FC2ブログ

松本山雅にまた負けた カターレ富山 対 松本山雅FC(8/21)

松本山雅には絶対に勝ちたい、と思っていた試合。
家に帰って、家族と一緒に見に行こうとすると、子供が行きたくないと言っている。
何とか説得を試みたがだめで、やや遅れ気味の出発で結局一人で見に行くことに。

「これは幸先が悪い。今日はだめなんじゃないか。」
「いや、出る前に負けること考える馬鹿いるかよ」
と、猪木風に考える。

少し遅れて、到着。
ちなみに、今日はヤン・ヘジュンがデビューで國吉の代わりに右サイドに入る。大西の代わりに森泰次郎、黒部の代わりにキム・ヨングン。
スタメンは、GK守田、DF池端、平出、足助、MF森、ヤン・ヘジュン、朝日、舩津、ソ・ヨンドク、キム・ヨングン、FW白崎。

試合は前半から一進一退だったが、松本の方に決定的なチャンスは多かった。
FKがポストに当たったり、FWの反転シュートが惜しくも外れたり、など。

カターレは決定的なチャンスとはなかなかいかず。

後半は押していたように思うが、なかなかシュートが枠に飛ばず。
キム・ヨングンがゴール前で決定的なチャンスをつかむもののうまくヒットせず。

そして、その後、向こう側のゴール前で選手が交錯した、と思って選手が起き上がると、まさかのPK。
何とか守田、止めてくれと祈るものの、思いは届かず。
後から見たら、PKを決めたのは船山だった。
3か月近くゴールがなかった彼だが、その前に決めたのも富山戦。
3ヶ月間、他のチームからはゴールを奪えなかったのに、富山だけで今年4ゴールとは。

結局、試合はそのまま終了となった。
せっかく、2連勝したのに、その後2連敗で帳消し。
松本にはこれで3連敗となった。
松本に負けるのは本当に悔しい。

なかなか決定的なチャンスをつかめず、シュートはそれなりに放つものの、相手を脅かすほどでもなく。
残念な試合だった。
振り返る力があまり出ない。
前半途中で交代した平出の怪我の具合も心配だ。

カターレゴール裏。


松本山雅サポーター。


メインは会社帰りらしき人が大勢で白い。


最後に、選手の動向。

1 飯田 17試合連続サブ
2 足助 4試合連続のスタメン
3 御厨 負傷中でベンチ外
4 吉井 負傷中でベンチ外
5 舩津 30試合連続先発
6 森  18試合ぶりのスタメン
7 朝日 8試合連続先発
8 大西 9試合ぶりにサブ
9 黒部 4試合ぶりにサブ
10 苔口 4試合連続サブから途中出場
11 ソ・ヨンドク 6試合連続先発
13 キム・ヨングン 2試合ぶりスタメン
14 山瀬 ベンチ外
15 平出 14試合連続スタメンも怪我が心配
16 谷田 ベンチ外
17 木本 ベンチ外
18 西川 ベンチ外
19 池端 2試合連続スタメン
20 三根 4試合連続のサブ
21 金井 ベンチ外
24 ヤン・ヘジュン 初先発でついにJデビュー
25 山本 ベンチ外
26 大山 ベンチ外
27 吉川 ベンチ外
28 村松 ベンチ外
30 木村 ベンチ外
32 國吉 25試合ぶりにサブ、途中出場
33 舘野 2試合連続、サブから途中出場
39 白崎 2試合連続先発
41 守田 17試合連続先発

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
100位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク