FC2ブログ

10月27日の日記

相変わらず、来客あり、行事ありの忙しい1日。それでも、月、火ほど時間に追い立てられている感じではない。つかの間の休息と言ったところだろうか。

午後から行事があったが、あまりに人任せにしていたので、ちょっと手抜きがありありの状態に。それに対して機嫌が悪い人もいたが、それは全てこちらのミスのように扱われるのも何か違うような気もする。結局、8時半頃に職場を出て、帰宅。実家の風呂が改修中なので、実家の人間が風呂に入りに来ていた。

そういえば、どうでもいい話だが、今朝、寝ぐせがひどかったようだ。反省。

(今日の小杉walker)
16924歩。行事あり、昼の散歩もしてでかなり歩いた計算になる。

(今日のKNTV)
ニュースでイ・スンヨプの活躍を称えていた。日本の野球の心臓、甲子園を強打!など。

ロッテ日本一に思う

まずは、素直にロッテの健闘を称えたいと思う。シーズンは2位だったが、今年はロッテの年だったと思う。交流戦も制した。開幕からの流れを作ったのもロッテ。今年の野球を盛り上げたのはロッテだった。個人的にもプレーオフの初戦を生で観戦しているので、感慨が違う。

阪神が負けたのは試合勘が戻らなかったからだ、と言ってロッテの日本一にマスコミがこぞってケチをつけているが、負けたところはそういう言い訳が用意されているから負けたのではないのだろうか。ソフトバンクもしかりである。この制度には自分のところのオーナーも賛同したのだろうから(ソフトバンクの場合は、今年からだから賛同していないのかもしれないが)。それに古い話だが、それをいうならシーズンの終わりに西武に負けてロッテとの同率プレーオフだけにするという手もあっただろうに。

まあ、別に文句をいうために書いたのではない。本題に戻してロッテである。
ロッテを見ていると、チームカラーも全然違うのだが、近鉄の魂が宿っているように思えるのだ。思わぬ勝ち方、負け方をする近鉄というチーム。勝つときは派手に勝ち、負けるときは見事なまでに惨敗する。そのチームカラーが今年のロッテに見えるような気がするのだ。近鉄の魂は、オリックスにも楽天にも行っていない。今、ロッテにあるような気がするのだ。

伝説となりつつあるあの1988年の10.19を戦った両チーム。劇的な、ああいう試合が出来るチームは近鉄しかないと思っていたが、今年のロッテはそれに近いものがあった気がする。これまでも負けっぷりという点では近鉄に近いものがあった。去年の開幕直後の首位からの10連敗。それからかつての18連敗と黒木の涙、2002年は開幕11連敗。そのくせ、9月の消化試合になると滅法強いロッテ。これだけ連敗しながら去年も2002年も4位。18連敗の時はさすがに最下位だったが、それでも借金は10くらいだった。この不条理さが愛すべき点だった。

今年だって、普通、優勝までワンアウトまで行ってから4点差を逆転されたら、普通そのままずるずると負けてしまうのに、そこを最終戦でまたひっくり返すなんて常識では考えられない。そうかと思えば、日本シリーズでは3試合連続2ケタ得点。常識を越えている。こんな面白いチームがいるから、パリーグは面白いんだけどね。

最後に、おめでとう、千葉ロッテマリーンズ!
FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
32位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク