FC2ブログ

9月4日の日記(地球博)

さて、今日は地球博である。朝、息子が起きてくれるか心配したが、それは杞憂に終わり、8時前に出発。帰ってきたときには、ちょうど旅館の不気味な従業員の人が出勤してきたところだった。

車でまず名古屋空港駐車場に向かう。途中から長蛇の列になり、渋滞になっていることが分かる。ちょうど万博のFMであるlove earthを聞くと、すでに名古屋空港駐車場は満車とのこと。この時間にこのまま待っていても空くわけがないので、すぐに切り替え、尾張旭駐車場に向かう。そちらの駐車場には無事はいることができた。

だが、入ることは出来たもののシャトルバスを待つのに長蛇の列。途中、太陽が出てきて、結構しんどかったものの1時間半ほど待って、10時過ぎにようやくバスに乗ることができた。会場につくと、それはそれでゲート待ちの列。ここでも30分ほど待って、ようやく入れるかといったところで、息子がwifeに抱っこされて眠ってしまった。

11時を過ぎてようやく中に入ったものの息子が眠っているし、こちらも疲れたのでベンチで休憩。小雨もぱらついてきたが、腹も減ってきたので、それを探しに売店に行くが、それも長蛇の列。売店の中はものすごい熱気。買い物はwifeに任せて、こちらは何とかテーブルとベンチがたくさんある北ゲート2階で待つ。何とか焼きそばといなり寿司、おにぎり等を食べて復活。ただ途中で息子の抱っこを代わっていたせいか、箸を持つ手がふるえる、ふるえる。

さて、wifeも含めてすっかり疲れ果ててしまった我々だが、これではダメなので、まず韓国館に向かう。ここは1時間半待ち。そのとおりの待ち時間で2時過ぎにようやく中に入る。中の3Dアニメーションは、個人的にはあまり韓国らしくないような気がしましたが。出口の所では2012年麗水万博のPR。いかにも韓国の公務員という格好の人がずらっと並び、パンフレットと記念品の配布。そこはなかなかよかったです。

その後、トイレに行っても長蛇の列で、次はどこに行こうかとグローバルコモン2の場所に行くと、行きたかった赤十字館もいっぱいで、待ち時間のないアンデス共同館へ。その後、地球広場で大学時代の後輩としばしの再会を果たし、もう一つ行っておきたかった中部千年共生村へ。一応、仕事の関係も若干あり、その展示も確認。出口のところで、息子の写真撮影もした。後日ホームページを確認したところ、ちゃんと掲載されていた。

さて、その後、また休憩するが、もうその頃には夕方になっており、結局帰ることに。また息子が眠ってしまい、自転車タクシーに乗ろうかと思ったもののこれも待ち時間45分ほどと言われ、歩くことに。ただ、また途中で雨が降ってきて、散々、ゲートを出てからもエスカレーター待ちで並び、シャトルバスに。バスの方は補助席だが何とか座って、駐車場に。

駐車場からの帰りはスムーズで犬山の旅館には7時過ぎに到着。wife曰く、「犬山」という地名が滑稽な犬山市街を抜けて来た。食事の方はまあ悪くなく、思ったよりはいい旅館でした。本日は、終了。結局、万博には行ったことに満足。過去最高の人出だった昨日よりは少なかったらしいですが、それでも過去3番目の人出でした。いやあ、あんなに人間があつまるとああなるんですね。

韓国館前

20050904125700
ですが、90分待ちです。

ただいま万博東ゲート前

20050904105105
ここでも相当に待たないといけない様子。

万博シャトルバス

尾張旭駐車場出発。路線バスじゃなく観光バスでよかったです。

万博シャトルバス待ち

20050904092101
尾張旭駐車場。10時まで乗れればいいけど。
FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク