2619人の意味 カターレ富山 対 ファジアーノ岡山(9/30)

 試合は引き分け。先制されたが、よく追いついた。これが率直な感想。

 見に行ったが、何がすごかったと言って天気。夕方6時からの開始だったが、台風の接近とまさに重なってしまい、家を出る頃には激しい雨。これはどうなることかと思っていたが、スタジアムに着いても全くやむ気配はなし。むしろ激しくなる一方。風も強くなってきている。これはあまりにもひどいので、急遽、ポンチョを購入した。前に買おうとした時には売り切れていたが、今日はまだたくさん売っていた。さすがにこの天候で、たくさん用意してきたのだろう。

 まさに横なぐりの雨といった中で試合は開催。今日はDF福田が出場停止だったので、吉井が真ん中に入って、池端が左に。それから中盤では木村勝太が出場停止から復帰して、左サイドに入り、ソ・ヨンドクが右に。

 試合は風によりかなりボールが押し戻される状況の中、前半は風上だったカターレ。しかし、前半の前半はいつもどおり相手に押し込まれる展開が続く。何とか初めの相手の勢いをしのいで、攻撃に入る。苔口の惜しいシュートもあった。逆にGK守田が相手との1対1を止めるビッグセーブもあった。後でハイライトを見ると、相手GK中林のビッグセーブもあった。そんな流れで、前半は得点は入らず。

 後半に入って、岡山が先に動く。そして、途中交代で入った選手にゴールを決められた。後で見たハイライトを見ると、うーん守田、あれは止められないコースだったか、少々悔やまれる。しかし、今日の富山はそこで屈せず、コーナーキックからキャプテン足助のヘディングのゴールが決まる。盛り上がる場内。

 あと1点取れれば。

 そう思いながら見ていたが、逆に危ない場面も何度か。こちらも選手交代して攻撃を活性化させようとする。久しぶりの出場となった平野甲斐が前線で走り回ってチャンスを作っていた。終了間際にはこれは決まったと思われた黒部のシュートもあったのだが。オフサイドの判定で残念。後のハイライトで見ると間違いなくオフサイドだった。

 結局、取った勝ち点は1。今日は同じ勝ち点だった鳥取が勝ったので、21位に転落となった。次節はその鳥取戦。絶対に勝ちが必要だ。

 しかし、今日はこの悪天候の中で頑張った選手も去ることながら、この中でも2,619人が集まったという事実が大きい。確かにビラ配りなどいろいろしていたわけで、その中で、3,000人も集まらなかったと言うことも言えるわけだけど、そんな文句を言う人間は馬鹿か!と思えるほどの天候だった。屋根のある席もあるが、あの横なぐりの雨では屋根もほとんど役に立たなかったらしい(屋根のある席で観戦していた妻によると)。

 そんな中、あの試合を見に行った人間は、愛すべき大馬鹿野郎どもだ!(笑)

 確かにカターレは弱い。それは事実だが、何とか少し気にかけてくれていた人がだいぶ足を運んでくれるようになってきたのではないか、といい方向に考えてみる。鳥取戦は、天候は回復してくれるだろう。そうなれば、もっと大きな声援が送れるのではなかろうか。

 最後に、一つ気になった点が。どうやら岡山とのコール合戦はなかったらしい。自分が到着したのも結構ぎりぎりになったので、それを知ったのは家に帰ってきてからだが、まあ、今日は天候も天候だったし、やってもうまく伝わったかどうか分からないし、それはよしとしよう。

 ただ、それに加えて、岡山の選手が痛んでボールを出した時に、「ボールを返さなくてもいいぞ」とでかい声で、リーダー格の人が言っていた。「岡山はボールを返さないから」とかも言っていた。天皇杯の時に何かあったのかもしれないが、それにしても、あの言葉にはがっかりした。で、実際に選手もボールを返さなかったし、どうなのか。変に対立したりするのはやめて欲しい。

 岡山との間では、ちょっと洒落もきかせてサポーター同士、楽しんでいくのがいいと思うのだが、どうだろう。せっかく作った関係なのだから。

(10月2日追記)
 コメント欄を通じて岡山のサポーターの方から指摘をいただきました。ファジアーノ岡山はチームとして、「1.レフェリーに対するリスペクトを体現し、また、2.アクチュアルプレーイングタイムの増加のため、選手がピッチに倒れている際であってもボールを外に蹴り出すことなくプレーを継続したい」するという考えのもとに、それを相手にも伝えたうえで、今季を(正確には2010年から)戦っているそうです。詳しくはリンク先をご覧下さい。

 こんな考え方もあるのか、と、選手が倒れていたらプレイを切る、というのに慣れていた自分にとっては目から鱗が落ちる思いでした。問題が全くないわけではないですが、この発想もありかと思います。より客の目線に立ってと言うことも言えるのでしょうか。

 完全に誤解をしており、不快な思いをされた方にはお詫びしたいと思います。また、それを踏まえた上でプレイを続けた両チームの選手に拍手です。

(追記ここまで)

 富山サポ。


 岡山サポ。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

試練の2連戦、ビラ配り(9/29)

 昨日の夕方には、監督、選手によって行われたカターレの試練の2連戦のビラ配り。今日は、サポーターによる協力も呼びかけられていたので、それに参加してきた。予定されていた時間は午後1時から1時間程度。スタッフの人とチームの社長も来ていた。サポーターは10人ほど。

 自分が行った会場は入口がいくつかある大型スーパー。店の外でやるように、との指示があり、そのうちの入口の一つでビラを配った。そんなに頻繁に客が出入りするわけではない。それでも、中から出てくる人、外から入ろうとする人、それぞれにビラを配る。

 カターレの試合、明日と来週ありますんで、チケットは半額なんで、と。

 正直なところ、はっきりと関心を示してくれる人は少ないし、中には、受け取らない人もいる。一般の人はどの程度関心を持ってくれているのかは正直分からない。子ども連れの人を狙って配るが、そうばかりも言っておられず、いろんな人に配った。

 ただ、ビラを配るだけだが、カターレの看板を背負うと責任を感じる。身が引き締まる。個人的にはひげを剃っていってよかったと。イメージを悪くしたくはなかったから。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

危うく忘れるところだった(9/28)

 帰り間際に、仕事を提出したが、必要な書類を一つ作っていないことを指摘されて、慌てて作成することに。作成には2時間近くかかった。

 適当に作成すればもう少し短縮することはできたのだが、あまりそう言う性質のものでもなく。何とか作成して、提出して職場を後にした。

 台風が気になるが、ホーム2連戦の週末。何とか、何とか、勝って欲しい。

 最後に、最近はあまりやっていなかった韓国ニュースをKBS WORLDのページから転載。こんなニュースが韓国で伝えられているという観点でご覧下さい。

 拳銃を郵便で米国へ 仁川空港で発見 2012-09-29
 韓日交流おまつり まず東京で始まる 2012-09-29
 江華島の隣の島に脱北者 軍・警察は6日間気づかず 2012-09-29
 秋夕連休 帰省ラッシュ始まる 2012-09-28
 ソウル市 来年からペット登録制を実施 2012-09-28
 北韓を称賛 SNSで投稿者急増 2012-09-28


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

気持ち悪い(9/26)


 自民党の総裁選が行われた。数日前の予想からは、異なった結果になったと思う。ネットではずいぶんと当選した人の人気が高いというのは、昨日知ったところだ。

 別にそんな人がいてもいいのだが、支持している人達の意見を見ていると、これで日本は復活だ、とか、またマスコミ叩きが始まったとか、やけに擁護して持ち上げている。それがものすごく気持ちが悪い。

 政策がどうとかそんなことよりも、自分にはどうしても、はっきりしない理由で辞めてしまったという印象が強すぎて、その人を推す人の気持ちが分からない。その時はマスコミに辞めさせられたとかいうけれど、それくらいのことで辞めてしまう人がそんな簡単に変われるものだろうか。変わったとしても、その責任は重いと思うのだ。また、あの時、辞める理由として健康状態とは言っていなかったと思うし、それなのに公然と健康状態が問題だったということにされているのにも疑問を感じる。

 早速、大した問題でもないのに、あるローカル局が叩かれていた。内容自体はくだらないものだと思うが、別にそれに目くじらを立てて、攻撃するほどのものでもないと思うが。自分の考えに賛同しないものを徹底的に叩こうとする風潮。それが気持ち悪いのだ。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

すっかり涼しくはなったのだが(9/25)

 朝、夕と涼しい日が続く。それはいいのだが、職場の冷房が入らなくなった。すると、昼間は暑い。涼しくなったから半袖から長袖のワイシャツに切り替えたが、それが余計に暑さを増す。しんどい。で、結局、扇風機を回す。暑くて眠気が襲ってくる。あまりいいことはない。

 これももう少し我慢すれば、完全に涼しくなってくれるはずだ。それまでの我慢と。朝、起きたら汗だくということがなくなったからいいんだけどね。ぜいたくなものだ。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

J2からの降格ということ(9/24)

 自分が好きなクラブがその危機にあるから余計に気にかかるのだが、今年から導入されたJ2とJFLとの入れ替え制度について。J2からの降格というのはまだどのチームも未経験のこと。

 J2からの降格が、J1からの降格と違うのは、プロチームがプロリーグからそうではないアマチュアのリーグに落ちるというところ。チームはプロだが、試合環境はアマチュアとなる。だから、夏でも当たり前に昼間に試合をするだろうし、グラウンドもそんなに良くなく、客席も何千人というスタジアムがほとんどだろう。また、テレビの中継も、J2ならスカパーで全試合生で見られるが、おそらくそれもなくなる。

 そして、JFLでプレーする選手は少なくとも「Jリーガー」ではなくなる。これは大きい。どこまで選手が残ってくれるかというのは重要な問題だ。

 それでも、熱狂的なサポーターやサッカー好きの人は見に行くだろう。でも、客数は間違いなく落ちる。予想がつかない。そうなればスポンサーも離れるだろう。やっとでさえ、経営が苦しいところに、クラブライセンス制度があり、さらに収入減だ。まさに身動きが取れない。

 かつて、J2ができた時に、J1からJ2への降格が、まるで全ての終わりかのように言われていたが、今、思えば、それなど全く甘いと思えるものだ。J2はプロリーグで、J2に落ちてなくなってしまったというところは少ない。ほとんどのチームが再びJ1に上がっている。

 更には、今年J1で優勝を争う上位3チームは、いずれもJ2への降格を経験したチームだ。昨年は柏が優勝したように、降格したからと言って、それをチーム強化のプラスに変えたチームも多い。

 とはいえ、J2からの降格が同じようになるかというのは、全く読めない。苦しいチーム状況がますます苦しくなり、むしろプレッシャーもなく自由にサッカーをするアマチュアチームにはさらに標的にされる。戦力が残れば別だろうが、他からオファーがありそうな力のある選手は、「Jリーガー」ブランドを捨ててまで残ってくれるだろうか。

 JFLの長崎は少なくとも2位には入りそうだから、最低でも入替戦にはなりそうだ。とにかく、今年は、まさに誰もが未経験のことが起きる可能性がある。それが自分の応援するチームではないことを祈りたいが、例え、そうではないにしても、ともに戦ったチームがその憂き目に遭うのを見るのはつらい。それが、これからの歴史に残っていくことであるとしても。J2降格と同じように、上へ上がるためのステップに結果的になったとしても。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

こうなったらもうホームで勝つしかない FC町田ゼルビア 対 カターレ富山(9/23)

 3連勝と最高の状態で迎えた裏天王山と呼ばれていた試合。正確には、カターレは20位に上がっていたので、そうでもないのだが、そんなことはどうでもいい。

 試合は、町田でのアウェイ戦。今節は、國吉が負傷で当分出られなくなったのと、前節のヒーローの木村勝太が出場停止。そこへ黒部がFWに復帰し、ソ・ヨンドクが左サイドに下がり、右サイドには久しぶりの先発、加藤弘堅が入った。

 当分、家では見られないので、今日もCICのパブリックビューイングに出かける。試合開始間際に着いたのだが、激しい雨でスカパー!が映らない。試合開始の時刻になったが、やはりだめ。スタッフの方がずぶぬれになりながら、アンテナを調整して、何とか見られるようになった。スタッフの方に感謝です。

 そして、その直後、加藤弘堅が右サイドから上げたクロスボールが、GKを超えてそのままゴールイン!(試合終了後のコメントを見てみると、偶然ではなく、狙ってのものだったようだ。)アウェイで厳しい戦いを予測していたが、幸先のいい得点となった。

 これで、少し安心して見られるかと思っていたところ、相手の攻撃が始まった。カターレの右サイドを突かれてクロスボールを入れられる。ゴール前の混戦から相手がシュートし、それをGK守田がうまくはじいて、ゴール枠から逸れていき、DF福田のところに。ここで、ゴールとは逆方向にクリアすればよかったのだが、何故か福田がそれをゴール前の敵も味方も密集しているところへクリアしてしまう。それが、守田に当たってゴールに吸い込まれてしまった。痛恨のオウンゴール。

 なぜ、あんなことになってしまったのか。素人目に見てもお粗末なプレー。ゴール前では、ゴールから外へが鉄則ではないかと思ったが、何が起こったのか。こればかりは本人に聞いてみないと分からない。町田も激しい雨のようで、それで周囲が見えなかったのか、何なのか。

 その後、富山も雨が激しくなり、またスカパー!が映ったり映らなくなったり。前半30分くらいからは、全く映らないまま、前半が終了。が、ネットを見ていたら、前半終了間際に失点してしまったようだ。後からのハイライトで見返すと、相手DFイ・ガンジンのミドルシュート。GK手前でバウンドしたボールを守田がクリアしきれずに、奪われた点だった。これもせめてパンチングではじいてほしいボールだった。もったいない。で、1-2でリードを奪われて、前半終了。

 ハーフタイム中に何とかまたスカパー!は映るようになり、後半開始。とにかく追いつかなければいけないのだが、なかなかシュートを打たないというこのチームの悪い癖が出てしまった。苔口ら前線にいい形でボールが入りながらもシュートまでつながらないという形が多い。途中、朝日がうまくDFの裏に飛び出して決定的な場面を作ったが、シュートがあさっての方向に。

 時間も少なくなり、こちらもだんだん焦ってくる。町田もかなり早くから時間稼ぎと思われるようなプレーも見せてくる。そこで、町田がコーナー近くで得たフリーキック。嫌な場所だな、と思ったら、その予感が的中し、決定的な3点目を奪われてしまった。届かないのだが、「集中」とか「守るぞ」とか、せめて、自分もCICで声を出せばよかった。

 こうなったら、もう、イエローカードで次から2試合出られなくなったDF福田を前線に上げて、そこに当てていけ、と思ったのだが、そういう采配は見られず。そして、もう試合も終わろうか、と言う時に右サイド(記録によればDF吉井だったようだ)から上がったクロスボールに黒部が競り勝って落としたボールを途中出場の西川優大が決めた。これで1点差。しかし、時間はほとんど残っておらず。次のプレーで試合終了となった。

 勝っていれば、町田との差は7となり、かなり決定的なダメージを与えることができたはずだが、結果はその逆となり、勝ち点差は1。昼間に大敗した鳥取も交えて、3チームが勝ち点1差の間にひしめくこととなった。いかんせん、今日はミスで失点してしまい、ここ3試合続いていた無失点が途絶えてしまった。オウンゴールは普通は不運と言えるものが多いが、今日のは完全にこちらのミスだ。2点目も何とかできたように思えた。崩されたと言えば崩されたのだが、防げたと言えば防げた失点であったように思う。

 見ていても今日は、町田が球際でかなり勝っていた。ホームということもあったろうし、ここで負けられないという思いもあっただろう。そして、少なからず影響を与えたであろうと思われたのが、昼間に鳥取が松本に1-7で負けてしまったこと。あれは間違いなく、町田に勢いを与えた。町田にとってみれば、昇格同期の松本がライバルの鳥取を大差で破ってくれたのだ。これで燃えないわけがない。しかし、その勢いを一度は消したように思えたのだが。やはりミスが悔やまれる。

 来週、再来週は、ホームでの試合で、岡山と鳥取。この2試合が本当に勝負の2試合になる。特に鳥取戦は、絶対に落とせない試合。チームもこのあたりは分かっているようで、試練の2連戦と銘打って集客を仕掛けてきた。

 この前、千葉に勝てたのは間違いなく平日にも関わらず多く集まったサポーターの後押しがあったからだと思う。状況が状況とは言え、サポーターも一番盛り上がっている。今日のCICを見ていてもそれは間違いない。動員ではなく、本気で応援に来ている客でスタジアムが埋まってほしいところ。

 で、岡山戦は、もちろん、恒例のコール合戦もありで。そういうのも含めて、リーグ戦であり、残留争い。客まで緊張して殺気立っていては楽しくないから。

 最後に、今日のCICの写真。テレビ画面は豪雨により調整中。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

新湊大橋開通プレイベント(9/22)

 明日開通する新湊大橋。まだ車道しか開通しないのだが、開通の前日に橋を歩いて渡れるというイベントがあり、それに行ってきた。新湊大橋のある海王丸パーク周辺の駐車場は混んでいると思われたので、事前に案内のあった市役所の駐車場に止めて万葉線に乗って向かう。

 これが、万葉線のアイトラム。


 そして、これが下から見た新湊大橋。


 橋の上から見た海王丸。










 橋の向こう側では地元の曳き山が展示されてました。


 帰りは、県営渡船に乗って帰る。渡船から見た橋の様子。


 帰りの万葉線。こんな電車もあります。


 そして、今月導入されたドラえもん電車。楽しいです。












(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 富山県の情報
ジャンル : 地域情報

「2012ファン・サポーターカンファレンス」議事録(9/21)

 9月8日(土)の夜に行われたカターレ富山とサポーターとの意見交換会。自分は出ていなかったので、どんな内容だったのかと気になっていた。もう3週間近くたっており、少し忘れかけていたが、ここに来て、ようやくホームページに公開された。

 3時間かけて行われたこのカンファレンス。議事録(PDFファイル)はA4用紙で11枚にわたるかなりの量。内容もかなり充実したものだった。今まで自分も知らなかったことがたくさん。

 まず、初めの社長の説明がかなり長かったようだが、とにかくクラブライセンス制度がチーム経営に大きな影響を与えているようだ。赤字にできないから、選手を取れない。いい選手を取れないからチームの成績が上がらないの悪循環。その中で、チームを強くして客を増やすのは大変だ。

 その中で、自分が初めて知ったこともかなりあった。

・夏にカターレの選手に移籍のオファーがあったこと
・発表される「全治○○週間」というのは、チーム練習に部分合流するまでの期間であること
・國吉の加入は怪我人が発生したことによるものであること
・スタジアムの近隣の小学生の登録が少ないこと
・サポートショップの扱いのこと
・ホーム2連戦のPRはこのカンファレンスを経て生まれたものであること

 そして、改めて思ったことは、

・治療の部分で協力をしたいというサポーターがいたこと。

 このことを通じて、自分ができることで、何ができるのかを再び考えるようになったこと。とにかく、少しでも上の順位に上がれるように、応援していきたい。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

今日は忘れずに(9/20)

 今日も息子のバスケの迎えがあったが、一昨日忘れていただけに、さすがに、今日は忘れない。ただ、今日も雨だったために、一度家に帰ってからの車での迎え。

 ところで、昨日ピークを迎えた中国国内での反日デモだが、さすがに、昨日がピークで今日は大きなものはなかったようだ。もうすぐ、旧盆だし、国慶節もあり、完全に人の関心はそちらに行くのだろう。

 それを思うと、あの破壊行為は何だったのだろう。デモでも何でもなく、ほとんど暴動。被害にあった企業や店を思うと不憫だ。何とかならないものだろうか。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

夜の打合せ(9/19)

 久しぶりの小学校のPTAの打合せ。秋の行事に向けた話し合いだ。

 何とか仕事も無事に終了し、ほぼ定時に集合。今日も12時近くまで。だいぶ慣れて来た、ってもうかなりやってるんですが。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

すっかり忘れていた(9/18)

 3連休明けの火曜日。自分はすっかり月曜日のつもりでいた。火曜日なら息子のバスケットボールの教室があり、迎えに行く必要がある。それを忘れたままで、6時半頃家に帰ろうとすると妻からメールが。今日は迎えに行けるか、というもの。

 それで、ようやく気付く。天気は雨。実は傘も持っていなかったのだが、慌てて家に帰って、それから車で迎えに行くことに。何とか間に合った。危なかった。

 そういえば、今日は財布を持って行くのも忘れていた。電子マネーがあったから何とかなったが。いかんいかん。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

3年ぶりの3連勝で勝ち点3 ザスパ草津 対 カターレ富山

 2連勝で迎えたアウェイ戦。富山は今年一番の暑さだったが、今日からJ2は昼開催もある。しかしながら、カターレの試合は、夜7時半の開始。テレビは自宅の工事のために、年内、スカパー!は見られず、下位チーム同士の試合ということで、スカパーオンデマンドでも中継はなし。そのため、夕食を食べてからアウェイ戦をいつも放送してくれている富山駅前のCICビルに行った。

 開始20分ほど前に着いたところ、まだ座席に空席もあった。座席は50席ほどあるのだろうか。その中の一つに座って試合開始を待つ。ほどなくして、試合中継は始まった。今日の注目選手は朝日になっていた。

 今日のスタメンだが、前節2点を決めた黒部がまさかのベンチ外。怪我なのか、温存なのかは分からないが、中2日の試合ということで大事をとったのだと思いたい。で、黒部の代わりに苔口がトップに入り、その下にソ・ヨンドクが3試合ぶりのスタメン。そのほかでは、前節福田の代わりにDFをまとめた吉井が2試合連続での出場で、スリーバックの左に入った。

 試合は、序盤から草津が押す。コーナーキックの連続になったが、その都度、何とか跳ね返す。守備もやや不安定な場面も見られたが、相手のミスもあって決められずに済んだ。そのうち、カターレも徐々に盛り返す。苔口や西川の惜しいシュートも見受けられるようになった。前節活躍した朝日は、今日はあまりプレーがさえず、疲れが残っているように感じた。

 しかし、前半のうちに、右サイドの國吉が負傷し、西川と交代に。プランが狂ったように思えたが、終わってみればこの時にあえて、MF國吉に代えてFW西川を入れたのが効を奏した形になった。とにかく、前半は何とか相手を無得点で押さえることができて、スコアレスのまま折り返した。

 後半に入っても一進一退の攻防は続く。後半の中盤では両チーム疲れが出てきているようで中だるみする場面も見られた。しかし、後半の後半に進むにつれて、双方がチャンスをつかむ。何度か危ない場面やゴール近くでFKを与えることもあったが、何とか失点することなく済んだ。カターレはその間に、苔口に代えて木本を投入。また、DF足助が負傷し、DF池端を交代で投入していた。

 そして迎えた終了間際。カウンターから西川が前線へボールを運び、追い越していった木本にパス。木本がゴールライン際までえぐって上げたクロスボールに、逆サイドから猛烈に走ってきた木村勝太が合わせる。少し上に角度がついてあがったボールは相手GK北のタイミングからはずれて、ゴール上の方に吸い込まれた。

 その瞬間、おそらく、アウェイの試合会場でも相当に盛り上がったと思われるが、こちらのCICビルの方も大盛り上がり。知らない人同士でもハイタッチの連続。そして残り時間はわずか。実際の試合会場で歌われている試合終了間際のチャント「バモス富山」が歌われ始める。それに併せてかなりの人が手拍子。

 得点の後、草津が必死に攻めてコーナーキックを獲得した。しかし、今日は10以上あったコーナーキックを全て跳ね返している。高さでは負けないと自信があるかのようだった。最後のコーナーキックでは相手GK北も上がってきていたが、そのコーナーキックを跳ね返し、そこからの流れで逆にカターレが攻撃に出た。相手GKが上がっているのだから、草津ゴールはがら空きだ。そこを西川が狙ったが、蹴ったボールが弱く、突き放すことはできない。だが、残りのアディショナルタイム。草津もボールを収めることができない。この時間帯ではほとんどカターレの選手がボールをキープしていた。頼もしかった。

 そして、終了の笛が。盛り上がるCICビル。これで3連勝だ。思えば、監督が戦う選手の見本と名指しした黒部を欠いていながらの勝ち点3。次節、黒部が戻ってこれれば言うことはない。采配でも途中交代で入った西川と木本でチャンスを作り、最後は木村が決めた。最初の交代のカードが西川でなく、普通にサイドの選手を入れていたらこの結果は得られていなかったかもしれない。そして、今日イエローカードをもらい、次の試合が出場停止になる木村が最後の力を振り絞ってのゴール。言うことはない。

 正直なところ、アウェイでの試合で、カターレよりは上位のチーム。ホームのように簡単には行かないと思っていたので、引き分けでも御の字だと思っていたところ。実際に得点が入るまでは、やはり黒部がいないと攻撃が作れないかと思っていた。そこに、思わぬ勝ち点3が転がり込み、最下位町田との勝ち点差は4になり、得失点差で鳥取よりも上になって20位と降格圏を脱出。次節が町田とのアウェイ直接対決になるが、負けてもひっくり返されることがない差で対戦できるようになるとは思ってもいなかった。本当に選手、サポーターの頑張りに拍手だ(自分も頑張ってるが)。

 特に、GKの守田にビッグセーブが見られるようになったのは大きい。前節、今節と続いている。相変わらず、ミスはあるものの、それが大事に至っていないところがまた運を持ってきたような気がする。また、連勝中、ボランチに入っている森泰次郎も決定的な仕事をするわけではないが、確実にパスを味方につないでリズムを与えている。DF福田は怪我が心配されたが、今日はフル出場して問題なさそうで安心した。吉井も悪くはなかった。

 そんなわけで、次の試合の町田戦。相手はホームで勝利が絶対条件で死にものぐるいでかかってくるだろう。そこを今日のようにうまくしのいで、隙を見つけて倒すことができるかが鍵となる。負傷者が出たかもしれず、メンバーがどうなるかは分からないが、ここまで来たら、ベストメンバーが揃わないなどと言っている場合ではない。登録されている選手全員に出場機会が巡ってきた時に頑張ってもらうしかない。

 今はチームが乗っているとき。シーズンの終わりまでこの調子が続くかどうかはわかないが、この雰囲気をできるだけ長く持続できるように。少なくとも10月初めの鳥取との直接対決までは少なくとも今の順位をキープして有利な条件で鳥取を迎えたい。そこまでこの調子が続けば、後は何とかなるだろう。

 と、希望を持って今日を終える。気分良く連休明けの仕事に行ける。

 写真は、CICに向かう途中で撮った路面電車。



 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

おおかみこどもの雨と雪 花の家を見に行く(9/17)

 昨日の映画の余韻も覚めないうちに、その舞台のモデルとなった古民家を見に行く。自分の出身地でもある富山県上市町の山間の山村。大岩日石寺というそこそこ有名なお寺の近くの駐車場に止めて、その横の林道を上がっていく。朝10時前に上り始めたのだが、誰にも会わずにちょっと不安になった。

 ちなみに、今日は猛暑日が予想されていて、実際にそうなった。暑かった。山間部とはいえ、全然涼しくはなく、約2kmの道中はかなり汗だくになった。
 でも、iPhoneの地図ソフトとGPS機能を駆使して、目的地に近づいていることは分かる。そして、映画を題材にした町のPRののぼりが見えてきて、そこがゴール。

 あとは、まさに映画の世界。ずっと登りの道を上がってきたので、静かな家の中に置いてある扇風機で涼む。中には、女優の宮崎あおいがその家の持ち主や細田監督と写っている写真もあった。

 そうこうしているうちに、他の見物客もやってきて、結構賑やかに。十分見たところで、そこを後に。帰りは下の日石寺で名物のそうめんを食べて、実家へ。やはり暑いです。

 あとは、写真で見てもらいましょう。何か語るのも野暮というもの。

 出発前。車の温度計は39度。


 この林道を上がっていく。


 途中、熊注意の看板がいくつも。熊よけの鈴を借りることもできる。


 着きました。


 宮崎あおいも座ったという椅子。


 古い台所。


 ファンが書いたメッセージや絵が。




 裏の納屋。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

おおかみこどもの雨と雪(9/16)

(若干、ネタバレのところもあるので、まだ見ていない方は注意してください。)

 話題のアニメ映画をもはや旬が過ぎたと思われるこの時期にようやく見に行く。監督の細田監督が同じ地元の出身で、学年で言えば2年上。町に中学校は一つしかなかったから、もしかしたら同じ学校で過ごしていたかもしれない。ずっと見たいとは思っていたが、ようやく念願がかなった。幸いなことに今日はたまたま映画が全て千円で見られる日だったので、親子で見に行っても三千円で済んだ。

 話の内容は、現代のテーマに通じるものが多くあって、女性の貧困であるとか、マイノリティに対する差別であるとか、学校でのいじめであるとか、設定がそんなことを思い起こさせた。

 でも、子供も見る映画で、そこに焦点を当てたものではなく、親子の成長の物語だ。何とか一人で生きようとするが、それはやはり無理なこと。大きな畑を作る意味など、田舎らしくそれでいて、それがそこで生きる術なんだと理解する。

 個人的には、娘の雪が、中学校に入るときに、寮に入ると言ったところが、心に響いた。そう、母校の中学校には山間部から通う生徒のために寮があった。主に冬の間だけだったように思ったが、自分も一度合宿で泊まったことがあるはず。すっかり記憶はないが。

 明日は、その親子が生活していた家のモデルとなった山間部の家に行ってみたいと思っている。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

幸水の季節ももうすぐ終わり(9/15)

 小杉の方に出かける用事があったので、その帰りに、梨の香水を購入。今の時期になると梨畑がある道路沿いに、臨時の販売所がたくさん設けられる。どこで買っていいかがよくわからなかったが、えいやあ、と決めて一袋購入した。大玉の梨が7~8個入っていて、1個さらにおまけ。これで千円。

 高いか安いかは正直多少疑問なところもあるが、幸水はうまいので、いくらでも食べられる。が、今の時期しか食べられない。これだけ技術が発達して、年中いろんなものが食べられるようになったが、梨だけはこの季節しか目にしない。

 とにかく、今の季節を楽しもう。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ホームで今年初の連勝! カターレ富山対ジェフユナイテッド千葉(9/14)

 金曜日の夜。観客がどれくらい集まるのか不安な中で、仕事で何も起きないことを祈りつつ、昼間を過ごす。一つ、前々からの懸案事項をあきらめるという仕事があったが、それは仕方がない。割り切った。

 で、突発事項は発生せず。予定どおり、試合に行けることになった。が、夕方に激しい雨が。試合は大丈夫だろうか、と思ったが、何とかすぐにあがってくれた。今日は職場の人を誘っており、自分含めて6名。いろいろとグッズを準備しながら、現地に向かう。

 既にスタメンは分かっていた。DFは福田が怪我をしたので、久しぶりの吉井。平出が出場停止のために池端。そのほかは、前節とメンバーは同じ。でも、サブに福田が入っている。怪我は大丈夫なのだろうか。2試合の出場停止にリーチがかかっているので、下手に出場させて怪我を悪化とか、イエローカードとかは止めて欲しい、と思う。とりあえず、今日もソ・ヨンドクの後半投入に期待だろうか、それまでDFが耐えられるのだろうか、と思っていた。

 相手の千葉も、要のFW藤田、DF山口が怪我等で欠場。MF佐藤勇が出場停止で、本来のスタメンではないようだ。

 会場に着き、今日はメインスタンドで観戦。しかし、黙っていてはいけないと思い、職場の人も顧みず、思い切って声を出すことに決めた(かなり浮いていたが、鉄のハートで無視)。

 試合は予想どおり、千葉が押し気味に試合を進めるが、落ち着いてカターレが対応。どうやら今日は朝日がサイドではなく、2列目にいるようだ。

 前半の10分頃にカターレが先制する。一連の流れで振り返りましょう。

・大西、右サイドでボールを奪ってGK守田にバックパス
・守田前線に蹴り出す
・黒部胸トラップで落とす
・そこから、國吉-朝日-大西-苔口-大西-國吉-朝日と中盤でパスをつなぐ
・朝日から右サイドを走り出した大西へスルーパス。
・相手にボールを奪われかけるも、大西が奪い返して、黒部にパス
・黒部が右足でゴール

 これで先制。黒部はさすがにしっかりお膳立てすれば決めてくれる。高い決定力。

 しかし、得点の後は、ひたすら千葉の攻撃。
 特に、得点の直後には、千葉のFKからFW荒田がシュートする場面があったが、これは富山のGK守田がビッグセーブ。これは大きかった。その後も、攻められながらも何とかしのぐ。相手のセットプレーでは、今日サブの福田に代わり、黒部が何度も跳ね返す。

 そして迎えた前半の30分頃に追加点。これも流れを書くと、

・朝日が右サイドで相手がクリアしようとボールを体にあてて奪い、そのまま右サイド深くまで駆け上がる。
・そして、ゴールラインぎりぎりのところから、真ん中へグラウンダーのクロス。
・真ん中で待ち構えていた黒部が右足でしっかりと決める。

 こんな感じで2点目。まさかの前半での2点リードとなった。

 前半は、この後も押されるが、GK守田がその後にも荒田のシュートを止めるビッグセーブを。そして、後半終了間際の相手のコーナーキック。相手FWのリカルド・ロボがコーナーキックのボールに手を使おうとしてイエローカードを提示される。そして、その直後に、富山のDF足助と小競り合いになり、両者にイエローカード。ロボはこれで2枚のイエローカードを受けたこととなり、退場に。前半はこのまま終了し、2点リード、しかも相手が1人少ないという願ってもない状況になった。

 しかし、こんな展開はこの前の甲府戦と点数は異なるが似ている。そして、後半頭から千葉はFW深井を投入。カターレが苦手とするスピードがあって、ドリブルが得意な小柄な選手だ。甲府戦でも、後半からフェルナンジーニョを投入されて追いつかれている。

 今日もそんな展開になるのでは、と気が気でなかったが、さすがにそこは学習しているようで、今日は大丈夫だった。いくつかミスもあったものの、相手のシュートがあまり枠に飛ばずに助かった面もある。

 そして、後半の頭の15分を何とか経過した頃、千葉がさらに2メートルを超える長身のFWオーロイを投入してくる。それに対して、富山はDF福田を投入。完全にマンツーマンでの対応になった。怪我も少し心配だったが、この状況になれば投入もやむを得ない。さすがにオーロイは大体後ろからのボールには競り勝つが、それでもこぼれ球でやられることはない。これは完全に福田の勝利だった。

 後半は逆に富山も惜しいシーンがいくつもあったが、それは決められない。だが、そのまま後半は逃げ切り、2対0での勝利となった。

 勝因は、前節にも増して、黒部が前線で頑張ってくれて、それを受ける2列目の選手、特に朝日の動きがよかったことだ。2点とも、朝日のいいプレーが得点につながっている。

 それ以外に、久しぶりだったDF吉井も大きなミスはなく、乗り切ってくれたし、GKの守田も当たっていた。そして、ボランチの森泰次郎が特別に決定的な仕事をしたわけではないのだが、うまく周りにつないでくれてリズムを作ってくれている。おかげで中盤で不用意に奪われることが少なくなった気がする。それに、うまく勝ったおかげでソ・ヨンドクを休ませることもできた。

 今日は町田が負けたので、久しぶりの最下位脱出となった。だが、鳥取も勝っている。そう簡単に順位は上に上がらない。そして、次がもう3日後の草津戦。今度はアウェイでの戦いとなり、その次が町田とのアウェイ戦。町田戦がとても重要な一戦になるが、何としても町田よりも上の順位でその試合を迎えるために、草津戦でも勝ち点を取りたい。勢いよく3連勝といきたい。

 それにしても、今日初観戦をした職場の同僚は、本当に幸せだ。心からそう思う。自分はどれだけ辛い思いをしてきたことか。でも、そんなことも、シーズンの終わりには笑い事として迎えたい。

 そして、今日は平日でありながら、観客が3千人を超えた。平日ナイターでこれだけ入ったのはカターレ初ではないだろうか。どんどんこの盛り上がりが大きくなって、カターレサポーターと言っても、ちょっと変わった人のように見られるような空気はなくなってほしいな。

 カターレサポーター。


 ジェフサポーター。平日なのに、結構来ていました。


 後ろ姿のオレンジの服を来た女性は、カターレの誇るレポーター、豊田麻衣さん。


 そして、カターレのダンスチーム、leap-blue。今日は前半に2得点で目の前でそのパフォーマンスを見ることができました。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

捨て試合なんてない(9/13)

 明日、カターレ富山は千葉戦。ここ3年、J2に定着してしまったが、それまでは唯一ずっと一部リーグにいた名門チームだ。今シーズンもここまで3位。かなり手強い。

 だが、この千葉、後半戦に入って、カターレにとって残留のライバルである岐阜、鳥取、町田にいずれも勝ち点を献上(岐阜に引き分け、鳥取と町田には負け)しているチームでもある。そのために、今、カターレが最下位に落ちてしまっているというチームでもある。

 ここは負けるわけにはいかない。試合もホーム。前半戦はアウェイで引き分けていることもあり、何とか最低でも引き分けに持ち込みたいところだ。

 しかし、どうやら、ソ・ヨンドクは間に合わず、サブでの出場が濃厚。DFの要、福田も天皇杯で怪我をして間に合わないようだ。そして、平出が出場停止。大事な主力3名が出られない。

 今日の、スポーツ新聞には、この試合を捨てて力の劣る草津、町田のアウェイ2連戦に注力し、千葉戦は捨て試合とせよ、みたいな話が載っていたようだ。

 ある意味、正しいのかもしれないが、大事なホームの試合を捨て試合になんかするな。負けると上との勝ち点差が4になる可能性もある。主力選手が出られないなら、いる選手で何とか勝ち点を取りにいく作戦を取ればいい。

 天皇杯の時も負けてもいい、と言う空気があった。それがあって、完敗。選手もそう思っていたようだ。そういう空気は伝わる。そもそも、最下位のチームに捨てていい試合なんてないだろう。千葉もメンバーを落としてくる可能性もある。

 どっちにしても、明日は職場の人と見に行く。初めての人もいるので、何とか面白い試合を期待したい。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

金本の引退(9/12)

 今日、阪神の金本選手が引退を発表した。その実績については、自分があえて言うまでもない。ただ、個人的には、連続フルイニング出場が止まってから、特に関心を持った選手だった。

 右肩の怪我が特にひどかったようで、送球がままならない。バッティングの状態も全盛期からはほど遠い。そんな中でも、2年前は試合への出場は続けて、連続試合出場がとぎれたのが去年だったか。

 それが止まったのもアクシデント的なものだった。今年は、少し調子がよかったようで、打率も少しよくなり、肩の調子も過去2年に比べればかなりよかったようにも思えたが、いよいよ球団から代打での起用に固定することを告げられて決心したようだ。

 引退の記者会見で、広島で優勝できなかったことを残念がっていたのが、あの記者会見では印象的だった。残り試合で、もう1本ホームラン打って、田淵を超えられないだろうか。

(追記)これを書いているのが9月17日ですが、金本は昨日の巨人戦でホームランを打ったようです。それも、かなり難しい球を打ってました。あっぱれです。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

11年と1年半(9/11)

 9月11日。アメリカで同時多発テロが起きて11年。そして、東日本大震災が起きて、1年半。同時多発テロの方は、東日本大震災が起きて、一段と風化している気がする。でも、それだけ東日本大震災が大きいということだ。これについては、風化もやむなしなのか。しかし、あの事件を知らない世代にどう伝えるのか。当時、子どもが飛行機がビルにぶつかるのをおもちゃで再現して、それにどう対処するのか、ということが話題になっていた。何か大きな事件が起きた時に、子どもは正直だ。印象の強い事柄が行動になって表れる。

 1年半ということで、またニュースでもいろいろと取り上げられている。今日の「dig」は、原発ゼロを巡る発言がテーマだった。それによると、日本はまだ、原子力緊急事態宣言発令中なのだそうだ。まだ苦しい生活は続いている。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

再度、「勇気をもらった」(9/10)

 3日前の日記で、「勇気をもらった」という題で書いていたのだが、今日、試しにこの言葉で検索してみたら、フリーアナウンサーの梶原しげるさんが、似たタイトルでコラムを書いているのを発見した。

 しかも、書いているのは自分よりも早い。まるで、自分がそのコラムを真似て書いたようではないか。間違いなく、それを知る前に書いているのは、内容を見れば分かるでしょう。

 それにしても、有名人の方と同じテーマで書いてしまうなんて。

 これからも、ブログを書いていく「勇気」をもらいましたね! 

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

先週勝った余韻なんて吹き飛んだ 天皇杯 ファジアーノ岡山 対 カターレ富山(9/9)

 映像を全く見れておらず、文字情報だけしか分からないので、正直どんな試合だったのかは分からないのだが、J2昇格同期の岡山のホームでかなり押されていたことは何となく分かる。その中での負け。

 先発は、GK守田、DF池端、福田、吉川健、MF森、大西、國吉、舘野、西川、木村、FW木本の布陣。

 リーグ戦が残留できるかどうかというところなので、監督やサポーターからも、天皇杯は負けてもいいという空気が漂っていたのは明らかなのだが、果たしてこの試合で収穫はあったのだろうか。

 DFの要、福田が途中交代したと言うことで、怪我でなければいいとは思う。それ以外では、舘野の初出場や久しぶりの西川のフル出場という話題はあったようだが、得点は決まらずに、いい話題はなかったように思った。

 そもそも、さっさと天皇杯は負けて、リーグ戦に集中なんて声があったけれど、これこそ無気力試合の扱いを受けるんじゃないかとさえ思ってしまう。そんな空気の中で選手に頑張れというのも無理な話だ。

 例え、負けてもいいという話なら、試合に出ていないサブの選手をとにかく使って、アピールさせるとかそんな形があってもよかったのでは。

 確かに福田はDFの要だが、彼が累積警告で出られなくなることが近いうちにやってくることも覚悟しないといけない中で、彼を先発で使うことの意味は。彼がいない中での守備というものを経験させることも必要だったのでは。そして、怪我をしてしまったのだとしたら。あまりにも馬鹿げた策だったと言わざるを得ない。

 大西も全試合スタメンで出て、中心ではあるのだろうが、休ませてフレッシュな気持ちでリーグ戦に向かわせることもできただろう。きっと彼の地元だったということもあるのだろうが、それなら、苔口のように途中出場でもいいではないか。

 木村は決定的な場面で外してしまったようだが、彼にしても、最近は出続けており、最近使われていない加藤や明堂を使うという選択肢もあったのでは。加藤はいいキックを持っている選手だと思うのだが、なぜか監督からは嫌われてしまった気がする。戦う気持ちとかが見えない、と思われてしまったのだろうか。でも、交代出場でも結果を残していたし、途中出場の時は結構気持ちも見えていたと思うのだが。

 全て結果論と言えばそれまでだが、それにしてもである。10月の平日に行われる3回戦は富山で試合が行われ、カードは岡山対名古屋となった。天皇杯だから当然あり得る話だが、富山で全く関係のない地域のチームが対戦することとなる。今年はホームで迎えるチャンスがあったのだから、それを逃したのは残念だ。

 次のリーグ戦は金曜日。相手は千葉で強敵だが、千葉は下位の他の3チームに勝ち点を与え続けたチーム。千葉から勝ち点を挙げないとまた置いていかれてしまう。そして、すぐ後には草津戦があり、その一週あとには町田とのアウェイ戦。前節も勝ったとはいえ、決して内容がよかったわけではない。内容が上向いていかないと残り試合で勝ち点を伸ばしていくのは難しいのだ。

 監督と選手に奮起を望む。自分も何とか試合会場で貢献したい。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

衛星放送が見られなくなった(9/8)

 一昨日、BSとCSのアンテナを外したので、衛星放送を一切見られなくなった。

 サッカー番組と韓国のニュース、音楽番組をそれで見ていた私にとっては、かなりのダメージ。レコーダーで予約していた番組のほとんどが見られなくなってしまった。

 いろいろ考えたが、スカパー!のサッカー中継に関しては、PCのオンデマンドの契約により、何とか見られそうだということは分かった(しかも今年に限り、無料)。しかし、そのほかのBSの番組などは完全にあきらめるしかない。

 その方が健康的だとはいえ、ちょっと物足りなく感じる。特に「foot」というサッカー番組が見られないのが辛い。

 見られない期間は3ヶ月ほど。その間、レコーダーに貯まっている番組の消化に努めましょうかね。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

勇気をもらった(9/7)

 今年はパラリンピックをよく見る。正確には、パラリンピックの中継はやっていないので、ハイライト番組をよく見ている。

 パラリンピックをこれだけ見るのは今回が初めてなのだが、見ていると初めて見る競技もあってなかなか面白い。スポーツとして見ても面白い。明らかに彼らはアスリートであり、自分がやってもなかなかあそこまでたどり着けないと思う。

 水泳などでも、腕がなかったり足がなかったりとそういうハンディを抱えながらも、スピードを競っている。そして、あのレベルにまで達しているところが本当にすごい。

 それで、そのハイライト番組でよく視聴者の声が紹介される。よく使われるコメントが「勇気をもらいました」というもの。

 この言葉、オリンピックでもよく使われていたし、限界まで頑張っている選手の姿を見て、自分も頑張ろうという趣旨で使われているのだと思うが、ちょっと意地の悪い言い方をすると、多分、我々が持とうとする「勇気」なんて、彼らの頑張りに比べればわずかなものだと思う。

 純粋に、メダルおめでとう、とか、お疲れ様、でいいのではないだろうか。我々が言う「勇気」のきっかけに自分がすればいいだけであって、「勇気をもらった」なんて、何様だよ、と思ってしまう。

 去年、東日本大震災があった後に、よくスポーツ選手が、「勇気を与えられるようなプレーをしたい」という言葉を発するのを覚えている。あれにも違和感があって、「勇気」を持てるかどうかはその人次第。決して、スポーツ選手が頑張ったからと言って、それをどうするかは受け取った側の人間次第なのであって、スポーツ選手にそれをどうこうできるまでの力はない。

 自分たちが出そうとする「勇気」にもそれはいろいろなレベルのものがあるだろうけれど、もう、そんなこと関係なく、それぞれが頑張るしかないんだと思う。とは言っても、本当の事をいって「興奮した」「面白かった」というコメントでは品がないと思われるんだろうな。

 と、こんな偉そうなこと書いている自分でも、コメントを求められたら、同じように「勇気をもらいました」って言うかもしれない。人と同じ事を言わない「勇気」を持たなければ。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

アンテナを外す(9/6)

 午後から休暇を取る。家のアンテナを外さないといけなかったのだが、その期限が今日まで。朝、ある程度目処をつけようとやってみたが、外す道具がないことに気がついた。ボルトに合うレンチがない。

 車の中にスパナがあるはずと思い、その午後に見に行ってみたが、車の中にはなかった。困った。

 それで、何かないかと家の中をごそごそ探してみたが、そこでようやくボルトに合うレンチが出てきた。助かった。一部もうさび付いて回らないボルトもあったが、何とかアンテナを外すことはできた。これで、年末くらいまでは、BSもCSもない生活。

 果たして耐えられるのだろうか(笑)。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

何とかなった(9/5)

 降ってわいた仕事は何とかなった。結構しんどかったけれど。

 元々、今日は半日休暇を取りたかったところだったのだが、それは明日に回した。やらないといけない家事がある。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

思わぬ仕事が(9/4)

 午後、隣の係に、この時期には嫌な人が来ているな、と思いつつ、部屋を出て用を済ませてきた。帰ってくるとその隣の係の人から呼び出しが来た。

 仕事だ。あまり自分に降りかかることのない種類のものだったが、思いがけないものだった。明日の午前中、ちょっと休みをもらおうとしていた矢先のこと。すっかりそれは吹き飛んでしまった。

 多少、誰がやるかの話はしたものの、結局、自分が対応案を考えることに。つらつらと作文。かなり時間がかかるかと思いきや、今日できることはそれほど時間がかからなかった。今日は部屋のトップが出張でいないから、とりあえずできるところまで。

 明日が問題ですな。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

なぜか楽しくて仕方がない(9/3)

 特に何もない一日ではあった。でも、なぜか楽しくて仕方がない。浮かれている。

 理由は、昨日カターレが久し振りに勝ったからだ。勝ったのは3ヶ月ぶり以上で本当に久しぶり。それで、テンションも高い。

 今日から新しい職員の人が一人やってきた。いきなりテンションの高い状態で接することになった。それはそれでいいが、普段のテンションの低さを見られるとどう思うだろうか。ま、変わった人くらいで済むではあろうが。

 いずれにせよ、今日一日だけはその余韻に浸ろう。

 写真は朝通ったトワイライトエキスプレス。札幌発で、朝、富山駅に到着するところ。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ホームでは4月末以来の勝利 カターレ富山 対 愛媛FC(9/2)

 今日も夕方開始で午後6時からの試合。もう15試合勝利がなかったので、危機感も相当なもの。自分一人でもいつもどおり行くつもりだったが、今日は息子も妻も行くというので、家族全員で。

 客の入りは富山にしてはまあまあかなと言うところ。正面から入ると、サポーターグループのヘルバレーさんが、ゴール裏での応援に協力を求めるべく声を出している。自分一人だったら、ゴール裏に行くつもりだったが、家族もいるので、いつもならバックスタンドから見るところ、今日はゴール裏で陣取ってみた。ゴール裏のコアなサポーターの横のゾーンにも結構入っている感じ。

 そんなわけで試合開始。先発は、苔口、朝日、森が先発で、DFに平出が回る布陣。ソ・ヨンドクは怪我だそうで、控えには入っている。前半はお互いに調子の悪いチーム同士の対戦とあって、あまりいい攻撃のシーンには出会わない。それでも、やや愛媛に押され気味ではあったが、うまくシュートを外してくれたり制度が悪かったりして、失点には至らず。一方、カターレの方はほとんどいいシーンはなし。

 後半の入り際。いきなりゴール前に攻められるがそこは何とかしのいだ。そして、早々に朝日に代えてソ・ヨンドクを投入。朝日は守備に追われてあまりいいシーンはなかった。もう一列前に出したいところだけど、そこは何とかならないか。

 それでも、選手交代により、少し攻撃的にはなった。で、途中で、黒部と相手DFとが激突して、両者ともに流血という事態になった。試合は一進一退で進んでいたが、80分頃にカターレが先制。ルーズボールを黒部が納めて、木村にパス、そこから苔口にスルーパスが出て、それを苔口が相手GKの股抜きゴール。

 いい時間帯に先制して、盛り上がる場内。苔口もサポーター席の前まで来て喜んでいた。そして、サポーター側のゴールで決めたこともあり、ダンスグループのLeap-blueがゴール裏までやってきてダンスのパフォーマンス。

 しかし、まだ点差は1点。カターレのことだからまだ何があるか分からない。ただ、相手のミスもあり、それほど危ない場面を作られることもなかった。結構アディショナルタイムは長かったようだが、それもしのぎきって久しぶりの勝利!

 試合内容は正直言うと相手に押されるシーンも多かったし、シュートも少なかった。相手を押していくシーンも少なかった。それでも勝つときはこんなものだとも言えるし、勝ち点3は大きい。町田が引き分けたので、最下位脱出とは行かなかったが、もうこのまま今シーズンは勝てないかもと思ったこともあったので、まだ希望がもてる勝利だった。

 ただ、このままでは、さらに勝ち点を積み重ねていくのは難しいと思う。もう一段、積極的に行けるように、チーム力を高めていかないと。

 でも、とりあえず、今日だけは余韻に浸らせてください。それが正直な思いです。

 カターレサポーター。


 愛媛サポーター。


 試合後の花火。北日本新聞さんありがとうございます。


(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

おわら風の盆(9/1)

 毎年9月1日から3日は、富山市八尾町で行われる「おわら風の盆」がある日。

 小さな町に例年多くの観光客が訪れるが、今年はカレンダーがちょうど土日に重なったので、家族で出かけてみた。やはり日が暮れてからが風情があるので、7時過ぎに八尾に入る。街中には車で入ることはできず、車で来た人は郊外の公共施設の駐車場に止めてシャトルバスで移動することになる。駐車場直前で渋滞になったが、何とか8時過ぎにはシャトルバスに乗り、街中に入ることができた。

 一番、混むのが諏訪町という界隈の石畳の通り。ちょうど踊りが行われる時間帯で、大勢の人で混雑。でも、ちゃんと見ることができました。今までテレビでしか見ていないこの場所。感動でした。

 もう一カ所くらい見たかったところですが、駐車場に戻るシャトルバスが11時までということで、帰ってきました。でも、すごい列だったんで、もう少しゆっくりしても問題なかったようですが。

 八尾に向かう途中、カターレバスが前に来て個人的に興奮。










(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
131位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク