FC2ブログ

スポーツと暴力(1/9)

 大阪の桜宮高校のバスケ部キャプテンが自殺したことが大きなニュースになっている。内容については報道されていることしか分からず、何とも言えない気持ちになるが、今回の事件では、その直後にもかかわらず、体罰を擁護するような発言がネットに飛び交っていて驚いた。

 かつての教え子と思われる人が、あの先生はニュースで流れているような悪い先生ではないと言っていたりとか、自衛隊系の人が、先生が悪餓鬼を平手打ちするぐらいのことができなければ教育はできないとか。

 その先生から指導を受けた人が先生を擁護する気持ちは分からないでもないのだが、例えばどんないい先生であれ、その人が万引きをすれば泥棒だろうし、人を殺したりすれば殺人犯になる。その人がどんな人だったかと言うのは正直関係がない。

 今回の事件の事実がどうなのかというのは、当事者でもないし、報道を通じてしか知る術がないのだけれど、報道されていることが事実なのであれば、間違いなくその学生の死と指導者の暴力行為に因果関係があるのは明らかだろう。

 むしろ、この擁護している元学生さんと先生との関係は、暴力を振るわれるけど、あの人は私を愛してくれている、といういわゆるDVを振るわれる恋人や夫婦の関係にも似ている。

 また、先生が悪餓鬼をうんぬんという人の意見は正直なところ、何でこんなことをまだ事件が明らかになって間もない頃に言うのか、という思いがある。体罰と言う名の暴力を完全になくすことが必要かと言えば、理想論から言えばやはりできるだけ無くすべきだろう。

 暴力を擁護するというのは、単に権力を持つ人間が、権力者たる権限を持っていたいから主張しているだけのようにしか聞こえない。体罰なるものは、使うにしてもよほどの緊急避難的な時だけ。それに、今回のケースの場合、部活のキャプテンと言うことで、その学生の素行が特別に悪かったとかそんな事情はないだろう。

 また、昔はそういうことが当たり前だったということを言って擁護する人もいる。確かに自分も先生に叩かれたことはあったし、その先生を悪い先生だったとは思っていないが、後年になって、別の学生を叩いて怪我をさせてしまい、処分を受けたという話も噂に聞いた。

 スポーツ界では特にそういう指導者が熱血漢として評価されるような部分もある。古くは中日時代の星野監督などは時に鉄拳制裁などと言って、むしろいいエピソードとして取り上げられていたように思う。また、スクールウォーズなど、ドラマやアニメなどのいわゆるスポ根ものでもそんなシーンが多くあったし、スポーツでなくても金八先生などの学園ものでも同様だ。

 スポーツの世界で指導者が暴力を使うのは、きっとそれにより、チームを引き締めて引っ張っていくと言う効果を狙っているのだろうが、これは去年話題になった、暴力により数々の家庭を破壊して金銭をむしり取り、用がなくなれば殺していった尼崎のあの事件と構造は同じだと思う。

 暴力は体を傷つけると同時に、心も傷つけて正しい判断をできなくしてしまう。あの事件の記憶も生々しいのに、とても体罰という名の暴力を擁護する気にはなれない。それに仮にそれが必要だとしても、ニュースが出てまだ間もない時期にそんなことを主張する必要があるのだろうか。息子を亡くした家族の思いは、とかそんなことは微塵も思わないのだろうか。
 
 そもそも最近は、原発問題などでもそうだが、理想論を叫ぶことがおかしいように言われる傾向にある。すぐに現実路線とか既定路線を擁護するような考え方になるのが、主流になってきているようだ。

 あまり主義主張を叫ぶ訳じゃないけれど、何事もまず理想があって、それと現実とを比べていかにそこに近づけていくかというのが基本だと、思っている。しかし、最近はそういう考え方は嘲笑されているかのようにすら感じる。

 これまでのやり方を踏襲することで守られるものもあるだろうし、守らないといけないものも確かにある。テーマが変われば、これまでのやり方を変えるべきではない、と自分が言う場合だってある。だけど、やはり、いろんなことで迷惑や被害を受ける人をできるだけ少なくするために努力していかないと。被害を受ける人間は、悪いけど俺たちのために受け続けてくれ、俺たちの生活に迷惑かけないでくれ、というのはやはり違うのではないか。

 話が少しそれてしまったが、学校のスポーツ界で行われている体罰という名の暴力。もう一つの考え方として、これはドーピングではないかと思う。薬物により体を興奮状態にしたり疲れないようにするのは禁止されている。暴力はそれにより、恐怖心を覚えさせて練習に没頭させ、それで競技力を高める。薬物と同じようなものだと言えなくはないだろうか。

 それにプロスポーツでそんなことがあれば、まず間違いなく監督は解任だ。学校だから許されるというものじゃない。

 スポーツにおける暴力はドーピング行為だ、というのが今日の結論。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
43位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク