FC2ブログ

大連2日目(2/20)

 朝食はホテルの最上階のレストランで。来る前に見た口コミでは、かつては、回転式だったが、今は止まっていて、人が通るとやたらと揺れるということで評判の場所だった(笑)。料理はそんなに美味しくはなく、まあ腹を満たせたかなという程度。

 ホテルのレストランから見た大連駅。


 朝食後、朝から二百三高地の舞台、旅順に向かう。今日もワゴン車に乗って。1時間程かかるそうです。ずっと横を鉄道が走る道を走ってひたすら旅順に向かう。勝手なイメージで、途中は相当な田舎になるのではないかとも思っていたが、そのような感じはなかった。韓国の田舎道くらいの感じだろうか。

 大連はいまだに旧正月の雰囲気が残っています。



 日本が残していったという電車を模した電車が走っています。


 おそらく国道なのだろうが(国道という概念があるのかはわからないが)、道もしっかりと舗装されているし、そんなに貧しそうな雰囲気もない。いずれ、旅順から大連まで鉄道がつながることになるそうで、その工事が次々に進められていた。そういえば、大連市内では地下鉄の工事も進められていたが、地上にやたらと大規模な工事が行われているところが何か所もあり、不思議だった。豪華な駅にでもなるのだろうか。きっとそんな気がする。

 旅順の市街地に入るために、東鶏冠山北堡塁へ。帝政ロシアが日本軍の防御の為に建設した堡塁であり、日露戦争の激戦地(by wikipedia)ということである。寒々としたところではあるが、激戦の跡地と言うこともあり、少し生々しい。ロシア人の落書きも結構あった。






 次は、水師営会見所に向かう。市街地に入ると、急にいわゆる中国っぽい風景に変わった。ネオンサインの看板はあまりないが、韓国のちょっとした町にも似ているかもしれない。そして、そのすぐ横に会見所はあった。ここは、1905年日露戦争中の旅順軍港攻防戦の停戦条約が締結された(これもby wikipedia)場所とのこと。

 こんな建物です。


 ここまでは、真剣に見ていました。


 冷え冷えとした場所で、そこで日本語ガイドの説明をいろいろと聞いていました。最後に、当時の物の説明が始まったが、その説明だけ妙に長かった。ようやく、それが終わったところで、いくら以上出したら、その物を差し上げるという話になり、急にえらく生臭い話になって。金を出すはずもなく、そうですか、という感じで、その場を後にした。横の土産物屋でもそんな話になる。仕組みが分かった気がした(笑)。

 次は、いよいよ有名な二百三高地。自分自身、なぜ有名なのかを大連に来ることになるまで知らなかった。あまりにも激しい戦いのために、標高も低くなったのだとか。駐車場から10分程歩いて到達した場所から標的の湾まではかなり遠いという印象。日本人の観光客も何人か来ていた。





 その後、湾を見渡せる塔がある場所を見てから、お昼の会場へ。



 その後、昼食会場に向かう途中、通りがかり(でもなかったのだろうが)、街角の市場に寄った。旧大和ホテルという建物を見て、市場で売っているものを見て回った。果物に海産物、野菜など生活に密着したものが多い。いちごを買ってその場で食べた。味は悪くなかった。なかなかだった。



 途中、旅順駅にも。


 昼食は海鮮の店に。システムとして、料理名の表示の後ろに材料が入った丼が並べてあって、それを見て注文するというもの。出来上がりがイメージできないので、想像に任せるしかないのだが、なかなか面白いシステムでした。そこでも、なんだかんだといろいろと頼みすぎて、大変なことに。水餃子もうまかったし、牡蠣もうまかった。これでもかというくらいに食べまくりました。

 満腹になり、大連市内へ戻り、市場と百貨店を案内してもらって土産を買い、まだ夕食には早かったので、足つぼマッサージを受けることに。じっくり2時間やってもらいました。疲れもすっきりとはいかないまでも、落ち着きました。

 街歩きの途中で飲んだ豆乳。


 少しお腹をすかせて今度は夕食を食べることに。何だか食べてばかりの気もしないでもない。夜も
とてもにぎわっている店で、海鮮も含めていろいろなメニューがある店。気になった魚の「えい」を頼んでみたところ、中華風の味付けでとても美味しかった。韓国風でなくてよかった。また、最後だからと度数が40度超えの白酒を頼んで飲んでみる。さすがに強烈。ある程度飲んだが、絶対にここで倒れてはだめなのでかなり自粛して飲んだ。結果、倒れることはなし(笑)。

 外に出るとかなり寒くなっていた。せっかくなので、何度も見かけていた路面電車で帰ることに。レトロ調の(おそらくあえてそんな感じを出しているように思う)電車で数駅乗ってホテル到着。いい感じでした。これにて、本日終了。

 路面電車の車内から。
 

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
183位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク