FC2ブログ

「北朝鮮のリアル/チョ・ユニョン」を読んで(5/26)

 ゴールデンウィーク前から読み始めた本だったが、しばらく読書の時間が取れずに、そのままになっていたので、今日、息子の水泳教室を見に行くついでに持って行き、一気に読み終わった。というか、本を読むために、水泳教室の観覧席に行ったというのが正しい。自宅にいるとついついだらだらとしてしまって、本を読むという環境にならないからだ。むしろ、多少人目があって、ほかのことができない環境の方が集中できていい。

 さて、本筋の本の感想。

 「北朝鮮のリアル」という本だけあって、北朝鮮で実際に生活している人の声が多い。もちろん、本の筆者の人が北朝鮮に入って、というよりは、商売で中国との行き来をしている人や脱北者の話が多い。

 読み進めていくと、北朝鮮の人がただ自国の中で統制に耐えて生きているのではなく(もちろん統制はかなり厳しいものがあるけれど)、その網の目を抜けて、自ら商売を始めたり、中国から商品を仕入れて成功している人もいるということに、これまでの印象を新たにする。

 ただ、それは国の経済政策があまりにも要領を得ないためにやむを得ず、という側面があるということ。また、これも当然ではあるが、それによって、成功するものと失敗するものとで貧富の格差が拡大しているとのことだ。

 新しい政治体制に入った北朝鮮だが、その基盤は我々が思っているほど、弱いものではないのでは、との記載もあった。一つ言えることは、我々が知っているのは北朝鮮のほんのごくごく一部であったり、推測に基づいたものが多いと言うこと。その意味でも、この本に書かれている生の声、というのは、とても貴重だ。

 文章もそれぞれ、4ページほどで、一つのコラムのように書かれているので、少しずつでも読みやすいと思う。

 以上、なんちゃって書評でした。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 よろしければ、どこでもいいので、一押しお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
41位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク