夏祭り(7/31)

午前中、妻が用事で出かけた。前日、息子と車屋のイベントに出かけると考えていたのだが、すっかりそれを忘れてしまい、ほとんどずっとテレビを見ていた。妻が帰ってきて、そのことを聞かれて思い出す始末。

無駄な時間を過ごしてしまい、少々後悔。

夕方に小学校の祭りがあり、その手伝いで妻は出かける。だが、それよりも先に息子は近くの友達と急に出かけてしまった。行く前に遊んでいたのだが、その場で約束したらしい。ちょっと、急すぎないか。とも思うが。

私は少々遅れて、祭りの会場へ。生ビールを2杯飲んで、うだうだしている。6時過ぎにいつの間にか、息子がいなくなっており、どこへ行ったか探したのだが、自転車がなかったので、どうやら帰ったようだと思い、帰宅。

先に帰っても鍵を持っていないのに。

帰ると予想通り、家の前でうろうろしていました。帰りも友達と一緒に帰ったようで、その友達も帰ったはいいけれど、親はまだ祭り会場にいたようです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

汗かき(7/30)

前々から気付いてはいたが、自分は汗かきではないかと思う。そんなに太っているわけではないのだが、なぜか汗がよく出る。

朝や少し動いた後に、額を触ると汗びっしょりになっていることが多い。最近は、ハンカチ以外にタオルも持って行くことが多いのだが、帰りには汗臭くて触るのがいやになるくらいである。

周りにも汗臭さが漂っているのだろうか。とも思うが、自分でそんなに気になるほどでもないので、特に対策は取っていない。

そう思っていながら、今日の昼はおもいっきり汗をかきそうなラーメンに手を出した。当然、汗だく。このまま、職場まで歩いて帰ったら、汗だくに拍車をかけるのではないかと思ったので、できるだけ日陰を選んで歩く。

さらには途中にローソンで休憩。

10分以上歩くときはどうしてもコンビニ休憩した方がましだ。今日は久しぶりに牛乳を購入して飲んだ。健康的!

意識して帰ったら、汗はそれほどでもなかった。これからは、少し涼しい場所を意識しつつ歩いて行った方がいいのかもしれない。無駄な買い物が増えるかもしれないけれど。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/29)

自分が持っているノキアの携帯電話、コードをつなげば写真をテレビ画面などに映し出せることが分かりました。しかも、この電話、ビューアとしての機能があり、他のデジカメで撮った写真も表示可能。

今度、いろんな人からもらった写真を映し出して見せるという必要があるので、今度使ってみようと思う。携帯電話の大きさでそういうことができるのは本当にありがたい。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

最高気温界の横綱(7/28)

今日も暑かったわけですが、途中まで富山市が全国一の気温だった。

今日は、日本一を飾るかと思っていたら、翌日の新聞を見たら一位は群馬県の館林。この地名、今年、特によく目にします。よく熊谷とか、多治見とか、前橋とかは目にしていたのですが。

この館林、どんな場所かは全然知りませんが、最高気温界の横綱と言ってもいいかもしれません。暑さで町おこしをしているところもあるようです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

夜の359号線(7/27)

夜、仕事で砺波方面へ車で向かった。途中で、カメラの充電池を充電したままで、電池のないカメラを持ってきたことに気がついたが、今から取りに戻っては遅れるので、そのまま向かった。

写真は、携帯で撮れば何とかなるだろう。

富山市内から砺波方面に向かうには大体国道359号線というのを使う。途中、ほとんど信号もなく、道も広い山越えの道である。

行きはまだ明るく、別にどうということはなかった。ちょっと会場に早く着きそうだったので、少し遠回りして会場に到着。仕事の方は夜の9時頃に無事終了した。写真だけが心配だが、何とかなるだろう。

帰り道、真っ暗な中をカーナビに従って帰る。359号線は途中、ほとんど街灯がないのでちょっと怖かった。カーブも多いし。それでも注意力を絶やさずに婦中町まで来て一安心。

職場に10時頃に戻ってくると隣の班がまだフルメンバーで仕事中。何だか異様な光景だった。お疲れ様です。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

息子よりも大たたき(7/26)

土曜日の代休で今日は休暇を取った。

息子は既に夏休みに入っている。今日は、実家からの誘いもあって、私の両親とともに吉峰にあるパークゴルフ場に行ってきた。私の母はパークゴルフをやっていて、始めたのはここ2年くらいだろうか。

暑い中ではあるが、スタートするが、私は久しぶりにやったので、全く感覚がつかめない。息子はたまに私の母である祖母に連れられてやっているので、小3なのに結構うまい。ボールをまっすぐ飛ばすことができる。

結局36ホール、フルに回ったのだが、息子よりもスコアは悪かった。途中からは持ち直したように思ったが、時々大たたきをするので、9ホール単位で見ても息子のスコアを上回ったことは一度もなかった。

昼過ぎまでやって、そこで飯と風呂に入り、帰宅。また日焼けしたかもしれません。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

自宅待機(7/25)

今日はひたすら自宅待機の日。妻と息子は町内の児童クラブの行事で出かけたので、私は家でだらだらとテレビを見ていました。

先週のカターレの試合を見ていたら、昨日と同じような戦いぶりでしたが、それでも相手の戦力の違いにより逆転勝ちはしていました。しかし、不覚にも最後の方は眠ってしまいました。

昨日の疲れか、試合が面白くないのか。

昼間に見た2時間ドラマの方が面白かったです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対ロアッソ熊本(7/24)

今日の仕事は県総の近くであったので、仕事の後でそのまま県総に直行してカターレの試合を見る。

ワールドカップ後のホーム試合。少しは客が増えていてくれるんじゃないかと期待していったのですが、全くもっていつもどおりでした。

そもそも歩いて行って競技場の敷地に入った途端に嫌な予感はしました。暑いとはいえ、いつも子どもで賑わっている公園が閑散としていて、そもそもこれからサッカーの試合があるとは思えないほどの静寂。都会の中のオアシス、ならいいのですが、単に寂しいだけでした。

私は疲れていたので、県総に着いてからすぐに生ビールを2杯。うまかったんで、試合が始まる前に飲み終えてしまいました。

さて、試合の方ですが、いつもどおりのカターレの試合でした。何となく前半は抑え気味で相手のペースになって、いつの間にか点を取られる。点を取られて前がかりになるのですが、それも相手にかわされて、1点追加されて試合終了。

監督の采配もいつもどおりだし、選手の動きもいつもどおりでした。熊本に入ったばかりの可憐/ロバートに決められてしまうあたりも何となくいつもどおりのカターレでした。

たまには前半の初めから前がかりに行ってもいいんじゃないですかね。いつも様子見の入り方で失敗していますから。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

仕事の後でカターレ(7/24)

朝早くから仕事。しかも炎天下ででしたが、うまくペース配分して乗り越えました。
人間、気合いを入れていれば何とかなるものです。この暑さで倒れる人もいるのでは、と思いましたが、そんなこともなくてよかったです。

私はスタッフとして参加したのですが、この炎天下の中で荷物を持って走ったり、きびきびと動く人達を見ていると、感動します。感動をありがとう、とは恥ずかしくていえないけれど。

でも、この人達が頑張ってくれているから、世の中は何とかなっているのかもしれないと思う。毎年、この時期にやっていて、私がスタッフとして参加するのは3年目だが、本当にお疲れ様と言いたい。


ただ、一つ失敗したことが。..

日焼け対策しておけばよかった。顔と手が真っ赤になってしまいました。もうその日は何とかなったけれど、明日以降が心配だ。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

仕事の会場がサッカー会場の近くなので、その後、カターレの試合を見に。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

思わぬ暑さで(7/23)

連日暑い日が続く。

明日はこんな中で外で仕事かと思うとつらくなる。そんなわけで、早めに仕事を切り上げて帰ってきた。

今日からオールスターなんだ、とテレビを見て思う。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今日も引き続き暑かった(7/22)

今日も暑く、仕事の能率があがらない。久しぶりに昼休みに外出してみたものの、ものすごい暑さ。それでも私はシアベスまで10分ほど歩いていくのですが。

今日も午後9時には眠りました。早寝早起きです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

暑さで(7/21)

こうも暑いと外に出るのも億劫になる。今日は席で待っている必要があったこともあって、昼も外に出ず、職場で過ごす。

どうも、午後から集中力が途切れてきて、眠くなってしまった。それでコーラを買ってきたのだが、カフェインフリーのタイプだったので全然効かなかった。まあ、自分にカフェインが効くかどうかはあやしいのだが。

そんなこんなで今日も一日が終了してしまいました。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

3連休明け(7/20)

久しぶりの職場ではあるが、単に3連休の間、来なかっただけである。しかし、変わったことはこの暑さ。

先週は雨続きで、大雨を心配していたのに、今度は熱中症を心配しなければならないとは、皮肉なものです。最近の天気は極端ですね。春や秋、穏やかな天気というものが全然ない。これも地球温暖化の影響なのかなんなのかわかりませんが、過ごしにくいことには違いありません。

さて、しんどいですが、何とか今週は乗り切らないと。残り3日です。正しくは、土曜も仕事なのであと4日なのですが。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

3連休は

韓国に行ってきました。6年ぶりの韓国。時間は短かったけど、いろんな人に会って充実した旅でした。また、アップします。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

韓国2日目(7/18)

朝起きて朝食になるものがないかと、ホテルの周りをぶらぶらする。昨日寄ったセブンイレブンの横に、ちょっとおしゃれなパン屋を発見。そこで、家族の分も含めてパンを買い込んで、部屋に戻る。

息子は言葉はわからなくても、アニメの番組を見ながら笑っている。そうこうしているうちに出発時間になり、地下鉄に乗って、今日の目的地である中央博物館のある二村(イーチョン)駅に向かう。

少し歩いてコンドク駅から乗り込もうとするが、その前に交通カードを買いたい。改札口横のコンビニでまず購入し、それからチャージ、さらには、昨日買った1回用のカードの返却などをしていたら、時間が結構かかってしまった。

三角地駅で乗り換える前に、約束をしていた悪玉子さんから電話が。すでにその時点で約束時間だった。結局、15?20分くらい遅れただろうか。とても大きな中央博物館に到着した。

待ち合わせには、悪玉子さん夫婦とその子供2人にクベクチョンさん夫妻にその子供1人の計7人で、この時点でかなりの団体さんに。もう1人来るはずの叙情さんは、遅れてくるとのことだった。子供はいずれも未就学児で今のところ、自分のところも含めて全部男の子だった。

子供にはあまり面白くはないようだったが、博物館の中を見て回る。そのうちに叙情さん夫妻もやってきたので、しばらく外の公園を歩いて写真を撮ったりした。韓国は家族写真を好むようで全体写真を撮った後は、それぞれ家族写真を取り合っていた。うちも撮ってもらったが、全体写真を自分のカメラで撮ってもらえばよかったと後悔する。

さて、お昼になったので悪玉子さんの家の近くの焼肉屋へ昼食を食べに行くことになった。ここはせっかくなので、サムギョプサルを食べさせてもらった。それも凍っていないなまのやつだった。以前はサムギョプサルといえば、凍っているものと決まっていたが、時代は変わって生の方が主流になってきたのだろうか。日本人の感覚からすれば生から焼く方がいいに決まっているが、韓国人にとってみたらそれははたしてどうなのだろう。

たくさん食べてから、悪玉子さんの家で話を。話はいろいろしたが、ちょっと息子が退屈そうだ。小さい子達は楽しそうに遊んでいるので、言葉が通じなくてもいいだろうと思い、遊んできたらというが、息子は嫌がる。

せっかくの国際交流の場なので自分も一緒に遊ぼうと誘い、隣の部屋で汗だくになるまで遊んだ。ただのボール遊びだったが、息子にとっては少しはいい経験になったのではなかろうか。

また、その場でプレゼントをもらった。自分達も持って行ったが、それよりもはるかにいいものだった。コーヒーカップに、昨日の宴会でも飲んだが、ポクプンジャという果物のエキスのようなもの。昨日飲んだのは酒だったが、これはエキス。子供でも飲めるようにと気を使ってくれたようだ。

さて、このポクプンジャ、昨日聞いた説明によるとポクは「覆」、プンは「盆」と書くらしい。昔、小便を入れ物の中にしていた時代に、それを飲むとその入れ物がひっくり返るくらいに、あれが元気になったと。

「下ネタじゃね~か」って話ですが、韓国人は割りとこういう話は好きで、子孫繁栄につながるそういう話は割とよくあるように思う。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

1日目、その2(7/17)

 飛行機は無事到着し、両替を済ませ、携帯電話のレンタルをして、ソウル市内へ。同行者がいたので、その人の希望で電車を乗り継いで向かうことに。

 ただ、そこで一苦労。

 私が以前来たときにはあった紙の切符がなくなっていて、全てがカードになっているのだ。1回乗るだけでも1回用のカードを使い、それで乗り降りする仕組みになっていた。それとお札も新札に替わっていて自動販売機ではそのサイズのお金しか入らない模様。そもそも新札ができていることを知らなかったので、自販機の前で右往左往。後ろに並んだ日本人の人にいろいろ教えてもらったがだめで、結局、窓口で購入した。前ならこう言うのは教える側だったのに情けない。

 それはともかく、何とか電車に乗り込みそこからホテルに向かった。韓国は雨だった。日本は長雨から解放されて一気に梅雨明けしたようだが、どうもその雨が韓国に来たようだ。雨男だ。

 空港鉄道と地下鉄を乗り継いでホテルの最寄り駅に到着。地下鉄駅にホテルへの道筋が当然書いてあると思ったのに、どこを見ても全く記載がない。これはちょっと不親切。外に出てもオフィス街でそこがホテルなのか、オフィスビルなのか区別がつきにくかった。一応、星4つのホテルなのだが、何の案内表示もないのは不思議だった。でも、同行者のおぼろげな記憶が的中して、うろうろすることもなく、一発でホテル前まで歩いて出ることができてよかった。

 長い道のり。夕方5時過ぎにようやくホテルに到着して落ち着いた。だが、7時には約束があるので、6時15分には出なければならない。とりあえず、コンビニをホテルの横に見つけてそこで水などを購入し、すぐにまた出かけることになった。

 出発したときには、雨が降り出していた。ホテルに着いた頃にはまだ小雨になっていたが、ちょっとこれから降り出しそうな気配。地下鉄に乗って、梨花女子大の裏にある韓定食の店に向かう。

 梨大駅から大学の中を通り抜けて行く。途中の道も結構開発が進んでいていろいろと変わっていた。写真を撮ろうと思っていたミスター大好物の韓菓の店(ホウォンダン)もなくなっていた(ように見えた)。本降りになってきた雨の中を結構ぬれながらも何とか会場に到着。こちらに派遣されているKさんも元気そうだった。いろいろと気を遣っていて、自分がいた時にはここまでできなかったよな、と思うことしきり。

 食事の席には韓国の方も来ていて、いろいろとお話を。料理もいろいろあって美味しかったと思う。息子も合わないかと思っていたけれど、空腹には勝てず、結構食べ尽くしていたようだ。

 帰りは無難にタクシーで帰宅。本日の日程は終了です。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

1日目、その1(7/17)

 朝、妻に起こされた。時間は5時半。今日はソウルに向かうのに、6時過ぎの電車に乗らなければならなかったのだ。

 とりあえず、昨日の段階で荷造りはしていたので、それはよかったのだが、身支度はほとんどできぬまま(私はそれでいいが、妻はそれでよかったのか)、タクシーに乗って出発ということになった。そのタクシー会社も、早朝にもかかわらず、3連休のせいか予約で混んでいるようで、ぎりぎり何とかなった状態だった。

 富山駅からサンダーバードに乗ったが、関空に着くまでが長かった。眠いはずなのに、なかなか眠れず、ようやく眠れたと思ったら、電話で起こされる。誰かと思えば、同じ便で行く人だった。大した話でもないのに、起こさないで。。。結局、そのまま眠れなかった。

 とりあえず、新大阪で乗り換え。そこに韓国で久しぶりに会うことになっている悪玉子さんから電話が。今、向かっている旨を伝え、「はるか」に乗り換え。

 「はるか」でも時間があったので、数独をして遊んでいたら、あっという間に到着。時間を忘れるゲームをするのが、移動にはいいようだ。ちょっと時間かかりすぎだけど。

 関空には出発の2時間前に着いたが、チケットの発券をしてからもまだ時間があったので、早かったが、昼食を。それも食べ終えて、することもないので、税関を通って出国審査を済ませた。

 本来、液体を持ち込んではいけないということで、ペットボトルを捨てていたのだが、後から気づいたが、お土産の飲み物が入っていた。検査が甘かったのか、運がよかったのかは分からないが、荷物を預けることにならずに助かった。ただ、これが帰りの失敗の元になるのは、その時点では気付かないのだが。。

 ちなみに、6年ぶりの海外旅行なので、出国審査のやり方とか、必要な書類とかすっかり忘れていた。そういえば、書類を書かなければならない、とカードが置いてあるカウンターに向かったが、日本人はその必要がなくなっていた。旅券がIC化されたからのようだ。旅券がIC化されたのは、いつだろう。かなり前のニュースで聞いた覚えがあるが、それくらい旅券に関係のない生活を送ってきたということだ。

 まだ時間があるがとりあえず、出国ロビーで出発を待つ。無線LANの電波が飛んでいないかと思っていると自由利用のパソコンが置いてあるエリアで確かに無線LANの電波を受信できた。ただし、受信できるエリアが狭かった。自分の飛行機を待つエリアではそれを受信することはできず。何となくこのあたりが、日本の残念なところだよな、と思ったり。

 出発が少々遅れたものの、いよいよ出発。飛行機に乗るのも久しぶりなので、離陸のあのふわっとした感覚を味わうのも久しぶりだった。道中は、2時間弱。電車の移動が苦手な息子が心配だったが、機内食などを食べているうちに、あっという間に時間は過ぎていった。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

私たちはスターを求めるのか(7/16)


W杯のあとの盛り上がりを見ていたら、どうしてこんなにも日本はスターが好きなのか。また、スターを作りたがるのかという思いになった。

何だかスターに寄りかかっていればそれで安心という安易な発想が見てとれる。自分で何かしようという気概はないのか、また、自分がそれを目指さないのかという気にさえ、なってくる。

政治にしてもそう。民主党がブームになれば盲目的にそれを支持して、
嫌気がさしてきたらそれをたたいての繰り返し。私も含めて自分たちがしっかりしないことにはどうにもならないのだけれど。

日本人っていつの間にこんなに考えない人間になったのだろうか。そういう私もあまり物事を考えない人間だったのだが、年を取るにつれて、自分以上に物事を考えていない人間がいることに少しずつ気がついてきた。

本田が言っていたけど、大きな夢を持って努力しろと。そういう彼は、人並以上に努力してきたのだろうし、目標も高いものがあったから世界のどこでもやっていけるのだろう。

私は目標と言える目標はもっていないけれども、とりあえず、毎日、全力を尽くすようにはしているつもりだ。全力を出さないようになってはだめだ。人間がだめになってしまう。

やはり寄りかかっていては、だめで人はとりあえず自分自身で生きていけるようになることが最低限の義務だ。

不幸にしてそれができない場合にいろんなものに頼ればいいのであって、自分でやろうとしないで何もかも頼ってしまおうとするのは順番が間違っていると思う。

ただ、今の盛り上がりもあっという間に冷めてしまうんだろうなと。そして、Jリーグは元の落ち着きを取り戻すんだろうなと、最後はサッカーに戻りました。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

自販機のおつり(7/15)

今日は信じられない初めての光景に出くわしてしまった。

帰りが遅くなることが確定したので、自販機でペットボトルを買った。

その際、140円のものを買おうとして、細かいおつりが出ないように40円と1000円札を投入して買ったのだが、妙におつりが出てくる枚数が多い。

次から次へと出てくる。全部100円玉にしても多い。こりゃー、ちょっと機械が壊れて儲けたかなと思っておつりの出る場所をみると10円玉が山のように出ている。

おつりの900円の内訳は、100円玉が3枚に50円玉が8枚、そして10円玉が20枚。

うん、確かに900円のおつりだ。間違ってはいない。誰もおつりが全て100円玉で出るとは書いていないのだから、そんなこともあるということなのだろう。

ただただ、運の悪さを嘆くしかない。そういえば、確かにほかにも運の悪いことがあった。今日はどうやらそういう日なんだろう。

ということで、あきらめました。思ったほど帰りも遅くならなかったし。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

チケット購入(7/14)

週末に韓国に行くチケットをようやく大枚をはたいて購入した。

向こうでの日程も大体決まり、あとは準備をするだけ。その準備が結構大変なのだけれど、まあそれも楽しみではあります。

行くのは6年ぶり。ずいぶんとソウルの様子も変わっているだろうし、清渓川(チョンゲチョン)の風景を実際にはまだ見ていないので、それを見るのも楽しみです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

富山駅(7/13)

久しぶりに富山駅に行ったところ、みどりの窓口は長蛇の列。最近、いつ行ってもそうだよな、と思って引き返そうとしたが、そういえば日本旅行にもみどりの窓口があったよな、と思いつつ、向かった。

以前は、みどりの窓口の真横に日本旅行があったのだが、新幹線の新駅工事の関係で改札口が別の場所で暫定的にやっているため、みどりの窓口もそちらに移動。そのため、日本旅行だけが元の場所に残り、閑散としていた。

でも、閑散としていても切符はしっかりと買えるため、それはそれでありがたい。待ち時間もほとんどなく無事購入。営業時間中ならこれは使えます。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

終わりました

選挙もワールドカップも。。。感想は後ほど。

オランダ対スペイン(7/12)

20分ほど寝過ごしてからの観戦。とりあえず、まだ得点は入っていなかったのでそこはよかった。

だが、既に実況を聞いているとかなりスペインペースで進んでいる様子。それでもここというところでオランダも守りを崩さず、頑張っていた。

後半は、オランダにも惜しいチャンスがあった。ロッペン対カシージャスの1対1。あれを決めていたら、と思わずにはいられません。今大会のカシージャスは安定していた。そんなには訪れない危ない場面を確実に止めていた。たまにしか訪れないピンチを防ぎ続けるというのは、頻繁に訪れるピンチを防ぐよりも難しく思える。あの集中力はすごい。

スペインの中盤は宝ですね。シャビ、イニエスタ、シャビ・アロンソ。さらに控えにはセスクも控えるわけですから。特に交代出場したセスクが効いていました。

イニエスタのゴールは、攻め続けたスペインがオランダの退場を誘って、ついにオランダの壁をこじ開けたという印象。ゴールだけはなぜか決まらない印象があるイニエスタなのに、大きい舞台で決めてきます。

完全に時代はスペインに変わりました。このサッカーを日本は目指せるのか、また目指して欲しいとも思います。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

雑誌買いだめ(7/10)

wifeが午後に美容院に行き、私は息子を連れて水泳教室へ。来週は韓国に遊びに行く予定があり、その次の週から2週間は水泳教室自体が休み。そんなわけで、テストも行われていた。

まだ平泳ぎを習いはじめたばかりの息子にとっては、平泳ぎの足の泳ぎが相当に難しい様子。コーチに文字通り手取り足取り教わっているようだった。だが、それでもなかなかうまくはいかず。

さすがに次のタイミングでの進級は難しいでしょう。とは思いますが、あまり集中力がない息子でもこの水泳教室だけは割と真剣にやっている様子。が、親バカながらうかがえるような気がします。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

思わぬ雨(7/9)


午後から県内にまた大雨警報が出された。

とにかく今シーズンは多い。全国的にも各地でゲリラ豪雨が降っているが、それが近付いているようでもある。

今日は、はじめ、砺波市の方で降ったのだが、夕方には能登半島の方でそれがあったので、能登半島の付け根の氷見市でもかなり激しい雨が降ったようだ。それも本当に山間部だけの局地的なもの。いわゆる気象台が設置しているところの観測だけではわからないもの。

とにかく、相当な雨だったらしい。少し気になっていたので、午後9時過ぎまで職場にいてそれから帰ったのだが、結局はその後もいろいろとあったようだ。

それにしても最近暑くなってきたので、帰ってきてからの疲れがひどい。ご飯を食べてからもう動く気がせずについついうとうとしてしまう。そして、結局、風呂にも入らずにそのまま眠ってしまう。

良くないとはわかっているのだが。生活を改善しないと。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

スペイン対ドイツ(7/8)

もしかしたら事実上の決勝戦かもしれないこの試合。もうこの試合も含めてあと3試合かと思うと実に寂しい。

試合を振り返る前になぜワールドカップが面白いのかということを考えてみたが、私が思うに国籍というしばりがあることによって、実力差が緩和されるということが一つあろうかと思う。

クラブチームならいくらでも有力選手を集められるし、ドリームチームを作ることができる。そういうドリームチーム同士の戦いも面白いは面白いが、どうしても、結果が見えるというか、しらけてしまうところがある。

必ずしも選手を集めたから勝てるというわけではないところがサッカーの面白いところであり、レアルマドリーが最近勝てないのもそれを証明している。

どんなに強い国でも世界最高と言われるクラスの選手が何人も現れることはない。クリスチアーノ・ロナウドとカカとメッシが別の国籍なのも偶然ではないと思う。その制限があるところがワールドカップの一つの面白さなのだろうと。

さて、試合だが、前半からスペインがボールをキープしまくる。ドイツが守備的だったというよりは、ドイツが手も足も出なかったのだと言うことだろう。あっさりとスペインが得点を入れてしまうかとも思ったが、そんなことはなく、前半、ドイツがしのいだ。

これで流れがドイツに傾くかとも思われたが、ドイツのボールキープはそれほど上がらず、依然としてスペインペース。ドイツにも惜しいチャンスがないわけではなかったが、スペインGKカシージャスが安定している。

それにしてもスペインは、バルセロナのメンバーに少しレアルの守備系の選手を入れたというチーム。ほとんどがおなじみのバルサの選手という印象だ。新シーズンはこれにビジャもバルサの選手として加わると言うから驚きである。しかし、そんなバルサですら今シーズンはCLでは勝てなかった。

サッカーは難しい。

そうこうしているうちに、スペインがCKからプジョールのヘディングで先制。個人的にはややドイツを応援していたものの、プジョールは好きな選手だけにこれはこれで嬉しい。やや躍動感に衰えが見えてきたプジョールだが、この大舞台で結果を残せて良かったと思う。

その後は、何とかドイツの反撃をスペインがうまくかわして試合終了。

終わった後のいつまでもピッチに未練を感じて動けないシュバインシュタイガーが印象的だった。彼も実にいい選手になった。人は変われるもの。そう感じずにはいられない。

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

(7/7)

午前中、仕事でなかなか決まらなかったことがようやく決まって、ほっとした。

それ以外にも午前中にはやるべきことが結構たくさんあったので、何かに追われるようだった。

とはいえ、午後は少し落ち着いて仕事をすることができてよかった。

来週末に韓国行きを予定しているのだが、その予定もかなり決まってきて、楽しみです。パスポートもできあがりました。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/6)

午前中は、石川県の輪島まで行き、一度富山市内に戻ってきた後、夜は氷見まで行く。

移動ばかりしていたのだが、それでも結構疲れて、夜の氷見での仕事は結構疲れた。外の騒音がそこそこある広い部屋でマイクなしで話さなければいけなかったのだ。

25分ほど話したのだが、のどが疲れてしまった。しんどい。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

靴がない(7/5)

金沢に出張していました。ところが、昼食で上司と一緒にある店に入り(靴を脱いで入る居酒屋でした)、その店を出ようとしたところ、靴がありません。残っていたのは、自分のとは明らかに違う靴。

困りました。仕方なくその靴を履いて会議には出ていましたが、結局、店から連絡は来ない。金沢にそうそうくるわけでもないし、他人の靴を履いているのもいやなので、会議が終わってから安めの靴を購入して、他人の靴は昼食をとった店に置いてきました。

ちょっとくたびれてはきていましたが、悪い靴ではなかったので、戻ってきてほしいのですが、期待は薄そうです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ドイツ対アルゼンチン(7/4)

これも思いもかけない結果になりました。何となくアルゼンチンがドイツの守備を圧倒するのではないかと思っていましたが、結果は逆でした。

所属チームでは満足の行く結果を残せていないクローゼですが、なぜかワールドカップでは輝きます。不思議な選手です。バイエルンではマリオ・ゴメスがレギュラーなのに代表ではクローゼがレギュラー。

それでも、なんだかんだ言って結果を残すところはさすがです。

試合を見ていて思ったのは、クローゼの守備です。ボールを奪われてからすぐに守備に回ってボールを追いかける。ここがメッシとの違いでした。

メッシの素晴らしさも知っているつもりですが、バルセロナでは他の選手がカバーしてくれているんだということがわかった気がします。それはそれでいいのですが、代表ではそういう戦術を監督が取れていないということ。

それに対してクローゼは、セルビア戦ではその守備が仇となりましたが、そんなことも忘れてしまうほどの出来でした。そういえば、あの試合でだめだったポドルスキーも完全に復活していました。

ドイツはとにかく強いですね。スペインとの試合は本当に楽しみです。

(私の10年日記)
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
137位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク