FC2ブログ

後半戦ホーム初勝利 だが降格は決定 カターレ富山 対 栃木SC(11/1)

ここのところ、試合の後のブログは書けずにいました。
しかし、さすがに今日はすぐに書いておかないといけません。

今日は勝ちました。後半戦でのホーム初勝利です。
あの雨中での朝日の決勝ゴールが決まって以来です。
しかし、降格は決まりました。
讃岐が北九州相手に引き分けたからです。
ここまであまりに勝てなすぎました。

降格の原因ははっきりしています。
やるべきことをやらなかったこと。
チームを変えるチャンスがシーズン中にもいくらでもあったのに、変えなかったこと。

監督から5試合で3勝できなければ、という申し出があった時もありました。
しかし、そこからも3連敗。
それでも監督を交代するどころか、次の試合で1勝しただけで監督の続投を決定。
あの長崎戦の朝日のゴールがなかったらどうなっていたことか。

おそらくですが、長崎戦の勝利がなくても、監督を続投させていたでしょう。
朝日を悪者にしたくはありません。
それどころか、朝日のあのゴールがなかったら、もっと降格決定が早まっていたでしょう。
先週の山雅戦で決まっていたかもしれません。
まだホームで降格決定の瞬間を見届けられたのは不幸中の幸いだったのかもしれません。

さて、試合を振り返ります。
ここからは、淡々と行きます。

今日のスタメンはGKが廣長から飯田に、そしてDFは池端と平出に代わり、秋本と高が復帰。
並びはGK飯田、DF高、秋本、パク・テホン、MF大西、前、井澤、白崎、内田健、FW宮吉、苔口。
サブにはGK廣長、DF平出、MF田中、キム・ヨングン、國吉、朝日、FW木本。

試合前から雨は上がっていたものの、強風が吹き、おそらく選手もやりにくかったのではなかろうか。
序盤は互角だったものの、いつもどおり、相手に徐々に押され始める。
そして、今日の試合のポイントは前半のうちに訪れる。
前半17分、DFのパク・テホンがFW大久保を倒したとしてPKが与えられる。

生で見ていた限りでは、とても反則があったとは思えないようには見えず、不可解だった。
後でビデオで見ると、試合の映像で見てもなぜ倒れたのかよく分からず、スローで見るとユニフォームを引っ張っていたのが分かったが、PKを与えるようなプレイだったかは疑問。富山目線も入ってます。

しかし、カターレのサポーターを背に、久しぶりの出場のGK飯田が止めてくれた。
自分もGKから見て右に蹴るのではないかと思っていたが、そのとおり動いてくれた。
PKをカターレのGKが止める(相手が外すのではなく)のはリーグ戦ではいつ以来か、全く記憶にない。
このプレーが今日の最大の分岐点。その後も飯田はシュートを止めまくった。

とはいえ、前半は逆風だったこともあり、あまりいいシーンを作れず、逆に栃木に攻め込まれるシーンが多かったように思う。
栃木の大久保、廣瀬、近藤の攻撃陣は、どの選手にも過去にやられた経験があり、怖かった。
それでも、前半はスコアレスで折り返す。

今日はラジオの実況を聞きながらの観戦。
こちらの試合の前半途中、讃岐が追い付いたことは伝えていた。

そして、迎えたハーフタイム。
讃岐が引き分けたことが伝えられる。
届いた悲報。しかし、必然とも言える悲報。

今日のラジオの解説はチームOBでFWだった長谷川満氏。
旧JFLでは100ゴールをあげたカターレのJ2昇格メンバーの一人である。
J2での初ゴールとなった2009年の仙台戦での2ゴールが強烈な印象を残す。
一度は逆転のゴールとなったあの時の場内の盛り上がりは、過去いろんな試合を見てきたが、歴代でもかなり上位に入る。

そんな長谷川氏が、その悲報を聞いてから、しばらく泣きながらの解説になってしまった。
J2昇格を果たしたメンバーの思い。
創設時のメンバーで残っている朝日や木本がよく話す、このチームをJ2から落としてはならない、という意味を感じた。
楽して上がったとか他人は言うが、やっている選手からすれば、一年で昇格させるというプレッシャーはそれでも大変なものだったはずだ。

その長谷川氏の様子をラジオで聞きながら、後半は始まった。
もう残留の希望はない。
それでも、試合は行わなければならない。
後半が始まってからしばらくは、自分もなかなか応援に集中できなかった。
どんなに声を出しても、自然につらい気持ちになってしまう。

かつて、浦和がJ2に降格した時の試合を思い出す。
まだ延長戦があった1999年。
後半が終わってもスコアが動かず、その時点で、他会場の結果により、浦和の降格が決定。
しかし、延長戦は行わなければならない。
そして、最後に、後半残り時間が少ない時間帯に途中交代で入ったエースの福田がゴールを決めて試合は終了。
試合は勝ったのだが、福田は悔し涙を流した。
あれほど悲しい勝ち試合はそれ以来見たことがない。

さて、話を戻す。
後半は風上に立ったこともあり、攻撃にかける時間が増えた。
そんな中で迎えたチャンス。
カターレのゴール前での競り合いから、ぽっかり空いていた右サイドにパスが出る。
後から振り返るとパスを出したのは宮吉だった。
パスを受けた前がゴール前までドリブルで駆け上がる。
前の前に(ややこしい(笑))、DFがいたので、パスをするかと思ったが、そのままシュート。
シュートはDFの足下をすり抜け、GKも届かない絶妙な位置をとおり、ゴールネットを揺らした。

讃岐の結果を知らずに選手は後半を迎えている。
ゴールを決めた前に苔口が駆け寄る。
その横で、leap-blueが踊る。
降格とか関係ない。
この試合に勝つこと。それがこの試合の目的ではなかったか。
そのことを思い出させてくれた。

その後も、井澤や白崎の惜しいシュートがあった。
どちらかが決まっていれば、試合は楽に終わっていただろう。
しかし、それが決まらないのが今年のカターレ。

その後は防戦一方になる。
DFが体を張る。GK飯田が集中してファインセーブを見せる。
交代で田中や木本が投入されるが、終了間際になると、選手があまり動けなくなる。
もう得点を許すのが時間の問題かと思われた。

それでも、しのいでしのいで、終了間際に朝日が3人目の交代としてピッチに立つ。
わずかな時間だったが、相手に退場選手が出て自滅してくれたこともあり、ホームでは久しぶりの勝利となった。
この試合で最後に、朝日と木本がピッチに立てたことが救いだった。

勝った。悲しい勝利ではあったが、今日は勝利を味わいたかった。
しかし、ベンチ外の選手も含めてメインスタンドの前に選手が整列し始めた。
社長の謝罪の言葉が始まる。
1年でJ2に戻るという言葉があった。
その前にやることがあるのではないかとも思った。

その後、ゴール前に全員がやってきた。
コールリーダーが全員に向かって話をした。
今年のキャプテンである御厨が選手を代表して挨拶をした。
その後、監督が出てきて、選手をかばい、私に罵声を浴びせてほしいという趣旨のことを言った。

だが、そんなに罵声は飛ばなかった。
この監督に罵声を浴びせても何にもならないし、それがいかに虚しいことか分かっているから。
監督を擁護する、来年もやってくれ、という言葉をかけるサポーターもいた。
信じられずに思わず、それはないだろと言い返してしまったが、いろんな人がいるのだろう。

その後、アウェイのチャントをサポーターが歌い始め、そこで、家族とともに会場を後にした。

11月1日。
3試合を残して降格が決定。
この日のこと、この1年のことを忘れてはならない。
だが、ただJ2復帰を急ぐのも違う。
J3でやり直そう。簡単なリーグではない。
来年も全然勝てないかもしれない。

それでも、応援する価値のあるクラブなら、私は応援する。
Jリーグが好きなので。

(選手の動向)
1 飯田  12試合ぶりのスタメン
2 木村  ベンチ外
3 御厨  ベンチ外
4 平出  4試合ぶりのサブ
5 秋本  4試合ぶりのスタメン
6 内田健 6試合連続スタメン
7 朝日  7試合連続サブから途中出場
8 大西  6試合連続スタメン
9 白崎  2試合連続スタメン
10 苔口  10試合連続スタメン
13 キム・ヨングン 3試合連続のサブ
14 井澤  4試合連続スタメン
15 三上  ベンチ外
16 國吉  3試合連続サブ
17 木本  2試合連続サブから途中出場
19 池端  ベンチ外
20 高   8試合ぶりスタメン
21 水谷  ベンチ外
22 棚橋  ベンチ外
23 吉川拓 ベンチ外
25 梅村  ベンチ外
26 大山  ベンチ外
27 吉川健 ベンチ外
29 内田錬 ベンチ外
30 田中  2試合連続サブから途中出場
31 柴田  ベンチ外
32 中田  ベンチ外
36 森   ベンチ外
38 宮吉  14試合連続スタメン
39 前   2試合連続スタメン
40 パク・テホン 9試合連続スタメン
41 廣永 12試合ぶりサブ

(元カターレの選手の結果、11/2の結果も含む)
GK守田(12-13、現新潟)31試合連続スタメンフル出場
DF福田(11-12、現大宮)3試合連続サブから途中出場
FW平野(10-12、セレッソ大阪)ベンチ外
FW中島(14、FC東京) 5試合連続サブから途中出場
DF舩津(09-11,13、現山形)ベンチ外
DF舘野(12-13、現東京V)ベンチ外
GK金井(11-13、現熊本)2試合連続サブ
MF加藤(12、現群馬)出場停止
GK内藤(10-12、現群馬)ベンチ外
MF関原(10-12、現讃岐)4試合連続サブ
FW西川(12-14、現栃木)富山が相手のため出場できず
FW三根(13、現京都)初のサブメンバー入り
DF吉井(10-13、町田へレンタル中)負傷でベンチ外
DF松原(11-12、現長野)出場停止
DF江崎(09、現秋田)3試合連続スタメン
MFソ・ヨンドク(11-14、現蔚山)ベンチ外
MF山本(13、ヴェルスパ大分(JFL)へレンタル中)ベンチ外
FW村松(13-14、Honda FC(JFL)へレンタル中)サブ
FW黒部(10-13、TTMカスタムズFC(タイ2部))出場せず
MF景山(08-09、富山新庄クラブ(北信越2部))スタメン(9/21現在、シーズン終了)
MF野島(08-10、富山新庄クラブ(北信越2部))スタメンフル出場 (9/21現在、シーズン終了)
FW石黒(08-09、富山新庄クラブ(北信越2部))ベンチ外 (9/21現在、シーズン終了)
FW長谷川(08-09、奥越FC(北信越2部))スタメン、1得点1アシスト (9/21現在、シーズン終了)
MF山瀬(12-13、FC大阪(関西1部))ベンチ外 (9/21現在、シーズン終了)
DFヤン・ヘジュン(不明)

最後に写真を。

会場に貼られていた選手のメッセージ。


栃木サポ。


カターレサポ。


得点が決まり喜ぶ選手とleap-blue。


(私の10年日記)
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。

にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
585位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
87位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク