全く興味がなかったとは(4/30)

 天気予報では晴れの予報でしたが、朝からどうも雲行きがあやしく、ついには雨が降り出しました。それも結構激しく。それに激しい風もプラスです。

 多分、今日は1年に1度くらい大きく予報が外れる日だったのでしょう。今日だけ気になりましたが、気にしていない日が、それ以外の364日はあるのだと思います。そんな風に思うほど、大きく外れた日でした。

 そんな気象条件だったので、たまには美術でもと思い、家族で近代美術館に行ってきました。常設展だけを見ました。美術自体、正直、自分は分かりませんが、どんなものが展示されているのかは少し興味がありました。

 ただ、展示室の中で小4の息子がふらふらするので、困りました。壁にぶつかったり、歩き回ったり。ちょっと落ち着きがない。子供用の音声ガイドの機械ももらっていたのですが、あまり聞いていない様子。

 後で、妻に言っていたそうですが、全然興味がなかったそうです。

 全然と。

 それは悪いことをしました。ま、でも、そこまで言わなくても。用事があってしばらく一緒にいなかったのですが、隣の科学博物館では結構楽しんでいたようです。子供は正直です。

 とはいえ、家にいてもパソコンでゲームをするか、くだらないテレビ番組を見ているだけなので、外に出ていた方がまだ子供の身にはなっているかと思っています。

 でも、自分の息子ですから。関心の対象も自然と似てくるんでしょうかね。

 今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

走った後に、チューリップフェアなど(4/29)

 去年と同様に、今日はとなみ庄川清流マラソンを走ってみました。妻と息子はファミリー参加で、自分が10kmなのも去年と同じ。この大会に参加すれば、となみチューリップフェアのチケットがついてくるので、走り終わった後はそれを見に行くこともできます。

 そんなせこい考えもありながらの大会参加。去年よりは参加者は少な目なんですかね。やはり、多少は震災の影響もあるのかと。

 ただ、去年走った印象では、帰りが下りなので、タイムはそこそこ出そうだったので、前半をがんばれば何とかなるのではないかと思っていました。

 去年は、雨模様に風も強いという悪条件でしたが、今年は雨は降っておらず、そんなにコンディションとしては悪くありません。練習はしていませんが、そこそこいけるのではと、あと何故か今回はレース自体がほぼ1年ぶりということもあり、走る意欲も充実していたように思います。

 実際に走り出して、前半はいいペースで、1km、5分を少し切っていました。私はGPS付きの時計も持っていて、それとほぼコースの距離表示も合っていました。

 しかし、5kmのところで、GPSと距離が合わなくなり、4km~5kmが実際のコースの距離では長くなってしまいました。こんなことはよくあるのですが、走るスピードが落ちたようには思えなかったので、少々不思議でした。

 ただ、それからどうしてもそこで落ちたタイムを挽回できず、実際にタイムも落ちてきたように感じ、目標だった50分切りをほぼあきらめてしまいました。

 残り1kmになって、ゴールが見えてくると少し元気になってきました。最後が堤防の上から競技場に一気に降りるので、そこそこタイムが期待できます。降りる手前まで来てゴールが見えてくると、もしかしたら、50分切れるかもというタイムでした。

 必死に走りました。どこにこんな力が残っていたのか、というくらいに。

 でもだめでした。2秒届きませんでした。こんなことなら、もう少し早くスパートができなかったかと悔やまれます。

 悔やまれるといえば、去年は思わなかったことですが、河川敷のコースですが、堤防の上に上がったり、また降りたりと意外にアップダウンがあるように感じたこと。練習不足だったということでしょうか。まあ、それでも、久しぶりにレースに出たんで悔やまれはしますが、悪くはなかったと思います。

 その後、チューリップフェアの会場に向かいます。午後のチューリップフェアは結構、にぎわっていたように思います。今年が60周年ということは、そこに着くまで完全に忘れていましたが、結構楽しめました。

 とはいえ、うちの家族は、息子が行きたいというので、会場に入ってすぐ、アトラクションの空気で膨らむタイプの大型滑り台に行き、そこで遊ばせ、その周りにあったデザート系のものを食べ、その後少し花を見た後、別の遊具がある場所でまた遊び、という具合に花を見るというよりは、何か食べるか、息子が遊ぶかという状態でした。

 まあ、楽しかったからいいんですけどね。

 最後に、チューリップフェア会場の写真です。今日もだらだらと書いた文章にお付き合いいただき、ありがとうございます。







 チューリップの壁画作成中です。



 ありがとうさぎはまだできていません。



(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

楽しいメンバーで(4/28)

 前の職場出身のメンバーで久しぶりに集まり、飲んだ。

 全く気を使う必要がないメンバーで、お互いに言いたい放題なので、かえって気楽。暴言も飛び交う(笑)。

 2次会はいつもこのメンバーならカラオケに行く。久しぶりに歌ったが、やはりまともに歌える歌があまりないことに気付く。いつも聞いているのが女性ボーカルものだから、別にそれを歌ってもいいのだが、今日はちょっと自嘲した。かなりいろんな曲に挑戦したが、全て玉砕。そういいながら、KARAの「ミスター」にも挑んでみておりますが。

 また、「粉雪」も歌ってみましたが、サビの部分で見事に玉砕。あはは。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

忘れ去られるのでは(4/27)

 昼は暑いくらいの陽気。ワイシャツだけで外を歩いても何の問題もない。かと思ったら、雨が降ったりとよく分からない一日。さらに、夕方にはかなり激しい雨になりました。

 個人的に今年はみんなが節電に心がけるから、エアコンの熱気による暑さも和らぐのではないかと思っていたが、そううまくはいかなさそう。猛暑で、激しい夕立、災害が起きて、と言う流れが今年も起きるのではないかと懸念します。

 そんな激しい雨の中ではありましたが、帰りに紀伊國屋書店に行って雑誌を購入。文藝春秋の芥川賞作品が掲載されている号が、次の号が売られているにもかかわらず、まだあったので、購入してしまいました。親父はよく買っていたが、自分で買うのは初めてだ。

 そういえば、一昨日は福知山線の事故があった日。あれからもう6年にもなるのか。今年は震災のニュースが多くて、取り上げられる機会も少なかったように思います。チェルノブイリを取り上げるのもいいですが、この事故もかなり痛ましい事故だったはずでは、と思います。この日だけはもう少し取り上げてもいいのではないでしょうか。

 そう言う私も取り上げるのが遅れていますが。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

猪苗代湖ズ(4/26)

 友人の薦めもあり、原曲版を購入しました。家の近くにタワレコもないので、ネット経由で購入。



 なかなかいいです。サンボマスターらしいストレートな曲。
 サンボマスターええなあ、って感じです。
 サンボマスター自身も好きなんですけどね。買ったことはないんですが。

 勢いでチーム・アミューズの曲もmora winでダウンロードしようとしたんですが、うまくいかなくて。その理由は、自分がIE使いでなかったこと。operaやfirefoxで見ると、「買い物カゴに入れる」と言う表示が出てこないのです。

 そこで、一気に気持ちが萎えてしまい。。。

 チーム・アミューズに加えて、RHYMESTARもダウンロードするつもりでしたが、結局、チーム・アミューズはCD発売を待つことにしました。RHYMESTARは、気分を落ち着かせてからもう一度トライするかどうか。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

落選(4/25)

 午前中は打合せ。午後から会議。ひたすらメモ役でした。お偉いさんが揃う会議ですが、2回目なので、勝手も分かり、すっかり緊張感が抜けていました。いけません(笑)。

 家に帰り、メールを確認したら、だめもとで申しこんでいた大阪マラソン落選。まあ、応募が多数だったと思われるので、これは仕方がない。そのほか、今日は5月の黒部名水ロードレースの締切日でもあったが、結局、そのレースの出場も見送った。きちんと練習をするようになるまで、出場は見送ろう。意思が弱いですが、また、走りたくなるまで待ちましょう。

 今日は、昼に、家に用事があって一旦帰ってきたので、久しぶりに歩数も1万歩越え。最近は書いていませんでしたが、ずっと7,000歩から8,000歩台でした。全然歩いてないんだな、これが。よく言われる1日1万歩を超えるためには、昼の休憩時間を歩き続けるくらいでないといけないようです。仕事では全然歩くことがないので。もっとあちこち動きまわって、体も動かせる仕事がしたい。

 あと、書くかどうか迷いましたが、今年はtotoで当てたお金は寄付するか救援物資を送るかのいずれかに当てたいと思います。とはいっても、当てないことには始まらない。目標は昨年当選金額の82,000円。去年は一つ大きな当たりがあったんでそこまで行ったが、今年は、どうなることか。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

富山電気ビルを撮っている人を撮ってみました。


(4/24)

 今日は日曜日。

 ではあるが、午前中は、家で、モントンのケーキ作りの手伝い。本格的に作るのよりはさすがに楽なのでしょうが、結構、手間がかかります。
 午後に食べると、見栄えは悪いですが、なかなか美味でした。

 午後は、児童館へ。息子が小4になったので、ビリヤードもできるようになりました。ルールを自分自身もよく分かっていないのですが、オリジナルルールでやったところ、2回目は負けてしまいました。

 息子ははじめ、全然玉の中心にキューを当てることができなかったのですが、すぐに慣れたようです。すぐに吸収しますね、子どもは。


(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

Jリーグ三昧の日(4/23)

 午前中は、息子の小学校の授業参観に行ってきました。担任の先生も変わり、ほどよい緊張感の中で授業は進んでいたように思います。あまり、仲良くなりすぎるのも問題だと思いますし、子どもたちが先生を怖がりすぎるのもどうかと思いますので、今の状態がなかなかよいのでは、と思っています。

 午後は、Jリーグの再開ということで、スカパーで観戦。まずは、水戸の試合から。水戸は初戦で京都を下していたので、今年は何か違うのではないかと思いながら見ていました。すると、前半の割と早い時間に失点。この中断期間の間にまた元の水戸に戻ってしまったのか、と部外者である私は冷静に見ていました。

 ハーフタイムに入って、仙台の試合に切り替える。開始前、アウェイの会場にもかかわらず、「カントリーロード」の大合唱。会場のマイクが仙台側の音声だけを拾っているのかと思いきや、実は、川崎側がその歌の間、自分のところの応援をやめていたらしいという事実。心を打たれます。その歌の間、実況を入れなかった倉敷さんの名実況にも感謝です。

 さて、その後、また水戸の試合に戻り、後半を見ていました。だんだん水戸がボールを支配できるようになってきて、ついに同点に。そして、終了間際。アディショナルタイムも4分近くで、奇跡的な逆転ゴール。メインスタンドが使えないためか、観客は少なく、天候も悪かったが、見事な勝利でした。相手は徳島で決して簡単な相手ではありません。にもかかわらず。柱谷監督も、いろいろな経験を経て、今年は何かやってくれそうです。

 そして、続いて仙台の試合にまた戻ります。試合はこちらも先制されるものの、足をつりながらの太田の同点ゴール。シュートの後、全く動けなくなりながらもゴール前でガッツポーズ。このまま、終わっても上出来でしたが、まさかの逆転まで。

 終了後、手倉森監督が感極まってすぐにテレビのインタビューを切り上げてしまったのも感動的でした。本来なら批判を受けるかもしれませんが、今日に限っては誰も批判しないでしょう。

 2試合とも感動的ですらありました。そんないい余韻を残した状態で、自分は地元のカターレの応援に。

 天候は、上記の2試合と同じく激しい雨。自分はあえて、屋根のないバックスタンドの2階の一番上で傘を差しながら見ていました。同志も結構いました。頼もしいです(笑)。

 そんな中、試合は始まりました。

 カターレ側。


 栃木側。


 試合開始前の整列。


 カターレ円陣。


 試合の方は、相手の方がパスの精度が高く、カターレの方は中途半端なパスが多いことから、栃木側が優勢に試合は進んでいきます。初めは一進一退でしたが、徐々に押し込まれ、セットプレーの嫌な流れから前半で一気に2点先制されてしまいました。

 後半にももう1点追加されて勝負あり、黒部のゴールで1点返しましたが、なかなかボールをもってもシュートまで至らないのはこのチームの伝統なのでしょうか。黒部も得点を決める時の冷静さはさすがですが、それ以外でのプレーはあまり目立ちません。これが現在のカターレの現状なのでしょう。

 栃木はJ2昇格同期でもあるのですが、ずいぶんと差がついてしまった印象です。外国人がいるとはいえ、そのほかの選手はそんなにすごい選手がいるという気もしないのですが、長年やっている監督との差でしょうか。

 観客の方は悪天候もあり、3千人にも行きませんでした。ホーム開幕戦でしたが、残念です。関心のある人が本当にごく一部になりつつあります。いつ、経営状況が悪化していくかも分かりません。電力会社がスポンサーですし。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

今日のJリーグの全国の会場で売られていたはずです。定価千円。うち900円は日本赤十字社に寄付とのこと。私も買いました。


Jリーグ再開を前に(4/22)

 何だか、お前はチェアマンか、と言われそうなタイトルですが、一応書いておこうと思いまして。

 第2の開幕とも言うべき日が23日。まずは、午後1時から水戸が登場します。しかもホームで。水戸は何というか、元々そんなに注目を浴びることがないチームですが、今回も被災しているにもかかわらず報道も少なめ。でも、Jリーグ開幕戦で一番のサプライズを起こしたのが、京都を破った水戸だったはず。思わぬ水入りでどう変わったのか。

 そして、午後2時には仙台と鹿島が。

 正直、仙台は相手が強敵かつアウェイなので、難しい試合になるでしょう。マルキーニョスの移籍など、状況も厳しい。それに背負っているものが重過ぎる。いろんなものを背負っての試合。その中で、勝ち点を取れれば、いや、仮に取れなかったとしても日本中が拍手をおくるでしょう。

 鹿島はACLで試合をしているから、コンディション的には有利なくらいか。でも、相手の横浜は強い。歓喜を地元にもたらすことができるのか。

終わりに、このコラムはよかったというのを一つ紹介。ベガルタがらみです。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

風評被害の話(4/20)

 風評被害をテーマにしたdigのポッドキャストを聴いた。風評被害を防ぐために、ラジオ福島の人達はマスクをするのをやめたそうだ。

 何もそこまでしなくても、と部外者の自分は思うが、それほど悲壮感が漂ってもいた。福島の現状は厳しい。また、いずれ、人々は忘れるから、それまで今はどうしようもないという印象を受けた。

 ただ、忘れるからと言って当事者は何もしないわけにはいかない。だから、首都圏に打って出て、安く売ったりしているのだろう。買う人は買うし、買わない人は買わない。

 かといって、買わない人を責めるわけにもいかず。いくら害がないと言われても、普段はないはずの物質がついていると言われるとやはり人間は不安になるというものだ。

 福島の人達は被害者でしかない。出荷させずに国が全てを補償すべきではないかという話もある。正直、自分も不安ではある。そのことが不安というよりも、疑心暗鬼になる材料が増えすぎて、調べれば調べるほど不安になる。

 だが、私達が海外に行ってみれば、きっと福島の人が味わっている苦しみを味わうことになるのではないだろうか。実際に、製品の輸出にもいろいろな証明書を求められたりしているという影響が出ているという。もしかしたら、入国に際して、普段は必要のない手続きを求められるかもしれない。

 正しい情報を、と言うことを人はよく言うが、現在は結構情報は出ているように思う。それだけ、疑心暗鬼になる材料もそれだけ増えている。



 結局、悪いのは、やはり事故を起こした当事者だけと言う結論に至ってしまう。



 とにかく、これまで産地を気にしていなかった自分のような人間は、今までどおり産地を気にしないで、そこの商品を普段の値段で気にせずに買うことなんでしょうね。むしろ福島産なら旨そうだとこれまでなら思っていたはずだ。

 明日は我が身。志賀原発で事故が起これば、うちの県もそうなってしまう。福島県の西部に比べたら、うちの県の方がよほど原発に近い。



 だめだ。どうも考えがまとまらない。きっとこのテーマは、永遠に答えの出ないような話なのかもしれない。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

チカラをひとつに、東日本大震災チャリティマッチ(4/17)

チカラをひとつに、東日本大震災チャリティマッチ(4/17)

 今日は息子を連れて外出する予定にしていましたが、息子の友達が遊びに来て、結局、それは中止に。午前中はそのまま家にいて、過去に録画したMVをオムニバス的に保存したDVDへの曲名リストづくり。1時間半ほどかけて印刷できたのは2枚だけ。なかなか作業は進みません。

 午後も息子は遊びに行くと言うことだったので、自分はサッカーを見に行くことにしました。会場前の道路にはいつでもなく、路上駐車の車であふれていました。もしかしたら、かなりのお客さんであふれているのだろうか。

 会場にはぎりぎりに到着したため、黙祷は会場の外でそのアナウンスを聞くことになってしまった。中に入ると間もなく試合は開始。中を見渡すと路駐の車が多かった理由が分かりました。相手のJ1、アルビレックス新潟のサポーターがとても多かったのです。隣県とはいえ、高速道路を使っても2時間から3時間以上かかる場所。熱心なサポーターが多い新潟ならではです。富山のゴール裏のサポーターの数よりも多かったくらいですから。

 さて、試合の方は、さすがはJ1のチームということで、カターレはボールを持たせてもらえず、前半はほとんどシュートもさせてもらえませんでした。

 後半に入って相手も疲れたのか、ボールを持たせてもらえるようになり、何本か惜しいシュートもありました。

 ただ、今日は初めて見る選手がほとんどの新潟の選手ばかりを選手名鑑を見ながら追っていたような気がします。代表にも入っていた酒井選手。「ゴートク」とコールがありました。弟もチームにいるようです。

 それから、個人的に気になったのは出場時間が短かったですが、川又選手。ごりごりと前に進んでいく力はかなりいいものを持っているような気がします。

 試合後、この試合のフラッグを選手が持って、全員で場内を一周。新潟側ではカターレ富山コールが、富山側ではアルビレックス新潟コールも起きていました。相手に対するブーイングも一切なし。全くないのも少々寂しい気もしますが、この試合の意味を考えればこれは正しい選択です。ちょっと感動的ですらありました。

 その後、家に帰って走りに行きましたが、昨日も走っていて疲れが残っており、7kmほど走って終了。筋肉痛が残っています。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

桜の下を(4/16)

 例によって全然走っていないので、午後から走りに出た。桜が咲いているところを選んで。松川の下から神通川まで行って、左岸を走る。ここの桜並木はとてもきれいだ。

 ただ、走るのはやっとやっと。10kmを稼ぐのに必死。桜なんて楽しむ余裕もなし。本格的でも何でもなくて、ただダラダラ走り。

 それでも、何とか10km走りきった。やっぱり走るのは公園の中がいいなと思った今日でした。




(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

この暖かさは(4/15)

 外に歩いて出たのだが、つい最近までの寒さが嘘のような暖かさ。ちょっと急いで歩けば、汗ばむような状態だった。

 特段書くこともないので、また、韓国ニュースで手を抜きまーす。

延坪島カニ漁再開へ 住民が豊漁祭

高校での第二外国語選択 12万人減少

国際線乗客が減少 東日本大震災の影響

 手抜きっぷりがひどくてすみません。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

狭い世界(4/14)

 インターネットの世界では、圧倒的に支持率が低かった人が都知事になった。

 結局、ネットの世界なんて、いくら一般的になったとしても、まだまだ狭い世界なのだということだろう。

 勘違いしてはいけない。ツイッターやらfacebookやらが話題になっているけれど、やっている人はごくごく一部だし、それをやっているからと言って、すごいわけでもない。

 単に趣味がそっち方面にあるだけだということだ。

 それと、石原さんはそんなに悪い人だろうかという思いはある。発言は歯に絹着せぬところがあるが、何というか、自分の団体の主張をはっきり言うし、そんなに間違ったことも言ってはいないように思う。

 あくまでも自分がやっていることは少数派なのだ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

本を読まなくなったなあ(4/13)


 震災があって以降、全然本を読まなくなってしまっていた。それまでは、風呂の中なんかで、そこそこ読んではいましたが、3月は、何かと忙しかったせいと、iPod touchを持ち込んでいてネットをチェックしていたので、何も読まなかった。

 3月の末に、iPod touchを水没させてからも、今月は雑誌を持ち込んで読んでいました。でも、やはり、何か読んだ方がいいのではと思い、また読み始めようかとしています。

 夜が暗くなったせいで、本を読む量が増えたという人もいますが、こちらはなかなか落ち着かなくて全然進みません。

 そういえば、iPod touchは一向に復活の兆しがありません。もうあきらめた方がいいのでしょう。とはいえ、新型を買うことができるのはまだまだ先。しばらくは、旧型のiPodで楽しむしかありません。ネットができないとか、再生したものが未再生のリストからすぐに消えてくれないなど、少し不便なところもありますが、音声を聞く分には何ら問題はありません。

 さて、一つ明るいニュースがありました。仙台空港の再運用開始。

 驚きです。あの3月11日に津波が押し寄せる様子が何度も流されていたあの空港です。滑走路は完全につぶされていたし、建物にも大きな被害があったでしょう。

 その中をわずか1ヶ月で復旧させたのは、関係者の方の努力と熱意によるものでしょう。本当に頭が下がります。

 自分がこの空港を使うことはまず考えられないのですが、地元にとっては、重要なインフラの一つ。復活は心強いです。

 でも、本当にこれは信じられない思いでいます。滑走路にひび割れや液状化はなかったのでしょうか。もう、これ以上、地震は起きないでほしいものですが、余震はまだまだ続くようです。こちらも備えておかないと。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

南米選手権一転出場(4/12)


 南米選手権への出場が一転して決まりました。ただ、新聞によっては、条件付きのような書き方がされています。

 出場候補の人選を見て改めて、現在、欧州で活躍している選手の多さを感じます。GKが心配でしたが、それでも2人いる。後はセンターバックが吉田しかいない?あ、槇野がいるか。阿部もいる。

 せっかくの機会です。国内リーグと代表の強化とどちらが重要かというのは常にテーマにはなりますが、個人的には今の代表メンバーだからこそ、南米選手権で見たいというのがあります。

 正直、欧州組だけでもいいです。国内組だけというのが過去も何度もあって、その逆がなかったというよりも、これまでやろうとしてもできなかった。

 国内でJリーグをやっていて、日本代表が戦っている。過去に一度しかないこの状況。その時、自分は日本にいなかったので、実際のJリーグの取り上げられ方が全然分からない。

 それでも、見たい。とは思います。

 今日は、一日、外出。外からのお客さんのお相手で。あまり、いい仕事ではないですが、事前に言われていたとおり、よけいなことはせずに、頼まれたことを淡々と。

 途中、まずい展開になりつつもありましたが、それも何とか翌日以降に持ち越して、本日としては無事に終了。

 事を荒立てないのも才能かもしれませんね。自分の。本当かな。うぬぼれ?

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

全体に指示が伝わっていない(4/11)

 仕事で午後からお客さんにひたすらついて回る仕事をしていた。

 今日は、ほぼ自社の話だったので、ひたすら座っているだけというのが現状。

 しかし、その結果を誰が報告するかで、もめることになった。元々こちらが説明を受けていたのでは、その調査を直接受けた人が報告するのだが、全然そんな話は聞いていないとかそんな展開。

 単に、その人が聞いていなかったというのではなさそうだ。いやはや。

 しょんぼり。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

それでも春はやってきた(4/10)

 今日は朝から一日中、職場で電話番のような仕事。外はとてもいい天気。桜も満開。職場にいると、チンドンの音色が聞こえてくる。

 この時期、例年ならば富山市内で「全日本チンドンコンクール」というのが行われていて、それで賑やかなのだが、今年は震災の影響もあり、中止となった。ただ、こんな時だからこそ、ということで、地元の人たちがチンドンの恰好で演奏しながら回っている。募金もやっているようだ。

 しかしながら、職場の近くは桜が満開で、一年で唯一この周辺にたくさんの人が押し寄せている。花見をしている人がいるかどうかはわからない。あまり大きな声も聞こえないからそんな人は少ないのかもしれない。

 それでも、春はやってきた。そんな気持ち。つい、数日前まではそんなに暖かくもなく、果たして桜が咲くのだろうか、と少々不安になっていたのに。植物はたくましい。そこには自粛なんてない。例年通りのエネルギーに満ち溢れた美しさを誇っている。

 そういえば、一昨年、この時期は北朝鮮からミサイルが飛ばされるとかで、職場にいた。この時もチンドンの音と窓からはイベントに参加するたくさんの人が見えていて、その中を帰った記憶がある。

 平和ボケと言われようが何だろうが、平和であることがいいに決まっている。災害もないことがいいのに決まっている。備えをすることを怠ってはいけないが。平和だった昨年はとても幸せだったのだ。


 結局、今日の帰りは日付が変わって、職場を出たのは午前1時を回っていた。思ったよりも1時間程遅かったが、まあ仕方がない。夜12時頃にはちょっと眠くなってきた。

 連日、寝る間も惜しんで震災対応をしている東北の人達は本当に力強いと思う。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

出勤(4/9)

 今日は、午後から出勤。問い合わせがいくつかあったが、まあそんな難しいものもなかった。

 明日が、本番なんで、つつがなく終わってくれることを願う。

 あまりネタもないので、他から韓国ニュースを拾ってきました。

大気中の放射性物質 その後は検出されず

ハイトビールと真露が統合 韓国一の酒造メーカーへ

政府 「今日の雨、健康に影響ない」

青少年の家出 5年間で2倍に

 最後に、少し前のサッカーダイジェストを見て印象に残ったジョゼ・モウリーニョの3/16の言葉。

「もし今シーズン精一杯戦って結果が伴わなかったとしてもそれは深刻な問題ではない。深刻な問題というのは、今、日本で起こっていることを言うんだ」

 すいませんが、今日は手抜きです。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

またしても(4/8)

 寝ていて、全然気がつかなかった(富山は震度1)のだが、昨日の夜も大きな地震があったらしい。


 震度6強。


 何だか感覚が麻痺していて、ニュースの様子を見て、津波の被害もなくそんなに大したことはないだろう、と思ってしまったが、冷静に考えれば6強の地震なんてそうそうない。長野県栄村であった地震も6強だったと思うが、かなり被害が出ていた。

 実際、現地の様子が後々から出てくるとかなり激しいものだったようだ。マグニチュードは、中越地震も能登半島地震も中越沖地震も超えている。それだけ大きなエネルギーを持つ余震であったことは確かで、余震はまだまだ続くようだ。

 被災者の気持ちは被災した人でないと分からないと言うが、少しでも気持ちを共有したい。

 「頑張ろう」とはいわない。不条理なことと「戦いましょう」。

 韓国じゃよく「fighting!」ていうけれど、そんな気持ちで。



 ところで、今日もだらだらと起きていたのだが(電気の供給量が落ちる日のためにやめるようにしよう)、ネットで話題になっていた斉藤和義の替え歌が、TBSラジオのdigで流れてきた。

 第一印象は、「ああ、この歌を替え歌にしたんだ」というもの。自分の代表曲の歌詞を替えてまで。ネットに上げたのも本人なんだろう。

 ただ、それを賞賛しすぎるのもちょっと違和感があって。

 彼らはずっと安全だと言ってきた、というが、本当にそう言ってきたのか、ということ。安全に務めるとは言ってきたとは思うが、結果として、そうはならなかった。それはそれに関わってこなかった人達をだましたことになるのか。

 例え、そうだとしても、明確に反対してこなかった人が声高にそれを今、批判するのは少し違和感がある。

 斉藤さんのこれまでの活動を理解しているわけではないから、過去にもそう言う活動をされていたのかどうかは知らないけれど。

 今こそ、反対派だった人は声高に何かをしていいタイミングだと思うけれど、あまり聞かないね。


(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

桜開花(4/7)

 朝、通勤途中に、ついに桜が咲いているのを見かけた。遅いような気もするが、ほぼ平年並みなのだろう。おそらく。今年は咲かないんじゃないかとも思っていたが、植物は四季を忘れていなかった。あなたは正しい。

 今日驚いたのは、韓国の一部の学校が休校になったというニュース

 ちょっとねえ。日本のことも考えて欲しいなあ。日本人が全員避難してますか、ともいいたいところだけど、不安なものは不安なのだから、仕方がない。間違っているとは思うけれども、ちょっとそれを責めるのもどうかなと言う気になってきた。

 そもそも、制御不能になる可能性のあるものを使っていたことに問題があった。今回の件を踏まえて、国内の原発は全てもうやめないと、今回のことを教訓にしたとはいえないのではないだろうか。

 失敗して、反省したら次に生かそうよ、って自分もなかなかできないことをあえて言ってみる。

 人間は反省することができる生き物。だと思う。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

100億円の募金(4/6)

 ソフトバンクの孫正義氏が100億円を募金したというニュースが先日あった。その100億って、うちで言うといくらになるんだろうって話を、この前、家でしていた。彼の年収はいくらくらいなんだろうか。調べると年収1億ちょっとっという噂だ。

 仮に2億としても50年かかる計算になる。実際には、財産とか株の配当があるみたいだが、それにしても、どこでそんなに蓄財してるんだろうって話になる。

 それなら俺でも、1億くらいできる計算になるのかなあ。絶対無理だろうなあ。まあ、いずれにしても、その精神は尊い。でも、ここに来て、有名人の募金合戦みたいになっている。石川遼みたいに賞金を全て寄付だなんて。それでも、生活できるというところが、周りから見たら、うらやましくてならないんじゃないだろうかと余計なお世話まで思ってしまう。

 ただ、額の問題じゃないから、と大した活動もしていない自分が言うのも何だけど。

 自分も少しずつ継続してやっていきたい。

 それとサッカーの話で、日本代表。何とか、南米選手権には選手を派遣できないかな。リーグ日程も大事だけれど、南米選手権なんて、滅多に出られる機会はないのだから。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

新しいことの始まり(4/5)

 まだ、聞いてはいないけれども、キラキラの火曜日から人気ジャーナリストの上杉隆さんが降ろされて、新しい企画がスタートした1回目。ツイッターでは散々の言われようのようだ。

 何でもそうだが、新しいことを始めた時は、それまでのものと比較される。そこで、新しい立ち位置を築いていけるかどうかが、それに携わる人達の実力。それはどこでも同じ。キラキラのポッドキャストに対するコメントを見ても、初めの頃は前の番組がよかったのオンパレード。人間なんてそんなものだ。

 新しくなって、すぐによかったとなるのは、よほど前の物が悪かった場合しかない。ま、世の中にはそういうことも決して少なくはないのですが。そういわれないようにしよう。

 で、それを聞いた後の感想。まあ、面白味には欠ける。確かに。それは認めよう。でも、あんなにひどい言われ方をするほどでもない。キラキラらしくはないかもしれない。が、まあ、何というか、まだ状況を見守ってあげてもいいのではないだろうか。

 変わったと言えば、息子の担任の先生が替わったそうだ。クラス替えはなかったが、息子の学年は異動などで、全クラスで担任が替わったとのこと。どんな先生かは分からないし、前の先生を惜しむ声もきっとあるだろうけれど、新しい先生の良いところも見つけたい。

 ついつい、慣れたものに安住したくなる気持ちはあるけれど、変化にもついて行きましょう。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

情熱大陸(4/4)

 気分一新で臨んだ今日。大丈夫。気持ちを強くもって仕事に臨んだ。何とかなる。何とか出来る。自分を信じて、これからも生きていこう。

 久しぶりに開放された気がする一日。結構、気ままに、しばらくできなかった仕事をやっていた。まあ、完全に自己満足ではあるのだが、声を少し大きくしてみた。

 前を向いていこう。

 さて、昨日録画していた、「情熱大陸」。小島慶子さんが今日の主役。情熱大陸を見るのは、椿姫彩菜さんの回以来だからものすごく久しぶり。そういえば、椿姫さん、最近、姿をテレビで見ないけれど、ネットを見る限り元気でおられるようです。

 話を戻して「情熱大陸」。

 思わぬ形で、震災翌週の1週間に密着した形のドキュメントだった。

 ラジオを通じて伝えられるものにこだわった放送。重要な情報は繰り返し伝える。必要なものが何かを常に意識して伝える。

 くどいとか、うるさいとか言われることはないのか?きっとないのだろう。これがテレビとの違いか。テレビだとACのCMでもうるさいと言われるしなあ。今、放送されている有名人が出るACのCMよりも、前のCMの方が好きだったけどなあ。個人的には、「行為の意味」が単純で好きだったけどなあ。

 パーソナリティがエレベータに閉じ込められてはいけないから、9階までを歩いて上り、母親が家に帰れなくてはいけないから、1階までを歩いて降りる。というのがありました。
 自分も明日からそうしようかなあ。上りはきついけれど、いい運動にはなるでしょう。

 バラエティ向きではなかった、と言う言葉も印象的。周囲に意味なく合わせるのが苦手。その姿勢は自分も見習いたいところ。流されやすいからな。

 キラキラはポッドキャストで少ししか聞けないけれど、それでもこの番組のよさ、ゆるさは伝わってくる。どうせ、2時間も聞く時間はないからね。



 最後に。



 今、物資を運ぶのに今は福島料金というのがあるそうだ。ひどい話だ。



(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

何もせずに(4/3)

 今日は、元々仕事の予定があったのだが、3日前くらいに中止となり、出勤しなくてもよくなった。おかげで、朝もたっぷりと眠らせてもらった。トータルで10時間くらいは寝ただろうか。

 こんな時は外出すればいいのだろうが、結局、出不精のせいで、一日家の中にいた。それでも、夕方には眠くなって、うとうとしてしまった。

 息子は午後から友達と遊びに行き、妻もどこかへ行ってしまった。

 iTunesでダウンロードした曲を聴いていた。チャリティの洋楽版「song for Japan」と邦楽の「アイのうた」。知らない曲がたくさんで、このような時でないとまず、聞くこともなかっただろうな、という知らない歌手の曲がたくさん。

 でも、これはこれで、ラジオや有線放送を聞いているような感じで、なかなかいい。知っている曲が多いと、気になるものだが、知らない曲なら流しながら、別のこともできる。

 ところで、先日、水没させてしまったiPodのtouchの話。バックライトが死んでいたが、今日、触ってみると少し復旧の兆しが。でも、そのうちに、またつかなくなったりの繰り返し。ただ、うっすらと見える内容からは同期などは何とか出来ている様子がうかがえる。

 それで、これは元に戻ることがあるのかと思い、ネットで事例のチェックを。


 すると。。。


 水没からの復旧で、一番やってはいけないことが、すぐに電源を入れることと書いてある。

 あああ、何度も電源を入れているじゃないか。絶望だ。。。こんなことなら、もっと早くネットをチェックしておけばよかったと後悔。


 というわけで、今更ながら、3,4日放置することにします。本当に今更なので、復活させるのは難しいだろうけれど。

 そんなわけで、以前使っていた、iPod Classicと言う名前もなかった頃のiPodをまたメインに復活させることに。インターネットも、メールも、ゲームもできないし、写真も見られないけれど、音楽を聴くだけならまだまだ現役で使えます。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

目が疲れる(4/2)

 今日は外での仕事。2つの場所で、ひたすら、あるものの仕上がり具合の確認だ。昨日、職場でそれをしていたが、アバウトな私には全く気付かないところを周囲がいろいろと指摘していくので、これはちょっとまずいのでは、と思って、普段の私よりは細かく見るようにしていた。

 何しろ、細かい部分の確認なので、目が疲れる。目の疲れは、午前中でかなり来て、午後にもそれは続いた。

 ただ、幸いにも自分が担当したところは、思ったよりも作業がスムーズに進んで、終了時間も早まった。他の班は、時間が後ろに押していたので、それを考えれば幸運だったと言えるだろう。

 場所は、特別に暖房などないところなので、特に午前中は底冷えがしたが、それでも、わずかの時間。少し、避難している人達の寒さのことを思ったりもした。体育館などでの生活はつらいだろうな、と思う。本当に。体調も崩しやすいだろう。

 自分はとにかく不用意に体調を崩さないようにしようと。しっかり食べて、できるだけ睡眠も取って。今日は久しぶりに早めに眠ることができそうだ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今日から4月

 夕方に一つ、単純作業ではあるが、行事があって、何とかそれを乗り切った。

 もう4月になったが、今年は、桜の話題を全然聞かない。平年よりも早いのか遅いのか。早いなら、もうつぼみもかなり大きくなっているはず。でも、そんなニュースはない。

 でも、きっと桜は咲くはずだ。必ず。それを信じて、今をやりぬくしかない。

 私はやりますよ!


(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
619位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
90位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク