FC2ブログ

実力差を感じた逆転負け ロアッソ熊本 対 カターレ富山(2019/7/14)

首位の熊本が相手の試合。
2位の北九州がリードされていたこともあり、何としても勝ちたい試合だった。

スタメンは、GK太田、DF代、今瀬、MF碓井、佐々木陽次、白石、ルーカス、花井、前嶋、伊藤、FW田中。サブは、GK齋藤、DF柳下、谷奥、MF新井、稲葉、FW高橋、才藤。

試合は前半は押し気味に進めるも、途中から熊本も押し返してきて、お互いに得点は奪えず、前半は終了。
惜しいチャンスはお互いにあった。
ただ、一番得点力のある田中が負傷で退いてしまったのが心配ではあった。

後半に入って早々にCKからルーカスのゴールで先制。
最近、CKからゴールの匂いがしないと思っていたが、伊藤が蹴ったボールを今瀬が落としてルーカスが蹴り込む理想的な展開だった。

問題はその後で、だんだん押し込まれる展開が増えていき、熊本も選手交代で攻撃を強める。
FW三島を投入する時に、こちらはDFを代に代えて高さのある谷奥に。
だが、結果的にこの交代がDFの連携をおかしくしてしまったのか、その後2失点してしまう。

後で調べると三島はプロ入りしたのが神戸で、多分安達監督もよく知っていたのだろう。
それで警戒しすぎたのかもしれない。
確かにヘディングの強い選手というイメージはあったが、あえてDFを代える必要があったのか。
しかも三島対策として入った谷奥が三島をマークする場面はあまり見られず、失点のシーンも今瀬が三島を防ぎに逆サイドまで走ったところを手薄になったカターレの左サイドに振られて失点を許してしまった。

逆転された後は、久しぶりに新井を入れて点を奪いに行ったが、ゴールを割ることができず。
新井もあまり使われずじまいで残念だった。
今年の試合で時々思うのだが、交代選手を入れたのにその選手を使おうという意図が見えない時がある。
今日もそうだった。
何試合か前、ルーカスにパワープレイをさせた時も徹底していたようには見えなかった。
今日だったら、新井瑞希のドリブルで相手DFを切り裂こうという場面も少なかった。

あえていうなら、今のチームは相手の嫌がることをしていない。
選手交代だけでなく、試合終盤で相手が1点リードしている時なら、ゴール前にボールを運ばれるのが嫌なはずなのに、FKをとっても簡単にボールを回してすぐに初めてしまう。
長身の選手が上がってゴール前にロングボールを入れる方が絶対に相手は嫌なはずなのにそうしない。

試合終了後の監督は淡々としていたように見えた。
前節の怒りが全く選手達には響いていなかった。
結果を見るとそうだ。

監督の采配にも疑問がつく試合になった。
ここ数試合いろいろと試しているが、結果は出てこない。
次のYS横浜も順位は下位だが、攻撃力はリーグ屈指だと思うので、簡単な試合にはならないだろう。

一つ結果が出ればまた変わると思う反面、その結果を誰が出してくれるのかというところでは、正直、アイディアが自分も浮かばない。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1077位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
158位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク