FC2ブログ

実名報道のこと(1/23)

 アルジェリアでの人質事件。21日に政府は死亡した方の名前を公表しないと官房長官が発表していた。しかし、その裏で、昨日の朝日新聞の一部の版に実名入りで載っていたそうだ。

 それに対して、亡くなった方の甥だという方がネット上で抗議をしていた。その人の話によれば、朝日新聞とは公表しないという条件で取材に応じた。にもかかわらず、実名入りで記事にした。完全な裏切り行為だということだ。

 事実なら全くそのとおりだ。取材した人間と新聞に載せた人間は別の者かもしれないが、それでも朝日新聞が100%悪い。ただ私が問題にしたいのはそこではない(朝日新聞には他の誰かが散々酷評しているから書かないのであり、朝日新聞を擁護するものではありません)。

 報道陣は取材をしていく中で当然に亡くなった方の氏名を知ることになるだろう。そして、政府は発表しないとした。その時に果たして亡くなった方の氏名を伏せたままにしておくことが報道陣として正しいのかということだ。

 当然、遺族の感情というものはある。この報道により、遺族の中には感情を傷つけられたと感じる人もかなりいるだろう。が、このまま匿名の事件報道を続けていくことが、どれほどニュースとして価値があるのかということは、また別の話だ。

 政府が報道するなというから報道しないというのは、そもそも報道の姿勢として間違っている、という考えもあるのだろう。それを許せば、政府の言いなりになり、報道すべきことさえ報道できなくなってしまう。記録すべきことは記録しなければならない。

 きっとそういうことが実名報道の裏にはあるのではなかろうか。

 とは言っても、本当に実名報道したとしても、記録という点を除けばいい点はない。おもしろがってその名前で検索して、いろんな情報を得ようとする者もいるだろう。さらにはマスコミも押しかける。悪いのは押しかけることで、実名報道が悪いのではないのだけれど、それを誘発させる悪影響の方が大きいということか。

 難しい問題だ。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
47位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク