾は充実してそうだし、オランダも楽しみだ。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

選抜高校野球開幕(3/21)

 今日から選抜高校野球が開幕。選手宣誓や好投手の激突など開幕日からいろいろと見所が多い。

 が、ちょっと、最近、高校野球の伝え方が特に野球以外の部分を取り上げすぎのような気がする。東日本大震災があったとはいえ、故郷とか郷土とかそういうものを強調しすぎている。

 石巻工業が21世紀枠とはいえ出場したことも、大変なことで、もっと仙台市外の高校が出場することの困難さのようなものも語って欲しいと思う。

 そんな自分でも自分の県の高校が出場すると間違いなく応援することは言っておきますが、スポーツ本来のことについても語って欲しいなと思います。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

日本シリーズを終えて(11/21)

 日本シリーズはソフトバンクが4勝3敗で中日を下したわけだが、それについて。中日目線では落合監督なのだが、気付いたこととして、結局落合監督が率いてからリーグ優勝→日本一はなし。2位からの日本一はあるが。しかも、今回のソフトバンク、去年のロッテ、日本ハム、西武とまんべんなく負けている。

 結論として、落合監督の野球がパリーグの野球に勝てなかったと言うことではないだろうかと思う。今回の日本シリーズで結果的に象徴的となったのが、内川のバットのグリップへのクレームの件。確かにその試合では成功したかもしれないけれど、結局、その後の名古屋で全敗して最終的に力負けと言うところか。

 相手を抑えれば勝てるというのはセリーグでは通用したかもしれないけれど、パリーグ相手にはもう一段上の投手力が必要なことと、例え打たれたとしてもそれに対して対抗できる打力も必要だったのではないかと。そして、分析だけではなく、正面からぶつかり合って勝てるだけの底力をつけるまでは日本一にはなれないのではないかと。

 交流戦を見れば分かるように中日に限らず、セリーグのチームがパリーグのチームに歯が立たない。これはDH制がいい方にでていると言うこともいえるだろう。投手がバッターボックスに立たないと言うことは安全パイの打者がいないということであり、代打が送られる心配もないということ。その中で揉まれてきているのだからパリーグにいい投手が多いのではないだろうか。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ドラフト会議(10/27)

 別に見ていたわけではないが、ラジオで取り上げられていたこともあり、プロ野球のドラフト会議を。話題は菅野選手に集まったが、別に制度に則って日ハムも指名したわけだから悪いわけではない。事前の挨拶がなかった、というのもおかしい。ドラフトとはそんなものだと想定しておくべきじゃないかとは思う。親として子どもの思いがかなわなかったことに対して思うことはあるだろうが。

 このドラフト制度は江川事件など前々からいろいろな事件もあり、制度も変遷を経てきているが、いつも納得のいく形にはならない。これなら完全自由競争にした方がいいのではないかと思うのだが、プロ野球だとうまくいかないだろうか。

 金のあるチームに有力選手が集まるが、選手の保有人数に枠をはめるとかで何とかならないか。それとも完全ウェーバー制か。それだと有力選手が下位チームから指名されて戦力の均衡という意味ではいいかもしれないが、選手にとってはあまりにも夢がない。逆指名という制度もあったが、これも何だか。

 やっぱり自由競争でもいいんじゃないかな。何だかドラフトのドラマが楽しみという声があるが、人の人生なんでそれを娯楽にするのもどうかと思う。これも一つの就職なわけだから、あまり採用される側が翻弄され続けるのもいかがなものだろうか。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

日本シリーズに思う(11/9)

 今更ながら、日本シリーズですが。

 面白かったですよね、何だかんだ言って。何となくこういう人気チームじゃないチームの方が日本シリーズって盛り上がりますね。最近は。私が巨人嫌いで、巨人の出場する日本シリーズは全然見ていない、っていうのもあるんでしょうけれど。

 元々、私は大学以来の中日ファンなのですが、今年ばかりは正直ロッテを応援していました。落合監督があまり好きではないんですよね。あの勝利至上主義の野球が。

 別にそういう監督がいても別にいいと思うし、間違っているとも思いませんが、私は好きではありません。はっきり言って好き嫌いの問題です。

 私は常に最下位争いのチームも困りますけど、見ていて楽しいのがやはり好きですね。その点、ロッテの野球はやはり楽しいというか、何というか。逆境に強いというか。

 ロッテは失うものは何もないとか言っていますが、中日だって失うものは何もなかったはずなんですけどね。本当のこというと。

 でも、見逃されがちですけど、基本的に今は一発勝負で戦えばパ・リーグの方が強いんじゃないかってことですかね。今年の交流戦は圧倒的にパ・リーグ優勢でしたし、セ・リーグで完璧に抑えていた浅尾でも日本シリーズでは結構打たれていましたしね。バッターのレベルが違うのかもしれません。

 それから、別の観点から言うと、中継が少なかったこと。バレーボールは中継するのに、六大学野球は中継するのに、プロ野球は中継しないのかと。まあ、バレーボールも結果的には頑張ったようなのですが、六大学野球よりも下に扱うのはちょっとなあ。まだ、彼らはプロでは何の結果も残していないのに。

 などといろいろ書きました。来年も面白い日本シリーズを期待しています。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日本シリーズ
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
86位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク