カターレ富山対FC岐阜(4/30)

 ホーム開幕戦以来の妻、息子と家族そろってのカターレ観戦。今日は天気も良く、客がどれくらい入るだろうかと気になった。駐車場まで来るといつもよりは入りがいいように見えた。(結果は3,466人。もう少しいってほしかった)

 入場前に、妻のチケットをまず購入。ファンクラブの会員ならば2,000円の当日券が1,500円になるというので、自分の会員証を見せたところ、裏の情報カードがないと言われる。

 確かにそのとおりだ。でも、今年情報カードって送られてきただろうか。(家に帰ってきてから確認したら、ちゃんと送られてきていた。)

 それを言われたことで、ちょっとむっとしたのだが、料金の支払いのところで、2,000円出したのにおつりをくれないように見えたので、「えっ、だめなんですか?」とちょっと声を荒げてしまった。
 よく見たらチケットと一緒に500円が渡されていた。恥ずかしくて照れ笑いでその場を去ってしまったが、きちんと謝っておいた方がよかったと後悔。試合開始前にはそんなやりとりがあった。

 今日は、バックスタンドの芝生席での観戦。午後4時からの試合だったが、結構日射しがきつくて、暑い。長袖の上着は脱いで、カターレシャツでの観戦。

 結果から先に言えば今シーズンホーム初勝利。とにかく結果が出たことはよかった。内容が悪いながらも、勝ち点を取れているなら、そのうちに内容も伴ってくると思う。

 さて、実際の試合内容は、前半はパスもつながらず、選手の動きも悪く全くだめ。厳しい監督なら、眠っていたのか、と怒られそうな展開。逆に岐阜にパスを回されていいようにやられていた。ただ、それでも完全に崩されてのシュートは少なかったように思う。

 後半に入れば少しは変わるかと思ったが、それでもあまり変わらず。それでも、ゴール付近でのセットプレイから、加藤フリーキック-松原ヘディング-苔口左足シュートでのゴール。この場面はナイスゴールでした。

 ゴールの後も攻められるも何とかしのいでの1対0。連休に入ってからは勝ち点4。何はともあれ、よかったと。

 カターレサポ。


 岐阜サポ。


 ライカ君(笑)。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 よろしければ、どこでもいいので、一押しお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

ジェフ千葉対カターレ富山

 今朝、録画映像をようやく確認。

 全体的な感想としては、よく勝ち点1を取って帰ってきたな、というところだろうか。アウェイだし、相手の千葉の出来も良かったと思われるだけに、追い付いての勝ち点1はいい結果だったと思う。

 カターレは、久しぶりに見る4バックでスタート。これまで出番が少なかった平出と松原を両サイドバックに据えて、守備の安定を図った。結果的にはこれが当たった。いつもは、中盤のサイドを抜かれるとセンターバックの3人がサイドに引き出されて、そこを抜かれての失点のパターンが多かったが、今日はサイドバックがしっかりと守備の仕事をしてくれた。

 それでも、千葉の方が、ボールを持ってからの動き出しが速く、パスもグラウンダーの速いパスを多用し、仕掛けてくる。最近、調子が悪いというのが嘘のようだった。前半だけで10本以上のシュートを打たれたが、それでも、決定的にDFが崩されてのものは少なかったように思う。

 結局、もしかすると中盤の数を減らしたから攻められ続けたのかもしれないが、それでも、千葉の出来は良かったと。

 後半に入っても、流れは相手のペースで進む。中盤の中途半端な位置でボールを失い、そこからのコーナーキックからついに失点してしまった。中盤でボールを失う癖はまだまだ改善されていない。

 しかし、今日はそこからセットプレーから同点に追いつくことができた。相手のファウルからの速いリスタートで、相手DFの守備が整う前でのソ・ヨンドクの得点。攻撃面では今年はほとんどセットプレイでしか得点が取れていないが、それでも取れているのを武器とすべきだと思う。

 その後、危ない場面が一度だけあったが、得点後の失点という悪い癖も出ずに何とか引き分け。終了間際のソ・ヨンドクのロングシュートが決まっていれば、というところもあった。

 フォーメーションを変えて、守備面はある程度改善されたように思う。後は攻撃面。武器がソ・ヨンドクのミドルシュートしかなく、開幕から調子がよく見えた西川優大もここ2試合くらいはあまり目立たず。ただ、黒部も帰ってくるなど、徐々に選手も戻ってきて、最悪の状態は脱しつつあるのではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

魚津しんきろうマラソン(4/29)

 今日は、魚津しんきろうマラソン。駐車場の場所が遠いこともあり、JRで向かうことにした。電車であれば、徒歩10分以内の場所にスタート地点があるので、それもある。

 会場までは他にもマラソン参加者が大勢いたので、すんなりと到着。天気はよく、というか、暑いくらいになってきて水分補給が大切と認識。ウォーミングアップのため、海岸をランニング。昨日、蜃気楼が出たそうだが、今日も出そうな感じの天気と言うこともあり、既にカメラを構えている人が大勢いた。

 そして、いよいよスタート。今年は参加者が多く、スタートの号砲が鳴ってもなかなかスタートしない。並んだ場所が少し後ろだったのが、悪かったのか、進み始めてものろのろ。もう少し前の方に並んでおけばよかったと後悔。

 初めの1kmで6分以上かかってしまった。

 その後は、ペースも5分数秒くらいとそれなりに安定して走ることができた。給水地点では歩きながらしっかりと水分補給。2週間前のマラソンで、若干遅れても給水はしっかりと取ったほうがいいということを学習したので、それを実践。何とか16kmくらいまで狙っていたペースで走ることができた。

 残りの5kmでペースダウンしてしまい、目標のタイムには届かなかったが、何とか1時間52分そこそこでゴール。最近は55分を切れないことも多かったので、満足できるタイムでした。

 レース終了後、体育館内で着替えていると、蜃気楼が出ているとのアナウンスが。着替え終わってから、海岸まで出てみると、蜃気楼を見に来ている人が大勢。ただ、どのあたりが蜃気楼なのかよく分からなかったので、そこでガイドをしているようなおばさんに聞いてみる。すると、頭を両手で横から固定されて、「この方角にちょっと島のように浮き上がって見えるのがそうだ」という。ちょっと恥ずかしい格好だったが、まあよしとしよう。

 なるほど、あれがそうなのか。と、ちょっと分かりにくいながらも初めての生蜃気楼。いいものを見せていただきました。

 蜃気楼待ちのカメラ。


 蜃気楼だそうです。海の向こうに島のように少し盛り上がってるのが蜃気楼だそうです。


 帰りは富山地方鉄道。先月から導入されたカード用の改札。


かぼちゃ電車とだいこん電車。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

無駄に過ごす(4/28)

 もう年なこともあり、昨晩遅くまで飲んでいたせいで、体がだるい。

 実に良くある風景。外は最高に天気がいいが、車で出かけることもまだ難しいので、ずっと家の中で。息子が水泳教室に出かけてからも、結局は家で。

 無駄に時間を過ごしてしまったゴールデンウィーク、1日目でした。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

連休へ(4/27)

 明日からゴールデンウィーク。それを過ぎると完全に5月に入ってしまい、4月のモードは消えてしまうので、自分の係の歓送迎会を開催。

 仕事の関係で少々遅れはしたものの、参加。異動した人はまだ若いのに優秀な人でした。活発な職場で一段といい仕事をしてほしいと思います。久しぶりに12時近くまで飲みました。

 写真は、新しい富山大橋。昼休みに遠出して歩いてきました。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

会報が届いた

 表紙はソ・ヨンドク。ま、妥当なところでしょうか。


 中を読んだら、西川優大は風間さんに教わってるんだ。川崎に引き抜かれないように気をつけよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

東京出張(4/26)

 今日は東京出張。朝の特急はくたかで東京に向かう。
 列車は順調に走っていたが、直江津を過ぎたところで、列車が停車した。風速が規制値を超えたそうで、それで停止しているのだとか。とはいえ、ちょうど止まったのが鉄橋の上で、一番風が強いと思われるところ。時折、列車時点が揺れるので少し怖い思いをした。川を渡りきったところに、踏切があったが、列車が止まっていたため、完全に開かずの踏切に。車が結構列になっていたが、あきらめた車がぽつぽつと現れて、引き返していく。

 結局、止まっていた時間は20分くらいだっただろうか。何とかその後も少し遅れていたが、何時間も遅れることはなかった。しかし、向かう途中で、iPhoneを使いすぎて、バッテリーがまずい状態に。

 そこで、本を読むことに切り替えて、昨日買ったばかりの本を読む。「北朝鮮のリアル」という本で、韓国の脱北者を取材した韓国人女性の記録。どういう背景で脱北したのか、かつ実際の北朝鮮での生活の様子などが書かれている。政治的なものではないので、なかなか面白い。全て読んだら、改めて感想を書こう。

 仕事の開始時間にはぎりぎり間に合って、何とか1時間ほどで話は終了。iPhoneのバッテリーは結局、富山に帰ってくるまで持たず。富山駅に着く10分ほど前で切れてしまいました。。。

 車内で読み始めました。


 十日町の手前の豪雪地帯ではまだこれだけの雪が。


 越後湯沢のあたりは桜が満開でした。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

眠ってしまって(4/25)

 いつもは、息子と一緒に布団に入って、息子が寝てからのそのそと起き出してラジオを聞くのを習慣にしているのだが、昨日に続いて、今日もそのまま眠ってしまった。そんなに疲れているわけでもないとは思うのだが。今日は昼も外に出ることはなく、職場に待機していたので、ずっと中にいたわけだし。

 そういえば、ゴールデンウィークの予定をまだ考えていない。前半は大体予定が埋まっているのだが、後半の3日以降。だらだらと時間を過ごすのか、それともどこかへ。

 とは言っても、もう時間もないし。さてさて、どうしたものか。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

変わった人(4/24)

 あの人は、変わった人だ、と誰かが言っているのをたまに聞く。

 私はその「変わった人」という言い方が嫌いだ。それはきっと私自身が「変わった人」だからだろう。普段はあまり喋らない。だけど、飲みの席では人が変わったようになるとか、話す相手によって人格が変わるとかそんなところだろうか。

 そもそも、それでは「変わっていない人」ってどんな人なんだろう。何事も普通にやり過ごして、自己主張もあまりない。周囲にも合わせる、そんな人だろうか。そんな人と自分はあまり合わないと思う。合わないというのは過去の経験から分かる。そう言う人は、こちらの変わった様子を受け入れてくれないだろうと思うからだ。

 かつては、そんな人と友達になろうとしていた時期もあったが、うまくいかなかった。

 今、自分は、「変わった人」であろうと思うし(当然、社会のルールは守った上でだが)、「変わった人」を積極的に受け入れて、つきあっていこうと思う。

 まだ少しだけ残ってる花が綺麗だったりします。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ランキングに参加してみた(4/23)

 かなり以前には参加していたのだが、ブログのアクセス数を少し意識してみようと思い、ランキングサイトに登録してみた。下にそこへのバナーをつけてみた。

 これだけで実際のところ、かなりアクセスが増えたように思う。やはり、サッカーネタのところは違う。でも、このブログはサッカーネタで毎日書いているわけではないので、ちょっとその期待には応えられないだろう。そのため、サッカー関係の割合は低く設定してある。

 ランキングと言えば、昔、日記猿人とか日記才人というサイトに登録していたのを思い出す。当時は、ランキングでかなり上位に行ったこともあったのだが、それも今は昔。もう15年ほど前の話だ。

 そんなわけで、よろしくお願いします。

 写真は富山地方鉄道。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対大分トリニータ(4/22)

 結果から先に言うと今日も負けました。今回も逆転負け。今年ホームで全く勝てず、これで4連敗なのだけれど、この間に取った得点が6点で1試合あたり1.5点は取れている計算。これは少なくはない。でも、それ以上に点を取られている。それも、点を取った後によく取られている。4試合のうち3試合は先制点を取っているのに逆転負け。もう1試合も同点に追い付きながらも、その後突き放されての負け。

 もうどうしたらいいんだろう。見ていてもそんな思い。

 とにかくゴール前で球際に弱い。サイドを突かれてクロスボールを上げられ、それに対して相手FWとの駆け引きに負けてしまう。

 高さだけなら福田という絶対的なDFがいるので、今のカターレはハイボールに対してはほぼ大丈夫だ。でも、スピードで振り切られて、そのまま、ゴール前でフリーの状態を作られたりとか、相手のスーパーゴールが決まったりとかそんなことが多い。

 全てが悪い方向に回っているような気がする。これが、ベストメンバーでこの状態なら、監督を変えた方がいいのでは、とか、補強したら、とか言えるのだが、怪我人がこれまで見たことないほど多い。

 エースFWの黒部、2列目で圧倒的な運動量で相手のスキを突く朝日、スピードスターの木本、移籍してきた山瀬弟、さらにはキャプテンのDF足助、ほかにもサイド職人西野とか怪我人が本当に多い。今節から復帰したが、前節までは苔口も故障していた。

 とにかく、朝日が復帰すれば少し変わるのではないかと期待しているが、それはいつになるのか。全然見込みが立っていない。つらい日々が続く。。。



 さて、とりあえず、今日の試合を振り返っておこう。

 立ち上がり、2トップの西川、苔口が惜しいシュートを放ち、なかなか幸先のいいスタート。そのうちに、セットプレーからDF福田がゴール。さすがに空中戦は圧倒的な強さを誇る福田。今季初ゴールを決めてくれた。盛り上がる。

 得点直後の失点もなく、まずまずの展開で前半は進んでいた。今日はかなりの強風で風上から攻めていたので、有利に進めることもできた。しかし、前半の終了間際、カターレの左サイドからのクロスから相手に決められ(と思っていたが、実際には大西のクリアミスによるオウンゴールらしい)、同点に。何とも言えない気持ちで前半が終了。

 天気はあまりよくない今日だったが、後半も強風と小雨は続く。後半、福田がこれもセットプレーの流れから2点目を決める。

 今日こそ、という思いで見つめていたが、またしてもそんなに時間がたたないうちに同点にされてしまった。相手にディフェンスをズタズタにされた、という感じでもない。それでも、相手に攻め込まれて、ちょっと相手の有利な側にこぼれたボールをクロスボールとして上げられて、それを決められる。

 またしても沈み込む気持ち。

 それでも、何とかこのまま行って引き分けてくれればよかったのだが、その後、またしても同じような流れから逆転され、それを跳ね返す力もなく、試合は終了となった。

 前節は選手に対して、あまり労いの気持ちは持てなかったのだが、今節は違った。ぜひ声援を送りたい気持だった。バックスタンドで見ていたので、挨拶に来る選手たちに向かって「次は勝つぞ」と声援を送った。今日のゲームキャプテン大西に向かって、「キャプテンが下を向くな。」とも言った。この時は、彼がオウンゴールを入れてしまったことは知らなかった。彼は、かなりつらそうな顔をしていた。後からオウンゴールのことを知って、何だか申し訳ない気持ちがした。

 それでも、選手からは監督やチームを批判する声は聞かれないし、その意味ではチームとしてバラバラになっているわけではないと思う。

 一度思い切ってメンバーを変えてみるのも面白いと思うのだが、怪我人が多くてそれもできないのかもしれない。

 確かに監督を代えたら、流れも変わるかもしれないんだけど、何だか発想が安直なんだよね。他のチームでは監督交代で流れが変わったチームもあるけれど、監督をポリシーもなく、変えたところで、またいずれ行き詰まる気もする。

 何とか今の監督で結果を残してほしいんだよね。発想が甘いと言われようと、そうあって欲しいんだよね。

 今日はシャトルバスで。ソ・ヨンドク。


 カターレサポーター。


 大分サポーター。意外と数いました。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

息子の授業参観の後、走り(4/21)

 今日は息子の小学校の授業参観で、通常のスケジュールで起きて、歩いて小学校へ。授業は社会で、地球儀を見ながら、世界の大陸や海、国を勉強しようというもの。こういうのは、うちの息子は得意なので、楽しそうにやっていた。班を組んで逆に国名当てクイズの問題を作っていたのだが、それも自分で考えて、同じ班の女の子に命令して発表させていた。

 何だか偉そうだ(笑)。

 その後、保護者会があって、帰宅。

 午後は、まだ取り替えていなかった車のタイヤ交換をした後、走りに出かけた。何とか今日もしっかりと走ろうと思い、ハーフマラソンの距離を走ろうと4時半を過ぎてから出発。

 遠くまで行こうかとも思ったが、結局、近くの公園をひたすら周回して距離を走る方法でやることに。初めからずっとゆっくりで、公園に入ってからもゆっくり。単に足が重くてゆっくりしか走ることができなかったというのもあるのだが。

 途中、水分補給で立ち止まることもあったが、それも基本的には1分以内でずっと走り続けた。結果、目標の21.1kmを走り終えた。ただ、もはやハーフの距離を走っただけでもくたくたになる。フルマラソンを走っている人はどんな体力をしているのだろうと思ってしまう。

 来月、地元でフルマラソンの大会があり、それに出ようと思っているのだが、不安でまだ申し込んでいない。最終的には申し込むことになるだろうけれど、この倍苦しまなければいけないのかも、と思うと少々気は重くなる。

 でも、フルで4時間を切りたいという目標を何とか達成したいので、練習はしておこう。目標に全然及ばない最悪のケースも十分に考えられるけど、その時はご愛敬ということで。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

担当者の感覚と一般の感覚との距離(4/20)

 昨日遅くまで、学校の父親の集まりがあったこともあり、朝が結構きつかった。これから、ずっとこんな感じになるのかなあ。うーむ。

 さて、今日は、先週から来た新人さんの業務の補佐として、ヒアリングに付き合うこととなっていて、ほとんど会議室に缶詰になっていた。

 それでも、静かな自分の課にいるよりは外部の人と会って話をしている方が仕事としては面白い。自分の係の業務とはいえ、細部までは把握していないので、担当者はこんなやりとりをして結果を持って来ているのか、と把握できるのはいい。

 結果だけで把握して判断していく仕事は、責任はあるが、仕事の面白さという点では、あまり面白くない。実務から離れてしまうとますます実際の担当者の感覚というのが分からなくなってしまうのではないかと思ってしまう。それが分かりすぎるのも問題だけれど、そういう感覚と一般の感覚との距離が離れないように常に確認しておくのが必要かと。

 今日の仕事では制度の仕組みが、その制度の目的に必ずしも合っていないという事例に直面し、少し考えた。ただ、その制度というのも、運用の話でどうにでもなるのではないか、という気がしたが、過去にその制度を所管する人に確認したうえで、そういう取扱いになっているそうで。でも、この事例の場合、その運用では本来の目的を達成することができない。

 小さなことなんだけれど、我が社ではそんなことが山ほどあるんだろう、きっと。
 制度を守っていれば、本来の目的に達しなくても、批判されることはない社会なのだろうけれど、それでいいのだろうか、それをそのままにしていることが、自分やその人が担当者である意味なのだろうか。それじゃ、機械と一緒ではないのか。

 そんなことを考えてみた。。。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

やりたいことができる、そんな当たり前のことに感動(4/19)

 息子が通っている小学校に、父親メインの会があるのだが、今年からそれに役員という立場で関わることになり、その会合があるというので、行ってきた。

 平日の仕事のある日でもあるので、夜8時から、場所は個人宅でだった。

 メンバーが少しずつ集まってきて、打ち合わせを行った。年間行事がいくつかあり、その割り振りのようなものを決めているときだったが、もう皆次々に自分はこれをやりたい、と手を挙げて役割が決まっていく。

 こんな会合は久しぶりに見る。これまでずっと人の顔色を伺うような、誰かがやってくれればいいというような、そんな空気に満ちた場所に生きてきたから、この場はかなり自分の中で衝撃だった。

 やりたいことをやる。そんな当たり前のことができるようにそれぞれが協力しあう。そんな組織はきっとうまく行く。そんな組織は打ち合わせの後、結局、12時まで酒を飲んでいましたが。。。

 最後に写真。
 だいぶ葉桜になりました。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

ハートネットTV(4/18)

 ここ1年間くらい、NHKはEテレの福祉番組をよく見るようになった。3月までは、金曜に「きらっといきる」という番組が放送されていたが、それが終わった。

 番組が終わって、ちょっと残念に思っていたが、その後、月~木で放送されている新番組「ハートネットTV」にラジオをやめた小島慶子さんが出演するというので、見始めた。それに気付いたのが先週からだったが、再放送も1週間遅れであるので、そこから録画を開始。

 いきなり、孤独死の話がテーマになっていて、結構重い。今日の夜にはそれに関しての生放送もあった。反響も結構大きいようだったが、その中で、見つけた一つの言葉。


 「既に分かって興味のある人を視聴者対象に据えていませんか」というもの。


 たしかに、そんな傾向はある。この番組を見ている人もものすごく関心を持っている人が多いように思う。自分も福祉関係については知ってはいないけれど、関心はある。

 ただ、「ちょっと関心がある」という人をどんどん取り込んでいける、そのきっかけとなるいろんなことを紹介してくれるそんな番組であって欲しい。

 この番組、いろんな福祉系のテーマをいろんな番組の構成で見せてくれている。そしてそれらの一見異なる番組をハートネットTVという枠でつなげている、こんな番組のあり方は面白い。

 最近、面白くないと言われるテレビだが、面白い番組が皆無になったわけではない、と思う。

 ちょっと話はずれたが、本編の中では「孤立している人がいたらあきらめずに探し続ける、あと少しでつながることができるという人がいる」という発言があった。常にもう一歩、前に出るという気持ちを忘れないことが大事だ。

夜桜。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

ランニングコースを走る(4/17)

 火曜と木曜は息子のバスケの日。仕事を早々に切り上げて、体育館に向かう。息子のバスケは7時までなので、6時半より前に到着して、体育館のランニングコースを走ろうという魂胆。

 到着すると、職場が近い妻が既にウォーキングを始めていた。こちらは着替えてから走り出す。が、足が重い。

 昨日の夕方くらいからひどくなった筋肉痛は依然として続いている。ちょっと、まだランニングができるような状態ではなかった。とはいえ、今更やめるわけにもいかず、結局コースを10周、約3kmをゆっくりと走った。

 帰りは、息子と妻が自転車で帰るのに合わせ、こちらはランニングしながら走って帰る。結局トータルで5kmくらい走っただろうか。筋肉痛の足には結構こたえた。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

やはり朝の始まりは挨拶から、といきたい(4/16)

 昨日の走りで、やや筋肉痛。年を取って筋肉痛が出てくるのが遅くなったのか、それとも、本来使うべき筋肉を使わなかったからなのか、分からないが、本格的な筋肉痛はない。

 とはいえ、自分は座り仕事。筋肉痛にはじっと座っているのが一番良くないような気がしているが、夕方の頃にはやはり筋肉痛が激しくなってきた。結構つらい。が、歩く分にはそう問題はない。

 一日は何となく平穏に過ぎていった。
 特に書くこともないが、前々から思っているけど、やはり朝と帰りの挨拶は必要だなと。

 なぜか自分が勤めている業界はあまり挨拶がなく、挨拶のし甲斐がないというか。朝、とりあえず、「おはようございます」と、いつも結構ぎりぎりの出勤にもかかわらず、堂々と入っていくが、やはり反応が少ない。

 昔からずーーっと思っているけど、やっぱり挨拶はしましょうよ、って、思うんですが、どんなもんですかねえ。単純に嫌われているのかなあ。

 そういう自分もきちんと返しているか、というとちょっと自信はないのですが、って、自分で言っておいて、「えっ」って感じですね。

桜満開!


川の両岸に。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

全国健勝マラソン 加賀温泉郷大会(4/15)

 朝風呂に入り、そして旅館の朝食。これも部屋食。いろいろと合理化されている中で、朝食も部屋食のところは珍しいのではないだろうか、と思わないでもない。

 さて、食事も終えて、今日のメインイベントマラソン大会の会場に向かって出発。いつもは電車に乗りながら眺める加賀温泉駅を右手に見ながら、高台にある陸上競技場を目指す。これ以上は規制があるという場所まで行ったが、近くに空いている駐車場がないから、市役所に止めてシャトルバスで来るように言われる。妻と息子の出番が先なので、2人はここで降ろして自分は駐車場を探しに行く。

 しかし、ここの運動公園は別の入口の方から行けば、また別の駐車場があることは知っている。その入口を見つけて、とりあえず、止められるところを見つけた。ちょっと、陸上競技場までは遠そうだが、歩けばいい。荷物を担いで700mほど歩いて、控室になるスポーツセンターに向かっていた。

 その途中、声をかけられた。すると、職場の同僚だった。その人もマラソンをやっている(それもかなり速い)のは知っていたが、まさか県外の同じマラソンにエントリーしているとは。

 その後、しばらく歩いて、妻と息子を見つけた。総合受付でここからタクシーを呼べるかなどについて聞いていた。そうなのだ。妻と息子は午後に用事があって、走り終わった後に、電車で帰宅する必要があるのだ。ここに来る途中で駅を横目に見たが、ちょっと歩いていける距離ではないような気がする。そこでタクシーなのだ。

 だが、この大会は市役所からと駅からシャトルバスが出ていて、朝の10時半までは駅からこの場所までのシャトルバスが出ている。そのバスが駅に戻るときに乗せてもらえばいいのではないか、という結論に至り、実際にその作戦で成功した。

 さて、話は戻り、こちらも着替えて、先に走る妻と息子の走りを見送りにいく。2人はゆっくりとスタートして、陸上競技場を出ていった。帰りは苦しそうだったが、何とか2kmを走りきった。特にこの陸上競技場は高台にあるので、戻ってくる時がきつい坂道になる。それは何kmでも同じ。何とかその苦しい坂を上りきってゴールしていた。

 妻と息子のレースの後、少し話をして、自分は2人と分かれて、ウォーミングアップに。妻と息子はここでもう帰ることになる。

 そして自分は、ウォーミングアップを終えてスタート。ある程度、情報は仕入れていたが、噂に違わず、アップダウンの多いコースだ。とにかく、平坦な道がほとんどない。緩やかではあっても上っているか下っているかのどちらか。

 だから、とても体力を使うし、ペースも乱れる。12~13kmまではまあまあのペースで行けたのだが、15kmを過ぎたあたりから完全に走れなくなってきた。17~18kmくらいから腕が痺れてきた。19kmくらいでは体が苦しいわけではないのに呼吸が激しくなってきて、もしかしたらまずいのではないかと思い、少し歩いた。

 ただ、このままだらだらと歩いていたのでは2時間を超えてしまう。それは避けたかったので、ゆっくりながらもまた走り出す。最後のきつい上り坂を登り切って何とか2時間を切るタイムでゴールできた。

 反省点がいくつも出てきたレースだった。ペースをどうすべきか、事前の給水や途中の給水、そして練習への取り組み方など全てに反省点が多い。それでも、このレースは目標にしているレースではない。反省点を踏まえてもう少し努力しよう。

 レース後、テントでいくつも出展していた地元名物を食べて、疲れは回復。帰りに、片山津温泉の日帰り入浴に立ち寄る。大浴場から見た景色はなかなか。露天風呂に出たら、柴山潟が一段ときれいに見れた。潟の中へ張り出した場所に祠みたいなものがあるのだが、そこに人が出入りしているのも見えた。

 ということは、向こうからこちらも見えるのだろう、きっと。あまり迷惑にならない程度に露天風呂を後にしたけど、ちょっと危険?な感じ。祠の方が後からできたんだろうけどね。

 ま、そんなこんなで疲れは少し取れました。そして、帰宅。また、明日から仕事頑張ります。

 加賀温泉の女将さん集団、Lady Kagaです。


 レース後にこんなものも食べた。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

山代温泉(4/14)

 明日、石川県の加賀市で行われるマラソン大会にエントリーしており、それに参加するため、昼前に家を出発して出かける。せっかくなので、温泉がいくつかあるなかで、山代温泉を予約している。

 予定では大体2時間ほどで着く予定。高速道路に乗って向かう。途中、石川県の松任にある、パーキングエリアからも入れる「車遊館」という観光施設に立ち寄る。中は土産物屋さんや飲食店などが並ぶ。

 以前はこういう施設が珍しかったので、かなり人でいっぱいだった記憶があるが、久しぶりに行ったところ、何だか閑散としていた。決して人がいないわけではないのだけれど、賑わっていないというか。なかなかこういう施設も時代の流れで難しくなってきてるんだろうな。そもそも、若者が車に乗らないというし。

 さて、そこに立ち寄り、海辺に出て海を眺めてから、今日の宿泊地に向かう。道中、桜が満開で、とてもきれい。

 山代温泉にはほどなく到着し、宿もちょっと高台にあったが、何とかたどり着いた。チェックインの後、明日のマラソンの受付を近くの文化会館で済ませて、旅館周辺を散策。

 途中、ガイドマップに乗っていた温泉玉子プリンなどを食す。なかなかうまい。その後、総湯につかって、体を温めてから旅館に戻った。

 旅館では、久しぶりに部屋食での夕食。時期が時期だったので、料金も比較的安く、料理もなかなか。風呂も入り、明日に備えます。 

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

いろんなことがあった(4/13)

 朝早々に北朝鮮のミサイル発射のニュース。そして、それが収まらないうちに死刑判決。そして、富山では一時期、街中での殺人事件かというニュースもあった。

 最後のニュースは、その後、事件性は低いと言うことであったが、学校では集団下校もしたようだった。

 個人的には、ほかにも思うところがあったが、帰りに夜桜を見ながら忘れることにした。
 
(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

またバスケ(4/12)

 一昨日から息子が通い始めたバスケットボールの教室を見に行く。

 仕事が終わってから会場に向かって、着いたのが午後6時半頃。その時にはボールをコートの端から端へと投げてそれを追いかけて拾い、シュート、というのをやっていた。かなり走らされている。だが、うちの息子は走りにちょっと無駄な動きが多いと思う。

 それでも、課された練習はうまくないながらも全てこなしていた。汗だくになっていた。顔もかなり赤くなっている。

 午後7時前には練習が終了して、帰宅。汗を拭くのもそこそこに息子は自転車で、自分はそれを追いかけて早足で。まだ来週も続きそうだ。息子はおっとりしているように見えて、意外と根気はありそうだ。


 春が来た。日向は咲き始めました。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ライフログ(4/11)

 月曜のクローズアップ現代で、ライフログというのをやっていた。ブログと何が違うのかといえば、人生で起こる全ての事を記録していくことが違うのだとか。

 よくこれから食べようとする料理を写真に撮る人がいるが、そのうちの何人かは食べるものを全て記録して、カロリーを取りすぎだの、野菜が足りないだの、後で振り返ることもあるそうだ。

 ライフログがブログと違うのは、ブログが日記的に書くのに対して、ライフログが起こったこと全てを記録していくところ。何を食べた、何を買った、何を読んだ、細かくなれば何時に洗濯をした、掃除をしたというところまで。

 番組の中で本当に全てを記録しているプログラマーの人が紹介されていたが、記録していると、例えば歯ブラシを大体一月おきに交換していることが分かって、それを先回りして、ライフログアプリが教えてくれるのだとか。

 この人が目指しているのは「人生の効率化」ということだが、そこまでやるの、というくらいに記録している。私はむしろこの作業をやめた方が人生が効率化するんじゃないか、と思ったくらいだ(そう思った人も多いのではないだろうか)。

 どちらかといえば、その後の、「ゲームじゃないかな」って、糸井重里さんのコメントの方が面白かった。

 とはいえ、こういう私も、ほとんど見られていない日記をもう10年以上、韓国にいた時も含めれば15年近くやっているわけで、こういうのは実はきらいではない。

 最近は録画した番組をいつ見るかというのを大体決めているし、ランニングの記録もNIKEのアプリで記録している。体重も記録しているなあ。


 でも、それで人生が効率化しているかというとそうでもないわけで。

 というよりも、効率化した人生なんて面白くない、と私は思う。

 でも、考え方は人それぞれ。別に効率化した人生が好きな人はそれを選べばいいと思う。

 番組内容はこちらに全文を起こしたものが掲載されているのでご覧ください。


 桜はチラホラ。




(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

かなり激しいようだ(4/10)

 今日から息子が、市の主催するバスケットボール教室に通い始めた。ただ、本格的なものではなく、あくまでもサークル的なものという認識。今までは水泳を土曜日にやっていたが、もうひとつ何かした方がいいのでは、と思い、本人の意向も踏まえて申し込んだもの。

 夕方からで、初日は妻が一緒に行った。すると、思ったよりハード、というメールが。帰ってきてから話を聞くと、すぐにランニングを始め、基礎トレーニング、柔軟体操など。で、ボールを触ったのは1時間半のうちの最後の方だったそうだ。

 走るのが苦手で、体も硬い息子なだけに少々心配になる。「もう行きたくない」と言い出すかと思っていたが、疲れるには疲れたらしいが、「行きたくない」、ということはないらしい。ボールを買わなければいけなかったらしいのだが、それももう購入してしまった。本人はそんなに嫌でもなかったようだ。

 どこまで続くかがまだ心配なところだが、無事続けてくれると嬉しい。あまりしんどいことをさせてこなかったから、少し根気が必要なこともやってほしいと思う。

 桜はあと少し。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

新しく社会人人生を始めた若者を受け入れて(4/9)

 今日から新人さんが自分の係にやってきた。朝の9時過ぎに自分の職場へ。
 まずは、係の概要や仕事をするうえでの注意点などの話をして、席についてもらう。

 その席の前任者も新人だった若手で、その時は当時の上司から半日くらい話を聞いたそうだが、私からはそこまでする話もなく、詳しい仕事の引継ぎを早くした方がいいと思い、その若手の前任者に来てもらった。

 あまり腫れ物を触るかのように扱うつもりはないが、かといって、あまりに現場主義でもつぶれてしまうだろう。その辺の兼ね合いがよくわからないところだ。多分、自分の性格的には現場主義でいろいろやらせてしまいそうなのだが、とりあえず、それは抑えておこうと思う。

 まずはどんな人かを分析してから。すごく真面目そうに、とりあえず初日はそう見える。実際にはユーモアもある人間であることを期待したい。真面目なだけではどこかで息詰まるから。

 写真は、桜吹雪デザインのセントラム。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山対ザスパ草津(4/8)

 前節の勝ちを受けてのホームでの試合。今年のホームは2連敗スタートとなっており、何とか勝ち点を取りたいところ。夕方4時からの試合。前の2試合は悪天候の中での試合だったが、今日は天気もよく、立山もきれいだった。そんなわけで、息子を連れての観戦。

 今年はスポンサーさんがカターレジュニアパスという企画をやってくれていて、小学生は無料になっている。当然、自分の息子もそれに登録して、無料で見させてもらう。

 さて、今日はバックスタンドの芝生席での観戦。一人の時は2階席に行くのだが、息子は芝生席の方が好きのようで、そちらで。

 試合はこれまでの試合ほどは相手にはやられることもなく、割と攻撃もできていたようだが、一つのミスから前半に失点。DF2人がパスで交わされて、相手の外国人、ヘベルチに抜け出されてしまった。

 その後もシュートを打って反撃するがなかなか決まらない。今日は西川優大がトップに入り、怪我で欠場の黒部の役割を期待していたようだが、彼にその役割を任せたが、それが彼の良さを消してしまったようだ。彼はもっと動いた方が持ち味が出せるかもしれない。

 交代出場で明堂が入り、彼の運動量で少しチャンスが生まれるようになった。そんな中、後方からのボールを明堂がヘディングで前線に流すが、誰にも合わず。と思って一瞬目を離したら、次に見た瞬間にボールがゴールに!

 何と相手のゴールキーパーがトンネルしたのだ。もらいものの一点。こういうのを見るとやはり、相手ゴールの枠には飛ばしておくものだと思う。こんなことが起きるかもしれないのだから。

 と思っていたのだが、その得点後、1分ほどで、すぐに相手に強烈なシュートを決められた。こんなシュートなかなか決まらないぞ、と思えるようなもの。今年のカターレはよくこんなシュートを決められるなあ、という印象をまた強くした。

 試合は結局、1対2で敗戦。ホーム3連敗となった。

 何ともむなしい結果だ。後で試合のデータを見ればシュート数は15対6で圧倒しているし、そんなに相手に押された訳でもないのだが。

 素人考えだけど、DFラインから前線への放り込みが機能していないのと、ボランチの選手がもっと攻撃を組み立てた方がいいのでは、という思いが強い。それともっと言えば、やはりサイドの選手の数が少ないと思うのと、2列目の選手をもっとサイドに張らせてもいいのでは、サイドの選手の位置が低いなどなど。いろんな思いが出てくる。

 なかなか光が見えない。次に喜ぶことができるのはいつのことか。一つの修行に近い。自分はそれでも見に行くけれど、普通の人はそうそう続かないだろう。

 最後に、写真を。午前中はウォーキングのイベントに参加。新しい富山大橋などを通ってきました。


 呉羽山山頂から。山がきれいです。


 新しい富山大橋。




 橋の上をアシアナ航空の飛行機が通過。


 試合の風景も。富山サポーター。


 草津サポーター。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

久しぶりにかなり走った(4/7)

 来週、レースに出るので長距離を走りに出た。今日も結構寒く、途中は雪も降ってきてどうなることかと思ったが、もう死に死にだったけれども、何とか16kmを完走。それでも、以前に比べれば遅い遅い。やはり普段の練習は必要だという結論に。

 もう遅いか。それでも、少しは足はできただろうか。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

聞く順番を考えよう(4/6)

 4月に入って、テレビやラジオでも番組改編が行われた。テレビは今のところ、特番ばかりなので、あまりそんな気はしないが(というか、最近のテレビは一年の半分くらいは特番をやっているような気がするが)、ラジオの方はもう新しい番組が始まっている。

 3月いっぱいで自分がPodcastでよく聞いていたTBSラジオの「キラ☆キラ」が終わり、新しい番組が始まった。新番組は赤江珠緒さんがメインパーソナリティの「たまむすび」という番組になった。

 新番組もメインパーソナリティと日替わりの男性パーソナリティが2人で番組を進めていくというもの。そして、日替わりゲストによるコラムのようなコーナーがあるのも続いているようだ。

 で、この新番組で自分が期待していたのが、小田嶋隆さんが水曜日に登場するということ。その人がどんな声でしゃべるのかは聞いたことがないのだが、この人の書くコラムが好きで、自分もこんな文章が書けたらいいなと思っている。その人の、きっと斜に構えた話が聞けるだろうと思って期待していた。

 で、そのPodcastを今日聞いた。

 予想に違わず、なかなか面白かった。「たまむすび」自体は前の番組に比べればちょっと毒が少なく、当たり障りのない進行になっていたが、多少、毒はあり、いい内容だった。

 で、今日、小田嶋さんのコラムを見たのだが。。。


 あれ、ラジオで話していたことと内容がかぶっている(あまりこの言葉は好きではないが)。

 そうなのだ、ラジオで話した内容とほぼ同じ内容がコラムに載っているのだ。
 新しいネタを提供するのもなかなかしんどいし、ラジオでも新しいネタをというのは難しいのかもしれない。しかし、ちょっと今日のコラムは少し損をした気がした。

 ラジオに出てくれるのはいいが、同じ内容とはちょっと。これからは、コラムを読むまではPodcastを聞かずに、コラムを読んでから、Podcastを聞くようにしようか。

 こちらも楽しむための対策を考えよう。


 写真は帰り道の夕暮れに見かけた月。風情があります。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

クラス替え(4/5)

 今日が息子の小学校の始業式で、クラス替えがあった。

 クラスの名簿を持って帰ってきていたが、「1年からずっとクラス一緒の子、いる?」と聞いたら、「いない」ということだった。



 そんなことがあるだろうか。


 息子の学年は3クラスあって、2年ごとにクラス替えがある。人数は全体で90人くらい。これだけの人数がいて、たった2回のクラス替えしかしていないのに、ずっとクラスが同じ子がいないというのはかなりの確率だ。

 名簿を見てみたが、見覚えのある名前について聞いてみても、どの子もずっと一緒ではないそうだ。

 確かに嘘ではないようだ。

 偶然なのだろうけど、なぜこんなことに。。。

 ただ、保育園時代から一番仲のいい子と同じクラスになれたから、それはそれでよかったようだ。本人も全然気にしていないし、まあ、いいか。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

眠ってしまった(4/4)

 昨日の嵐が去った後。昼の散歩に上に何も着ずに出てみたが、あまりにも寒くて少しだけ歩いて、戻ってきた。せめて手袋だけでもはめて出かけてみればよかった。

 こんな日であっても、今夜もラジオを聞こうと思っていて、息子と一緒に布団に入った。息子が寝るのを確かめてからいつもは起きだすのだが、今日は疲れていたのか、一緒に眠ってしまい、結局、気がつけば朝。

 昨日のテーマは「尊厳死」。聞きたかったのだが、また番組は少々荒れたようだ。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ものすごい風(4/3)

 今日は予報どおり、というかその予想をはるかに超える激しい風で。

 ニュースを見ていたら、トラックが横転したりとか、納屋がつぶれて犠牲になった人もいたとか、大変な風だったようだ。確かに窓に当たる風の音が大変な音だったが、ここまでひどいとは思わなかった。

 この風は明日の朝まで続くとかで、まだまだ大変。



(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
39位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク