FC2ブログ

J2からの降格ということ(9/24)

 自分が好きなクラブがその危機にあるから余計に気にかかるのだが、今年から導入されたJ2とJFLとの入れ替え制度について。J2からの降格というのはまだどのチームも未経験のこと。

 J2からの降格が、J1からの降格と違うのは、プロチームがプロリーグからそうではないアマチュアのリーグに落ちるというところ。チームはプロだが、試合環境はアマチュアとなる。だから、夏でも当たり前に昼間に試合をするだろうし、グラウンドもそんなに良くなく、客席も何千人というスタジアムがほとんどだろう。また、テレビの中継も、J2ならスカパーで全試合生で見られるが、おそらくそれもなくなる。

 そして、JFLでプレーする選手は少なくとも「Jリーガー」ではなくなる。これは大きい。どこまで選手が残ってくれるかというのは重要な問題だ。

 それでも、熱狂的なサポーターやサッカー好きの人は見に行くだろう。でも、客数は間違いなく落ちる。予想がつかない。そうなればスポンサーも離れるだろう。やっとでさえ、経営が苦しいところに、クラブライセンス制度があり、さらに収入減だ。まさに身動きが取れない。

 かつて、J2ができた時に、J1からJ2への降格が、まるで全ての終わりかのように言われていたが、今、思えば、それなど全く甘いと思えるものだ。J2はプロリーグで、J2に落ちてなくなってしまったというところは少ない。ほとんどのチームが再びJ1に上がっている。

 更には、今年J1で優勝を争う上位3チームは、いずれもJ2への降格を経験したチームだ。昨年は柏が優勝したように、降格したからと言って、それをチーム強化のプラスに変えたチームも多い。

 とはいえ、J2からの降格が同じようになるかというのは、全く読めない。苦しいチーム状況がますます苦しくなり、むしろプレッシャーもなく自由にサッカーをするアマチュアチームにはさらに標的にされる。戦力が残れば別だろうが、他からオファーがありそうな力のある選手は、「Jリーガー」ブランドを捨ててまで残ってくれるだろうか。

 JFLの長崎は少なくとも2位には入りそうだから、最低でも入替戦にはなりそうだ。とにかく、今年は、まさに誰もが未経験のことが起きる可能性がある。それが自分の応援するチームではないことを祈りたいが、例え、そうではないにしても、ともに戦ったチームがその憂き目に遭うのを見るのはつらい。それが、これからの歴史に残っていくことであるとしても。J2降格と同じように、上へ上がるためのステップに結果的になったとしても。

(私の10年日記)
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク