FC2ブログ

チャンスは多かったが結局引き分け ギラヴァンツ北九州 対 カターレ富山(2019/7/27)

なかなかホームで勝てないカターレ富山。
今日は平日開催ということで私は無理矢理に仕事を終わったことにして無料バスに乗って試合会場へ。
着いたのは開始直前だった。

スタメンは、GK太田、DF代、今瀬、柳下、MF碓井、白石、ルーカス、花井、前嶋、伊藤、FW才藤。サブはGK榎本、DF脇本、MF佐々木陽次、新井、稲葉、大谷、FW苔口。
スタメンは前節と同じメンバーで臨む。

試合は前半左サイドの白石と前嶋でチャンスを作り、そこから右サイドの伊藤が中央に走り込んでシュートを決めて先制。
アウェイで貴重な先制点だ。
しかし前半のうちにセットプレイからホームでも決められていたディサロにゴールを許して同点に。

後半もチャンスはこちらの方が多いもののシュートがことごとくGKのセーブや、クロスバー、ゴールポストに阻まれる。
何とか失点は許さなかったものの結局このまま試合は引き分け。
北九州との勝ち点差を詰めることはできなかった。



(選手の動向)
1 GK 榎本 3試合ぶりサブ
2 DF 脇本 2試合連続途中出場
3 DF 代  4試合連続スタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 8試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 13試合連続スタメンフル出場
7 MF 佐々木陽次 2試合連続サブ
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 苔口 2試合連続サブから途中出場
10 MF 新井 3試合連続サブ
11 FW 才藤 2試合連続スタメン
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 5試合連続スタメンフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 4試合連続スタメンフル出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 9試合連続サブから途中出場
19 DF 柳下 2試合連続スタメン
20 DF 花井 10試合連続スタメンでフル出場
21 GK 太田 4試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 11試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 3試合連続スタメンフル出場で1得点
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 5試合ぶりサブ
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

上位相手の連戦 アウェイでどこまで戦えるか 土曜は北九州戦(2019/7/26)

明日は3位の北九州との試合。しかもアウェイ。
次は藤枝で上位との連戦になる。

北九州は失点がリーグ最少で、堅守のチーム。
ここ最近は、連勝とは行っていないようだが、そrでも堅い守備で勝ち点は奪っている様子。
得点もカターレより1点多く、決して悪くはない。
警戒はホームでも決められたディサロか。

前節のYS横浜戦を勝って、悪い流れはひとまず切った。
どんなスタメンになるかはわからないが、戦っていい結果を掴んできてほしい。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's goalのプレビュー

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

もう3年か 相模原の事件(2019/7/24)

相模原の障害者施設を襲った殺傷事件から間もなく3年を迎える。
ここにきて、参議院選挙でALS患者や重度障害者が当選し、障害者をめぐる環境が新たな局面を迎えていると思いきや、障害者に国会議員の仕事が務まるのかや、仕事ができなければ非難することをあえて発言する人が出てきている。

それはいずれも失礼極まりない発言で、仕事ができなければ非難されるのは、全ての国会議員が同じである。
それをあえて障害者相手だけにいうところが、差別的だし、こういう考え方は依然として全然変わらず、残っているんだなと愕然とする。

そう思ったとして、それが差別的な考えだと思い至らない人というのはどういう人なのだろうか。
それもそれなりに名の通った人やネットでよく発言している人だから手に負えない。
そういうことをして楽しんでいる人の気が知れない。

人間は差別する生き物で、そのことは否定しないが、だからこそその気持ちが間違っていないか一歩踏みとどまって考えることが必要だ。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

久しぶりの平日ナイターは見事な勝利 カターレ富山 対 Y.S.C.C.横浜(2019/7/19)

なかなかホームで勝てないカターレ富山。
今日は平日開催ということで私は無理矢理に仕事を終わったことにして無料バスに乗って試合会場へ。
着いたのは開始直前だった。

スタメンは、GK太田、DF代、今瀬、ルーカス、柳下、MF碓井、白石、花井、前嶋、伊藤、FW才藤。サブはGK齋藤、DF脇本、佐々木陽次、MF新井、稲葉、FW高橋、苔口。
佐々木陽次が今季初めてスタメンから外れ、柳下と才藤がスタメン復帰した。

試合は後半開始早々に動く。
中盤花井から右サイドの伊藤が抜け出し、ゴールラインぎりぎりから上げたクロスが齋藤にピタリとあった。これで1点先制。
その後もチャンスはあったがゴールはなかなか奪えず。
こうなってくると嫌な流れになってくるもので実際危ない場面もあったがそこを何とかしのぐ。

すると80分過ぎ。
柳下の見事なパスカットからこれも才藤につないで2点目。
これで試合は決まった。
久しぶりにホームでの快勝だった。
いつもとは違うお客さんの目にこの試合はどう映っただろうか。



(選手の動向)
1 GK 榎本 ベンチ外
2 DF 脇本 10試合ぶりサブから途中出場
3 DF 代  3試合連続スタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 7試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 12試合連続スタメンフル出場
7 MF 佐々木陽次 今季初のサブから途中出場
8 FW 高橋 2試合連続サブ
9 FW 苔口 3試合ぶりサブ
10 MF 新井 2試合連続サブ
11 FW 才藤 3試合ぶりスタメンでフル出場、2得点
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 4試合連続スタメンフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 3試合連続スタメンフル出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 8試合連続サブから途中出場
19 DF 柳下 3試合ぶりスタメン
20 DF 花井 9試合連続スタメン
21 GK 太田 3試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 10試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 2試合連続スタメンフル出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 ベンチ外
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
31 GK 齋藤 2試合連続サブ
32 MF 野田 ベンチ外

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

久しぶりの平日開催 金曜はY.S.C.C.横浜戦(2019/7/18)

このところ、4試合勝ちがないカターレ富山は、金曜日にY.S.C.C.横浜(以下、YS横浜)と対戦する。

チャンスは数多く作るもののゴールを割れず、そのうちに相手の逆襲を許して、失点するケースが目立つ。
この間、4バックから3バックに変更するなど色々手を尽くしているように思えるが、いかんせん、結果が出ない。

とにかく流れが悪い。

さて、対戦相手のYS横浜は下位にはいるものの、勝ち星は同じ5勝で得点力のあるチームである。
前々節の熊本戦を見ていたが、首位の熊本に対して堂々と渡り合って引き分けていた。
下位にいるからと見くびっていると痛い目にあう。
攻撃ならリーグ屈指かもしれない。

もちろん勝ってほしいところではあるが、昇格のためというよりは、今はチームに笑顔が戻ってほしいという気持ちが強い。

ああ、でも果たして試合を見に行けるのか、自分の状況は全く不透明で、それは当日のその時になってみないと分からないのである。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

あっという間に終わる3連休(2019/7/15)

3連休の最終日であったが、結局、実家に行ったくらいで終わってしまった。
結局、初日は韓国人を歓迎して一日が終わり、昨日は回転寿司に行って終わった。
無駄に過ごしたと思ってしまうが、休むことも大事だと思うことにする。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

実力差を感じた逆転負け ロアッソ熊本 対 カターレ富山(2019/7/14)

首位の熊本が相手の試合。
2位の北九州がリードされていたこともあり、何としても勝ちたい試合だった。

スタメンは、GK太田、DF代、今瀬、MF碓井、佐々木陽次、白石、ルーカス、花井、前嶋、伊藤、FW田中。サブは、GK齋藤、DF柳下、谷奥、MF新井、稲葉、FW高橋、才藤。

試合は前半は押し気味に進めるも、途中から熊本も押し返してきて、お互いに得点は奪えず、前半は終了。
惜しいチャンスはお互いにあった。
ただ、一番得点力のある田中が負傷で退いてしまったのが心配ではあった。

後半に入って早々にCKからルーカスのゴールで先制。
最近、CKからゴールの匂いがしないと思っていたが、伊藤が蹴ったボールを今瀬が落としてルーカスが蹴り込む理想的な展開だった。

問題はその後で、だんだん押し込まれる展開が増えていき、熊本も選手交代で攻撃を強める。
FW三島を投入する時に、こちらはDFを代に代えて高さのある谷奥に。
だが、結果的にこの交代がDFの連携をおかしくしてしまったのか、その後2失点してしまう。

後で調べると三島はプロ入りしたのが神戸で、多分安達監督もよく知っていたのだろう。
それで警戒しすぎたのかもしれない。
確かにヘディングの強い選手というイメージはあったが、あえてDFを代える必要があったのか。
しかも三島対策として入った谷奥が三島をマークする場面はあまり見られず、失点のシーンも今瀬が三島を防ぎに逆サイドまで走ったところを手薄になったカターレの左サイドに振られて失点を許してしまった。

逆転された後は、久しぶりに新井を入れて点を奪いに行ったが、ゴールを割ることができず。
新井もあまり使われずじまいで残念だった。
今年の試合で時々思うのだが、交代選手を入れたのにその選手を使おうという意図が見えない時がある。
今日もそうだった。
何試合か前、ルーカスにパワープレイをさせた時も徹底していたようには見えなかった。
今日だったら、新井瑞希のドリブルで相手DFを切り裂こうという場面も少なかった。

あえていうなら、今のチームは相手の嫌がることをしていない。
選手交代だけでなく、試合終盤で相手が1点リードしている時なら、ゴール前にボールを運ばれるのが嫌なはずなのに、FKをとっても簡単にボールを回してすぐに初めてしまう。
長身の選手が上がってゴール前にロングボールを入れる方が絶対に相手は嫌なはずなのにそうしない。

試合終了後の監督は淡々としていたように見えた。
前節の怒りが全く選手達には響いていなかった。
結果を見るとそうだ。

監督の采配にも疑問がつく試合になった。
ここ数試合いろいろと試しているが、結果は出てこない。
次のYS横浜も順位は下位だが、攻撃力はリーグ屈指だと思うので、簡単な試合にはならないだろう。

一つ結果が出ればまた変わると思う反面、その結果を誰が出してくれるのかというところでは、正直、アイディアが自分も浮かばない。



(選手の動向)
1 GK 榎本 ベンチ外
2 DF 脇本 ベンチ外
3 DF 代  2試合連続スタメン
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 6試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 11試合連続スタメンフル出場
7 MF 佐々木陽次 16試合連続スタメン
8 FW 高橋 5試合ぶりサブ
9 FW 苔口 ベンチ外
10 MF 新井 2試合ぶりサブから途中出場
11 FW 才藤 2試合連続サブから途中出場
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 3試合連続スタメンフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 2試合連続スタメンフル出場で1得点
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 7試合連続サブ
19 DF 柳下 今季初のサブ
20 DF 花井 8試合連続スタメンでフル出場
21 GK 太田 2試合連続スタメンフル出場
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 9試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 移籍後初スタメンでフル出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 ベンチ外
28 DF 谷奥 2試合連続サブから途中出場
29 FW 田中 6試合ぶりスタメンも負傷交代
31 GK 齋藤 初のサブメンバー入り
32 MF 野田 ベンチ外

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

流れを変えたい 日曜は首位熊本戦(2019/7/12)

天皇杯はあったが、リーグ戦ではここ3試合勝ちがなく苦しい試合が続いている。
この間、2位との勝ち点差は3から8に広がった。
状況は一気に苦しくなってしまった。

この間、いずれの試合も1得点しか奪えず、失点はかならず1以上与えてしまっている。
前節は圧倒的に得点機がありながら、1得点しか奪えなかった。

個人的には得点ができないことより、完封できないことの方が気になる。
現在、8試合連続で失点している。
大量失点があるわけではなく、最高でも2失点ではあるが、攻撃にかかる時間が多い分、守備になった時に耐えきれない印象だ。

相手の熊本は連勝は前節で止まっているが、得点力は高い。
熊本もゼロでは抑えきれていないが、2点目、3点目を奪うことができるため、勝ちを奪えている。
強い相手に代わりはないが、かと言って、こちらもここを倒さないことには先がない。

アウェイで難しい試合になるだろうが、何とか打開したい。

熊本とはJ2時代の2014年以来5年ぶりの対戦になる。
確か初年度に勝って以来、勝っていないような。
相性も今ひとつだが、それでもやるしかない。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's goalのプレビュー

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

試合を支配するも結局引き分け FC東京U23 対 カターレ富山(2019/7/6)

連敗中のカターレ富山。

スタメンは、GK太田、DF代、今瀬、ルーカス、MF碓井、佐々木陽次、白石、花井、前嶋、FW高橋、苔口。サブはGK榎本、DF柳下、谷奥、MF新井、稲葉、FW才藤、田中。
天皇杯で試した3バックで、初めて白石が右ウイングバックに入り、苔口がスタメンでワントップに入った。

試合は前半からボールを支配しチャンスを作る。
苔口の動きも悪くなかったがゴールをあげることはできず。
前半もこのまま終わるかと思ったところ今日は右サイドに入った白石が中に切り込んで左サイドの前嶋へ。そこから前嶋がシュートを決めて先制し、前半はリードして終える。

後半に入ってもチャンスは多かったが、カターレのチャンスから一気にカウンターを食らい、好調の原大智に決められた。

その後は再び勝ち越そうとさらにボールを支配するがことごとくシュートを相手GKの好守に阻まれて得点は奪えず。
結局試合はそのまま終了し引き分けとなった。
連敗は止めたとはいえ悔やまれる試合になった。



(選手の動向)
1 GK 榎本 11試合ぶりサブ
2 DF 脇本 ベンチ外
3 DF 代  3試合ぶりスタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 5試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 10試合連続スタメンフル出場
7 MF 佐々木陽次 15試合連続スタメン
8 FW 高橋 4試合連続スタメン
9 FW 苔口 4試合ぶりスタメン
10 MF 新井 ベンチ外
11 FW 才藤 8試合ぶりサブ
13 MF 佐々木一輝 3試合ぶりサブ
14 MF 白石 2試合連続スタメンフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 今季初スタメンでフル出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 6試合連続サブから途中出場
19 DF 柳下 ベンチ外
20 DF 花井 7試合連続スタメンでフル出場
21 GK 太田 11試合ぶりスタメンでフル出場
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 8試合連続スタメンフル出場で1得点
25 MF 伊藤 2試合ぶりサブから途中出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 ベンチ外
28 DF 谷奥 今季初のサブ
29 FW 田中 2試合連続途中出場
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

天皇杯のいい流れをつなげたい 明日はFC東京U23戦(2019/7/5)

ホーム3連敗で嫌な流れだったが、天皇杯で町田を下して、雰囲気は変わった。
と思いたい。

メンバーはおそらく天皇杯とは大きく入れ替えてくるだろうが、好調だったメンバーはそのままスタメンに入れて来るかもしれない。
リーグ戦は連敗中なので、とにかくここは大事に。
アウェイとはいえ、勝たないとそれこそ本当に苦しいことになる。

また、高橋駿太あたりに複数ゴールをあげてほしい。
スタメンで出るなら田中にも期待。

相手のFC東京はオーバーエイジのメンバーが読めないが、過去に痛い目にあった原大智に要注意。
特に今年は好調のようでもある。
そろそろ上でやってほしいところではあるが。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's goalのプレビュー

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
66位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク