(3/31)

 朝、ちょっといいことがあった。それを身につけて、朝、出勤。

 いつもの年度末の日。自分にとっては、特別の日なのだが、そんな雰囲気はこの日の定めで、毎年ない。

 時は流れる。

 何かと人の入れ替わりもあって落ち着かない一日。遠くから帰ってきた人もいて、また、遠くの場所へ戻っていかれる人もいる。毎年繰り返される出会いと別れが特にたくさんあふれる日。

 そんな一日ではあるが、自分にとっては、あまり変化がなく、そのまま明日へとつながる一日。

 ここ一週間ほど、昼は職場に拘束されていたのだが、今日は久しぶりに外に出ることができた。いつものシアトルズベストコーヒーに行って、昼食も併せてとる。ありがたいことだ。平和な当たり前の日常があることに感謝する。

 何とか気持ちを切らさずに、今できることに精一杯取り組もう。

 そして、夜は、自分への褒美として、下の写真です(笑)。まあ、あまり特徴のない無難な味です。

 そんな中で、見たNHKのニュース。被災者である小学生の同級生の転校の話や郵便が動き出した話。そんなこと聞かなくてもいいじゃないか、とも思うことが満載。郵便配達員だから、手紙を届けるだけ。身内が亡くなっていても。そのことに必死に耐えて仕事していると思うのに、あえてそのつらさを思い出させなくても。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ソウルマッコリなう!


(3/30)

 何だか仕事のための仕事というか、雑用に時間を取られる。

 昼間はそんな仕事をしたくないから、結局、夕方から取りかかる。思った以上に時間がかかる。

 いい加減にやりたいところだが、いい加減にはできない仕事。

 とはいえ。。。


 こんな時、気分転換にとやることは、家に帰ってから、だらだらとネットをするくらい。
 ま、だめ人間な自分だけど、きちんと生活していかないとね。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

夜8時からの飲み会(3/29)

 気がつけば、東日本の地震から3回目の飲み会になる。何だかんだ言って、それぞれお祝いだったり、送別会だったり、それなりにおめでたい席ではあるのだが、3回目というのは個人的にちょっとやり過ぎかもという気がしないでもない。

 自粛という気持ちとも違う。何というか、あまりに気軽に生活していることの傍らで、酒どころか温かいものも食べられない地域があり、常に停電を気にしていなければならない地域があり、そんな中で、自分の周りの環境。

 恵まれすぎだよ。力になろうと、必死に働いている人がいるというのに、全然、こちらは役立っている仕事をしていないような気がする。自分の仕事を全うしているとはいえ、その仕事自体が果たして、今、必要なのかという気も。

 それでも、今の仕事で停滞はさらに迷惑をかけてしまうだけなので、流れについて行くだけなのだが。

 自分はいつもこんなトーンで書いているからいいけれど、いつもは楽しい感じで書いている人まで、何となくいらいらが募ってきているんじゃないかと思う今日この頃である。

 春はやってくるのだろうか。桜が咲いても花を愛でるという気持ちになれるだろうか。

 悲しいけれど、まだ災害は続いているのだ。
 何もできない。自分が誰かに何かをしてあげる、その力がないのが何とももどかしい。


 そもそも、人の役に立つというのは、とても難しいこと。でも、それとは逆に、簡単だけれども役に立てることというのもある。


 結局のところ、やっぱり冷たい人間なのかもしれないね。自分では、それなりに熱いつもりでも。

 それと、チャリティマッチ、見たかったなあ。活字で見ただけでもいい試合だったことが伝わってくる。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

久しぶりに早く帰る(3/28)

 今日も忙しい一日だったが、ふっと踏ん切りがついたので、7時過ぎには家に帰った。最近、帰りが遅い日が続いていたので、平日に息子と風呂に入るのはとても久しぶりのように感じる。

 息子を寝かせてから起きて、結局は、だらだらとパソコンに向かっていた。twitterで初めて韓国語でやってみた。言葉が出ないこともあるし、自分の能力ではまだまだ無理があったようだ。

 何がしたいのか。ずっと迷っている。なかなか続かずに、どんな方向に向かおうか、自分のスタイルがいまだにできていない。

 そして、自分なりに決めていたこともできなくなりつつある。

 うーん。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ここ数日のブログ

あまりにひどい書きぶりです。
すみませんでした。

寝て過ごす(3/27)

 昨晩からの徹夜。午前2時くらい(小雨混じり)に眠くなってしまいましたが、あとは大体乗り切りました。そんなにすることもなかったんで、個人的にはよかったですが、この状態がいつまで続くのやらという気持ちにはなります。

 9時近くに家に帰ってきて、そのまま布団に入る。次に目が覚めたのは午後2時頃。妻と息子は元々あった用事に出かけてしまっており、自分一人。車もないので、何となくだらだらといつもどおりテレビを見たりして過ごす。

 今夜、金八先生ファイナルが放送されるということで、木曜日に録画していたその宣伝番組を見る。自分が生で見ていたのは、闇に葬られている第8シリーズだけで、第5~7シリーズは、スカパーで見たもの。どの話も重い話が多いが、ただその分、印象に残っている場面も多い。この宣伝番組に福田沙紀が来てくれたのは感謝である。あまり、そのことを口外していないようにも思ったし。

 結局、本編の方は録画しておいて後日見ることにした。また泣くんでしょうね。でも、金八先生が本当に最終回を迎えられてよかったです。中途半端なまま、終わっていたから。個人的に一番印象に残っているのは、兼末健次郎でしょうか。

 今、学校の先生をしているって!ちはるちゃんとは、どうなったんでしょうか。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

歌詞から探す(3/26)

 パソコンに向かっている時に、いつもKBSのインターネットラジオをつけている。最近、たまにかかって気になっていた曲があったのだが、誰が歌っているのか分からず、聞き取れた部分の歌詞を手がかりに検索して、たどり着いた。

 5dollsの「ノ マリヤ」という曲。全く知らないグループだった。まだつい最近デビューしたばかりの新人のよう。

 たまに、韓国歌謡の世界では、ものすごく気になる曲が出てきてはまってしまうのだが、これもまさにそんな感じ。でも、次の曲は今一つというのもよくある話。

 今回も多分そうなのだろう。

 去年は、このパターンアフタースクールの「ノッテムネ」だったなあ。なぜか「ノ」つながり。

 さて、今晩は夜出勤で翌朝までの仕事。寒いし、嫌だなあ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

そんな季節(3/25)

 異動の発表が今日あった。自分は関係なかったけれど、4月は大がかりに人が動く。

 新しい気持ちでいろんな人が4月から仕事に打ち込むことになるが、自分の所属する係は全員が残留。

 今になって、4月以降のモチベーションが心配になってきた。今日の周囲の反応は、今思えば、あまり面白くないという反応が多かったように思う。そんな中で、意欲を維持するために何か新しい刺激が必要だ。

 その刺激を作り出すのは自分。何とかしないと。新しい目標を見つけることが必要だ。一人一人が尊い人生を生きているわけだしね。無駄だと思う時間を過ごすのはもったいないよ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

セリーグの開幕日、再度変更(3/24)

 セリーグの開幕日が、結局、パリーグとの同一開幕日で落ち着いた。これが一番いい落としどころであったことは間違いない。

 とはいえ、なぜここまでこじれてしまったのか、という気がしないでもない。読売の会長を悪者に仕立てあげて面白おかしく取り扱った面があったと個人的には感じる。

 地方で実施するのであれば、3月末の開幕でもよかったかもとは思う。もうこんな時期だから準備が整わなかったかもしれないが、ここまで準備していた人たちもいたと思う。中止せずに、何とか被災地との共存を果たせるような方法がなかったものだろうか。

 仕事で遅くなり、ご飯を食べたのが12時近く。最近、あまりニュースを見ていないが
、原発は状況がよくなっているわけではない。個人的にもいろいろなことがあまりうまくいってなくて、心配事も多い。

 それでも、前を向いて歩こう。こちらには家もあるし、食べることにも寝ることにも全く困っていないのだから。 

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロ野球とJリーグ(3/22)

 セ・リーグの開幕時期の問題で揺れている。個人的にはできるならやっていいと思うが、試合の実施により、多くの電気を使うことが、批判の対象となっている。

 そのとおりだと思う。東京ドームでの開催は計画停電をやっている今は難しいだろう。神宮や横浜でのデーゲームならまだしも。それなら、4月12日ならいいのかという問題もある。また、今は野球をやる時期ではないと言う意見もある。

 おそらく、4月のその頃になって現在の状況が好転しているとは思えない。原発が動いていないのだから。電気が足りないのは間違いない。

 ただ、ここまで責められることなのかという気はする。選手が全力でプレーできないというなら、それは仕方がないけれど、開幕できる状態にあるなら、やるというのも一つの選択肢だとは思う。足並みを揃えるということが、全ての選択肢なのか。こんなことでもめている場合ではないとも思うが、外野がとやかくいえることではないのではないか。

 その一方で、Jリーグの再開日も決まった。その日までにどこまで回復できているかも分からないが、とりあえずは、決まった。こちらは特に問題はなかったようだ。また、同じ日にチャリティマッチのメンバーも発表された。

 Jリーグ選抜には水戸や山形からも選んで欲しかったというのが率直な感想。寿人が選ばれたのは嬉しかった。中沢と闘莉王がこちら側にいるというのも面白い。

 ただ、これを見ると、セ・リーグの開幕がそんなにいけなかったことなのかとも思う。電気のことに配慮して、地方で開催するなどすれば、それでよかったのではないか。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

実家に向かう(3/20)

 今日も息子は水泳教室。連れていくのは妻に任せた。やりたいことがあって、実家に向かう必要があったのだが、少々出遅れた。

 実家に着いてから、妹が使っているパソコンを使って目的のことを済ませる。動作が遅いパソコンなのでいらいらしたが、何とか目的は果たした。

 その後、今日のもう一つの目的を果たそうと地元のショッピングセンターに行ったが、目的のイベントはすでに終わっていたようだった。

 いったい、何をしているのか。

 その後、妻と息子を連れて帰宅。昼食。

 ちょっと落ち着いてから、家族で走りに行こうと外に出たら、雨だった。思い立ったら、雨。。。悲しい。

 今日はひたすら、あぶく銭の処理に当ててました。結構、あぶく銭、持ってました。あぶく銭なんで、なくなってもどうってことはありません。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

タオルマフラーの整理してました。被災地の3チームにエール。


(3/19)


 朝方、と言ってもまだ午前2時過ぎになぜか目が覚めて、ラジオをつけた。最近、ラジオのよさを感じている。声だけの世界。想像が広がる。

 サンドイッチマンのオールナイトニッポンをやっていた。レギュラーでやっているのかと思いきや、どうやら震災のための特集番組だそうだ。

 気仙沼で被災した彼ら。少し悲しげではあるが、いつもの感じは残しながらの進行。ショートコントをやっては、リクエスト曲を流すという単純な構成。伊達さんへの富澤の毒舌が持ち味だが、その切れ味は視聴者に配慮しつつもそのままで。曲もなかなかよかった。印象的だったのは、「何度でも」かな。

 ラジオの続きは、「走れ歌謡曲」(だったと思う)につながり、それはちょっと自分に合わなさそうだったので、朝まで、FMを聞く。FMでは、曲名でしりとりをやっていた。

 山ちゃんと言っていたので、手羽先ではなくて、南海キャンディーズかと思ったが、微妙に違うようで、失礼ながら、ラジオ界の山ちゃんだったようだ。

 それが終わると朝の5時。その後もだらだらとしていて、そのうち、ようやく眠くなってきた。しばらくこたつで横になって、うとうとし、それから朝を迎えた。

 午前中は何とか過ごして、午後は息子の水泳教室に。本を持っていったが、途中から睡眠不足がたたって完全に眠ってしまった。

 思えば、睡眠不足に加えて、見学場所の暑さ。この暖房で、かなりの燃料か電気を使っているんだろうなと思うと、何ともいえない気持ちになる。

 これが富山の現実。

 もっと言えば、夜は外食に出た。回転寿司の店で、店はほぼいつもどおりににぎわっていた。ひっそりとしているのもどうかと思っていたのでそれはそれでよかったとは思う。早くこんな当たり前の生活が日本中で行われることを願う。

 願ったり、祈ったりしてばかりだな、自分。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

アンパンマン(3/18)


 今朝の新聞に今回の地震に対するアンパンマンの作者の言葉が載っていた。日曜の午前中にラジオを聞いて思った思いをもう一度感じたくてiTunesでダウンロードした。ないかなと思ったけれど、幸い、アニメソングのオムニバス版に入っていた。

 通勤途中に聞いていたが、日曜に聞いた印象とは違っていた。そのときは、流れるメロディーに、災害のニュースばかりでつらかったであろう子供たちが喜ぶだろうという想像だけで感動していたが、歌詞が素晴らしかった。今まで、アニメの歌だと思って歌詞を聴いていなかったが、今まで聞いた中でも一、二を争うような最高のメッセージソングではないか。

 それは、被災された方へのものではないと思う。多分、被災された方が聞いても複雑な気持ちになるだけだと思う。

 しかし、全く被災していない我々がそれを聞いたときに、今の生活、生きていることの喜び、そしてそれが幸せなんだという言葉。今を生きることで、いろんな困難に立ち向かって行こうというメッセージ。

 おそらく、今、ここまで賞賛されているのは被災していない、それほど被災していない人たちにとって、何もすることができない自分たちにとって、救いとなる歌だったのではないだろうか。

 とりあえず、今日はこの歌が完全にヘビーローテーションで5、6回くらい聞いただろうか。

 思えば、このアンパンマンといい、去年のゲゲゲといい、今更ながら、日本のアニメは世界に誇るべきものだと思うし、そこに込められているメッセージは、どんな歌や小説、随筆にも劣らないものなんだなと、今になって実感した。

 これからは、何気ない歌でもよく歌詞を聴いてみるか。新しい発見がまだまだあるかもしれない。今までは歌詞の良さには偶然出会うまで気にしないというスタンスでいたが、それでは多くのことを逃してきたようだ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

サッカーダイジェスト(3/17)

 今日、帰りにコンビニに寄ったら、サッカーダイジェストが売られていた。富山での発売日は東京からは1日遅れ、普通なら水曜日の発売。わずか1日だけの遅れて、最新号が発表されたことになる。

 最初は、先週のが残っているのかと思ったが、内田が被災者へのメッセージを書いたTシャツを着ているし、間違いなく今週号だ。Jリーグは中止になった今週。今週どころか、4月の第1週まで中止になった。

 それでも、サッカーだからできることもある、とその雑誌には書かれていた。チャリティーを行ったり、プレーを見せることで勇気づけること。それぞれがそれぞれの仕事を続けることが、復興に向けたそれぞれの歩みになると。

 個人的にも、何でもかんでも中止にするのは問題だと思う。選手の気持ちもあるだろうが、できるだけ早く、その場所に帰ってきてもらいたい。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

この間、久しぶりの雪もいいものだって書いたけど、避難している人を考えると今シーズンはもういいです。原発を冷やしてくださいな。


お祝い(3/16)

 以前、同じ職場で働いていた女性が、結婚そして退職するということで、そのお祝いの会に行ってきた。

 この会自体を開催するかどうかという話もあったようだが、開いて正解だと思う。被災していない地域が自粛しても仕方がない。

 会には、かなり偉い方も来られて、私なんかは隅にぽつんといるような感じだったが、その偉い方がかなり盛り上げてくれて楽しい会だった。

 年をとってもこうありたいものだ、と思う。それだからこそ、偉くなっておられるのだろうが。偉い方なのに、もっと偉い方に怒られてばかりだそうな。やれやれ。

 とりあえず、会を開催できてよかったです。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

facebook(3/15)


 昨日、facebookに登録したと書いたが、静岡に住む友人(と書くには先輩なのですが)も登録していることがわかり、そこにも連絡を入れてみた。

 何度かやりとりをした後で、富山も揺れた。これはまたどこかで大きな地震か、と思ったら、静岡で震度6強。

 よりによって、連絡を取ったこんな日に。またしても悪いジンクス。

 幸い、静岡市内はそれほどでもなく、震度6強にしては、被害も少なかったようではあっった。さすがは、静岡県、といえるのかもしれない。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ありがとう

昨日、韓国から安否確認の電話、e-mailをもらいました。富山は通常生活が続いています。ありがとうございます。感謝。

安否確認と3年半という時間(3/14)

 朝、職場に着いて、仕事を始める頃に急に自分の携帯が鳴った。

 「ヨボセヨ」と。声を聞いて誰かわかった。とりあえず、廊下に出て、しゃべった。悪玉子さんだった。地震は大丈夫だと思ったけど、それでも気になったから電話したと。

 富山は何も被害はなかったこと、別に問題なく生活していることを伝えた。こんな風に電話がかかってくると本当に嬉しいんだと思った。この気持ちは何物にも代え難い。きっと、連絡が何もとれないということは、この逆でとても悲しくつらいことなんだろうな、と改めて思う。ありがとう。

 無事だろうなと思っても、連絡取ることも大事なんだね。

 お昼には、今度は韓国からメールが来ていることに気づいた。同じく安否を尋ねるメールだった。これも感謝。

 そのメールを送ったクベクチョンさんは、メールの中で、facebookをやっていることを書いていた。そこで、こっちも勢いで登録してしまった。使い方はよく分からないが、本当に勢いだった。

 夜は、仕事で帰りが遅くなった。帰る途中、妻から、飼っている金魚が動かなくなったとメールがあった。

 実はここ1ヶ月くらい調子が悪く、転覆病にかかったようで、ずっと逆さまに泳いでいた。水を換えたりもしていたが、ここ数日はえさも食べられなくなり、ただ逆さまでいるだけ。今朝からはほとんど動けなくもなっていた。

 この金魚、お祭りの金魚すくいで飼い始めたもので、約3年半生きたことになる。金魚の寿命は調べると10~15年ということで、それから比べるとはるかに短い。

 いろいろ調べると、買い方や水の換え方など、誤った方法をとっていたことがわかった。

 にもかかわらず、3年半も生きてくれてありがとう。感謝感謝の一日である。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

疲れて(3/13)

 午前中は、今日は息子を連れて近所の床屋へ。息子の床屋は安い床屋で、いつも混んでいる。今日は震災の最中ということもあり、空いているかとも思ったが、いつもどおりに混んでいた。

 床屋ではFMが流れている。被災者に向けた音楽が流れていた。アンパンマンの歌が流れてきた。ちょっと泣きそうになった。テレビは地震の報道一色になっている。それは仕方がないが、子供向けの番組とかバラエティ番組が一切なくなっている。

 その中で、FMが気を利かせてのアンパンマンなんだろう。午後にはプリキュアもかかったらしい。アンパンマンの歌のメロディーって、とても覚えやすくて、心を明るくしてくれるいい曲なんだなと。ほっとする曲だった。

 午後は、妻と息子が公園に遊びに行った。自分も行くべきだっただろうが、何だか急に疲れが襲ってきて、息子の相手は妻に任せた。横になっていてもなかなか眠れなかったが、こたつの場所に行ったら昼寝もできた。こんな楽な生活ですみません。という思い。

 多分、実際に自分が被災したら、心も体もやられてしまって全然動けないんじゃないだろうかって、思う。テレビも見ることができなくなってきた。被災した映像ばかりだから、正直しんどい。

 ただ、こんな時だからこそ、被災していない人間は普通の生活をした方がいい。経済を回すことが被災していない人間の役目だと。

 そういう言葉をネット上で見つけた。


 いい言葉だあ。


 こんな時だからこそ、いい言葉もかけ巡っている。世の中捨てたもんじゃない。少なくとも今の日本はまとまっているよ。

 何とか多くの人に生き残ってほしいから。これからの生活をできるだけたくさんの人にもう一度始めてほしいから。

 私たちは、しっかりと普通の生活を続けよう。そのことに感謝しながら。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

神通川マラソンは中止

 こんな時ですが、今日は神通川マラソンというマラソン大会が予定されていたのですが、中止(延期?)になったことをHPを見て知りました。試しに見てみてよかったです。

 練習もほとんどしていなかったし、走れるような精神状態でもなかったので、ほっとしているのが、正直な心情です。ただ、大会があれば、それはそれで懸命に走ったことでしょう。今は一人一人が全力を尽くすことが、大切だと思うので。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

怒りを覚えるが(3/12)


 昨夜、燃えさかっていた気仙沼の町の映像。朝が来て、それ以上に大変なところが至るところにあるのがわかった。病院の屋上で助けを求める人たち。ビルの上で助けを待つ人たち。昨日、必死に走って高台で難を逃れた人々。泣き叫ぶ子供たち。

 そこには今まで見た中で一番悲惨な、信じられない光景が広がっている。そこにあったであろう家がなく、土台だけが残されている。逃げ場もなかっただろうと思われる海辺の平野。

 でも、こんなにヘリコプターが飛んで被災された人たちは、さぞかし、怖いことだろう。助けられることなら、この映像を撮っているヘリで助けてあげたい。

 こんな中、自分にできることはないだろうか、といろいろと考えるが、何もできない。もどかしい。今朝方にも大きな地震が長野と新潟の県境付近であって、富山でも揺れたが、幸いそれほどでもなかった。

 明日は、マラソン大会に出場するのだが、ほとんど練習していないことから、走りに行くべきだったのだが、ちょっとそういう気分になれなかった。気持ちが弱い自分。

 結局、だらだらと過ごしてしまい、元々行くつもりだったJリーグの試合もないことから、午後の息子の水泳教室は妻に任せて、床屋に行ってきた。

 いつも行っている自分の田舎の床屋。自分の田舎には、先日のニュージーランドの地震で行方不明になっている人が1人いる。名字に特徴があって、その名前のお店が田舎にあるので、もしかしたらそこかと聞いてみたら、そのとおりだった。地元では、誰もが心配し、悲しんでいる話なのだろう。

 夜は夜で原発が大変な状態になっていた。1号機が爆発しているのに、全然情報を伝えようとしない政府と国に苛立つ。少しだけ原発の知識がある自分としては、大変なことになることを想像して、早く避難させてくれと願う。

 最悪のことを想定して、早くその際の対策を住民に知らせるべきではないか。本当に一刻を争う事態ではないのかと。

 夕方の6時頃にあった政府の会見、国の会見ともに満足できるものではなかった。デマが飛び交うのはいけないが、空振りをおそれず、情報を提供するべきではないか、自分の前の仕事では、その情報を一刻も早く他へ流すために秒、分の単位で取り組んできたんだぞ。

 結果的に最悪の事態は免れていた。信じられなかった。天井だけが吹っ飛んだようには映像からは読みとれなかったから。多分、自分がそこの住民だったらパニックになっていただろう。だから、情報を早く出してほしかった。

 あまりに、怒り、悲しみすぎたようだ。安全な場所にいるのに心が持たない。普段は自分の奥に潜んでいる臆病な性格が表に出てきている。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

お見舞い申し上げます(3/11)

 今日は午後3時から、初めて体験する仕事(部下との面接)をする予定だったのですが、地震があって富山でも揺れ、テレビから伝えられるその被害の大きさにただただ圧倒され、その仕事は完全に吹っ飛んでしまいました。

 個人的には、何だか嫌なジンクスを作ってしまいました。一斉の案内を送ったあとによくないことがあるというジンクス。去年もあったので。

 それから、昨年秋以降に次々と起きる重大事案に自然災害。個人的に昨年10月に転機があったので、自分は何も悪くないけれど、なぜか申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 集落が波に次々と飲み込まれていく映像。恐ろしい。ただ、逃げるしかないのに、高台がない。車で走っても、車よりも速く迫ってくる津波。

 また、燃え上がる石油コンビナート。そして、焼け野原のように燃え上がる気仙沼の映像。伝えられるニュースの全てが想定以上で。

 仙台在住の友人は無事だったようですが、停電も続いているし、まだ被害の把握が出来ていないし、これからが相当大変だと思います。とにかく、体調に気をつけて、まだ続くと思われる余震にも警戒して下さい。

 一日も早い復興を祈ります。


(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(3/10)


 民主党議員による竹島問題。まずいなあと思う。正直、外務大臣の外国人献金問題より
もまずい。国会議員を続けるのもどうかと思う。が、全てはこの後に起きる地震により、吹っ飛んでしまったのだ。

 また、今日のニュースとして、坂上二郎さんの死。コント55号は自分は後になってからの映像でしか見たことはない。すでに自分がテレビを見始めた頃にはそれぞれが独立していた。

 思い出すのはカックラキン大放送。そして、ラビーこと関根勤さんにつながっていく。哀悼の意を込めて、関根さんと小堺さんのコメントを紹介して今日は終わりにしたい。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(3/9)


 チャンピオンズリーグはバルセロナが勝った模様。何だか、審判に問題はあったようだけど、難敵のアーセナルを退けた。

 宮城県で大きな地震があったようだが、特に被害はなし。ニュージーランドでも、行方不明者の身元が確認されたというニュースがあった中で、夜のニュースでのトップニュースでは、宮城の地震で東京のエレベータが止まったという話だった。

 その扱いに悲しいものを感じた。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(3/8)


 今日も帰りが遅くなり、だらだらと遅くまで起きていた。ちょっと日記を書く気力も失せていた。ここ最近は、書く日が割と続いていたが、だめになった。

 職場では評価制度。人を評価する立場になって、初めに気にするようになったことは多々ある。ただ、制度のルールに縛られ、マニュアルどおりにしようとすると自分のイメージとは違った結果が出ることも多い。本来の制度の趣旨は何だろうか。夏になれば、別の評価制度もあるらしい。急にマニュアルだけで評価せよと言われても。

 評価される方もかわいそうだ。だから、こちらもいい加減にはできない。マニュアルをしっかり読み込んで、きちんと理屈の通るものにする必要がある。だが、難しい。

 帰ってきて、だらだらと見ていた「爆問学問」では、番組版のノーベル賞をということでいろいろと紹介していたが、結論は粘菌の研究。これって、別の賞、既に取っているよな。あえて、それを番組で取り上げなくても、取り上げてもいいけれど、番組として賞まで与えなくても。。。NHK、大丈夫?

 先週土曜日にはJリーグが開幕したが、韓国Kリーグも開幕とか。話題は、16チームの監督が全員韓国人になったこととイ・ドングクとキム・ウンジュンのどちらが先に通算100ゴールを決めるかということ。キム・ウンジュンって、以前、ベガルタ仙台にいた選手。日本ではあまり活躍できずなかったけど、自分が仙台で生で見た試合の時には確か出場していたはず。

 まだ、頑張っています。ただ、冷静に考えるとイ・ドングクは99ゴールで、キム・ウンジュンが97ゴールなんで、イ・ドングクが先に達成しそうではありますが。

 個人的には、もう一度、仙台でベガルタの試合が見たいです。(3/13に書いています)

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

いろいろなニュース(3/7)

 午後に一本、会議をこなし、それからずっとできないでいた説明事項を一つ終えてほっとする。その直後に、また別の緊急事項が入ってきたので、また説明機会が飛んでしまうところだっただけに、タイミング的にもちょうどよかった。

 さて、もう昨日の夜にはニュースになっていたが、ニュージーランドの地震で行方不明になっていた人の死亡が確認された。元高校の校長先生だった人で、今日はその高校で黙祷がささげられていた。

 一度は生存と伝えられた人。家族の気持ちはどうだったろう。ただ、誰も責められない。ただただ、お悔やみ申し上げます。

 そんなニュースの裏で、今日はうれしいニュースが。インテルに所属の長友がイタリアでの初ゴールとのこと。そりゃ、もう勝負が決まった後であるとか、ケチをつけようと思えばいくらでもつけられるだろうが、ストライカー顔負けの反転ゴールは素晴らしいものだった。

 パスをくれたのがスナイデルで、シュート時に横にいたのがエトオ。去年のワールドカップで戦った相手のエースと同じチームで、そこで点を決める。文句なしです。これでレギュラーが保証されるわけではないが、それでも、得点後のパフォーマンスを見れば、何とかチームに溶け込んでいる様子が見える。そこが素晴らしい。

 最後に、前原外相の辞任のニュース。献金をもらった相手が在日韓国人で、そのために辞任と言うことだが、それを外国人からの献金と言っていたのには少々違和感があった。

 国籍という点では確かにそうだが、献金した側にもされた側にも果たしてその意識があったのかどうか。しかもあっさりと辞任してしまったために、在日韓国人の置かれている立場とかそういうものが素通りされてしまった。

 単に政治の駆け引きの材料になってしまって、この件はおしまいになってしまいそうだ。こんな時こそ、在日韓国人の立場のことについて取り上げるべきでないかと思うが、全くそんな報道はなさそうだ。それが残念だ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

開幕勝利(3/6)

(2日分ほど書き上げていた日記が飛んでしまった。大ショック。気を取り直して再び打ち直す。だが、ショックだ。立ち直るのに時間がかかりそうだ。)

 息子のインフルエンザももう完全に直ったようだ。熱もない。病院に行く以外は、ずっと家にいるので、ちょっと外に連れて行った方がいいかと思い、外食にいく話を持ちかけて見た。

 ふとケンタッキーの話をしたところ、息子が乗ってきた。よく考えたら、思いっきり、油っぽいし、病み上がりの体にはきついかとも思ったが、息子の頭はケンタッキー一色になってしまったので、そこに向かうことにした。

 頼んだのは、マイごちせっと。自分はスペシャルを頼んで無茶苦茶食べた。幸い、息子もおなかを壊すこともなくよかった。

 家に帰って、40分ほど外をランニングした後、カターレ富山の試合を見る。相手は横浜FC。

 気になるのが話題の3-3-3-1のシステム。なかなかいいペースで攻め込んでいたが、一つのミスで先制されて、ちょっとまずい展開に。しかし、これに対して、これまた相手のミスに乗じて同点に。ただ、これは前線からのプレッシャーにより、相手のミスを呼び込んだと言ってもよさそうだ。1点目は苔口のゴール。

 とにかく、ボールを相手のバックラインの裏へ裏へと放り込む。しかし、前線の選手にポストプレーをさせるわけではなく、ボールをスペースに出して、相手と競らせるという戦い方。苔口のスピードを活かしつつ、さらにはそのこぼれ玉を2列目の選手が拾うという戦術か。

 とにかく、こぼれ玉への出足がよく、かなり有利に進めていた。2点目は裏に出したボールに苔口が走っていって、相手GKの反則を誘ったもの。PKは苔口が蹴ればいいんじゃないかと思ったが、黒部が決めて逆転。そして、そのまま勝利。

 正直、私が好きなサッカーかと言えば、そうではないですが、それでも、勝つことでよくなっていくのでは、と期待。今年は期待できるかも、です。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
105位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク