キンチョウスタジアム(5/7)

 神戸の試合を終えてから、電車を何本も乗り継いで阪和線の鶴ヶ丘駅へ。

 ここはキンチョウスタジアムへ向かう客でごった返している。いい雰囲気。サポーター自由席ということで、席はバックスタンドの端の方。

 神戸でもそうだったが、荷物を座席に置いている人が多く、空いていると思われるのだが、声をかけるのがはばかられるところが多く、座れない。できるだけ真ん中に近いところで見ようと最上段の真ん中よりにあがったが、立ち見禁止となっていて、結局、係の人から端っこの方の席をあてがわれた。

 会場限定のFMラジオもやっていたので、携帯電話のラジオを聞きながらの観戦。夜で照明がこうこうと照っているせいか、ちょっと選手の背番号がよく見えない(もう年?)ので、ラジオの解説は助かった。解説はモリシで100%セレッソ寄り。後半は、どうせ端なら前の方がいいということで、コーナーフラッグよりも端っこ、だけど前から3列目くらいの席に移動して観戦。

 試合はベガルタが先制し、後半はセレッソもかなり攻め込んでいたものの、最後の詰めでことごとく跳ね返されて、このまま終わりそうな流れ。ベガルタ、だてに首位じゃないな、守備が抜群に堅いと思っていたら、?なジャッジが多かったレフェリーからアディショナルタイム5分の贈り物。

 その最後の最後で、シュートが相手DFに当たるという幸運もあって、セレッソが同点に追いつき、試合終了。自分は急いで妻のご両親の家に帰る必要があったので、すぐに会場を後にしたが、サポーターからはブーイングが。あれは選手に向けられたものなのか。そんなに悪くもなかったと思うけど。志が高い!目指すところが違う!(と、思いましたが、そのブーイングはどうやらレフェリーに対してのものだったよう。確かにセレッソに不利な判定が多かったとはいえ、アディショナルタイムのことを考えればブーイングまではやり過ぎでは?)

 個人的には2番目に好きなチームと3番目に好きなチームとの対戦で、いい試合が見られたと思う。J2でも熾烈な戦いを繰り広げた両チーム。結構、いいライバルかもしれないな、と思った一戦だった。個人としては、ベガルタの関口が切れまくっていたように思う。

 ちなみに、ベガルタ仙台側に立つと、生観戦5試合目で初めての引き分け。これまでは、ホームだろうとアウェイだろうとベガルタが勝つところしか見ていなかったのです。全勝神話は崩れました。

 セレッソサポーター。


 ベガルタサポーター。


 前半はここから。



 後半は席を移動。場所は悪いですが、迫力はありました。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

ホームズスタジアム(5/7)

 依然として、喉ががらがらしたり、鼻がつまったりと、いうことはあるのだが、熱はないし、別に体がだるいわけでもなく、体調は何の問題もない。

 そんなわけで予定通り大阪に向かうことに。行きは家族と一緒だが、大阪駅で分かれて、こちらは神戸に向かう。今日はこれからJリーグの試合を2試合はしごすることにしている。

 まずは2時からのヴィッセル神戸対川崎フロンターレ。だが、競技場にたどり着くのにえらく苦労した。いや、単に自分が道を間違えてしまったためである。

 兵庫駅を降りて20分ほど歩くということと、大体の地図を頭に入れていたのだが、どうも駅の向いている方向をちょっと間違えて把握していたようで、歩いても歩いてもそれらしい場所も見えてこない。そもそも、駅を降りてもサッカーらしい雰囲気が全くなかったし、しばらく歩いてもそんな雰囲気は全く出てこなかった。 

 30分ほど歩いてようやくある地下鉄の駅にたどり着いて、競技場はここから1300mという看板を見つける。完全に自分が思っていた方向と反対の方向だった。

 地下鉄で1駅分歩くと、ようやく家族連れが多くなって、サッカー場が近い雰囲気に。競技場には10分ほど遅れたが、何とか到着。まず一番の目的であるタオルマフラーを購入してから競技場の中に入る。購入したのは背番号17。

 バックスタンド側の自由席は満席で、なかなか座れる場所がない。一人である利点を活かして、10分ほど試合を見ながら席を探し、とてもいい場所を1席だけ発見して、小さい子供の家族連れの横に座る。

 このスタジアムは専用競技場ということもあり、選手が近く、迫力がある。いつも陸上のトラックが間にあって、かなり遠くに選手が動いているのを見ている自分にとってはかなり新鮮だった。今までいろいろな場所で見ているけれど、自分の経験の中では一番の見やすさではなかろうか。

 試合は、交代出場したパク・カンジョの交代直後のゴールでそのまま神戸が勝った。強いはずの川崎の攻撃にあまり迫力がなかった。少し心配になるほど。山瀬も憲剛もジュニーニョもいるのに。

ホムスタです。


 ヴィッセル側サポーター。


 フロンターレ側サポーター。


 こんな位置で見ました。


 試合後は、客の流れに沿って歩く。ほとんどの人は地下鉄で来ているので、兵庫駅に向かう方向に曲がると途端に人数は少なくなる。それでも、何とか失敗することなく兵庫駅にはたどり着いた。だが、安く戻ろうとする私は兵庫駅を通り越して神戸高速鉄道の大開駅まで歩くのだった。

(私の10年日記)
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

ただいま大阪に向かっております。今日はこれからこの2試合をはしごします!


FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
92位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク