名古屋へ(12/31)

 大学時代の仲間がいつもやっている忘年会に参加するために名古屋へ。難波から近鉄特急で名古屋へ向かう。途中、車窓から外を見るととても穏やかな天気で、雪のない山の様子を見ても完全に秋のような感じだった。




 そして、2時間ほどたまりにたまっていた日記を書いて、名古屋駅に到着。会場である名鉄百貨店内の店へ。この忘年会にくるのはいつもの顔ぶれで。相変わらずの話をしながらの、近況報告会といったところか。忘年会と言っても飲んで大騒ぎするわけではなく、昼ご飯を食べて、もう一軒カフェで話をしてといったところ。

 名古屋には結局3時間ほど滞在して、また近鉄特急で大阪に帰る。買いたい本があって難波で本屋を探したのが、時間が6時を回り、百貨店も閉まってしまったので、結局目当ての本屋は見つからず、そのまま帰宅。

 年越しそばを食べて、紅白を見ていたのだが、一番見たかった猪苗代湖ズの存在をすっかり忘れていて、特に見たくはなかった浜崎あゆみやらflumpoolやらを見て、いい場面は全く見ずじまい。ラジオで音声で聞きながら、10時頃には眠ってしまいました。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

名古屋に向かってます。関西は秋のような山の景色ですね。











海遊館など(12/30)

 今日は、息子と妻と一緒に、大阪港近くにある水族館の海遊館へ。その前に、その近くにある日本一低い山である天保山を登山。当然、すぐに登山は終わるので、その頂上から湾の対岸を見るとUSJが見える。

 天保山。



 さて、今日の目当ての海遊館へ。いろいろ私が書いても野暮なので、あとは写真でどうぞ。

 海遊館の後は、難波から心斎橋のあたりを買い物で回る。ただ、買いたいと思えるものはあまりなく、妻がH&Mを見て、自分がその後、Apple Store、東急ハンズと見て、自分はiPhoneのケースを購入。

 その後は、夜も外で食べる予定だったが、息子が帰りたいと言ったので、妻のご両親の家に帰ってそこで夕飯をいただく。

 夜、布団の中で12時くらいまでラジオを聴いて一日は終了。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

登山して来ました


登山して来ました

大阪へ、そしてFC東京対セレッソ大阪(12/29)

 息子は日曜日に妻のご両親が住む大阪に行ってしまったが、それを追いかけて私と妻は今日、大阪に向かう。昨日の飲みで朝は心配だったが、何とか起きることもできて、準備もできて出発。

 いつものように敦賀の手前の今庄のあたりは大雪だったが、滋賀の琵琶湖が見え始めたあたりから急速に雪が少なくなりはじめ、京都に着く頃にはすっかりいい天気に。

 新大阪駅。



 で、私はすぐに息子の待つご両親の家に向かうのではなく、天皇杯の準決勝を見に長居陸上競技場へ。

 今日の試合はFC東京がホーム扱いの試合なので、いつもとは逆の場所にセレッソサポーターが構える。実は、チケットを昨日購入していたのだが、自由席の北と南とどちらがセレッソ側か分からないまま、何とかなるだろうと買ったチケットがちょうどセレッソ側でよかった。


セレッソ盛り上がってます!今野には大ブーイング。

 セレッソの目標は退任が決まったクルピ監督の元で、少しでも長く試合を続けること。であるから、今日も勝って決勝に進みたいところ。対するFC東京は今年はJ2で苦しみながらも下馬評どおりの地力を発揮して、見事にJ1復帰を勝ち取った。天皇杯でも好調を維持している。

 試合は前半の前半は完全にFC東京のペース。セレッソはなかなかシュートにも持っていけない。清武にもなかなかボールが行かない展開が続く。一方、FC東京は何度も惜しいシーンというよりも、決定的なチャンスを何度か逃していた。前半の後半に入ってセレッソにもいくつか惜しいシーンが出てきたが、前半はスコアレスで折り返す。この展開なら後半セレッソが盛り返すのではないか、という展開だった。

 後半が始まると今度はセレッソ側が有利に展開し始めるが、なかなか決定的なシュートシーンには至らない。選手交代で前線は前半よりは活性化したように思えたが、点は入らない。

 すると、後半30分を過ぎたところで、FC東京の谷澤のミドルシュートでのゴールで先制された。こうなるともう点を取りに行くしかない。セレッソは切り札の播戸を投入して点を取りに行く。そして、クライマックスのシーンは終了間際のコーナーキックのシーン。コーナーキックからヘディングで選手が競り合うと、そのボールがFC東京のゴールに吸い込まれた。ちょっと、ハンドじゃないかのように残像が残ったが、セレッソサポーターが沸き返る。

 しかし、どうもピッチ内の様子がおかしく、あわや小競り合いという展開に。サポーターは点が入ったものと信じて疑わなかったが、GKのフリーキックで試合は再開された。やはり反則があったようだ(後から振り返ると播戸がハンドをしたようだ)。

 試合はそのまま終了し、セレッソは敗退。今年はチャンスのようにも思ったが、これにより、2年連続のACL進出は消えた。

 その後、家に帰ってもう一試合の国立の試合を見ていたら、予想に反して、京都がFマリノスを下して決勝へ。これで、決勝はJ2のチーム同士の試合となった。史上初だそうだ。でも、京都にしても、リーグ戦後半の好調さは本物で、現在の調子なら優勝してもおかしくないと思う。特に、今日のFC東京が特別に良かったというわけでもなかったし、これなら京都が優勝しても全然おかしくないと思う。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

セレッソ盛り上がってます!


セレッソ盛り上がってます!今野には大ブーイング。

大阪


妻のご両親が住んでる大阪は堺に向かっています。私は長居で天皇杯を見てから行く予定。頑張れセレッソ。でもいい天気だなあ。







仕事納めで(12/28)

 私は今日が仕事納め。いろいろあった一年で、いろんな経験もさせてもらったが、何とか一年間を過ごすことができた。

 東日本大震災の被災地では、まだまだ大変な状態で、こちらが平穏無事な日々を過ごしていることがとても申し訳ない気持ちになるが、とにかくこちらが元気でいること、そして被災した場所のことを忘れないことが復興につながると信じて、続けていきたいと思う。

 とか、そんなことを思いながら、夜は最近よく行くメンバーの飲み会に参加。実はかつての職場の上司の人が来られるということで参加を表明していたのだが、そのメインである人が来られなくなってちょっと残念。

 一次会で帰ろうと思っていたのだが、結局、二次会の最後まで参加してしまい、明日に影響が残りそうな状態になってしまった。ちょっと心配。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

昨日撮った路面電車の写真です。


昨日撮った路面電車の写真です。

雪は峠を越えて(12/27)

 日曜、月曜と降り続いていた雪はようやく峠を越えたようで、少し降りが弱くなった。今日も長靴で出勤はしているが、明日は大丈夫になるかもしれない。

 仕事もとりあえず落ち着いた様子があり、何とか年末モードに。落ち着いて帰宅して早めに睡眠。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

今朝はこんな感じでした。桜の木に雪の花。


今朝はこんな感じでした。桜の木に雪の花。

大雪(12/26)

 昨日から降り続いていた雪は、今日になっても降り続き、朝見ると完全に別世界のようになっていた。新雪で全く変わった景色は、歩いていくのは結構しんどいとは言え、美しい。雪は降った直後が美しく、後は汚れていくだけなので、大雪とはいえ、降った直後のこの時は清々しい気持ちになる。

 歩くのは確かにしんどいのだが、誰の足跡も付いていない雪道を歩くのは、開拓者のような気持ちになって楽しい。

 そんなことを考えながら、外は寒いけれど、昼の散歩にも出かけてきた。

 家に帰ってきてからは風呂に入った後、最近調子の悪い無線LANのアクセスポイントの設定を。アクセスポイントは携帯するためにもう一台持っているので、それをメインにするように変えてみた。それはつなぎ替えるだけだからいいのだが、テレビとレコーダーにつないでいるイーサネットコンバータの設定替えがなかなかうまくいかない。

 9時過ぎに始めて悪戦苦闘しながらやって結局12時を回ってしまった。過去にもこんなことはたくさんあったが、なかなかうまくいかないものです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

除雪がないとこんな感じ。大雪だぜい!


除雪がないとこんな感じ。大雪だぜい!







Railways 愛を伝えられない大人たちへ(12/25)

 午前中のうちに、義父と息子を富山駅に送りに行く。富山駅は新幹線建設工事のため、結構前から工事のため駅自体は移転していたが、その後、元の富山駅の上にあったお土産屋も、最近仮の場所に移転して営業している。ただ、店の顔ぶれはそんなに変わらないか。小さな所は撤退したかもしれないが。

 そこでお土産を義父に大阪向けの買ってもらい、源のます寿司などを売っている場所で、弁当を購入してホームまで見送る。そんなに乗る客はいない。自由席だが、そんなに列も長くならずに乗ってもらうことができた。ちょうどその頃からまた雪も降り出してきた。

 義父と息子を見送ってから、午後は妻と映画の「Railways 愛を伝えられない大人たちへ」を見に行く。地元の富山地方鉄道が舞台となった映画で、定年を控えた電車の運転士役を三浦友和さんが、その妻を余貴美子さんが演じている。ストーリーは映画のホームページなどを見ていただくとして、自分が高校生時代から社会人になってからも利用していた富山地方鉄道が舞台ということで、いろいろと見たことのある風景が出てくる。

 撮影は春、東日本大震災の直後に行われたそうだが、山には雪が残り、平地には花が咲く美しい景色がストーリーの合間合間に流れて、嬉しくなる。ああ、このシーンはここで撮ったのかな、と思いながらの映画鑑賞。

 年齢的には自分よりも上の年代の話なので、共感というわけにはいかないけれど、いずれ自分もこんな境遇になるのかと身につまされる思いだった。

 映画を見終えて外に出ると雪が一段と激しくなり、天気予報が当たってきたという思い。とりあえず、本格的に冬モードです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

おじいちゃんが来た(12/24)

 昨日から息子も冬休みに入っている。ただ、こちらは仕事。前に妻の実家の大阪から話があって、この3連休の間に息子を迎えに来て、年末にこちらが行くまで面倒を見てくれることになった。それで今日の午後には妻の父親、私から見れば義父、息子から見れば祖父が迎えに来ることになっている。

 数日前から家の中をきれいにして(主に妻がしたわけですが)待っている。雪が心配だが何とか今のところ予報ほどではなく、駅に迎えに行く時間まで少し時間があったからうとうとしていたが、そこへ訪問者を告げるチャイムが。

 息子の友達だろうかと思って息子に出させたが、どうも違うようだ。義父がもう到着したらしい。どうやってきたのだろうか、と考えるまでもなく、一本早い電車で来たということは分かったが、とにかく不意を突かれた感じだった。

 聞けば駅から過去の記憶を頼りに歩いてきたとのこと。連絡してくれれば迎えに行ったのですが。
 その後は、家でご飯を食べて一日は終了。息子は妖怪人間ベムを見ていたが、こちらが先に眠る。ぐーーー。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

しゃっくりが止まらない(12/23)

 今日は休みなので、朝から年賀状作り。何とか午前中で文面の目星をつけて印刷に取りかかる。ただ、印刷を開始するとプリンタがラックの上に置いてあるため、パソコンも揺れてその画面を見ていたら何だか酔うような感覚になってきた。

 とりあえず、印刷は終えたがちょっと頭が痛くなった。

 それから、年賀状を作っていた頃からだが、時折しゃっくりが出だして、そしてしばらく止まって、またしゃっくりが出だすの繰り返し。原因がわからず、それは夜までずっと続いていた。

 年賀状作りで疲れたので、ちょっと甘いものでもということで、ケーキを食べに近くの店へ。洋菓子店だが喫茶コーナーもあるので、店で売っているショートケーキを選んで、それを食べる。うまい。

 その後、家の買い物も済ませて一旦家に帰るが、息子用のクリスマスプレゼントがまだだったので、妻と息子を家に降ろしてから、再度出かける。五福にあるトイザらスに行き、目当てのDSのソフトは購入したのだが、買うときにちょっと引っかかることが。

 ゲームソフトなので、ケースだけが陳列されており、レジでお金を払い、それを別の専用窓口で受け取る形。それはそんなものだろうと思っていたが、さすがにクリスマスシーズンなので、レジは長蛇の列。何とかそれを済ませて、専用窓口に行ってソフトをもらう。そこでクリスマス用の包装をしてほしいと頼むと、「ここではできない。またレジに並んでほしい。」と言われた。

 さすがにレジにまた並ぶのは納得がいかない。そもそもレジでもそんなことは確認もされなかったし、また時間をかけて並ぶ気にはならない。少しの時間でいろいろと考えたが、結局、そこでは包装をせず、別の場所にある100円ショップまで出向いて包装用の袋を購入した。でも、やはりこのやり方は何だかおかしいと思うが。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

オール読物(12/22)

 仕事の後で、一昨日行って目当てのものがなかった本屋へもう一度行ってみる。後から振り返ってみると、まだ発売前だったことがわかり、さすがに今日ならば発売後なので、それを目当てに出かける。

 目当てのものは「オール読物」という分厚い雑誌で、見たかった記事は最近はまっているTBSラジオの特集記事。以前なら買うことなど全然考えもしなかったかなりおっさん向けの雑誌だが、自分もそんな年になったということか。とにかく、文字がぎっしり。

 今日も残っているポイントで購入して家へ帰る。週末は天気が大雪という予報。どれほどになるのか心配だ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

なぜか飲み過ぎ(12/21)

 あまり気が進まない、仕事の関係の団体との飲み会。2時間飲み放題のコースということで、全く期待はしていなかったが、瓶ビールがプレミアムモルツだったので、なかなかいいじゃないか、と思う。が、ほどなくして、そのビールはピッチャーに変わって、何だかいつもの生ビールの薄い味に。せっかく、プレミアムモルツが飲めると思ったのに残念だった。その後、飲み放題と言うことで周りが頼むのに合わせて、ワインやら日本酒やらいろんな酒を飲んだのが今日の失敗だった。

 さらには、その1軒目でやめておけばよかったのに、なぜか2軒目のスナックまで同行してしまい、そこで水割りを結構飲むことに。これですっかり危ないところまで飲んでしまった。翌日振り返ってみれば、下手をするとどこかで意識を失っていてもおかしくないような状態だったかもしれないと思う。何とか無事家に帰ってきてはいたけれど、こればかりは完全に危なかった。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

本屋で迷い(12/20)


 紀伊国屋書店のポイントがたまっていたので、書いたい本もあり、仕事の後で買いに行く。とはいいながら、本屋に着いて探してみると、目当ての本がない。売り切れてしまったのか、まだ発売前なのか、はっきりとはわからない。

 そのまま、帰ればよかったのだが、何だかあの本も読みたい、この本も、と大して読書もしないくせに、いろいろと迷い出す。
 結局、迷いに迷ったあげく、いつも買っている文庫本雑誌を買っただけで今日はやめた。ただ、本屋でいろいろと迷うのは楽しいもの。図書館と違って最新本が多いので、楽しい。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

突然のニュース(12/19)

 お昼にニュースを見ていたら、いきなりすごいニュースが。後から別のニュースで音声だけ聞いてみると、彼の国のアナウンサーの読み上げがすごいことになっていた。ニュースもこれ一色。

 我々の生活にどんな影響があるかというのはなかなか分からない。全く影響がないかもしれないし、大いに関係があるかもしれない。もしかしたら、とんでもないことになるかもしれない。そればかりは今の状態でどうなるかというのはわからない。

 ただ、いろいろと聞いていると、野田首相が昼の演説に出かけようとしていたのを問題視する人もいるとか。揚げ足取りがひどすぎる。韓国の李大統領だって分からなかったんだから、日本で分かるわけがない。そんなことで。

 でも、後でラジオで聞いてなるほどと思ったが、実際にニュースのとおりなら、あの人が死んだ時には韓国の大統領と日本の首相は日本で会談をしていたわけで、それが特に李大統領にとってはメンツをつぶす結果になったと。韓国の情報収集能力が弱いと言うことが全世界に伝えられてしまったわけだということ。

 いろいろと複雑な事情が絡みますが、何とか物事がいい方向に進んでいってほしいものです。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

アメフトのルール(12/18)

 実家にお歳暮を持って全員で出かける。相変わらず寒い。実家には2時間ほどいただろうか。ひたすら、テレビを見ていた。アメフトの大会を見て、ルールを調べていた。なるほど、こういうことなのか。ただ、今度見るのはいつのことになるのだろうか。

 ブログはきちんと書かないと。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

横浜Fマリノス対松本山雅(12/17)

 今朝、起きたら雪が少し積もっていた。しかし、こんな日ではあるが、今日はなぜか富山でサッカーの天皇杯が行われるのである。この雪で大丈夫なのか、試合中も降っているんじゃないかとか、いろんな心配もするが、試合は予定どおり行われるようである。いろいろと情報を見ていると、オレンジボール決定とか、駐車場がいつもとは比較にならないくらいいっぱいとか大変なことになっている様子が分かる。

 自分は結構ぎりぎりに到着してしまったのだが、予想どおり駐車場がない。案内された場所ではひたすら奥まで入ってようやく車を止める場所を確保した。さて、当日券を買って中に入る。ある程度予想はしていたが、中に入って驚く。

 とにかく、客が多いのだ(1万人を超えた)。いつも三千人そこそこの富山県総合陸上競技場が客で埋め尽くされている。距離的に近く熱心な松本サポーターだけでなく、横浜から駆けつけたFマリノスサポーターも結構入っている。自分は松本側のゴールラインあたりの席を見つけて見たが、自由席の部分がほとんど松本サポーターで埋め尽くされていた。そして、あちこちから、チャントやコールの声が上がる。これも普段のカターレの試合ではなかなか見られないところ。

 幸い、試合中は雪が激しく降ることはなく、時折ちらつく程度。見るには寒いが試合自体には大きな影響を与えることがなかったのが救い。試合内容は実力の差がはっきりとスコアにも現れて4対0でFマリノスの勝利となった。

 その時は何とも思わなかったが、宇都宮徹壱さんのコラムを見て、思いを新たにした。報道などではこの試合は松本山雅目線で書かれていたが、この試合で波乱が起きなかった理由は、Fマリノスにとってもそれだけ重要な意味のある試合だったということ。  

 そもそも、この試合は今年急死した松田直樹氏が所属した2つのチームの対戦。不思議な縁ということもいえるだろうし、何がこの対戦を実現させたのかと言えば、ここまで格上のチームを松本山雅が破ってきたからこそ。しかしながら、Fマリノスにとっても、ここで恥ずかしい試合はできない。その思いがこの試合に対してとても真剣な準備をさせたのだろうと思う。

 私は試合終了後、割とすぐに帰ってしまったのだが、その後の情報によれば、双方の選手が相手のサポーターのところにも挨拶に行ったとのこと。特に日本代表クラスのいるFマリノスの選手(中村俊輔や中澤佑二もいる)が松本山雅のサポーターの前に行って挨拶したことは、大きく取り上げられていた。私はもう競技場を出てから、Fマリノスサポーターによる松本山雅コールを聞いて、この試合の意味を少しだけ感じることができた。

 来年は松本山雅とJ2の舞台で対戦となる。もはや、どちらがホームなのかわからなくなることは必至だが、試合では先輩としての意地を見せたいところだ。

 最後に、この試合の準備に奔走された富山県のサッカー関係者の皆さん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

 参考:
宇都宮徹壱さんのコラム
富山県総合運動公園のブログ

 観客がいっぱいです。


 Fマリノスサポーターも大挙来襲


 そして、松本山雅サポーター。松田直樹の「3」が大きく輝きます。


(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

お祝い(12/16)

 夜、以前、今の係にいた人の結婚祝いと言うことで係の面々と飲みに出かける。なぜか、職場近くの韓国料理の店に。

 久しぶりに来たが、相変わらず流行っていて、いろいろ食べてなかなかうまかった。男ばかりの飲み会。ただ、そんなに荒れることもなく(いつも荒らすのは自分ですが)、今日、初めて会った人とも楽しく話をすることができた。

 やはり、飲み会でもこんな感じで楽しく飲みたいものです。飛ばしすぎるのも問題。自粛。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

(12/15)

 昨日の飲みを終えて、先方の上司からメールが。ま、そこそこお茶らけてもいましたが、こちらも若干お茶らけ気味でお礼のメールを。

 昨日、遅かったせいで、昼間、ちょっと眠い。ただ、明日も飲み会なので、頑張って何とか乗り切る。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

飲みに来た(12/14)

 今日は、わざわざ県境近い町、朝日町まで出向いての飲み会。淡々と役目をこなしてと思っていましたが、すごい人がいました。

 その人が来ると雰囲気が変わり、無茶苦茶飛ばす飛ばす。おかげで、こちらもハイテンションになり、負けじと飛ばしてしまいました。初対面なのに、お互いに暴言、妄言の数々。そして、しばし反省。楽しかったんだけど、それでよかったかというと、ちょっと反省すべき点もあり。

 いい年こいて何やってるんでしょうね。。。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

待っては見たものの(12/13)

 いろいろあって、夕方、仕事で待機することにした。朝にいろいろと仕事を頼まれて資料はすべて渡したけれど、上から何を言われるか分からないので、言われてはいないのだが、とりあえず自主的に待機。

 午後6時を過ぎてから、その人たちとさらにその上との打ち合わせが始まった。この打ち合わせがなかなか長い。8時を回っても終わらない。8時半過ぎにそちらの課を見に行って、ようやくその打ち合わせが終わっているのが分かった。

 でも、こちらを気にしている様子は全くなし。結局、こちらはひっそりと帰りました。ふーーー。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

まとめ、まとめ(12/12)

 今日、明日中くらいで、最近発表された文書のまとめをしなければならず、仕事中はひたすらそのまとめ作業を。先週の段階で、案のものは入手していて少しは作業していたのだが、最終発表分を一つ一つ確認しながらの作業。分からないことも結構あり、人に確認しながらの作業となった。

 先週は遅くなることが多かったので、今日は久しぶりに早く帰宅できた。落ち着いて、夜のラジオを聴取。digでは福島からの生放送。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

クリスマスの下見(12/11)

 子どもへのクリスマスプレゼントの下見でトイザらス(ちゃんと変換されるなあ)へ。いつ行っても客が多いこの店だが、さすがにクリスマス前のせいか多い。でも、子どもと一緒に買っている親子が多いから、別にプレゼント用ではないのかな。そのあたりはよくわからない。

 さて、うちの子は本命は3DSらしいのだが、夏に普通のDSを買ったばかりなのでさすがにそれは却下。今のDSでできるものを薦めていたのら、何かマリオのゲームを言ってきた。とりあえず、今日のところは、ふーん、と聞いておく猿芝居。子どももそれを知っているのかどうか。きっとこんな猿芝居が日本全国で行われているのかと思うと、何ともいやはや、という気持ちになる。

 今日は下見だけでなく、なぜか息子が最近興味を持っているソフトバレーのボールを購入して帰宅。すると、その途中で自分の携帯電話にメールが。息子の友達のお母さんからで、その友達が午後からプールに行きたいと言っているのだがいいか、というもの。

 場所は電車で行かなければいけないところで、それも小4の男2人で行くとのこと。自分の息子は一人で電車に乗ったことはない。友達は経験があるのかどうかはっきりしなかったが(多分あるのだろう。でないとそんな誘い方にはならないはずだが。)、結局、妻が一緒に行くことに。

 結果からいうと、日の暮れるのが早いこの時期では、帰ってくる頃には真っ暗になり、プールの最寄駅からの道については、その友達も少々あやしかったらしいので、妻が一緒に行って正解だった。行かなかったら一体どうなっていたことか、とその友達のお母さんの大胆さにも恐れ入った一日でした。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

新しい出会い(12/10)

 富山に来ている韓国人の人との飲み会に誘われて、夕方に出かける。まだ若くて30代半ばくらい。研究者で企業の共同研究で来ているんだとか。

 とてもよく話をされる、しかもこちらに気を使って日本語を使ってではなく、韓国語で話してくれるので、今日の目的にはよく合っている。私は韓国人との人脈がかなり広い人に誘われての参加だったので、きっとその人が韓国語で話をするように頼んでいたのだろう。

 いろんな話を聞いたけれど、兵役の話が一番おもしろかった。その人は、兵役に行っておらず、なぜかというと、プロ野球のドラフトのような制度があるとのことだった。私の聞き取り能力で聞いた話ではこう。

 企業でも研究者を採用したいのだが、採用した後に、兵役に行かれては困る。そこで、企業があらかじめ、軍かそれを管轄するところに申請しておいて、その企業の指名を受けて入社した人は4年間その企業で勤め上げれば兵役を免れるというもの。ただし、大学院卒業以上の学生でなければ、対象にならない。何だか野球のドラフトとFA制度を合わせたような制度だが、要約するとこういうことになる(分かってもらえたかな)。

 とにかく、その話が印象的で、もしかしたら自分がそれくらい優秀なのだということを言いたかったのかもしれないが、そんな鼻につくような感じは全くなく、とても感じのいい人だった。 

 結局、もう1軒、飲みに行って、今日は終了。もうすぐ一時帰国するそうで、年明けにまた会う約束をして。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

残業(12/9)

 今日こそは、早く帰りたかったのだが、仕事ができて結局帰ってきたのは10時を回っていた。妻が飲み会だったので、それよりも早く帰れると楽しみにしていたのだが、結局それはかなわず。帰り道のラーメン屋で食べようかと思ったが、なぜか休み。つぶれたのかと思ったが、後日、見てみたらやっていたので、たまたま休みだったようだ。金曜日なのに休み?うーむ。

(私の10年日記)
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
86位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク