CD購入(8/30)

 今日は少し暑かったが、昼休みに外を歩く。火曜日で紀伊国屋書店でCDを購入するとポイントが2倍なので、少し遠回りして欲しいCDを買いに行った。

 今は欲しいのが重なってるのだが、ライムスターの「フラッシュバック、夏」を目的に行った。CDは発売から結構経っていたにもかかわらず、初回限定版を買うことができた。人気ないのか?

 それから、もしかして、と思いながら探してみた映画「モテキ」のCD。発売日の前日だが、大体前日に店頭に並ぶので期待して探したらあった!

 CD自体は映画のサントラではなく、J-POPの名曲のオムニバス版のような感じで、かといって、メジャーな曲はあまりなく。でも、自分が買いたいと思ったのは橘いずみの「失格」が入っているから。

 自分にとっての名曲なのだが、この曲がこんな形でドラマや映画に使われるのは初めてじゃないだろうか。

 映画は多分見ない(すいません)だろうが、どんなシーンで使われるのかはちょっと気になる。もっと言えば、この曲を映画の中ではフラワーカンパニーズがカバーしてくれるというので、それが今から楽しみ。

 ちなみに、カバー版の発売は9月20日前後だったと思う。これも買いたい。

 また、これは映画だが、テレビ東京でのドラマの時には「永遠のパズル」が使われていたそうで、それも実は見たかったりする。

 今は,結婚して榊いずみとして,先日CDも出されましたが、最近また彼女の情報に接するようになり、楽しんでます。そのCDも買いたいな。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(8/29)

 今日はずっと懸案となっていた仕事の一つの大きなヤマとなる会議。何だか自分にとってはややこしい話を長時間しないといけない。

 さすがに自信がなかったので、昨日のうちに資料を持って帰ってきて、今朝家で少しだけ勉強を。

 で、会議の本番。早々に自分の出番が来て、結局50分近く話しただろうか。自分では一つ一つ丁寧に話したつもり。質問攻めに合うつもりで来たが、覚悟していたほどは来ずに終了した。

 午前中はそれで疲れてしまったのだが、午後は外での仕事。でも、疲れていたので、その方がまだよかった。

 ただ、夜になってまたちょっと難しい話が出てきてまたそれを理解するのに苦労する。結局、9時近くまで職場にいてそれから帰宅。なかなか終わりません。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対FC東京(8/28)

 今日は夕方にカターレの試合。
 1万人を集めようということで、いろんなイベントが行われるので、今日はバスで行くことに。それでまずは富山駅へ向かった。

 富山駅に着くといつでもなくバス待ちの長蛇の列ができていた。これはすごいぞ、と思いながら待っていると、どうやらこの並んでいる人達のほとんどがFC東京サポーターであることが何となく分かってきた。ユニフォームを着ている人も多い。

 カターレのユニフォームを着ている人が少ないので、対抗して自分もここから着てみた。15分ほど待ってバスに乗車することができた。場合によっては立ったままにもなるところだったが、何とか席は確保。すると隣に座ったFC東京サポの人から「帰りのバスはたくさんでますか。」と話しかけられた。

 話を聞いてみると岐阜に行った時にバスが全然なくてひどい目にあったのだとか。これだけたくさん乗る人がいるので、帰りもそれだけ考えてバスが手配されると思いますよ、とは答えたが正直なところ希望的観測でしかなかった。でも、実際にもちゃんと多くのバスが帰りに待ってくれていた。地鉄バスさん、ありがとう。

 さて、競技場までの30分ほどはそのFC東京サポさんとサッカー談義をして、会場へ。なかなか楽しい時間でした。

 で、試合前のイベント。富山県内の全市町村の食べ物が出店していて、場所には今まで見たことのないくらいに人が集まっていた。自分の目当てだった大門素麺は何とか食べることができたが、入善ブラウンラーメンは既に売り切れていた。

 さて、試合の方。確かに客はかなり入っていて、もしかしたら1万人も?という感じ。(結果的には8千人台でした)試合が始まっても、かなり押し込まれるかとは思ったが、そんなでもなく、前半のうちに見事なパスワークで黒部が決めて先制。

 後半はさすがに押し込まれたが、それでも全員が体を張って守り、GK飯田もビッグセーブを決めて、見事な勝利。美しい勝利でした。今まで見た中でもベストゲームに入ると思います。

 FC東京サポ。頑張って1年でJ1に戻って下さい。


 試合終了後。花火を見ている人が多いですが、選手たちはゴール裏で挨拶しています。


(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

韓流のメッカ、フジテレビに来ましたよ。といろんな批判の意味を込めてみる。


スカイツリーの下に来ました。雲がかかって上が見えません。


東京に来ました(8/26)

 今日と明日は息子と二人で東京へ。自分は休暇を取っての純粋な旅行です。

 朝、自転車に乗って富山駅に行き、電車を待つ。待っている間に雨が激しく降り出し、豪雨になった。助かった。先日のように特急が止まることがないようにと思っていたが、それは何とか大丈夫だった。

 着いたら、上野動物園に行こうと思っていたので、上野で降りようとしたが、乗った新幹線が東京駅直行のもの。東京駅から山手線で戻ればいいのだが、すんなり行くのも何だと思って、秋葉原で降りて上野まで歩いてみる。電気街を歩き、ちょっと行けばもう松坂屋が見えてくる。そして、アメ横へ。ちょうどコインロッカーを見つけたので、そこに荷物を預けて上野動物園に向かった。

 動物園に入ると、すぐに目玉のパンダを見るための列が。15分ほど並んでいよいよご対面となった。

 パンダを見る前に、パンダの説明。


 そして、初の生パンダ。



 もう一つ、パンダ。


 あとは写真のみで行きます。まずは、フクロウ。


 これは名前忘れました。


 百獣の王です。


 虎もいます。


 ゴリラ!


 もういっちょ。


 ゾウ。迫力です。


 アメリカバイソン。これも大きかった。


 ペンギン。


 蛇もいます。


 とにかく、いろんな動物がいるのに驚いた。動物だけでなく、は虫類や両生類を展示するところもあり、このほかにも基本的な動物はすべていたように思った。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

休暇に備えて(8/25)

 明日、休暇を取り、息子を連れて東京に行く予定なので、それを前提に事を進める。正直言うと、忙しくて明日休むのも逆にしんどいのだが、ここまで何とか調整してきたものだから。

 予報どおり、午後にものすごい豪雨になり、急遽設定された打合せは時間をずらしてもらう。そして、無事に打合せも終了して帰ってきたのだが。。。

 ある問題が発覚して、右往左往。あげくは明日、もう一度打合せをと言われて困ったところ。内部の調整を何とか済ませたものの、夕方になって、先方と電話では連絡が取れなくなってしまったのだが、修正案をアポなしで直接持参。もうその建物に入ることもできなくて困っていたのだが、中からたまたま出てきた人がいて、話をして中に入らせてもらう。

 何とか形だけは整えた。明日、いい返事が来るのを待つだけだ。あとは任せた。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

山場を控えて(8/24)


 来週の仕事の山場を控えて、今日はその資料の最終調整。課内説明は思ったよりもあっさりと終わってちょっと一段落。

 だが、最後にちょっと横やりが入って一苦労。ただ、そこも何とか乗り切って今日は終了。少し気持ちが楽になった。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今日も研修(8/23)


 朝どうしてもやっておきたかった仕事があって、少し仕事を片付けてから研修に向かう。研修は昨日と同じような感じでこれまた疲れた。

 でも、残り仕事は片付けなければならない。そんなわけで、ちょっと遅くまで残ってその対応。ぐったり。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

研修(8/22)

 仕事がいろいろと立て込んできているのだが、今日、明日と予定されていた研修。この時期にこんなに忙しくなるとは思っていなかった。

 ロールプレイングが結構しんどくて、疲れました。研修終わってから仕事。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

学校に泊まる2日目(8/21)

 あまり眠れないまま迎えた2日目。朝から恒例の流し素麺を食べて、朝食は完了。午前中は昨日作ったペットボトルロケットをとばす。

 息子の作ったロケットは方向が悪かったのか、ほとんど飛ばなかったが、すごいものだと60m以上飛ぶものもあり、驚いた。簡単に作っただけのものにしてはなかなかだった。

 その後、自分のテントを片付け、それから学校のテントを片付け、掃除をし、午前中で解散。ほとんど眠っていなかったので、昼食後はぐったり眠り、夕方まで起きなかった。ははは。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

学校に泊まる(8/20)

 今日は、息子の希望で小学校のグラウンドにテントを張って泊まるPTAの行事に参加。これには、これで3年連続の参加。テントを使うのもこれで3回目。自らキャンプに出かけることはないが、このためにテントを買って使っている。天気は小雨交じりだったが、何とか外にテントを張れないことはないグラウンド状態で、外に建てた。

 今日の工作はペットボトルロケットだったが、自分はそれには参加せず、翌朝の朝食となる流し素麺を流す竹を切る作業を手伝っていた。切る方はベテランに任せて自分は節の部分を取ったり、磨いたりという作業。こんな感じでいいのかと思うこともあったが、まあそれなりで作業は終了した。

 その後は、調理作業に参加し、結局、最後は炭で串焼きを焼く係に。いつもながら、煙が目にしみる。

 夕方になり、少し雨も降り出したが、夕食タイム。毎年カレーだが、大きな寸胴鍋で作ったカレーはうまい。ちょうど同じ班になった親子はある縁があって富山に来て、別に富山に居続ける必要もなかったようだが、そのまま富山に住んでいるという方。結構な技術の持ち主のようで、その出身大学の話なんかはとても面白かった。富山にもこんな人がいるんだ。

 夜の最後は肝試し。それも今年初めて手伝うことになったが、まあまあ怖がらせることはできたかな。

 夜には雨が降り出し、雨が屋根をたたく音がうるさいテントの中でなかなか眠りにつけず。果たして眠ったのか眠っていないのか分からない状態で、朝を迎えた。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(8/19)

韓国ネタでお茶を濁します。

グーグルがモトローラ買収 韓国業界への影響は

「桃」の売り上げが「スイカ」を上回る

北韓船舶が北方限界線侵犯 1日に3隻

雨多く気温低い 夏の猛暑はもう終わりか

「子どもは必要ではない」 20代の価値観に変化

朴智星 マンチェスター・ユナイテッドと契約延長

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

歓迎会、なぜか飲み過ぎ(8/18)

 8月から係にやってきた若手君のために、ようやく開催できた歓迎会。なぜか、名古屋系の店での開催。自分にとっては嬉しいが、ごめんなさい。これから、いくらでも富山のうまいものは食えるでしょうから。

 さて、普通に飲んでいたのだが、なぜかいつもよりも余計に何故か呂律が回らない。もう年なのか、だとしたら、ちょっと危険なのか。いつもどおり、生ビールを中心に飲んでいたのになぜだろう。結局、家に帰る頃には、ちょっとまずい感じだったので、いつもなら歩く距離をタクシーに乗って帰った。

 うーん、弱くなったのかなあ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

体重が増える一方(8/17)

 夏なのに、というか夏だからということらしいが、体重が増えつつある。そんなに食べている意識はないが、何だかんだ言って、飲み物を多く飲んでいるからだろう。夏ばてしないようにと、ご飯の量を減らしてもいない。

 でも、まずいよなあ。大台を超えそうな状態、というか時折超えているし。いかんいかん。また走らないと。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

まだお盆かな(8/16)

 まだ世間的にはお盆なのか通勤の道にも人は少ない。その中を歩いて出勤するが、何となく、職場についてもあまり集中できず。

 とはいえ、いろいろとやらないといけないこともある。頑張ろう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

息子の誕生日(8/15)

 今日は息子の誕生日、ということもあり、休暇を取った。午前中は、とりあえず、高校野球の観戦。新湊高校は初戦に続いて粘っていたが、ミスが先に出たこともあり、最後は大量失点で負けてしまった。今年は高校野球で久しぶりに、地元の学校の試合を真剣に見たが、なかなか面白かった。試合展開が面白かったこともあるだろう。富山県民にとっては、新湊高校と言えば、何かやってくれそうな雰囲気がある不思議な高校である。決して強豪校というわけではないのだが、不思議である。これが伝統というものか。

 昼からは息子のお祝いもあり、外食して、実家に行ってケーキを食べてから、お墓参り。その後は帰ってくる途中に息子への誕生日プレゼントのDSを購入。ついに、という感じだ。

 もう10才。あの10代である。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

芝政、その後カターレの試合(8/14)


 息子のリクエストで、福井にある芝政に行ってきた。今の時期はプールがメインで、富山県でも宣伝をばんばんやっているので、息子が行きたくなったようだ。

 昨日もプールに行っているので、2日連続。昨日で結構疲れていたのだが、何とか頑張って行ってきた。

 富山市内からだと高速道路に乗れば、休憩なしで2時間かからないくらいで到着する。ほぼ開場直後に行ったのだが、すでにかなり車が並んでいた。

 富山方面よりも京都・大阪方面からの客の方が多そうだった。車をみても、大阪方面のナンバーだったり、名古屋方面のナンバーが多い。

 中に入ると大きな更衣室にずらっと並んだコインロッカー。規模の大きさに圧倒される。
 とりあえず着替えて、あとはプールへ流れるプールに波のあるプール。そして大小様々の滑り台、スライダー。
 大きなスライダーはかなり列ができていたので、小さな滑り台を何度も息子は滑っていたが、それで満足したようだった。

 結局、昼食を挟んで3時過ぎまでそこにいた。帰りもほぼ同じ道を挟んで富山に帰ってきた。

 今日はカターレの試合でもあったので、家族全員で直接県総へ。家族で来たので、今日はメインの方に座った。結構、入りもよくて割と席が埋まっており、かなり上の方に上がらなければ3人分の席を確保できない状態だった。

 ただ、これが正解で、試合が始まると途中からものすごい雨に。雷が鳴れば間違いなく中断になるだろうと言うような雨だったが、幸いそれはなく試合は進んでいった。それにしても県総の芝は手入れがよくて、あれだけ降っても全然水が浮くことがない。

 さて、試合の方は前半からいいペースで、10分過ぎに黒部のゴールで先制。結構、いい流れで進んでいたが、前半のうちにオウンゴールで追いつかれる。これは不運だった。

 後半に入ってもいい流れでゲームは進むが残念ながら点だけが入らない。するとサッカーの神様はそっぽを向いてしまい、終了間際に札幌にゴールをプレゼント。痛い敗戦となってしまった。

 とにかく、いい流れだったのだが、これで勝ち点を取れないというのは現在のチームの順位にも現れていると思う。決める人なり、崩してくれる人がいれば全然違うのだが。もうそういう助っ人を取ってもいい時期ではないだろうか。今年でいえば愛媛の斉藤だったり、かつての水戸の高崎でもいいし、そういうJ1で埋もれている有望な若手を取ってもいいのでは、と思う。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

太閤山ランドのプール(8/13)


 今日は妻が仕事で自分が息子の相手をする日。息子の希望で太閤山ランドのプールに行くことになった。有名な場所だが、実際に行くのは初めてということになる。プール以外の公園には何度も行ったことがあるが、プールの時期は全く行こうという考えがなかった。自分がそもそも泳ぎが苦手と言うこともあり。。。

 実際に行ってみると、入口で結構並んでいて、かなり人が入っている様子。

 中に入って、着替えて、まずは流れるプールでひたすら息子と遊ぶ。さすがにしばらくすると飽きてくるので、今度は波のプールへ。
 この波が結構激しくて、浅い場所だと波で完全に体が持って行かれる。波の力というのは恐ろしいものだ。津波を想像してしまった。

 結局、そこは1時頃までいて、後にする。その後、買い物をして晩飯を作って一日を終える。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

終了、お盆モードへ(8/12)


 何だか世間はかなりお盆モード。自分も仕事中の集中力が普段よりもかなり落ちる。会話も少なめ。

 結局、何事もなく業務は終了し、お盆へ。月曜は休みます。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

どきどきしながらの説明(8/11)


 今日は、仕事で、自分の課と別の課とで説明をする機会があった。この仕事には、かれこれもう1年近く関わっているが、ようやく少しわかるようになってきて、何とか説明はできるのだが、相手がどう出るかが全くわからない。

 いろいろな課題を出されるのではないか、思わぬところで突っ込まれるのではないか、など思いを巡らせていた。

 結果から言えば、大きな問題はなかった。説明がよかったのかどうかはわからないが、別の課だから遠慮してくれたこともあるのだろう。とにかく助かった。

 でも、自分だけが苦労しているわけではない。助けられてもいる。頑張ろう。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

新湊高校(8/10)


 今日は一日、休暇を取った。夏休みの企画として申し込んであった職業体験ができる専門学校へ息子と一緒に出かけた。

 場所は富山国際大学の近く。そこへは行ったことがなく、時間にしたら1時間くらいはかかるのかと思っていたのだが、思いのほか近くて30分ほどで到着した。

 いろいろな大工の体験が出来るという話ではあったのだが、さすがに工具をいろいろ使うのは難しいようで、ほぼ完成に近く加工されていたパーツを組み立てるというもの、そして、かんながけの体験だった。息子はどう思ったのだろうか。削った鉋屑を組み立てた筆箱に入れて持ち帰る。説明も含めて2時間弱で終了。

 午後は、実家に行って、高校野球を見る。地元の新湊高校が出場するちょうどいいタイミング。試合はずっと新湊高校がピンチの連続だったが、何とか投手が抑えて、相手にとってはなかなか嫌な展開に。

 相手投手もなかなかいい投手だったが、だんだん慣れて来たのか打てるようになり、6回表に先制。その裏にホームランで追いつかれたものの8回、9回と追加点を奪って、そのまま逃げ切り。

 運も味方してくれた感もあり、相手には結局1点を取られただけ。最後のタッチアップに対するアピールプレイはどうだったのかは分からないけれど、あのヒット性の当たりを取っただけで十分でしょう。

 久しぶりに楽しい高校野球でした。新湊高校は、そんなにしょっちゅう出場する高校ではないですが、かつての選抜ベスト4の快進撃が富山県民にはいまだにいい思い出として残っており、期待を抱かせてくれます。今日はそんな勝利でもありました。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

筋肉痛(8/9)


 一昨日、災害ボランティアに行った疲れがようやく出てきたようだ。筋肉痛がひどい。全身を使っての力仕事だったので、肩こりやら背中の痛みやら足の疲れやら。

 もう若くはないので、疲れが出るのも遅くなってきたようです。とほほ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

久しぶりの韓国話(8/8)


 今日の夕方に大勢の人が集まる研修があり、終わった後にその懇親会。

 その終わり際、久しぶりに韓国話が出来る人と話をした。最近のK-POPの話やら県内の韓国料理店の話など。

 マニアックなことを言っても大体分かってくれる相手なので、助かります。5分ほどしか話しませんでしたが、楽しかったです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

初めての災害ボランティア(8/7)


 今日は先日の新潟県三条市の水害ボランティアに参加する。そのために昨日は燕三条駅のホテルに泊まり、予定どおり起きて受付開場である福祉会館に向かった。

 来る前に何となくyahoo mapで調べて、弥彦線の北三条駅からでも歩けないことはないなと思い、1駅だけ乗って、会場まで歩く。

 災害の跡が残る川を越えてかなり歩き、気が付けば三条駅にたどり着いた。実は、ここにたどり着く予定ではなかったのだが、そんなに外れてはいない。

 でも、そこからはもう近いと思っていたのだが、実はそこからでも1km以上あった。荷物として、長靴も抱えながらの歩き。受付会場には何とか時間には間に合ったが、すっかり汗だくに。

 その集合場所には既にかなりの人が集まっていて、もう現場に向かってバスに乗っていく人たちもいる。自分は受付を済ませて、とりあえず、仕事が来るのを待つ。

 ボランティアセンターの人が何名お願いします、何名お願いします、と次々に呼びかける。何となく気後れしていたが、待っていても仕方がないので、8名お願いします、の時に手を挙げて集まった。

 その中で経験のある人がリーダーになって現場に向かう。年齢も様々の8人だった。現場はその受付場所からもかなり遠く車で20分くらいは走っただろうか。里山の麓のような集落にたどり着き、そこでの作業となった。

 作業内容は庭にたまった泥出し。そこを流れている小さな川(用水?)が氾濫したそうだ。その地域全体が水に浸かったようで、各家にボランテイアが入っている模様。自分が行ったところは、家の裏庭の部分で、そこにあったという池も完全に泥で覆われてしまっていて、そこが池だと言われなければ全くわからないほどだった。

 作業が始まった。スコップで泥をすくって土嚢に入れて、集積場所に運ぶという作業。やり方としては土嚢をバケツにかぶせておき、そこに泥をどんどん入れて一杯になったら紐で縛って運び出すという作業。暑い時期でもあり、結構大変。30分もすれば、休憩しないと続かない。とにかく、無理をせずに休みながらでも継続することが大事だとわかった。

 午前中の作業を終えて、その8人のボランティアが集まって昼食。話を聞いているといろんなところから集まっていることがわかる。新潟県内の人、愛知県から来た人、そして震災の時にお世話になったからと岩手県から駆けつけた人まで。

 その岩手県からの人は農家の人で、見ていても作業量がとにかく多い。自分なんかの倍くらい働いていたんじゃないかと思う。何でも今朝(といっても夜中だと思うが)、岩手を出発して、今日と明日、ボランティアをして帰るのだとか。本当に頭が下がる。

 午後も同じ作業を3時くらいまでして今日の作業は終了。なかなかうまくできなかったが、何となく仕組みはわかったような気がする。疲れはしたが、またやってもいいと思えるような充実感だった。

 ニュースや仕事なんかでは、ボランティア何人と簡単に言うが、それぞれが大変な作業をしているのだろうと理解できた。自分は今日一日だけだったけれど、継続されている方もいる。その苦労と志は大変なものだ。

 ただただ、その一人一人の強い思いを考えながら、これからこうしたニュースを聞くことができるかもしれない。。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

日本海に沈む夕日がきれいです。In特急はくたか。今限定。


サッカーのダブルヘッダー(8/6)

 今日は新潟のビッグスワンに行ってなでしこリーグとJリーグをはしごしようと計画。かつ、交通手段は青春18切符と決める。
 予定では朝6時24分発の電車に乗ることにしていたのだが、いきなりその電車に乗り遅れた。家でもたもたしていたのがいけなかった。

 そこで、気を取り直して次の電車に乗車。ただこの電車だと直江津まで行かないので、途中の滑川駅で次の電車を待って乗り換える。
 糸魚川駅で長く停車するので、少々駅前観光。よく通過はしているが、実際に下車するのは初めてだ。駅から5分ほど歩けばもう日本海に到着しそうだったので、歩いて日本海まで。ちょっと展望台のようなものもあったので、そこから日本海を眺める。

 先日の豪雨の影響か、少々濁っている。



 糸魚川駅。電話出発直前に気が着いたが、駅の横の観光案内もする公共施設にfreespotがあったようだ。



 大糸線の一両編成の列車。



 電車は直江津まで行き、そこで少々次の電車を待ち、快速くびき野に乗り換える。快速とは言え、車両は旧型の特急車両を使用しているのでなかなか快適。乗っている人も多い。



 これに乗ればそのまま新潟まで行ってくれるのだが、ちょっと目的があって、東三条駅で降りる。ここで乗ったことがないローカル線の弥彦線に乗ってみようという魂胆だ。



 ここでも乗換時間があったので、カレーラーメンののぼりが上がっていた駅前の店でカレーラーメンを食べる。



 出てくるまでかなり待たされて、結構ぎりぎりになりそうだったので、慌てて食べた。おかげで口の中の皮が剥けてしまった。
 何とか弥彦線には乗ることができて、出発。あまり人も乗っていないかと思いきや、そこそこ乗っている。

 よく考えたら、燕三条という新幹線が泊まる駅がある。今日泊まるのも新潟市内がとれなくてここに帰ってくることになっているのだが、まずここで結構乗降があった。東京方面に向かう人もいるような感じだった。

 さらには、吉田駅という越後線との乗換駅もある。ここは新潟方面への乗り換え。ここでかなりの人が降りた。

 さすがにここを過ぎればかなり乗っている人も少なくなったのだが、終点の弥彦駅に着くと駅員もいる立派な駅だった。途中の道路にも立派な鳥居が見えた弥彦神社という神社がある。駅舎も神社を模したような形。



 私は弥彦神社をよく知らなかったが、かなり立派な神社のようだ。電車が折り返すまで30分ちょっと。神社までは10~15分ということで、せっかくなので、神社まで往復してきた。
 神社の前にはいろいろな食堂や大きな宿泊施設もある完全な一大観光地だった。参拝を済ませて駅に戻ってくる。

 鳥居は工事中でした。



 その後、弥彦線で吉田駅まで戻り、そこから越後線に乗って新潟駅に向かった。
 新潟に向かうにつれてどんどん人は乗ってくる。降りる人はほとんどいない。途中新潟大学のあたりで、若者が大挙して乗ってきて、節電の車内はかなり暑くなってきた。乗客はかなり汗だくになりながら、新潟駅に無事到着。

 一旦、荷物をコインロッカーに預けて、ビッグスワン行きのバスに並ぶ。



 かなりの長さに見えたが、バスの方もかなりの台数が走っているので、どんどん列は進み、3時前には乗り込む。

 ビッグスワンの入り口に入るまでにも結構な長蛇の列になっていたが、何とかなでしこリーグの試合開始前には中に入ることができた。席を探している途中で、新潟・福島の豪雨、そして松田直樹氏への黙祷。

 試合はアルビレックス新潟レディース対INAC神戸。マスコミ的には、阪口対澤の世界一ボランチ対決ということになるだろうか。試合内容としては、優勢が予想された神戸だったが、それなりに押し気味に進めるもののなかなか点が入らない。新潟がうまくしのいでいる印象。このまま、新潟は前半を終えることができればいい、と思った矢先に澤に決められてしまった。澤にとっては、ワールドカップ決勝以来のゴールということになる。



 前半はそのまま終わって、今日もINAC有利の展開で終わってしまうのかと思った矢先、後半に入ってスーパーゴールが飛び出す。新潟がコーナーキックからのトリックプレイで、ペナルティエリアの外にいた代表の上尾野辺にパス。これを直接ミドルシュートでゴールに蹴り込んだのだ。

 俄然盛り上がるビッグスワン。その盛り上がりは最高だった。ついに神戸から勝ち点を奪うチームが現れるのか、と期待したが、神戸は強かった。その後の攻撃で澤が2点目のゴール。新潟も必死に守っていたが、澤がうまくコースを狙ったシュートを決めて万事休す。全体的には新潟もかなり頑張っていたとは思うが、残念ながら届かなかった。それでも試合前まで2位だった新潟。なかなか盛り上がった。観衆も2万4千人を超えていたし。

 試合は終了したが、今日はもう1試合ある。日が当たる場所で結構しんどかったので、しばらく日陰に行って水分補給と栄養補給。客であふれています。

 さて、2試合目は新潟対清水。試合は完全に新潟が優勢に試合を進め、徐々に点を決めていく。清水は、ここ2試合のとおり、大量失点。得点の匂いもしないし、どうしたものかという感じ。

 結局、3点目が入って終了の笛を待たずに席を立って、早めに新潟駅に向かった。そこから新幹線で一駅乗って燕三条で今日は一泊。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : なでしこリーグ
ジャンル : スポーツ

一人飲み(8/5)


 昨日の夜からだが、妻と息子が妻の実家である大阪に行ってしまったので、昨日から一人暮らしを謳歌している。今日は帰りに本屋に寄った後、たまに昼に行くラーメン屋に寄ってみた。

 夜に行くのは初めてだったが、夜はラーメンがメインではなく、居酒屋となっていた。いや、むしろこの店は居酒屋だったのかもしれない。たまたま昼にラーメンを出していただけで。

 せっかくなので、居酒屋メニューで生を一杯だけ頼み、締めにラーメンを。すっかりいい気分になった。

 明日は早起きしないといけないのだが、結局だらだらと起きていたな。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

松田直樹氏の死(8/4)

 練習中に倒れて危険な状態が続いていた元サッカー日本代表の松田直樹氏が亡くなった。

 今さら、特別なサポーターではなかった自分が書くことは何もないのだけれど、この選手のことについて、書いておきたい。

 振り返れば、中田英俊と同じ世代で、若い年代からずっと一緒だった。ブラジルを倒したアトランタオリンピック、ベスト8に進んだシドニーオリンピック、そしてワールドカップで初勝ち点、初勝利を挙げてベスト16に進んだ日韓ワールドカップなど。日本の成長の過程には常に松田がいたことになる。

 いろいろなやんちゃなエピソードばかりが取り上げられるけれど、実力がなければ、選ばれないわけだし、Fマリノスを解雇されても、一番自分を必要としてくれたJFLの
チームに移籍したところなどは、体面ではなく本当に自分の価値を活かそうとしたのだと分かる。そして、そのチームがJFLでも一番のサポーターがいるチーム。

 人気は出るだろう。成績よりもサポーターの記憶に残った選手なんだと思う。大騒ぎになったということで、去年のFマリノスの最終戦の後のセレモニーを見る機会があったが、サポーターからの愛され方は、すごかった。チームを離れることを惜しむというだけでなく、サポーターが松田を解雇したチームや監督に対して、激しく抗議していた。

 どれだけ愛されていたかが分かる。もう、戻ってはこないけれど、間違いなく、日本のサッカーの歴史に名を刻んだ選手です。その偉業を称え、ご冥福を祈りたいと思います。

 ありがとう。お疲れさま。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ベガルタ愛に泣く(8/3)

 今日の夜は今月からやってきた新人さんの歓迎会。普通に飲み会ではあるので、まあ、わいわいとやっていた。

 そこで席を移って、隣の係の人のところにいって、話を始めようとしたら、カターレの話になった。何でもまだカターレのファンにはなれないと。学生時代にベガルタサポだったそうで、それをやめる踏ん切りがつかないと。

 こちらから、ベガルタと言えば、伝説の岩本-山田-財前とつないだJ1昇格を決めたゴールとか、と振ってみたら、本当に泣き出して。どんだけ入れ込んでいるんだ、この人は。結構、クールな人かと思っていたのだが。

 ベガルタ話なら自分もそれなりになぜかできるので、それでしばらく盛り上がる。今年の快進撃の話題にも。あの選手たちでどうしてあそこまでできるのか、など。

 こういうサポーターがいるから仙台は強いんだよなあ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
94位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク