FC2ブログ

先週勝った余韻なんて吹き飛んだ 天皇杯 ファジアーノ岡山 対 カターレ富山(9/9)

 映像を全く見れておらず、文字情報だけしか分からないので、正直どんな試合だったのかは分からないのだが、J2昇格同期の岡山のホームでかなり押されていたことは何となく分かる。その中での負け。

 先発は、GK守田、DF池端、福田、吉川健、MF森、大西、國吉、舘野、西川、木村、FW木本の布陣。

 リーグ戦が残留できるかどうかというところなので、監督やサポーターからも、天皇杯は負けてもいいという空気が漂っていたのは明らかなのだが、果たしてこの試合で収穫はあったのだろうか。

 DFの要、福田が途中交代したと言うことで、怪我でなければいいとは思う。それ以外では、舘野の初出場や久しぶりの西川のフル出場という話題はあったようだが、得点は決まらずに、いい話題はなかったように思った。

 そもそも、さっさと天皇杯は負けて、リーグ戦に集中なんて声があったけれど、これこそ無気力試合の扱いを受けるんじゃないかとさえ思ってしまう。そんな空気の中で選手に頑張れというのも無理な話だ。

 例え、負けてもいいという話なら、試合に出ていないサブの選手をとにかく使って、アピールさせるとかそんな形があってもよかったのでは。

 確かに福田はDFの要だが、彼が累積警告で出られなくなることが近いうちにやってくることも覚悟しないといけない中で、彼を先発で使うことの意味は。彼がいない中での守備というものを経験させることも必要だったのでは。そして、怪我をしてしまったのだとしたら。あまりにも馬鹿げた策だったと言わざるを得ない。

 大西も全試合スタメンで出て、中心ではあるのだろうが、休ませてフレッシュな気持ちでリーグ戦に向かわせることもできただろう。きっと彼の地元だったということもあるのだろうが、それなら、苔口のように途中出場でもいいではないか。

 木村は決定的な場面で外してしまったようだが、彼にしても、最近は出続けており、最近使われていない加藤や明堂を使うという選択肢もあったのでは。加藤はいいキックを持っている選手だと思うのだが、なぜか監督からは嫌われてしまった気がする。戦う気持ちとかが見えない、と思われてしまったのだろうか。でも、交代出場でも結果を残していたし、途中出場の時は結構気持ちも見えていたと思うのだが。

 全て結果論と言えばそれまでだが、それにしてもである。10月の平日に行われる3回戦は富山で試合が行われ、カードは岡山対名古屋となった。天皇杯だから当然あり得る話だが、富山で全く関係のない地域のチームが対戦することとなる。今年はホームで迎えるチャンスがあったのだから、それを逃したのは残念だ。

 次のリーグ戦は金曜日。相手は千葉で強敵だが、千葉は下位の他の3チームに勝ち点を与え続けたチーム。千葉から勝ち点を挙げないとまた置いていかれてしまう。そして、すぐ後には草津戦があり、その一週あとには町田とのアウェイ戦。前節も勝ったとはいえ、決して内容がよかったわけではない。内容が上向いていかないと残り試合で勝ち点を伸ばしていくのは難しいのだ。

 監督と選手に奮起を望む。自分も何とか試合会場で貢献したい。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク