FC2ブログ

富山大学スマイルフェスティバル(11/6)

 朝から雨の一日となったが、息子が楽しみにしていた富山大学スマイルフェスティバルに出かけた。このイベント、趣旨としては、富山大学の学生(おそらく先生の卵に当たる人)が中心となって企画し、子供向けのいろいろな企画を用意するというもの。去年も行ったが、体育館いっぱいに作られる巨大迷路やお菓子の家作りなど楽しいもので、息子に聞くと今年も行きたいということであり、出かけた。

 会場にはオープンの15分ほど前に到着したが、既に入場待ちの列ができていた。激しい雨も降ってきて少々先が思いやられたが、時間になって無事に中に入る。去年は巨大迷路でかなり待たされたので、まずはそこに妻と息子を向かわせ、自分はお菓子の家作りの整理券をもらいに行く。お菓子の家はまだ1回目も始まっていないが、4サイクル目の12時からの整理券をもらうことができた。人気が高い。

 整理券をもらってからは巨大迷路に合流。すぐに向かったせいかそんなに待たされることもなく、中にはいることができた。迷路は主に段ボールで作られた高い壁でできていて、それも頻繁に屈んで下の方にできている通り道をくぐり抜けていかなければならない。大人よりも子どもの方が動きやすくできている。子どもでも4,5才くらいの子がすいすい歩けるような大きさにできている。そのため、大人がそこを歩いていくのは一苦労だ。少し歩いては屈み、進んだ道が行き止まりならまた同じ道を戻らねばならない。はじめはよかったが、だんだん暑くなってきて、最後の方は汗も出てくるほどだった。

 その後、スポーツ体験を楽しんでから、お菓子の家作りに。学生の指導に従って作っていく。もう、息子はその指導に従って淡々と作るだけなので、そこは任せて、展示されている学生が作った大作を見に行く。今年も高いレベルでできあがっている。作品は5つ。シンデレラなどの昔話を題材にしたお菓子の家。これもこのイベントの名物になっている。
















 作り終わったところで、息子の友達の家から妻の携帯電話が。これから合流するとのことで、食堂で待ち合わせ。息子が一番仲のいい親友なので、息子も楽しそうだ。性格的に合うようだ。ご飯を食べた後は、息子はその友達と遊びに行き、友達の妹とお母さん、そして自分の妻は巨大迷路に向かった。自分はその間、食堂で留守番。実は盛況食堂は無線LANが使えて快適なのだ。

 結局、イベントが終わる4時近くまでいて、今日は終了。楽しい一日でした。もうかなり歴史のあるイベントで20何回目だとか。妻が言っていたが、このイベントに来た子供たちが企画する側に回るということも実際に起こっているのかもしれない。いいイベントです。これからも続いてほしい。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
25位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク