FC2ブログ

カターレ富山対サガン鳥栖(天皇杯)(10/10)

 夕方にカターレの天皇杯の試合があったので、それを見に行く。今日は時間的にも余裕があったので、富山駅からのシャトルバスの始発に乗り込む。

 会場に着いてまずは天皇杯のプログラムを購入。これは、出場全チームの出場選手について書かれている選手名鑑で、ああ、この選手は今ここにいるんだと、いろんなことが分かる。シーズン途中の移籍も反映されているので、Jリーグ選手名鑑の完全版と考えてもいい。

 知らなかったところでは、
・元愛媛の監督をしていた手塚さんが福島ユナイテッドの監督
・去年まで現役で今はカターレの広報をしているはずの中田洋平が新庄クラブの選手
・カマタマーレには元福岡の福島や元岡山の喜山もいる
・レノファ山口に、元広島、札幌、湘南の中山元気
・V・ファーレン長崎に元浪速のゴン
・沖縄の海邦銀行SCに元名古屋、FC東京などの喜名が現役で

などなど。見ていると楽しすぎる。

 さらには、電光掲示板では過去の天皇杯の映像が流れ、横浜フリューゲルスの優勝そしてNHKの山本浩さんの実況に泣きそうになる。

 試合前にすっかりおなかいっぱいになったが、試合は予定どおりスタート。相手の鳥栖はレギュラーメンバーは鳥栖に残して控えメンバーでやってきた。が、いきなりこちらのDFの要、福田が負傷。鼻が折れたんじゃないかと思えるほどの出血だった。そして交代で入った江添の調子も悪くあっという間に2失点。これはまずいと思っていたところ、前半の終了間際に朝日が何とか決めてくれて後半へ。

 後半開始早々に舩津がコーナーキックからのヘディングを決めてくれて同点に。ところが、この後でまたも失点し、完全に負けパターンに。相手に退場者が出たものの、ものすごく圧倒できるわけではなくこれは苦しいかなと思っていたところ、最終的には黒部が同点ゴールを決めてくれて、延長戦にもつれ込んだ。

 延長戦ではカターレが押し込んだものの、得点を奪うまでには至らず。最終的にはPK戦でカターレが勝つのだが、個人的にはこんな展開に持ち込んだ鳥栖イレブンを褒め称えたい試合だった。昇格とは関係がないとはいえ、普段出番が少ない選手たち(とはいえ、いい選手が多い)がアピールしようと必死。今年富山から移籍していって鳥栖では出番のないキン・ミョンヒもDFでフル出場。なかなかいい試合でした。

 こんな展開でPK戦にまで持ち込んだなら、人数が少ない方が勝つことが多いと思うが、そうさせなかったカターレ富山もよく頑張った。そこは称えたい。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
43位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク