FC2ブログ

午前も午後も会議(2/4)

 今日は、午前中も午後も会議が予定されている。午前中は、会議とは名ばかりのひたすら説明を行う説明会。自分は説明する側。午後は意見交換会で、どちらかといえば、フリートークに近い。

 とはいえ、どちらとも説明をする側であり、質問を受ける側であり、主催者側である。正直、嫌である。説明がうまいわけでもないし。

 午前中の説明は原稿を作っていったので、さぞかし棒読みに近く、聞いている方は面白くなかっただろうが、淡々と時間をかけて乗り切った。

 大して質問も出ない会議だったはずなのだが、質問がいくつか出て、ちょっと自信のないところもあったが、何となく答えた。困った質問もあったけれど、そこはそれなりに誠意を込めて答えたつもりだ。

 午後の方は、ちょっと難しかった。こちらからの提案に対してその反応を聞くと言うものであったが、どう見ても相手の方が知識が豊富なので、こちらが何も言えないこともあったり、話についていけないこともあったり。

 幸い、主催者側とはいえ、こちらは主催者側の一つで中心の主催者ではなかったので、何とか乗り切ることはできたが、まだまだ勉強不足であることを感じた。

 さて、こんないろいろな会議の場だけれど、いろいろと不満や苦情が飛び交う会議であることを嫌がる人は多いのだが、質問もなく、何となく終わってしまう会議に比べれば、とても有意義なものではないかと思う。特に自分のように現場をよく知らないものにとっては。

 多少、口の悪い部分はあるにせよ、それが本音であるし、それが現場の声なのだ。と自分に言い聞かせるようにはしている(課題は残るけどね)。

 質問のない会議が割と日本の職場だと多いかもしれないが、自分が説明する側だとして、それが相手に響いているかどうかはわからない。質問が出た方がいいに決まっている。

 これは、学校時代からそう。確かに自分も学生時代は全然質問なんかできなかったけれど(眠ってばかりだったし)、最近はできるだけ質問するように、少なくとも質問を考えるようにはしようと思っている。

 でも、質問して逆に恥をかくことも度々だ。不勉強がありあり、ということ。でも、質問することを評価するような世の中にしていかないと、日本はだめになるばかり。。。かな、とちょっとえらそうに思ってはいる。

 これって、家庭にも言えることなんだな、多分。家庭で会話がないのは、家庭に興味を持っていないとか、考えていないからなのか。

 それはいけない。。。

 また、一度聞いたことを質問して、恥をかくことも度々。。。

 反省、、、、と。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
117位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク