FC2ブログ

カターレ富山対水戸ホーリーホック(7/23)

 試合にはぎりぎりの到着になってしまいました。昼は岩瀬のアラキで初のホルモン中華。そして、午後は実家に届け物をして、それから、試合に向かいました。

 結論から言うと、最高の試合になりました。これまでアディショナルタイムでやられることは数多くあったけれど、逆はほとんどなし。あってもアウェイでの試合ばかりだったようで。

 さて、試合の方は前半からテンポよく攻撃ができていた。これはここ数試合と同様。でも、ちゃんとシュートまで行けているのはいい。前半、終了間際に危ない場面もあったが、何とか乗り切った。

 後半に入っても流れはよかったが、相手GKの本間が負傷交代したあたりから、徐々に運動量が落ちてきて、相手にボールを持たれる展開に。苔口が足を痛めたところから、選手交代が行われ、ヨンドク、黒部、甲斐と投入。

 甲斐が入ると不思議と攻撃のスイッチが入る。そこから何度も攻め込む展開に。気がつけばDFの福田までFWの位置に張り付かせるスクランブル態勢。ただ、これは後からの情報では福田が足を痛めたために、前線にいたようだ。

 そして、迎えたアディショナルタイム。前線に残っていた福田のヘディングゴール。この時間に勝利につながるゴールが決まるってことはなかなかない。とにかく、会場の盛り上がりは最高潮。

 しかし、今日はこれで終わらなかった。あれ、まだ福田が前線にいて大丈夫か?と思っていたところ、甲斐が抜け出して2点目のゴールでだめ押し。そして、ほどなく終了のホイッスルが。いい展開でした。後から映像を見ると、福田が最後のアシストも決めてました。すごい。

 とにかく、本当によかった。カターレの試合はこれでもう4年目に入りますが、とにかく、これだけの試合を見られたのは初めてかもしれません。いや、今までにもいい試合はたくさんありましたが。

 それから、今日の観客は、3千人超え。水戸という相手で3千人を超えたというのは、やはりなでしこジャパンの世界一効果もあったのではと思います。とにかく、今、カターレに風が吹いてきています。今日の試合を見た人はまた来たいと思うでしょう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年 
 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
44位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク