今になって思う(5/31)

 今日も特段何もない一日で。少し早起きできたので、朝もゆとりを持って出勤。

 明日が本番だが、富山では「山王さん(さんのうさん)」と言われる祭りが始まり、街を歩く人も多い。普段は見かけないような人達も結構目にする。どこから出てきたのか、という感じ。

 家に帰って息子に、「祭りに行きたいか」と聞いたところ、結局「別にいい」という返事。特段、何があるというわけでもなく、露店が出ているだけの神社の祭り。だが、人気は高い。富山市内で一番の祭りと言っても過言ではない。

 風呂に入って息子と話をしていると、図工で絵を描いているという話に。教科書の中に自分が入っているのを想像して、それを絵に描いているということだった。

 小学生当時は、多分そんなことは訳も分からず、やらされている感でいっぱいだと思うし、実際に今の息子もそうだと思うが、自分のこの年になってみるとその意図するところが少しは分かる気がするので、当時よりは考えながら授業に打ち込めるように思うのだが。

 もう遅いな。

 出来る人は小学生の時からいろいろと深く考えていたんだろうか。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大雨の後、曇り空(5/30)




 昨日からの雨が降り続き、朝は大雨。そんな中で、結果を遮断して、昨日のカターレの試合を見る。まずは先制していい流れだったが、すぐに追いつかれ、このまま引き分けるかと思いきや、終了間際に逆転負け。何だか去年の悪い流れになりつつある。危険だ。

 大雨の中を出勤して、かなりぬれる。仕事は淡々と過ぎて、一日は終了。妻からメールがあって、タイヤのホイールが外れたので、きちんとはまっているか見て欲しいとのこと。

 実際に見てみると、はまってはいるが、引っ張るとすぐに外れた。これは明らかにおかしい。と思ってよく見るとホイールの内側のワイヤが何だかおかしな状態になっていた。

 これを元通りにして、何とかがっちりはまった。でも、誰かにいたずらされたのか。昨日の車検の際の点検ミスなのか。少々心配だ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

雨の日の図書館は(5/30)

 早起きして、チャンピオンズリーグの決勝を見る。結果は予想どおり。どちらも普段応援しているチームで、2年前も決勝で顔を合わせているだけに、今年は特にマンチェスター・ユナイテッドを応援していたが、波乱は起きなかった。バルセロナ、本当に強い。

 さて、今日は朝から雨。午前中はだらだらとしていたが、無駄に時間をつぶしてしまうだけなので、ちょっと家族と出かける。

 総曲輪の大和の向かいの古風な喫茶店に入ってランチを。自分はメニューにあった焼きスパ(焼き肉スパゲッティの略らしい)というB級グルメ的なメニューを頼む。

 なかなか美味しかった。焼き肉のたれとスパゲッティは意外と合う。それがスパゲッティだとは気付かず、どちらかというと焼きそばを食べている感覚だが、別にソース味ではない。

 その後、児童館に行って息子と遊ばせていたところ、息子と仲のいい友達がやってきた。自分は相手をする必要がなくなったので、4階、5階の図書館に行く。どんな小説があるかとか、ざっと見て、雑誌を一冊熟読して、図書館は終了。

 昨日車検に出していた車を取りに行って本日は終了。やはり乗り慣れた車の方がいい。

 写真は、昨日いつも行っている酒屋に売っていた、福島県二本松市、大七酒造の酒「きもと」です。1本買いました。昨日も飲みましたが、昨日は前の日に飲み過ぎていたせいで、あまり味が分からなくて。。。(反省)。辛すぎず落ち着いた味です。




(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

高原鉄道的な感じで(5/28)

 昨日、飲み過ぎたが、立山駅の近くなので、帰りは単独で富山地方鉄道で帰ることにした。

 駅まで歩く途中で懐かしいポストを発見。



 立山駅から朝方乗る人は自分含めて2人だけ。立山駅から次の駅までは常願寺川を高い橋で越え、なかなかの景色。高原鉄道的な感じである。1時間ほどかけて自宅の最寄り駅まで到着。無事、自宅に到着。

 午後には、車を車検に出しに車屋へ。代車は去年発売のヴィッツ。自動でアイドリングストップ。いろいろ新しい機能もついているよう。でも、乗り慣れていない車なので、ドアミラーの小ささに戸惑う。普段、ミラーの大きい車に乗っているもので。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

遅ればせながらの(5/27)

 今日は、昼間は研修で一日中、外にいた。

 そして、夜は4月の異動にかかる歓送迎会。今時珍しく1泊での宴会。

 相変わらずですいませんが、飲んで年甲斐もなく、はしゃいでおりました。反省。。。

 もう少し落ち着いた飲み方をしたいものです。。。再度反省。40代、気をつけましょう。部下もおります。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/26)

 特に何もない一日だったけれど、自分の知り合いが被災地に長期間派遣されることが決まったのを目にした。

 技術のある人は強い。貢献できる度合いが違う、とこんな時に思う。それでも、自分は自分の持ち場で全力で働くだけだ、と気持ちを新たにする。いい加減なことはできない。

 写真は昼間の曇り空。少々寒く感じた。夜には雨も降り出した。



(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/25)

 今日はあまりいいことがありませんでした。情けない。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

不愉快な飲み会(5/24)

 人前で1時間ほど話す機会があり、何とかそれを乗り切ってほっとしていた今日。予定されていた仕事関係の飲み会に参加する。

 まあ、それなりにうまく時間を過ごして、2次会にも行くことに。そこまではよかったのだが、一人、それは違うんじゃないの、という発言をされる方がいて。

 別にそれだけならいいが、自説を絶対に曲げず、反論をするとそれは違うと否定されて。自分はどちらかというと端から見ていただけなのだが、それでもすごく不愉快だった。本当に。

 こんな飲み会も久しぶりだ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/23)

 今日は、一日、研修。眠くなるかもと思ったが、実習もあり、そんなことはなし。いきなり当てられて困ってしまったが、自信がないながらもこれかな、という回答をしたところ、あながち間違いでもなかった。本来知っていなければいけないことだったので、恥をかかずに済んだ。

 ただ、一日中、ほとんど椅子に座っていたので夕方には腰が痛くなった。

 終わりに、クロネコさん、車を使わず営業所からワゴンで運んでいます。環境に配慮。


(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対ザスパ草津(5/22)

 久しぶりのホームでの試合。昨日の暑さとは大きく変わり、今日は少々肌寒い感じ。試合前の選手紹介では、昨年までカターレに所属していた草津の控えGK、橋田選手に拍手が。また、カターレのコーチとしても活躍していた副島監督には、拍手とブーイングが半々。

 観客は今日も3000人コースか、と思われる入り。相手が草津ならこんなものかと思うが、こんな試合でも5000人くらいは入るようにしたいところ。

 カターレサポーター。


 草津サポーター。


 試合はまずまずの流れで入る。いつもはそんなに目立たない西野がいい守備を2回ほど見せてくれた。と思ったら、相手のスルーパス一本で先制される。しかし、それを受け手の逆襲でコーナーキックの連続から足助のヘッドで同点に。

 その後は草津に押されはじめて、ほぼ前半はいいところなし。たまたまこちらサイドでよく目についたこともあるかもしれないが、草津の右サイドバックの古林(こばやし)という選手はよく上がるし、切り込んでのシュートもあるし、いい選手だな、と思った。

 後半に入っても押され気味ではあったが、ソ・ヨンドクの「とりあえず流れを変えるために打ってみた」とでも言わんばかりのミドルシュートを相手GKがはじき、コーナーキックになったところで、本当に流れが変わる。

 その数分後のゴール前のフリーキック。トリックプレーで大西-黒部-足助とつないでのゴール。これは美しかった。今まで見たカターレの試合の中でも5本の指に入るだろう。

 これで勝てれば最高だったが、その後、また草津に押されはじめて立て続けに失点。相手の外国人FWの個人技にやられてしまった。それを受けて、必死に反撃を試みるも届かないまま、敗れた。今年の草津は前節FC東京に勝ったように、かなりやるんじゃないだろうかと思う試合運び。トップの外国人2人が怖い。

 ただ、今日はいい試合だったと思う。でも、いい試合の時で負ける時が多いのもカターレの悪い癖で。次こそは。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

運動会(5/21)

 今日は息子の運動会ということで、その準備に朝早く出かける。集合時間に少し遅れたので、作業はもう始まっていた。

 テントの組み立てはほぼ終わっており、屋根をかぶせて運ぶだけという状態に。それを少し手伝い、机を運んで20分ほどで作業は終了。まだ早かったので、一旦家に戻った。戻る途中、小雨がぱらぱらと。少し心配になる雲行きだった。

 しかしながら、運動会が始まる頃には、雨どころが強い日差しに。みるみる気温が上がっていって、とても暑かった。

 通常の徒競走は、走る速さが同じくらいの人が集められたらしく、その中で、早々に息子は登場。ということはあまり速くないということか。とはいえ、そんなグループの中だったからか、結局は2位になっていた。

 次の障害物的な競争では、途中の関門をうまく突破して何と1位でゴールしてしまった。すごい。自分は運動会で1位なんて取ったことがない。最高で5人中3位だ。いい経験をしたものだ。

 お昼前には気候もすっかり暑くなり、その中で、昼食を。ちょっと食べ過ぎておなかが苦しくなったので、しばし近くを散歩。

 午後も無事に終了し、会場の片付けを手伝って、一日を終える。すっかり日焼けしてしまい、腕や顔が真っ赤です。

 あと、帰ってきてサッカーを見届けたところ、今年初めてtotoが当たった。mini-totoで2,667円。まずまずの金額です。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

韓国ニュース(5/20)

また、韓国ニュースでお茶をにごしますが、、、

光州民主化運動 31周年の記念式開催

 大統領が3年連続で出席しなかったとか。

朝の移動時刻 7時から9時がほとんど

 車も増え、自転車も増えているというのはどういうことか。

仁川市が北韓への物資援助を再開  延坪島砲撃事件後初めて

 あの事件はまだ風化させてはいけません。

冬季五輪を平昌に!ソウル・平昌・NYで大合唱

 平昌(ピョンチャン)に来ないかなあ。

IOC委員に冬季五輪のプレゼン 平昌招致委

 関連のニュースを見て気付いたけど、韓国ではプレゼンのことを「ppt」って呼んでいるらしい。


(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 韓国・ソウル
ジャンル : 海外情報

「父 宮脇俊三への旅」(5/19)

 明日までに図書館に返さなければならない「父 宮脇俊三への旅」を読み終える。

 宮脇俊三さんの編集者としての厳しさと晩年の酒浸りの人生とが印象に残る。編集者として、娘にありきたりの手垢のついた表現は使うな、というところが、自分の胸にも強烈に響く。

 そういいながら、自分もありきたりの表現をよく使っている。ありきたりの表現からできるだけ避けて、それを本当に自分が感じているのか、もっと適切な表現はないのかと考えよ、と娘に言うところ、自分も常に考えていかなければならないと思う。

 私が宮脇さんの作品に触れたのは、本当に晩年だったのだと分かる。何がきっかけだったのかははっきり覚えていないが、「旅」という雑誌でたまたま見かけたのがきっかけだっただろうか。

 その後、文庫本で「時刻表2万キロ」だったか「最長片道切符の旅」を読み、そこで自分の趣向に合って、他の作品もいろいろと読んでみた。どの作品も面白かったが、「時刻表2万キロ」が個人的には一番だったように思う。最近、読んだ「殺意の風景」もなかなか面白かったと思う。

 馬鹿馬鹿しいと思われることを真剣にやり、かつ一般の人をうならせる。簡単なことではないと思う。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/18)


 久々に帰りに遠回りして本屋に寄ってみた。地元の書店も寄ってみたが、結局、紀伊国屋書店に行ってしまった。

 読んでいない本もたくさんあるのに、また文庫本を何冊か購入。毎月買っている講談社の「in pocket」と「阪急電車」と「流星の絆」。かなりのメジャー作品。以前から気にはなっていたので、また近いうちに読むことにしよう。特に「阪急電車」は気になっている。

 もう一冊、吉村昭さんの「三陸海岸大津波」も購入。過去の三陸海岸での大津波の記録、住民の記憶を書きつづったもの。こちらも気になっていた作品だったので、いずれ読まなくては。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

朝、なぜかサンダーバードが止まってました。信号待ち?


コパ・アメリカ不参加(5/17)

 正式にサッカー日本代表がコパ・アメリカを辞退した。紆余曲折があったが、それでも、何とか出来なかったものかという思いは残る。

 選手も出たかったはず。ファンも見たかったはず。東日本大震災があったために、リーグの日程が7月に組み込まれた。だが、それはJ1で見れば5試合くらい。

 10試合とかならさすがに難しいだろうとは思うが、5試合だ。9~12月の間に組み込めなかったものだろうか。何のためのJリーグなのだろう。もちろん、選手の給料を払っているのはJリーグのチームだ。それでも、と思う。日本は貴重な強化の場を失った。

 J1が嫌というならJ2から選んででも行って欲しかった。強化にならないとかそんなことは関係ない。J2にだって原石はごろごろしている。裾野を広げる意味でも出場すべきだったと思う。

 とにかく残念だ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

だんだん暑くなってきた(5/16)

 日増しに夏が近づいてきている様子。都会は既にクールビズのようだが、うちの方は全くそんな動きはなし。昼、外を歩いたけど、結構もうしんどくなってきたなあ。

 昨晩は疲れもあってたっぷりと眠ったはずなのに、午後から睡魔が襲ってきて。来週、しゃべる原稿を作っていたのだが、作業がなかなか進まず。息抜きしようと思って、取りかかった別の仕事でも、読み進めているうちに分からなくなって迷宮入り。

 どうも効率は今ひとつです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ひたすら歩く(5/15)

 今日は、地域の歩こう会に息子とともに参加。弁当持参ということで、生まれて初めて自分で弁当を作ってみる。

 ほとんど冷凍食品ながら、おにぎりを作って、おかずを詰めての作業はなかなか大変だ。実質作ったのは卵焼きだけですが、まあ、そこそこの出来ではないかと思う。

 恥ずかしながら、こんな感じです。


 集合場所の富山駅に来ると、既にかなりの人が集まってきている。受付をしてしばらく待っていると、息子の仲のいい友達もやってきた。保育園時代からの付き合いだから、既に7年目に入っている。知らなかったらしく、息子は嬉しそうだ。

 富山駅には、ライトレール5周年の看板が。



 富山駅を出発し、神通川を超えて、呉羽山近くの新幹線工事をしている場所が見える場所まで歩く。息子とその友達は列の前の方をそんなに話をするでもなく黙々と歩く。

 サンダーバード?とともに。



 その後もひたすら歩いて最初の休憩場所である北代縄文広場に到着。復元したという竪穴式住居を見る。そこをしばらく見た後、その近所の公園で昼食。朝、作った弁当を食べる。特に健康に問題は出なかったのでよかった(笑)。

 午後も歩いて呉羽山の近くに行き、埋蔵文化財センターというところへ。火起こしの体験が出来るというので、子どもたちは3つの班に分かれてやっていた。うちの息子は男グループの中に入ってやったのだが、うちのグループだけが煙は出るが、火が起きない。30分ほどやっていたが、結局だめだった。息子はとても残念そうだった。

 その後、市電の停留所まで歩いて、そこからは市電に乗り、富山駅まで。そこで会は解散となったが、息子とその友達はこれだけ歩いてもまだ遊び足りないようで。。。

 結局、近くの広場で遊ぶことになった。1時間ほどだろうか。遊びに対する欲求はすさまじい。最後の1時間の遊びですっかり疲れたようで、あとは家までぐったりと歩く。

 お疲れ様でした。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

午後から仕事(5/14)

 朝早くに、妻が資格を取るための研修のため、大阪へ。そのため、午前中は息子と2人で過ごす。とはいっても、こちらがテレビ、息子がパソコンでゲーム。だったり、その逆だったり。

 午後から仕事で出かけなければならなかったので、息子の相手は実家の自分の母親にお願いして出かける。天気がよくて、仕事は無事に終了した。

 すごい人だったなあ。といろんな意味で思う。

 息子と馬鹿話(演技ヘタ)をしながら、寝る。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 1997年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/13)

 今日は特に何もなかったので、韓国ニュースでお茶をにごそうという趣旨です。

 李明博大統領 被災地の仙台訪問を検討
 (ありがたいことです。)

 紛争地諸国の親善試合 南北単一チームも参加か
 (何だか複雑な気持ちです。)

 格安航空エア釜山、来月から成田就航
 (ついに成田へ)

 韓国鉄道公社 故障多発の新型高速鉄道車両を事実上リコールへ
 (KTXにはまだ乗ったことがない。)

 釈迦誕生日 大統領の祝賀メッセージ代読せず
 (こういう話は知りませんでした。)

 アン・ソンジュ今シーズン初優勝  日本女子ゴルフ大会
 (アン・ソンジュ選手好きだなあ。)

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 韓国・ソウル
ジャンル : 海外情報

無駄に起きていてアメトーク(5/12)


 夜、何となく無駄に起きていて、先週のも含めて2本連続でアメトーークを見てしまった。先週のものまねのは面白かった。思わず笑っていたのを妻に聞かれてしまっていた。

 今週のは、中岡一般が秀逸。プロ野球クイズは最初の2問、ブライアントと張本は分かったけれど、後は分からなかった。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

雨で中止(5/11)

 朝から雨。午前中はそんなに強くなくて、もしかしたら人工芝の球場なら行われるのでは、という淡い期待を抱いていたが、午後から雨が強くなり、結局、中日-ヤクルトの試合は中止。

 楽しみにしていたとはいえ、間違って3塁側の内野席を買っていたこともあり、払戻しもありだなと思っていたところ。

 中止になってもそんなにショックはない。ただ、中日は秋の日程がかなりきつくなってしまったようです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 1997年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/10)

 午後から金沢で仕事。外は激しい雨。高速バスで1時間の往復。

 金沢駅も結構賑わっていた。富山とは全然ランクが違うという感じ。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2002年
2001年
1997年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/9)


 週末を大阪に行ってきただけなのだが、ずいぶんと久しぶりのような気がする。今週は長い。朝は危うく遅刻しそうになった。職場に向かおうとするが、腰が重い。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2002年
2001年
1997年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(5/8)


午前中、妻の妹の家族と一緒に出かけて、卓球をする。うちの息子から見るといとこにあたる女の子が中学生で卓球をやっている。うちの息子も学童保育で卓球をよくやっていたので、対戦してやってみた。自分もやってみた。

 とても勝てる相手ではない。全然だめだった。自分はへたくそ。息子は相手が強ければ強いほど燃えるタイプなのか、結構検討していた。そのいとこのお父さんにはあわやというところまで行っていたし。

 昼食を食べた後、大阪から息子と2人で帰る。妻のお母さんが見送りに来てくれた。大阪駅はすっかりきれいになっていたが、そこに立ち寄ることはなく、いろいろとお土産を買ってくれて、ホームまで。

 サンダーバードの中では息子は疲れたせいか、1時間ほど眠っていた。途中、弁当も食べて、富山に到着。大阪では長袖のシャツでは結構暑かったのだが、富山ではちょうどよかった。

 母の日でもあるので、駅で妻用のプレゼント(安物ですが)を購入して、帰宅。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2002年
2001年
1997年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

キンチョウスタジアム(5/7)

 神戸の試合を終えてから、電車を何本も乗り継いで阪和線の鶴ヶ丘駅へ。

 ここはキンチョウスタジアムへ向かう客でごった返している。いい雰囲気。サポーター自由席ということで、席はバックスタンドの端の方。

 神戸でもそうだったが、荷物を座席に置いている人が多く、空いていると思われるのだが、声をかけるのがはばかられるところが多く、座れない。できるだけ真ん中に近いところで見ようと最上段の真ん中よりにあがったが、立ち見禁止となっていて、結局、係の人から端っこの方の席をあてがわれた。

 会場限定のFMラジオもやっていたので、携帯電話のラジオを聞きながらの観戦。夜で照明がこうこうと照っているせいか、ちょっと選手の背番号がよく見えない(もう年?)ので、ラジオの解説は助かった。解説はモリシで100%セレッソ寄り。後半は、どうせ端なら前の方がいいということで、コーナーフラッグよりも端っこ、だけど前から3列目くらいの席に移動して観戦。

 試合はベガルタが先制し、後半はセレッソもかなり攻め込んでいたものの、最後の詰めでことごとく跳ね返されて、このまま終わりそうな流れ。ベガルタ、だてに首位じゃないな、守備が抜群に堅いと思っていたら、?なジャッジが多かったレフェリーからアディショナルタイム5分の贈り物。

 その最後の最後で、シュートが相手DFに当たるという幸運もあって、セレッソが同点に追いつき、試合終了。自分は急いで妻のご両親の家に帰る必要があったので、すぐに会場を後にしたが、サポーターからはブーイングが。あれは選手に向けられたものなのか。そんなに悪くもなかったと思うけど。志が高い!目指すところが違う!(と、思いましたが、そのブーイングはどうやらレフェリーに対してのものだったよう。確かにセレッソに不利な判定が多かったとはいえ、アディショナルタイムのことを考えればブーイングまではやり過ぎでは?)

 個人的には2番目に好きなチームと3番目に好きなチームとの対戦で、いい試合が見られたと思う。J2でも熾烈な戦いを繰り広げた両チーム。結構、いいライバルかもしれないな、と思った一戦だった。個人としては、ベガルタの関口が切れまくっていたように思う。

 ちなみに、ベガルタ仙台側に立つと、生観戦5試合目で初めての引き分け。これまでは、ホームだろうとアウェイだろうとベガルタが勝つところしか見ていなかったのです。全勝神話は崩れました。

 セレッソサポーター。


 ベガルタサポーター。


 前半はここから。



 後半は席を移動。場所は悪いですが、迫力はありました。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

ホームズスタジアム(5/7)

 依然として、喉ががらがらしたり、鼻がつまったりと、いうことはあるのだが、熱はないし、別に体がだるいわけでもなく、体調は何の問題もない。

 そんなわけで予定通り大阪に向かうことに。行きは家族と一緒だが、大阪駅で分かれて、こちらは神戸に向かう。今日はこれからJリーグの試合を2試合はしごすることにしている。

 まずは2時からのヴィッセル神戸対川崎フロンターレ。だが、競技場にたどり着くのにえらく苦労した。いや、単に自分が道を間違えてしまったためである。

 兵庫駅を降りて20分ほど歩くということと、大体の地図を頭に入れていたのだが、どうも駅の向いている方向をちょっと間違えて把握していたようで、歩いても歩いてもそれらしい場所も見えてこない。そもそも、駅を降りてもサッカーらしい雰囲気が全くなかったし、しばらく歩いてもそんな雰囲気は全く出てこなかった。 

 30分ほど歩いてようやくある地下鉄の駅にたどり着いて、競技場はここから1300mという看板を見つける。完全に自分が思っていた方向と反対の方向だった。

 地下鉄で1駅分歩くと、ようやく家族連れが多くなって、サッカー場が近い雰囲気に。競技場には10分ほど遅れたが、何とか到着。まず一番の目的であるタオルマフラーを購入してから競技場の中に入る。購入したのは背番号17。

 バックスタンド側の自由席は満席で、なかなか座れる場所がない。一人である利点を活かして、10分ほど試合を見ながら席を探し、とてもいい場所を1席だけ発見して、小さい子供の家族連れの横に座る。

 このスタジアムは専用競技場ということもあり、選手が近く、迫力がある。いつも陸上のトラックが間にあって、かなり遠くに選手が動いているのを見ている自分にとってはかなり新鮮だった。今までいろいろな場所で見ているけれど、自分の経験の中では一番の見やすさではなかろうか。

 試合は、交代出場したパク・カンジョの交代直後のゴールでそのまま神戸が勝った。強いはずの川崎の攻撃にあまり迫力がなかった。少し心配になるほど。山瀬も憲剛もジュニーニョもいるのに。

ホムスタです。


 ヴィッセル側サポーター。


 フロンターレ側サポーター。


 こんな位置で見ました。


 試合後は、客の流れに沿って歩く。ほとんどの人は地下鉄で来ているので、兵庫駅に向かう方向に曲がると途端に人数は少なくなる。それでも、何とか失敗することなく兵庫駅にはたどり着いた。だが、安く戻ろうとする私は兵庫駅を通り越して神戸高速鉄道の大開駅まで歩くのだった。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

ただいま大阪に向かっております。今日はこれからこの2試合をはしごします!


(5/6)

 体調が今一つで午後から休暇。

 富山駅前の図書館分館をしばし散策。面白そうな本と少し気になっていた本を見かけたので、借りて見た。「乙女の密告」と「父 宮脇俊三への旅」。

 「乙女の密告」は単行本とは言え、短い話だったのですぐに読み終えた。芥川賞作品と言うのは知らなかった。感想としては、「アンネの日記」が読みたくなったというところか。「アンネの日記」を知っていれば、より共感できたり、面白かったりするのだろうが、そもそも「アンネの日記」という話は少々難しい話なのだろうか、とイメージと違うなあ、と思った。

 少しして、「赤毛のアン」と勘違いしているなということに気付いた。その「赤毛のアン」も読んではいないのだが、もう少し面白い話ではないかという印象がある。

 「父 宮脇俊三への旅」の方が面白いし、肩も凝らない。宮脇俊三さんのような文章を書きたいと常々思っている。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

富山市内の美術館、博物館を回る電気自動車のバスです。


FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク