今月も終わり(7/31)


 昨日の疲れもそんなになく、迎えた日曜日。明日で8月。あっという間に時は過ぎゆく。やるべきことを決めておかなければ、どんどん時間だけが過ぎていく。

 今日は、車屋さんから案内が来ていたイベントに出かけて、子供を遊ばせる。去年も行ったイベント。まあ、そこそこ楽しめる。金もかからないのでいい。

 ところで、8月の予定をいろいろと考えていた。とりあえず、今週末は新潟に行って、なでしことJリーグのダブルヘッダーを見ようかなと思っている。そして、せっかく新潟に行くので、水害復旧のボランティアに参加しようかなと。ただ、そもそも電車で行けるのかという問題もある。何とか信越線は動いているようだが。

 このほかに、東北に行きたいのだが、まとまって休みを取れる時期がなくなりつつある。ほぼ絶望的。夏休みに入ってしまうとかえって単独では動きづらくなるというジレンマ。まあ、仕方がありません。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

INAC神戸対湯郷ベル(7/31)

 スカパー!で放送していたものを録画してみた。湯郷は宮間のいるチーム。前半からかなり飛ばしていて、INACに試合をさせていない。

 画質の荒い録画の画面で見ていると、湯郷は宮間が5人くらいいるように見えて、ボールを奪うとその選手達が一斉に前線めがけて上がっていく。

 真ん中でボールを持って、サイドにいいパスを何本も出していたのが、宮間だと思っていたが、そのうちの何回かは宮間ではなく他の選手。他の選手も結構いいパスセンスをしている。なかなかいいチーム。

 しかも、これまで1点もとられていなかったINACから先制点をきめてしまった。これも左サイドのFWにいいパスが出て、それをペナルティエリア横まで運んでいき、そこからクロスボール。こぼれたところをミドルシュートで決めたものだった。

 その後、前半のうちにセットプレイから追いつかれてしまうが、サッカーの質は断然湯郷の方が上だった。

 試合はほとんど前半までしか見ていないので、後半どうなったかは確認していない。試合はINACが逆転勝ちしたそうなので、そこは底力なのかもしれないが、湯郷もなかなかいいサッカーをしているということがわかった。

 なでしこリーグ、侮れません。

テーマ : なでしこリーグ
ジャンル : スポーツ

地元の祭り(7/30)

 地域の小学校区のお祭りで、午後3時過ぎに息子が通っている小学校へ向かう。自分の担当はひたすらフライドポテトを揚げること。いやあ、揚げまくりました。

 途中から、揚げても揚げても客の列が途絶えないような状況になってきたので、結構大変。とはいえ、しっかり揚げずに出して何かあってもまずい。とりあえず、用意されていたもの(30袋くらいはあっただろうか)を2人で全て揚げ終える。

 途中、別の人と交代しながら、ビールも飲みながらの緩い感じだったので、問題なしです。今日、初めて見る顔の人もたくさんいました。私もその中の一人に思われているかもしれませんが。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

この仲間なら(7/29)

 以前の職場の仲間との飲み会。ホテルのビアガーデンでの飲みは、雨のために、屋内の宴会場での飲みに変わってしまったが、それでも、そんなことは終わってみればどうでもよかった。

 このメンバーなら普段ではありえないような馬鹿話ができる。完全にいかれてしまう。くだらないネタも惜しげもなく、炸裂させることができる。

 楽しい。カラオケまで行って、いつものバカ騒ぎ。一緒に行った今の職場の同僚もきっと評価してくれることでしょう。そんな私は既に41歳。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

長い東京出張(7/28)

 今日は東京に出張ということで、6時台の始発の特急はくたかに乗って東京に向かう。朝早かったので、乗ってからうつらうつらしていたのだが、もうそろそろ上越新幹線に乗り換える越後湯沢に到着か、と思いながら目を覚ますと、自分の乗っている特急は走っておらず、手前の十日町駅で停車していた。

 アナウンスによると新潟県内の大雨で運転を見合わせているとのこと。少し待てば動くかなと思っていたが、動き出す様子はなく、1時間以上が経過してしまった。

 そのうちに、代行バスを手配中とのアナウンスが流れて、本来なら越後湯沢に着いていなければならない10時過ぎに越後湯沢駅を出る。バスも補助席まで満員で、座れない人もいるような状態で、十日町駅から越後湯沢駅まで山道を抜けて1時間ほど走った。

 何とか11時過ぎには到着。越後湯沢駅はよく通るが、実際に降りてみたことはなかったが、思った以上に大きな駅だという印象。

 それはそうと乗り継ぐ新幹線の時間は、と改札口の列に並ぶが、ちょうと今、出たばかり。新幹線とはいえ、遅い方の「たにがわ」だったから、待ってくれているかと期待していたのだが、冷たいものだ。残念。

 結局、少し早いが、越後湯沢駅で昼食を食べて、約1時間後の「たにがわ」で東京に向かう。「とき」に乗ってもよかったのだが、それは指定席が完売の上に、自由席が長蛇の列だったので、あきらめた。

 その「たにがわ」で向かう車中。午後1時を迎えるので、持ってきたAMラジオでTBSラジオを聴く。小島慶子のキラキラを初めて生で。いやあ、これは新鮮。

 こんな風に番組は始まっているのか。ジャパネットたかたもあるんだとか、いろいろ。しかも今日は一番好きなピエール瀧の木曜日。楽しい。女子校出身女子の話で盛り上がってました。

 さて、ようやく1時40分に東京駅に到着して、用務先に向かう。結局、東京での滞在時間はトータルで4時間半ほど。仕事の後、八重洲ブックセンターの福島県の物産館に立ち寄り、こんなものを購入。

 奥の松酒造のスパークリングの日本酒!



 帰りは6時過ぎの「とき」に乗って帰宅。だが、新潟県内は依然としてひどい雨のようで、越後湯沢ではなく、長岡駅乗り換えに。その後、「はくたか」で進むものの徐行運転が続き、結局、富山駅に到着したのが10時40分頃。

 車内では弁当を買えなかったので、駅北のカターレローソンで弁当を購入して帰宅。本当に疲れました。

 思えば、今日は3年前に、南砺市で豪雨災害のあった日。雨が降りやすい時期なんですよね。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/27)

 夏休み中の息子が実家に泊まりに行っていない。そんな日ではあるが、数日前から風呂場の換気扇が回らなくなっていたため、その修理に立ち会うために、妻は早く帰っていた。

 工事の業者の人が、来て何とか直してくれた。ただ、換気扇についていた過去の汚れが落とされていて、湯船の中、洗い場ともにひどい状況になっていた。

 朝、風呂は洗っておいたのだが、また、洗い直し。結局、今日は風呂には入らず、シャワーのみ。夏場はこれでいいでしょう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

午前中ほとんどしゃべったが(7/26)

 昨日、勉強していた内容を元に、2時間半ほど話をした。

 相手の反応をどう理解していいのかが難しい。どう思っているのか、それから自分の場合は滑舌が悪いので、きちんと相手に伝わっているのかなど、気になって仕方がない。

 受ける側に立ったときには、その講師が分かりやすいかどうかというのは、自分の感性だけなので分かりやすいが、教える側に立ったときに、それが相手に伝わっているかどうかを判断するのは困難だ。正直、自分の方がよく知っている、と自信を持っていえることの話をしているわけではないところが、またこの問題を難しくしている。

 本心を言えば、自分の言っている言葉、伝わっていますか、理解できますか、と聞いている人に直接聞きたい。そんな欲求が沸いてきて仕方がない。でも、それはできない。

 それでも、何とかやりぬいた。自分が担当した班の人には、午前中の前半のほとんどの間、自分の話をきいてもらったことになる。どうだったのか。気になる。アンケートを読む限り、それほど悪い意見もなかったが。おかげで、午後は疲れが出てどうしようもなかった。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/25)

 明日、トータルで2時間半くらい話さないといけない仕事があるのだが、その最後のおさらいになかなか取りかかれないまま、夕方を迎えてしまった。

 エアコンも切れてしまったその時間から明日に向けた内容の整理。大体分かっているつもりではあるが、人に作ってもらったところもあり、内容を確認。

 納得できないところもあり、そこを確認しながら、3時間ほど。何とかめどが立った。帰ってからは、明日に備えて早めに眠った方がよかったが、結局、だらだらと起きていてしまった。起きているなら「Dig」を聞けばよかった、とも思ったり。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

アナログ放送終了(7/24)

 今日の正午にアナログ放送が終了すると言うことで、その時間には家に残してあったアナログテレビでその瞬間を待った。

 が、正午の15分前くらいにテレビを見ると、昨日まで表示されていたアナログ放送終了の表示が消えている。そして、右上には、「アナログ」ではなく、「デジアナ変換」の文字が。

 そして、迎えた正午。消えるかと思ったが、それを過ぎても間違いなく映っている。どうやら、住んでいるマンションはケーブルテレビ経由で配信されているようで、ケーブルテレビ局がデジアナ変換をしばらくしてくれているらしい。

 昨日には、チューナーを買おうかとも思っていたのだが、これなら不要だ。もちろんアナログのレコーダーも使えている。

 そう思うと、ここまでPRしていたのは何だったのか、とも思う。別に自分はテレビ好きだからいいけれど、そんなにテレビは大事なのか、という気持ちが浮かぶ。全てに優先するものではないだろう。インターネットや携帯電話でも情報は得られる。本でも新聞でもいいだろう。ラジオでもいい。いや、ラジオはすごくいい!

 テレビが偉いという時代はアナログ放送終了とともに終わった。いや、既にその前から終わっていたのかもしれない。そのことにテレビ局が気付いているか。問題はそこだ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対水戸ホーリーホック(7/23)

 試合にはぎりぎりの到着になってしまいました。昼は岩瀬のアラキで初のホルモン中華。そして、午後は実家に届け物をして、それから、試合に向かいました。

 結論から言うと、最高の試合になりました。これまでアディショナルタイムでやられることは数多くあったけれど、逆はほとんどなし。あってもアウェイでの試合ばかりだったようで。

 さて、試合の方は前半からテンポよく攻撃ができていた。これはここ数試合と同様。でも、ちゃんとシュートまで行けているのはいい。前半、終了間際に危ない場面もあったが、何とか乗り切った。

 後半に入っても流れはよかったが、相手GKの本間が負傷交代したあたりから、徐々に運動量が落ちてきて、相手にボールを持たれる展開に。苔口が足を痛めたところから、選手交代が行われ、ヨンドク、黒部、甲斐と投入。

 甲斐が入ると不思議と攻撃のスイッチが入る。そこから何度も攻め込む展開に。気がつけばDFの福田までFWの位置に張り付かせるスクランブル態勢。ただ、これは後からの情報では福田が足を痛めたために、前線にいたようだ。

 そして、迎えたアディショナルタイム。前線に残っていた福田のヘディングゴール。この時間に勝利につながるゴールが決まるってことはなかなかない。とにかく、会場の盛り上がりは最高潮。

 しかし、今日はこれで終わらなかった。あれ、まだ福田が前線にいて大丈夫か?と思っていたところ、甲斐が抜け出して2点目のゴールでだめ押し。そして、ほどなく終了のホイッスルが。いい展開でした。後から映像を見ると、福田が最後のアシストも決めてました。すごい。

 とにかく、本当によかった。カターレの試合はこれでもう4年目に入りますが、とにかく、これだけの試合を見られたのは初めてかもしれません。いや、今までにもいい試合はたくさんありましたが。

 それから、今日の観客は、3千人超え。水戸という相手で3千人を超えたというのは、やはりなでしこジャパンの世界一効果もあったのではと思います。とにかく、今、カターレに風が吹いてきています。今日の試合を見た人はまた来たいと思うでしょう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 
 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

難題が(7/21)

 午前中、会議で県西部へ出張。途中でトラブルがあって、到着したのは会議が始まる2分前。他の出席者は全員到着しており、少々気まずかった。

 そんな中で、自分が挨拶するという嫌な展開。どうも、しゃべりがまた走ってしまっただろうか。

 会議内容は、ある程度予測できた展開で、少々こちらが回答に困るものもあったが、それはそれ。折込済みなんでよしとします。

 午後に職場に戻ってきたら、ある人から電話をくれというメモが。嫌な予感。ほぼ隣の課なので行ってみると、思っていたものとは違っていたが、それはそれで嫌な仕事。いろいろ頼まれたので、資料を分担して作成し、全てできあがるまでに少々時間がかかったので、明日持参することにした。

 6時を回るとエアコンが切れてかなり暑くなってくるので、作業効率も落ちる。そんなわけで、何とか7時頃までやって職場を後にした。暑さでやられます。


(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

見事な夏空(7/20)

特に暑い(7/20)

 台風のせいか朝からやけに暑い。

 昼、久しぶりに、シアベスまでラテを飲みに行く。歩いていくだけで汗だく。。。
 空は、見事に夏空。仕事は何とか無事に終了。心配の種は残っているけれども。




(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

なでしこフィーバーは続く(7/19)

 昨日、優勝を勝ち取ったと思ったら、もう今日、帰国すると言うことで、成田空港は大変な人だったようだ。

 自分も夜のニュースでちらっと見たが、嬉しいこと。これが今後の彼女たちの環境の発展やリーグの発展につながってほしいと思う。

 もう今週末からリーグ戦が開始されるとのこと。ホームページを見ると、同じリーグの試合でも、有料の試合と無料の試合がある。客が入らないから、有料にしても逆にコストがかかってしまうということか。

 富山の周辺ではチームがなく、一番近いところが新潟か。

 個人的には宮間のいる岡山のチームを見てみたいと思う。いつか行ってみたい。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 
 

テーマ : なでしこジャパン
ジャンル : スポーツ

なでしこジャパン優勝(7/18)

 朝、3時40分くらいに起きることができたので、生で観戦。アナログ放送でサッカーを生で見るのもこれが最後かもしれない。アナログ放送終了まであと6日。

 試合は、前半から米国が攻めまくる。何度もこれを決められたら、というピンチがあったが、ぎりぎりのところで相手が外してくれたり、クロスバーに助けられたり、という状態。前半は何とかゼロにしのいでくれ、と思いながら見ていて、心臓にも悪かったが、何とか0-0で後半へ。

 後半に入って、選手交代があり、永里と丸山が投入される。今大会調子の上がらない永里は前線でキープはするものの周囲のサポートも少なくボールを奪われる。失点は永里がボールを奪われたからのカウンターだった。

 さて、1失点して後がなくなった日本。苦しくなったが、それでも攻め方は変わらない。正攻法で前線の永里に預けてという戦い方。同点ゴールはその戦い方が実を結ぶ。

 サイドに流れた永里がキープして、センターにいた丸山にパス。丸山は相手DFにつぶされるも、相手がクリアにもたついたところに宮間が詰めて同点に。後半36分。結構ぎりぎりだ。

 そして、試合は延長戦に。

 延長の前半に失点して、また苦しくなったが、延長の後半、相手GKが痛んで少々時間稼ぎも見られた時間帯に、コーナーから同点に。後のPK戦は海堀さまさま。

 もう、神がかった川口能活にしか見えなかった。特に1本目のセーブはすごかった。

 優勝おめでとう。

 PK戦の前にも笑いが絶えない様子を見て、このチームは今までの常識を超えたところにあると思った。

 最後に、世界への感謝の思いを書いた横断幕を持って場内を一周するのも、忘れない。大きな震災にあってから、まだ4ヶ月余り。彼女たちは奇跡を起こした。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : なでしこジャパン
ジャンル : スポーツ

アスリートの魂「なでしこジャパン編」(7/17)

 録画していながら見ていなかったので、決勝前日に見る。

 冒頭、ワールドカップに行く前の食事会の映像が流れた。直前の強化試合で2連敗したアメリカ代表についての質問に対し、「強かったですね」「同じ人間とは思えません」との声が。

 それが明日の相手。

 米国はスピードと高さを生かして日本を圧倒。さらに守備力も高い。来るはずのない場所に足が出てブロックしてくるとか。

 そんな相手だが、相手をそんなに知らないせいか何とかなるのでは、と思ってしまう。そんなに簡単な相手ではないことは重々承知。

 全編を通じて、大野のムードメーカーぶりと、澤と川澄の仲の良さが印象に残った。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

立山登山(7/16)


 息子の小学校の企画の立山登山に参加。起床は午前4時。大人だとそんなに早く起きなくてもと思うのだが、それでも、終わってみれば結果的にはちょうどの時間だった。

 小学校からはバスで室堂まで直行し、7時半頃に到着。準備を整えて、8時にはそこを出発した。天気は最高の天気。きっと下界は暑いだろうが、室堂でもちょうど過ごしやすい気候。

 子供が中心なのでペースはゆっくり。途中、雪渓もあるが、そこを超えなければ頂上へは行けない。とは言っても、そんなに難しい場所ではない。子供でも歩ける。ちょっと上り坂ではあるけれど。息子はいつもどおり慎重に歩いていた。こういうところでは、自分のペースを守りながら、無理しないことが大事。

 途中、休憩を挟みながら、9時過ぎには一の越に到着。槍ヶ岳などもきれいに見えて美しい。

 一の越からは本格的な上り。岩を越えて登っていく。三の越くらいまでは急だ。息子は相変わらずマイペースで進み、遅いが、何とか登ってきている。頑張れ、頑張れ。

 そんなことを思っていたら、自分の右の登山靴の底が取れてしまった。もう15年以上前に韓国で購入した登山靴。冬場にも履いていたが、まさかここでだめになってしまうとは。

 仕方がないので、荒縄で靴底をしばりつけて、頂上まで登る。苦労しながら無事、頂上に到着した。頂上で食うおにぎりはなかなかうまい。

 立山は三大霊山の一つで頂上に神社がある。団体で参拝料を払って、頂上のさらに一段高くなっている社のある場所に向かう。そこで、神主さんに祈祷をしてもらい、頂上を後にする。

 登山は下りの方が難しく、実際に慎重な息子はいっそう慎重になり、ゆっくりゆっくりと下る。息子を心配していたら、今度は自分の左の靴底が取れてしまった。同じ日に両方ともだめになってしまうとは。。。

 仕方がないので、左側も荒縄で縛って一の越まで何とか降りた。早い人はもう30分くらい前におりてしまっていただろう。それでも、さらにその後から来る人たちもいて、一の越で一旦全員が揃うまで待つ。

 自分の登山靴が大変なことになっているのを学校の先生が見てくれて、いろいろとテーピングしたり、ひもで縛ったりしてくれた。ガイドさんのロッククライミング用の紐も借りることができた。

 そこからの下り。荒縄で縛っていた左側の靴底だけがよく取れる。雪渓で水分を含むとほぼ確実に取れてしまう。取れるとそのたびに荒縄で縛りなおして、また歩くのだが、雪渓が4カ所くらいあるので、そのたびに底が取れてしまう。結局、取れて縛ってを繰り返し、何とか室堂まで帰ってこられた。

 そんなに疲れはしなかったけれども、登山靴がだめになってしまうとは思わなかった。こういう壊れ方をするまで靴を履き続けたことがなかったので、自分にとってもいい経験になった。また、息子にとってもいい経験になっただろう。

 来年、息子は行くだろうか。いや、もう行かないと言っているから多分行かないのだろうか。ちょっと怖がり過ぎのところがあるので、それが少しでも改善されればいくらでも登れるように思うのだが。

 ただ、天気がよかったのが、登山を一層いいものにしてくれた。平地に出てくるとすっかり忘れていた暑さにやられてしまった。
(写真はあとで追加します。)

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

日本対スウェーデン(7/14)

 朝、早く起きて、サッカー女子日本代表の試合を見る。

 今日はエースの永里が先発落ちで代わりに川澄選手が先発。初戦を見て以来、試合を見るのは久しぶりだが、前の試合で地元ドイツに勝ったのには驚いた。

 さて、試合の方は前半早々に思わぬ形で失点。正直、この流れではここまでかと思いかけたところだったが、早々に1点を返して同点。川澄選手のゴールとなった。とにかく、試合全体を通して日本のボールキープ率がすごい。バルセロナと称する報道もあったようだが、まさにそれに負けないような展開。とにかく、取られてもすぐに取り返して前線までボールを運んでいく。

 試合は、その後、澤、川澄と続いて、逆転での圧勝。

 とにかく、試合展開が素晴らしかった。とにかく、ボールをつなぐし、奪うし、ミスからの失点さえなければ完璧だったのではなかろうか。

 前の試合での奇跡のような勝利。そして、今回の完勝。次のアメリカにも勝ったことがないということだが、もう一度、奇跡を起こせるんじゃないか。そんなことを思わせる試合だった。決勝で負けようが勝とうが、その栄誉は大きく称えていいと思う。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

信じる情報、信じない情報(7/13)

 懐かしい人からメールが来ていた。かつての書き方で言えば、千里眼さん。韓国を離れてから久しく疎遠になっていたのだが、facebookでたまたま見かけたとのこと。

 向こうも結構いい年になっているだろうし、もう子供もいて6年生だそうだ。とにかく懐かしかった。

 それから、今日から異なるキャリア間でのSMSのやりとりが可能になったとか。ただ、試そうとしたが、自分の周りはほとんどソフトバンクの人なので、試す相手がいない。恥ずかしい限りだ。あえて、遠くにすんでいる人に試すのもなんだし。。。

 そんなわけで、まだ試しておりません。

 さて、今日というか、ずっと考えていることだが、今ちまたで言われていることに、どの情報を信じていいいのかがわからない、政府、東京電力、いわゆる当局側の情報は信じられない、というものがある。

 とかく、「情報」という言葉が、信じられないものの代名詞のようになっている。ただ、自分なりに思うことがあるのだ。

 信じられない、という人は、そもそも信じる気がないのではないかということ。信じられないといいながら、危険だという情報は信じる。いろいろな見解が飛び交っているが、結局のところ、科学的なデータに基づいている情報を信じているのかどうか。自然界に存在しないものが、わずかでもあったらだめ。完全な安全を求める。それはあってはならないものだと。

 確かにそのような物質をまき散らしている可能性のある原発には私も反対だ。このような事故を起こした以上、近いうちに、他のエネルギーに移行すべきだとは思う。そのための節電ならいくらでも協力するだろう。

 正直、私も低線量の被爆がどのくらいの影響があるのかは分からない。分からないとはいえ、不安を抱えたまま、その場所で暮らすのなら、避難などその場所を捨てることもありうるだろう。強制的な避難を求めることも大事。

 ただ、不安を抱えながら、その場所で住みつつ強制避難を求めるのが一番よくないのではないだろうか。もし、子供に影響が出たとしたら、それこそ、誰を責めるのか。

 個人的には、子供だからといって、大人には劣るとはいえ、全く抵抗力がないとは思わない。ある程度、管理をしつつ、ストレスをためない生き方をさせれば大丈夫だと思うのだ。そんなに、人間はやわではないと思う。楽天的すぎか。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

節電のこと(7/12)

 今日も依然として暑いわけだが、職場では昼休みの間は、蛍光灯だけでなく、コピー機、プリンタの電源も落とすということに変わったようだ。

 昼間はそれでいいと思う。ただ、夜の節電に関して、他の人も書いているが、それは必要なのかという声もいろいろと聞く。

 東京の方では夜道が暗くて事故が起きたり、犯罪が起きやすかったりということもあるようだ。地下鉄の駅も暗くて、障害者向けのブロックが見えにくいと言うこともあるらしい。東京ドームの照明が暗くてフライを見失うということも発生している。ま、最後のはいいか。

 でも、何だか本末転倒。そのことを官房長官に尋ねた記者の方もいるようだが、節電の意識付けのためにも夜間も必要とのこと。ちょっとそれはどうだろうかと思う。もし、電力に余裕がある時間帯であれば、安全のために電気をつけることがいけないことなのだろうか。安全を犠牲にしてまで、節電をする必要性は、という思い。

 節電は家庭レベルで見れば、電気代が安くなっていいことなのだが、我慢すべきではない人が暑さを我慢するのは間違っている。体調が悪かったり、体の弱い人は我慢せずに電気を使ってほしいと思う。その分、頑丈な人が節電してくれるはずだから。

 ただ節電で一つよかったこともある。それは、いろんな施設のエアコンが寒すぎないこと。以前は、必要以上に涼しく設定されていたことがあったように思う。外から入るとそれはそれは涼しくていいのだが、ここまでする必要があるのかと思うこともあったりなかったり。女性が寒いから、上に長袖の服を着るなんてこともあったくらいだから。

 それくらい、無駄も多かったということなんだろうな。電力会社はそれで儲けていたんだろうけど。過剰に消費する必要もない。意識を変えよう。

 川の濁りが気になる朝。山でかなり降った様子。



(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

震災から4ヶ月(7/11)

 何をするわけでもないが、今日は休暇を取った。震災から4ヶ月の今日。さて、何をしようかと考えて、結局、午前中は、マクドナルドに行って、100円のラージサイズのジュースを飲みながら、日記打ち。

 平日の午前中ということもあって、店内はすいていた。仕事の途中と見られるおじさんもいたが、机に突っ伏して眠っている人もいた。そんなのどかな雰囲気の店内。

 お昼を家で食べた後、午後は無線LANが使えるという触れ込みのカフェに行ってみた。開いているのかどうか怪しい店だったが、何とか開いていた。だが、無線LANがパスワードがかかって使えない。店の人に聞いても要領を得ず。おそらく2度と来ないでしょう。

 その後は、思い立って献血に行くことに。行くと成分献血をお願いされて、そのままに成分献血をやる。時間は1時間半ほどかかると言われたが、実際には1時間もかからなかったと思う。

 献血場所の無料のジュースをたらふく飲んで、その後はドトールに行き、ネット。あっという間に一日を終える。
 
(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

暑さの中で(7/10)

 今日も相変わらず暑い一日である。買い物に行く用事があったのだが、午前中はだらだらとしてしまい、結局、お昼直前に出かける。

 息子が吉野家に行きたいというので、お昼を食べに車で出かける。車内は暑い。車の温度計で見たら37度だった。困ったものだ。

 さて、吉野家で息子は何を食べたかったのか、と思っていると鰻だと言う。テレビで見たのかな。たまに吉野家に行くが、いつもたまになので、大抵、牛丼を頼んでしまう。今日もそうだった。結局、牛丼のコールスローセットを頼んでしまった。

 腹を満たした後は、アピタに行って来週の立山登山用の用具をいろいろと購入。自分も新しいリュックを買った。妻は靴を、息子用には服を買った。

 その帰り道、あまりに暑いので、かき氷を食べに専門店へ。何もトッピングしなければ、100円の良心価格。近くにあれば、毎日でも行くのに、というところ。自分はシークワーサー味で冒険。まあ、悪くはなかったです。

 今日はこれにて終了ですが、カターレ、久しぶりに勝ちました!嬉しい。よくやった!いろいろあったけど、結果が出てよかった。特に初出場のGK飯田、ビッグセーブで勝ちに貢献。ありがとう。
 
(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今日もウォーキング、そして(7/9)

 今日も朝からウォーキングのイベントに出かける。場所は環水公園。朝から既にかなりの暑さになっていたが、それなりに人は集まっていた。

 ゲストはバレーボールの中田久美さんで、先頭を歩いていた。自分たちは上り下りのあった先週のウォーキングに比べれば全然どうということはないので、ひたすら歩く。確かに暑いことは暑いが、平然と歩いて1時間と少しで元の場所まで戻ってきた。歩いた距離は4kmちょっとだろうか。

 帰りに、サンクスから変わった近所のローソンに行き、オープン記念の割引の冷やし麺を購入して家で食べる。久しぶりに食べるローソンのこういったものはなかなかうまい。おにぎりもうまい。ただ、ゴミが増える。。。

 午後になって、息子は水泳教室に行き、自分は電気屋へ。とうとう、NECのアンドロイド端末Life touch noteを購入して家に持って帰り、設定を。まだまだ慣れないが、iPadに比べれば、ずっとパソコンに近い印象だ。そんなわけで、とりあえずこれでブログ更新。ただ、使いやすさという点では、やはりapple製の製品には全然及んでいないとは思うが、flashが使えるからたいていのHPは見られてよい。




(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/8)

 ちょっと今日中にやっておきたいことがあったので、いろいろ頑張って、何とか上司への説明までを終えてきた。とりあえず、1回やっておけば、大丈夫だろう。ちょっとやっかいな今の仕事だが、何となく形が見えてきた。

 さて、今日も金曜日なので韓国ニュースで何とか乗り切りろうかと。

米携帯電話加入者の半数が三星・LG製品を使用

 日本でもそのうちそうなってくるかもしれないですね。私は多分使わないですが。

中国 江沢民前国家主席の死去説を否定 

 結局のところ、どうなんでしょう。

高層ビルで原因不明の揺れ 安全問題はない

 これも心配です。


江華島海兵隊歩哨所で銃器乱射 4人死亡2人けが
「飲酒状態で12~13発発砲」 軍の中間調査結果

 いいニュースではないですね。背景にいじめがあったとも言われています。

超高速無線ネット普及率 韓国がOECD1位

 さすが、と言ったところでしょうか。

2018年冬季オリンピック開催地 韓国の平昌に決定

 やはり今週はこのニュースに尽きるでしょうか。

石原東京都知事 平昌の冬季五輪招致に祝賀メッセージ

 こんな話もありますね。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

七夕(7/7)

 今日は七夕。やるべき仕事があったので、今日は結構がんばった。

 七夕ということだが、個人的にはあまりいい思い出はない。七夕の思い出と言えば、小学生時代に必ず作らされた星や七夕をイメージした工作した思い出せない。自分はとにかく図画工作が苦手だった。机に向かってする教科よりも、いわゆる実技系の科目が自分はものすごく苦手だったのだが、中でも図画工作はいやだった。

 とにかく、発想が浮かばないし、それを表現する技術もなかった。子供なりに何とかしようという思いもなかった。ただただ、そこから逃げたいと思っていただけだった。だから図画工作の授業、中学生になってからは美術の授業はどうしようもなく嫌だった。

 七夕の時には、その下手くそな作品が全校生徒の作品に混じって、体育館の上に吊されて七夕集会というのがあったことを覚えている。とにかく、自分の作品を見るのが嫌だった。きっと、先生方はそのためにいろいろな準備をしてくれていたことなのだろうと思うが、当時の自分はそれはそれは嫌なものだという思いしかなかった。子供というのはそういうものなのだろう。考え方も幼稚だった。その目的や、その準備にたくさんの人が労力をかけていることになんて、全く思いが至らなかった。

 今、息子が通っている小学校にはそんな習慣はないようだが、息子も図画工作は嫌いなのだろうか。過去の作品を見ている限り、こういうところはうまいこと遺伝してしまって、決してうまいとはいえないがどうだろう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

時間への観念と悲願と(7/6)

 今日も暑い中ではあったが、外に出かける仕事だったので、車に乗せてもらって出かける。

 氷見の方まで行くので、午前中から出かけて、先方を訪問したのが午後1時。自分が中心の訪問ではないので、そんなに緊張はしないのだが、思いのほか、訪問時間が長かった。予定では1時間程度を予定していたのだが、結局、そこを20分くらいオーバーしてしまっただろうか。あまり、話がはずんでいる様子でもないのだが。。。

 そのため、次の訪問先にも当然だがら20分近く遅れて訪問という結果になってしまった。そこでは、少し話を短くして切り上げるのかと思いきやそういうわけでもなく。

 話自体はまずまず勉強になることもたくさんあったのだが、いかんせん、スムーズに進まない展開にちょっといらいらした感じになります。

 いやいや暑いのによくありません。

 ところで、今日の夜中に(正式には、翌日の未明になるが)、平昌(ピョンチャン)でのオリンピック開催が決まった。3回目の挑戦。知り合いに関係者もいるので、本当におめでとうと言いたい。

 日本だと、これで東京オリンピックが不利になったとネガティブな報道ばかりになってしまうのが、とても残念だ。東京がオリンピックの開催地に立候補という場合でも、ネガティブな報道が目に付く。

 確かに言われるような一部しか効果が行き渡らないとか、うるさいだけだとか迷惑だとかそんな考え方もあるが、こういうものは成し遂げた時の効果の大きさ、歴史として残る効果というものにも、少しは目を向けてほしいと思う。正直、自分もつい最近まではそんな風に考えていたけれど、全てが内向けに考えてしまう現在の日本の状況はあまりいいとは思えない。

 もう少し外に対してアピールしていくことも考えないと、外国人が離れて行くばかりだし、小さく縮こまるばかりだ。日本全体が一つの方向を向く必要はないが、外にも目を向けないとね。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大臣の評価(7/5)

 「助けない」発言などで騒がれた松本復興大臣がもう自ら辞めてしまった。

 態度は確かに日本の一般的な尺度で見れば悪かっただろうが、そんなに問題にすべきことだろうか、というのが個人的な感想。

 相手の宮城県知事はあきれていたのか、笑っていたしね。

 まだ彼は何もやっていなかった。確かに一般的には嫌われるタイプだろうが、基本的に細かいことは言わなさそうだし、部下から見たら割と評判はよかったようだ。

 環境相時代には昨年のCOP10を取り仕切ったそうだ。その辺のまとめる力はかなりあったのではないか。だから、個人的には期待していた。

 でも、辞めてしまったから、もうその人の実力がわからない。

 意見が合わないと思っていた橋下知事も辞める必要がないと言っていて、図らずも意見が合ってしまった。

 発言の責任をとって辞める大臣がこれまでもたくさんいたけれど、そんなに大臣という職は軽いものなのだろうか。国会の審議を進めるために辞めると言うことがよくあるのだが、こんなので国会が止まるのはもう前時代的だから辞めてほしいと思う。

 たった一つの発言、失言よりも、実績で評価すればいい。

 いつになったら、復興が進んでいくのか。
そもそも本気で進めようという人がいないんじゃないか?

 今が手を挙げるチャンスなのに。

 今のままでは、実際に菅首相が代わっても、その後任が誰であれ、進められないんじゃないか。だから、辞めさせないのではないか。外野で文句ばかり言っていた方が楽だから?

 決して、自分がやる。と言う人は出てこない。こんな状態なら、実力はなくても、自分がやると手を上げてくれる人の方が事は進むんじゃないか?

 この際、誰でもいい。メンツも捨てろ。政党とか派閥にとらわれるな。やる気があって、事を進める人間なら誰でもいい。

 そして、我々もそんなに期待しない方がいい。今の状態が、我々の代表者。つまり、代表している者があの有様なんだから、自分達は推して知るべし。我々の代表者に急にすごい人は現れない。

 辞めろ、辞めろと言う前にきちんとやらせてみないか。

 自分で辞めると思わせる発言をした我が国の首相みたいな人はすぐに辞めるべきだけどね。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

昼休み(7/4)


 7月に入って、職場の昼休みが1時からに変更になった。正確には先週の金曜から始まったのだが、その日は出張していたので、自分にとっては今日が初めて体験する日。

 どんなものだろうか、腹は持つのだろうか、とそれだけを気にしてこの日を待っていた。

 実際には、12時のチャイムが鳴らないと全然12時を過ぎたことには気付かなかった。時計を見て気が付いたときには12時15分を回っていた。珍しく?仕事に集中していたようだ。

 まあ、ここまではよかったのだが、12時半を回ったあたりから空腹を感じるようになった。それとともに、体もちょっと疲れを感じるようになった。

 そうなると集中力が続かない。やっていた仕事がちょっと続かなくなったので、別の簡単な仕事に切り替える。慣れればこんなやり方もいいかもしれない。

 お昼前に、簡単な仕事の方に切り替えてお休みモードへ。そして、午後はすぐにフル回転。

 と行ければよかったが、さすがにすぐにフル回転とは行かず。でも、2ヶ月間だけなので何とかなりそうです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対ジェフユナイテッド千葉(7/3)

 今日もホームでの試合。ウォーキングの後で疲れてはいたが、何とか試合開始には間に合った。先発は苔口と黒部の実績系の選手を下げて、木本と森を入れたスタメン。

 ジェフの方はさすがに伝統あるチームだけあってサポーターの数も多い。ホームチームよりもゴール裏は多かったかもしれない。

 さて、試合内容はというと、ここ数試合同様に前半はいい内容。さらに言えば、いい内容が大体20分くらいで終わっていたものが、今日は前半いっぱい続いた。前半は相手にほとんどシュートを打たせなかったと言ってもいい。今期一番の出来。

 後半開始直前に稲妻が光り、雨が降り出した。選手も一度グラウンドに出てきたが、落雷の危険があるため、開始が見合わせられる。その間はかなり激しい雨。それでもサポーターはコールを繰り返す。落雷の危険があるからと促されて、2階席の軒下に移動したが、それでもコールを続ける。

 そうしているうちに、雨は上がった。かなり降ったが、グラウンドのピッチには全く水が浮いていない。すばらしいピッチだと思う。

 さて、約35分遅れで後半開始。早々にジェフの現在得点王、深井のスーパーゴールで失点。その後も、攻め込もうとするが、なかなかボールをキープすることはできず、さらにオーロイにヘディングを決められて失点。

 カターレも必死に攻めてだんだんいい流れにもなっていたが、ゴールには至らず。決定的なシュートもなかなか打てない。交代選手も入ってきたが、ぎりぎりでジェフのDFにはじかれる。

 今日もこのまま終わるのかと思っていたが、終了間際にFWの位置に入った平野がいい位置で相手DFに競り勝って、ゴール前でフリーになっていた黒部にパス。それを難なく決めて1点差に。

 しかしながら、その後、まもなく終了のホイッスルで試合は終了。相手が強かったということで、ある程度納得はできる試合じゃなかったかと思う。雨で涼しくなったせいか、そんなにばてているように見える選手もいなかったし。

 富山サポ。


 ジェフサポ。意外と多い。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

立山まるごとウォーク(7/3)


 「立山まるごとウォーク」というウォーキングのイベントに、家族全員で参加してきた。

 再来週に息子の立山登山があることもあり、その練習も兼ねて長い距離を歩くという観点から参加。会場には本当に全国からの参加者(年齢層は高い)が大勢いて驚いた。5km、13km、22kmの3つのコースがあったが、自分たちは真ん中の13kmのコースに参加。

 会場の極楽坂スキー場を出発。まずは隣の隣のスキー場である。粟巣野スキー場に向かって出発。そこまでも結構だらだとした上りが続いて、息子はちょっと大人の速さには着いていけず、ゆっくりと歩く。

 粟巣野スキー場に着いたところで、そこからスキー場を登っていくような形になり、百間滑という川が流れて涼しい場所までひたすら階段を登る。階段も結構急なのだが、何とか到着。その時点で既に汗だくになっている。





 次は、来た道を降りて、隣のスキー場であるらいちょうバレースキー場に向かう。そこはゴンドラに乗って山頂まで行き、そこから少し歩いて「希望の鐘」があるところまで歩く。途中でガスがかかってきて全然周りが見えない状態に。



 結局、そのままゴンドラに乗って戻ってきた。ただ、山の上ではジップラインという新しいアトラクションをやっていて楽しそうだった。

 その後、下りの単調な道をひたすら歩く。富山地方鉄道の線路を本宮駅のところでまたいで、しばらく歩くと22kmのコースと合流。もう、かなりの人が22kmコースから合流してきている。小見小学校にはちょうど12時頃に到着。そこで昼食。



 しばし休んだ後、また歩き始める。有峰口の駅を超えて、橋を渡り常願寺川の右岸に渡ると今度は上りの道。車道の横をひたすら歩く。

 はるか向こうに見える立山大橋まで歩きます。


 しばらく歩くと立山博物館があるあたりの集落に出た。そこを脇に入って立山博物館の敷地を歩いていく。古い建物があったので、そこでしばし休憩。

 さて、ここからはあと2kmくらい。もう少し。かなり高いアーチ型の立山大橋を渡ってからの上りがきつい。車道には登坂車線がある道を1kmくらい歩いてようやくゴールが見えてきた。

 立山大橋。




 そして、2時少し前に無事出発地点に到着。汗だくで疲れました。息子もゆっくりでしたが、よく歩きました。これなら立山登山も何とかいけるでしょう。

 ゴールです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(7/2)


 昨日の酒は残っていないが、ちょっとしんどい一日。

 午後に電気屋を回って、いろいろ見ていた。androidタブレット端末もいろいろ出ている。その中で、JoshinでNECのLife touch noteを売っているのを見つけた。

 触れ込みは、モバイルギアの最新版。かつてモバイルギアを使って、韓国で日記を打ったりしていた私にとってはとても魅力的な製品。今回は見送ったが、多分来週買うでしょう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
23位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク