FC2ブログ

5千人を超える観衆の前で結果を残した カターレ富山 対 SC相模原(2019/8/31)

8月の最後の日。
J3中断明けの試合はSC相模原との試合。
天皇杯の一件があって最低でも3千人は集まらないと今度はサッカー協会ではなくてカターレ富山が嘲笑されるのではないかと気になっていた。
だが、結論からいうとそれは杞憂だったと分かった。
いつもとは全然違う数の観客がやって来てくれていた。

集まった観客は5千人を超えた。
久しぶりだった。
今日の試合は結果がどうであれ個人的にはこれだけで十分だった。
スタッフの皆さんは本当によく頑張ったと思う。

そして試合である。
スタメンは、GK榎本、DF脇本、代、今瀬、MF碓井、佐々木陽次、白石、花井、前嶋、FW大谷、平松。サブはGK太田、DF柳下、MFルーカス、稲葉、安永、FW高橋、才藤。
大谷がリーグ戦では初スタメンとなった。
試合が始まると右から代、脇本、今瀬、前嶋の4バックだったように思う。

試合はいつもどおりチャンスは作るもののシュートが決まらない。
前半は平松がGKと一対一となる場面や佐々木陽次が決定機を迎える場面があったが得点を奪えず。
すると相模原がチャンスを迎える。
CKからクリアしきれずに先制を許す。

いつものよくない流れのまま前半は終了した。
後半はどこかに手を入れてくるのかと思ったが、メンバーは変わらず。
後半は開始から相模原のペースだった。
なかなか流れが変わらないところにCKを取り、1人目の交代として高橋駿太が入ってきた。
高橋駿太の出場はリーグ戦では6試合ぶりで7月のFC東京U23戦以来だった。

高橋俊太は前線で動き回る自分のスタイルを貫いた。
少しずつボールを持てるようになり、前嶋の左からのクロスに白石が頭でうまくすらして同点に追いついた。
白石は富山での初ゴール。

その後流れは良くなりカターレのペースに。またボールを持てるようになってきた。
その後また相模原のCKが続く時間帯もあったが、ここを何とかしのぐ。
流れは互角の中で次にまた富山が流れを引き寄せる。
波状攻撃からチャンスを作るが、相手GKのファインセーブでことごとく阻まれる。

またいつものこのパターンかという気持ちが生じ始めたところに5146人という観衆の発表が。見ている方もこれでテンションが上がる。
その後まもなく勝ち越し点が決まる。

DFラインの代から右サイドにいた高橋駿太へ速いパスが通る。
そしてすぐにそこからDFラインの裏にスルーパス。
これが裏に走った大谷がきれいに抜け出し、そのままシュートを決めた。

見事なゴール。大谷はこれが公式戦初ゴールだった。
若い頃の苔口が得意としていたようなゴールで素晴らしかった。

この大観衆、そして決めてほしかった大谷の勝ち越しゴール。
今日は絶対に勝たないといけない。
そんな思いが浮かぶ。
チームの意思統一はできているか。

そんなことを思いながら時計の経過を見る。
試合運びは悪くなかった。
不要なファウルはしない。
かといって早くから時間稼ぎをするわけでもない。

終了間際にはリーグ戦では初出場となる安永を白石に代えて投入し、先に入っていた稲葉と2人のフレッシュなボランチに。
最後に相模原がカターレの右サイドを突破しようかというチャンスがあったがここは代が一対一を競り勝って事なきを得る。
このプレイは大きかった。

試合はこのまま終了で、再開初戦を最高の形でスタートできた。
本当にいい試合だった。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

カターレ富山というクラブに注目が集まる重要な試合 土曜日は相模原戦(2019/8/29)

リーグ戦中断後、天皇杯でとある事件があり、より注目が集まる状況で迎える相模原戦。
そんな中で火曜日にはクラブからこんなお知らせも出た。



天皇杯でのチケット問題。
主催は県サッカー協会だったので何も悪くない。
そんな中で、問題が起こった直後には次の試合でカターレが無料で招待をすればいいのにという意見もあった。
でも、それは筋が違うだろうと思っていた。

その後もサッカー協会の対応はひどくて、そろそろ次のホーム戦の話題に持っていきたいなと思っていたところに出たこのお知らせ。
反響は大きかった。
リツイートが1,000近くに達しているというのは今までで最高ではなかろうか。
いい話題で注目が集まって良かったなと思えた。

そんな状況で迎える再開初戦のホーム戦。
毎年中断明けは花火もあって観客動員に力を入れる試合になるが、今年は特に注目が集まる。
問題のあった天皇杯が3,000人超だったので何とか3,000人は超えて欲しいところ。

当日の企画の個人的コメントもつけて紹介します。

「県総DE打ち上げ花火大会2019」実施のお知らせ(8/23協賛企業追加)
今回一番のメイン企画、ハーフタイムの打ち上げ花火です。
メインからだとちょっと離れて見えますが、実際の迫力はすごいものです。
ゴール裏からだとより近くに見えます。

ライカくん「柚子入りベビーカステラ」DEおもてなし
これはいつもやっている企画です。
相手チームの地域の特産品を使ったものでおもてなし。
とにかく急げってやつです。

「ゆめたか接骨院スペシャルマッチ」開催のお知らせ
スポンサーのゆめたかさん。
カターレが勝った場合のみの企画、マンオブザマッチもあるということで、これが出る試合になってほしい。

「茶会にこら~れ」開催決定!
これに出されるお菓子はいつも美味しい。
石谷もちやさんなら間違いなしかな。

グッズ情報
ファンにはたまらないカードフェスタ。
そしてこのTシャツはなかなかいい!
キャップとタオルマフラーは受注生産ということでぜひお買い求めください(相変わらず花井さんいい男です)

”日常にカターレをプラスする“ 「KATA」「K×T」Tシャツ発売
グッズ情報にも出ていた新Tシャツ。なかなかよろしいですね。

【8/31vs.相模原】「お誘いキャンペーン」実施のお知らせ
時々やっているこのお誘いキャンペーン。
常連さんから新規のお客さんにさらに声かけをしてというこの企画。
前にもらっのは移籍した新井瑞希のカードなので新しいカードも欲しい。

ユースキン製薬株式会社「あせもシート」(先着3,500名様)プレゼント!!実施のお知らせ
以前もあったこのあせもシートプレゼント。
先着3,500名なのでこれが全てなくなって欲しい。

天気予報は回復して来た。
本当にたくさんの人に見に来て欲しい。
相模原との相性は3勝3分4敗と負け越してはいるが、個人的にはそこまで悪くはないと思っている。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

カターレこの1週間(2019/8/25)

1週間というか、ここ最近のニュースをご紹介。

新井瑞希選手 東京ヴェルディへ期限付き移籍のお知らせ
少し前までここまで出番がないと移籍するかもな、とは思っていましたが、J2のチームから声がかかるとは驚きでした。
チームカラー的に合いそうな感じ。
去年の天皇杯の時にヴェルディ相手にゴールしてたのも印象に残っていたのでしょうか。

トレーニングマッチ[vs.松本山雅FC、vs.東海大学]結果のお知らせ
得点者は佐々木陽次とルーカス・ダウベルマン。
佐々木陽次は一応チームの最多得点者なので出番をもっと与えて欲しいところではあるが。

今週は以上です。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

「キャスターという仕事」国谷裕子(2019/8/24)

そんなにずっと見ていたわけではないが、私はNHKの「クローズアップ現代」という番組が大好きだった。
時事ネタもあれば、必ずしもそうでないものもある。
基本的には固い内容が多かったようにも思うが、時々スポーツや柔らかいテーマの時もあった。

この番組は23年続いていて、その期間はほぼ私が働き始めてからの期間と重なるのでいろいろな見方もしていた。
一時期は「クローズアップ現代」を文字起こしするという人がおられてそのメールマガジンを購読していたこともある。

この本は、その「クローズアップ現代」のキャスターを務めてこられた国谷裕子さんのキャスターとしての自叙伝のような形になっている。
キャスターとしての自覚を持つに至るまで、そしてキャスターの自負を持って取り組んできた時代、そして番組から降板するに至った時までの記録でもある。

一番印象に残っているのは、「クローズアップ現代」の番組の作り方である。
いろいろな部署が取材等で持ち寄ったものを素材に関係者が全員集まって試写が行われる。
見ているとこれがこの番組の肝だったようだ。
その試写は前日に行われるものと当日に行われるもの。

これが戦いの場であり、いいものを作り上げようとする生産の場でもある。
これがあったから、30分に満たない時間で濃厚な内容を楽しむことができたのだ。
本当に感謝したい。

また、インタビューにおいてフェアであることを信条としてきたとある。
ここのところ日本には明らかな「同調圧力」なるものが存在している。
その中でもNHKとして聞かなければならないこと、触れなければならないことに触れた米国大使とのインタビューは圧巻である。
報道する側としておかしなことは権力側に対して聞かなければならない。
何と言われようと。

最後にSDGsの話が少し出てくる。
今自分の周りではようやく用語として登場するようになってきたSDGs。
その「誰一人取り残さない」という考え方をこの番組は2015年に取り上げている。
何という早さだろうか、いやこちらが遅いだけなのだろうか。

現在も「クローズアップ現代+」という番組は続いているが、NHKのアナウンサーが担当しているのと国谷さんが担当しているのではやはり掘り下げ方に違いがあるように思う。
とはいえ、その番組の精神は受け継がれているはずでもう一度見てみようかという気にさせてくれた、そのくらい影響力のある一冊である。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

カターレ過去との比較(2019/8/23)

J3に落ちてから5年。
今年のサッカーは今までで一番面白いと言われているが思ったように成績は伸びていない。
そこで過去の成績を現時点(20試合)までの成績を比較してみた。

2015年 7位 7勝6分7敗 勝点27 得点21 失点18
2016年 4位 9勝6分5敗 勝点33 得点25 失点17
2017年 4位 10勝6分4敗 勝点36 得点25 失点14
2018年 12位 7勝2分11敗 勝点23 得点24 失点34
2019年 10位 6勝8分6敗 勝点26 得点23 失点22

意外なことに悪かった去年よりも勝ち星は取れていない。
それとこうしてみると得点数はほぼ毎年大きくは変わらない。
1試合あたり1点をちょっと超える程度。
それでも上位につけている年は極端に失点が少ない。

2017年は既に18節19節で連敗を経験した後ではあるが、失点数14で圧倒的に少ない。
次に成績が良かった2016年も失点数は少ない。
意外なのは2015年も失点数は1試合1点を切っているのだが、得点力不足で勝ち点が伸びなかったということが言える。

今年も守備はそこそこいいと思っていたが、やはりいい時は1試合1失点を切っているので完封試合を増やすことが上位に入る条件ではなかろうか、という結論になる。
だが、安達監督の特性からして得点力をあげていく方が現実的、という気もする。

この中断期間でどう変わってくるのだろうか。

それにしても、2015〜2017年の失点の少なさを見るに平出の存在は大きかったんだなと改めて感じる。
鹿児島でくすぶっているくらいならもう一度戻って来てくれないかなと思う。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

1週間の韓国ニュース(2019/8/22)

木曜は1週間の韓国ニュースで振り返りです。

政府の対日姿勢 韓国国民のおよそ60%が「評価する」
双方が歩み寄らない限りこの状況は変わらないでしょうね。

「光復節」大規模市民集会 安倍首相に抗議の声
日本というより安倍総理に矛先が向かってますね。

20代は「憂うつ」、40代は「不安」
依然として若い世代にはつらい時代。

今週は、以上です。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

悩む(2019/8/21)

接したことがないからどう対応していいかわからない。
だが、自分が直接対応するわけではないから無理強いするわけにもいかない。
自分が責任をもって対応するならやってみたいと思うのだが。
悩ましいところだ。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

天皇杯続報(2019/8/20)

昼結構な量の雨が降っていたのだが、かまわずに外に出てコンビニまで行ってきた。
それも一番近いコンビニにすればよかったものの行きたかった二番目に近いコンビニに行ってしまった。
いつでも行けるものを。

途中の道は水浸しで完全に水たまりになっていたところも多数。
歩くだけでズボンは濡れてすぐに靴の中まで濡れ出すような雨の降り方だった。

結局外にいたのは合計10分くらいだっただろうがそれでも十分ずぶ濡れになって、ワイシャツは腕が透けズボンと靴はびしょびしょという形になった。

靴はさすがに予備のものに履き替えたがそれ以外は着替えるわけにもいかずそのまま着て乾燥するのを待っていた。

人間の体温というのはこういう時にその温かさを感じるもので何だかんだで1時間ちょっとでほぼ乾いてしまった。
しかしなぜこんなことをしてしまったのかと悔やまれる。
馬鹿なことをしたものだ。

さて馬鹿なことをしたといえば、昨日富山県サッカー協会が出した先日の天皇杯の試合に関するコメント。
本来ならお詫びと書きたいところだが謝っている箇所が全くないのでコメントとしかいいようがない。
それが誤りだと言いたいところだ。

そのコメントとは次のとおり。

当日は当日券の発券で手間取った挙句、席がまだまだあるのに売切れにしてしまい、あげくは高いチケットを買わせたり、ひどい話になるとコンビニに買いに行くように言ったとか。
そんな中、高校生チケットを小中学生に買わせた場合のみ返金に応じるとのこと。
また最後にできるだけ前売りで買うようにという一言まで添えられている。

この文章を見てまず思ったことは先にも書いたが、全くお詫びの文章がないこと。かなりの人が不利益を被ったように思えるのだがそれに対するお詫びが全くない。

普通なら完全に「この文章を作る意味がわかってない。やり直し!」となるべきところだが、こういう文章を何の疑いもなく上げるところにその裏の気持ちが透けて見える。

自分たちは悪くないと。

いや、これを悪くないと言ったらほとんどのミスは許されることになる。

サッカー協会の人もカターレの関係者もわかったと思うが、この試合でわかったことはJ1との対戦なら平日夜だろうとお客さんは来るということである。
いつも3千人集まらなくて苦労しているのに大したPRもしていない天皇杯の試合で余裕で3千人を超えたのだ。
もちろん仙台サポーターが多かったことも3千人を超えた一つの要因ではあるが、それ以上にJ1所属クラブとカターレとの試合を見たいという人が多かったということだろう。
やはり潜在的なファンはいるのだ。
J2時代に4千人を超える観客がいたのにどこに行ったのかと思っていたが、まだ実は残っている。
これは大きな発見だった。

こういったことがあったので来年天皇杯を勝ち進んでも富山でやることが叶うかどうか非常に怪しくなった。
だがそれでも機会があるならぜひやってもらいたいと思う。
サッカー協会しか主催できないというならそれでもいい。
さすがに同じ轍は踏むまい。
やはりリーグ戦で対戦することのない上のカテゴリーのチームとの対戦は魅力である。
それこそが天皇杯の魅力といってもいい。
実際にかなり楽しかった。
仙台の応援もやはりレベルが高かった。

そんな刺激を受けるためにもリーグ戦だけではなくカップ戦も必要だ。
そういえば毎年天皇杯は負けてもいいという声がよく聞かれていた気がするが今年はそんな声はほとんど聞かなかった。
上のカテゴリーのチームとの試合はやはり楽しいものだ。
こういう試合がホームで年に1回以上行われるのも悪くはない。
来年もこんな対戦があったらいいなと願う。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

あおり運転のニュースばかり(2019/8/19)

どうしようもないクズ人間の犯罪は視聴率がとれるのか。
あおり運転の犯人が指名手配、逮捕されたということでそのニュースばかりだ。

先週はワイドショーもそのニュースばかりだったようだ。
あの映像を何度も流してああでもないこうでもないと。

危険な行為をした人間を捕まえることは重要だが、それよりも別のねらいがあったのだろう。
視聴者の共感を得やすいニュースということだろうか。
幸い死者も出ておらずここまで大きく取り上げるのに違和感もあった。

だが私にとってあの映像は心を疲弊させた。
高速道路で車を止めさせられて殴られる。
あの映像は恐怖である。私は恐怖しか感じない。

殴られることも恐怖だが、高速道路で停車させられることも恐怖である。
追突されたら死しかない。

早くこのニュースは消えて欲しいと思っていたのだがそれをものまねする芸人まで現れた。
それが攻めたお笑いというならお笑いなんかなくてもいい。
好きな芸人さんなだけに本当に残念だ。

少し前だがボクシング協会の会長もよく取り上げられた時期があった。
彼がやっていたと思われたことも全くもってテレビでちやほやされるものではない。
何でこんな人を取り上げるのかと思っているうちにようやく消えて行ってくれたけれど。

そんな時に今度はこの事件だ。
これもそのうち消えて行ってくれるだろうけれど、それでもあれを笑いのネタにするのは違う。
相方がもうすぐ復帰できるというのに。
これも表現の自由だからという人もいるだろう。
彼がそのモノマネを続けることを止める権利はないし強制することもできないだろう。
ただ本人に気付いて欲しい。
それで実際に暴力を受け恐怖にさらされた人間もいるのだしニュースだけで怖い思いをしている人間もいるのだということを。
あなたにはもっと素敵な笑いを作るセンスがある。
気付いて欲しい。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ここまでの個人成績を振り返る(2019/8/18)

リーグ戦が中断中ということでここまでの個人成績を振り返る。

ここまで全試合に出場しているのが白石と花井。
どちらもスタメンを外れた試合が2試合あるがいずれも途中交代での出場もあり全試合出場となっている。
特に花井は彼がいる時といない時とで全く別のチームになってしまうくらい影響力が高い。

その次は19試合の碓井、佐々木陽次、前嶋。
碓井は出場停止が1試合あったので実質は全試合出場ということだ。
前嶋は怪我があったのか1試合だけメンバーに入らなかった試合があったがそれ以外は全試合フル出場している。
佐々木陽次はここに来てスタメンを外れる試合が増えて来ているがゴール数はチームトップであり、その得点力をもっと活かしたいところだ。

ちなみに出場時間でいうと前嶋がトップで2位が2試合欠場しただけで後はフル出場の今瀬ということになる。

得点ということになるとトップが5得点の佐々木陽次、2位が4得点の才藤と田中ということになる。
才藤は出場時間もそれなりにあるが、田中は時間にしてわずかに363分。ほぼ1試合に1得点のペースであり、シュート成功率は26.7%の高確率である。

逆に花井、白石、碓井という出場時間の長い選手にゴールが生まれておらず、DFではあるが今瀬もセットプレーからのゴールが期待されるところではあるがまだ無得点である。

個人的に前半のMVPは花井と白石という印象であるが、この2人がいずれもノーゴールというのが今のチームを象徴しているのかもしれない。
それほど得点力不足ではある。

20試合で23得点。
ほぼ1試合に1点ペース。
失点も20試合で22失点なのでほぼ1試合に1失点ペース。
守りは悪くない。
とにかく2点目が取れない。
逆に2点以上取れた試合は5戦全勝なのだ。
ゼロに抑えたいという試合もあるがやはり2点以上取れる試合をしたいところ。

そのためにこの中断期間で何とか糸口を見つけて欲しいのだが。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

結局何もしないまま寝てばかり(2019/8/17)

昨日仕事に行ってまた土曜日で休み。
暑いのも続いているが結局午前午後と昼寝して一日が終了。
充実はしていないがそんな感じで終了。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

1週間の韓国ニュース(2019/8/15)

日本への対応、効果なく外交的解決を 経済専門家ら
こういう見方をするところがあって捨てたものではないと感じます。

光復節で647人仮釈放 恩赦は3年連続行わず
こういうことを公約にしていたんですね。

日本大使館前水曜集会が1400回に たたえる日の行事も
記念日になったのが去年ですか。

国民の51.6%が北韓に反感 KBSの意識調査
反感を持っているは去年大きく減って今年は再び増えたと。

光復節で反日デモ 夕方からはキャンドル集会
もはや対象は日本ではなく安倍首相になってますね。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

外ではいろいろあったみたいだが内容はいつもどおり 天皇杯 カターレ富山 対 ベガルタ仙台(2019/8/14)

この対戦が決まってからずっと楽しみにしていた試合。
会場には少し早く行きたかったのだが、仕事を定時まですることになり、そこから急いで帰宅し車で向かうことに。

駐車場はかなり埋まっていて、一応平日の夜だが観客数も期待できた。
今日はB7というゴール裏の入口も開いていて、時間もなかったので駐車場から近いその入口から入った。
その入口からは向こう側が見えるのだが、仙台の横断幕がたくさん見える。
そして中に入ると仙台のサポーターの集団がゴール裏ではなく、バックスタンド1階の芝生席に陣取っていた。
あれ、ここSA席じゃなかったっけ?(実際はバックスタンド1階の芝生席が自由席で2階がSA席だったのだ。)

そしてその驚きもつかの間、ゴール裏の2階を見上げてさらに驚く。
いつもよりも人が多い!
そして、席がほとんど埋まっている!

これはすごいぞとテンションは上がる。
よく見るとどうやらサポーターの中心部も詰まっているが、いつもはメインで見ている人も価格差のおかげで今日はゴール裏の自由席で見ているようだ。
それにしても密集度はすごかった。いつもこうならいいのに。
(しかしこの時に既に会場外で事件が起きていようとは)

到着後ほどなく試合は開始。
スタメンは、GK太田、DF柳下、谷奥、馬渡、MF佐々木陽次、花井、前嶋、安永、FW苔口、才藤、大谷。サブはGK榎本、DF代、杉山、MF碓井、白石、ルーカス、FW平松。

前半からよくチャンスは作っていたが、得点は奪えず。
時折、仙台が逆襲で鋭い攻撃を見せていたがそれを何とかしのいで前半はスコアレスで折り返す。
後半に入って今日一番のチャンスが訪れる。
相手DFの陣形が整う前に苔口にパスが通り、DFを振り切って苔口がシュート。
ただこれはクロスバーに当たって決まらず。
この他にもシュートチャンスが何度かあったが枠をとらえきれず。

そうこうしているうちに相手の個人技でジャーメイン良にドリブルでコーナーフラッグのあたりから持ち込まれて失点。

結局その後もチャンスを作ったが得点は奪えず。
J1のチーム相手に健闘していたとは思うが試合内容はチャンスを作りながらもゴールを奪えないいつもどおりの展開になってしまった。

仙台サポーター。




満員のゴール裏とガラガラのメイン席。料金差が1,500円ほど。


家に帰ってからネットを見ると試合結果よりも会場外での出来事に注目が集まっていた。
それは席に余裕があるのに当日券が売り切れになっていたというもの。







天皇杯は都道府県のサッカー協会が試合を主催しているので、当日券の枚数を読み違えたのが原因のようだ。
だが、それでもお金さえもらえばやり方はいくらでもあったように思うが。
見ていないからわからないけど、そんな何千人と並んでいたわけではないのだから、お金を払ったことを証明するものを渡してそれをチケット代わりに入ってもらうとか。

言っても仕方がないことだが、このことでサッカー協会からは何のお詫びのコメントもなし。
さすがにこれはひどいのではなかろうか。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

10年ぶりの対戦 水曜は天皇杯仙台戦(2019/8/13)

リーグ戦は中断期間に入ったが、今年はまだ天皇杯がある。
相手はベガルタ仙台。
その試合をホームでできるというのはとても嬉しい。

仙台との対戦はカターレがJ2に昇格した2009年以来の対戦になる。
その年は結局3連敗で、仙台はその年にJ1に昇格し、以降ずっとJ1での戦いをキープしている。

仙台との対戦で思い出深いのはその2009年の3試合目。
10月にあった対戦で、先制を許すが、長谷川の2ゴールで一度は逆転する。
この時の県総の盛り上がりが、忘れられない。
いまだに過去最高ではなかったかと思う。

エースFWの長谷川満だが負傷がちで、そこまでノーゴールだった。
ようやくあげたゴールが強かった仙台戦で、しかも一気に2ゴール。
これで勝ったら最高の試合になる。
観戦している皆がそう思ったことだろう。

あの時の期待と盛り上がりはこれ以上ない。
今回もそんな熱い試合を期待したい。

仙台はリーグ戦では14位。
調子も良くも悪くもというところだろうか。
とは言ってもJ1でずっと戦っているチームであり、リーグ戦を見据えて主力が出なかったとしてもチーム力は上だろう。

だが、そんな相手の方が思う存分に力を発揮しやすい。
こちらも日曜に戦ったばかりであり、出場するのはサブメンバーが予想される。
新井瑞希、大谷あたりに活躍してほしい。
特に大谷が初ゴールを決めるようなら未来は明るい。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

最後の最後に気持ちを見せて追いついた ブラウブリッツ秋田 対 カターレ富山(2019/8/11)

前節重要な試合を落として中断前の最後の試合。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、代、今瀬、柳下、MF碓井、白石、ルーカス、前嶋、伊藤、FW平松。サブはGK太田、MF佐々木陽次、花井、安永、FW苔口、才藤、大谷。
スタメンに碓井と柳下が復帰し、移籍の平松は初スタメン。

試合は前半秋田の初先発のFW北原に翻弄される場面が多く、そこから失点を許す。
後半に花井を投入し、流れは完全にこちらに。
試合を支配して際どいシュートを何度も打つもののクロスバーに阻まれるシュートが多くとにかく決まらない。
このまま負けてしまうのかと思うところだったが、終了間際に白石の右からのクロスから脇本が決めて同点に。

結局試合はこのまま終了し、何とか勝点1は奪った。
昇格という意味では勝たないといけない試合ではあったろうが、前節でそれは正直一旦横に置いたので、試合としては面白い試合だった。
同点につながったのもその前に決定的なピンチを代がクリアした場面があったから。
そんなことも感じた試合だった。



(選手の動向)
1 GK 榎本 2試合連続スタメンフル出場
2 DF 脇本 2試合連続スタメンフル出場で1得点
3 DF 代  6試合連続スタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 10試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 2試合ぶりスタメン
7 MF 佐々木陽次 2試合ぶりサブから途中出場
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 苔口 4試合連続サブ
10 MF 新井 ベンチ外
11 FW 才藤 4試合ぶりサブ
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 7試合連続スタメンでフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン 6試合連続スタメンフル出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 ベンチ外
19 DF 柳下 2試合ぶりスタメン
20 DF 花井 12試合ぶりサブから途中出場
21 GK 太田 2試合連続サブ
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 13試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 5試合連続スタメン
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 3試合連続サブから途中出場
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
30 MF 安永 2試合連続サブ
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外
37 FW 平松 移籍後初スタメンでフル出場

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

この日韓関係(2019/8/10)

日増しに関係は悪くなっている。
どっちもどっちというか、政治家が自分の支持のためにやっているとしか思えない。
困る人がいるということが分からないのだろうか。

あなたはそれがなくても困らないのだろうが、その交流がなくなると困る人がいるという感覚にはならないのか。
きっと困る人は、自分たちの仲間ではないという考えなのだろう。

今こそ政治家が必要だ。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

カターレ富山を愛する全ての人のために ブラウブリッツ秋田 対 カターレ富山((2019/8/9)

前節、ホーム藤枝戦を落として、個人的にはもう昇格云々をいうことはできないと思った。
選手はまだあきらめてはいないだろう。
だが、応援している人たちの中には、かなり今年もだめかという思いが出てきてしまったかもしれない。
別に全然あきらめていない人もいるだろう。
それはそれでいい。

そんな中で、この秋田戦に求めるものは。
私は別に応援をやめるわけではない。
とにかく目の前の試合に最善を尽くして、相手チームに対してしっかりとした対策を施し、そのうえで、勝利をつかむことができれば最高である。

対戦相手の秋田とは2か月前に対戦したばかりで、ホームでの対戦では敗戦。
苦手の中村に決められた格好だ。
秋田は初めて対戦した4年前に1勝しただけで、以降勝てていない相性の悪い相手だ。

秋田は成績は上がっていないが、前節熊本に引き分けており、侮れない相手。
勝ち点も近く、敗れると順位も逆転される位置にある。

暑い中での対戦になるだろうが、苦しみながらもよく頑張ったと思えるような試合をやってほしい。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

1週間の韓国ニュース(2019/8/8)

光復節迎え故宮など無料開放へ ソウル
毎年の話でもないんですね。

DMZの平和遊歩道増設 合わせて10か所へ
DMZ、結局行ったことがない。

ソウルで深夜タクシー相乗りサービス始まる
あれ、相乗りって合法じゃなかったのか。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

首相官邸で?(2019/8/7)

政治家の結婚は当然、ありうることだが、その発表が首相官邸で行われて、そのことが速報ですぐにニュースになるというのは恐ろしいことだ。
そんなのありなのだろうか。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

残念だがもう昇格云々ではない カターレ富山 対 藤枝MYFC(2019/8/3)

前節首位に立った藤枝を迎え、何としても勝ちたい試合。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、代、今瀬、MF佐々木陽次、白石、ルーカス、花井、前嶋、伊藤、FW才藤。サブはGK太田、DF柳下、谷奥、MF新井、安永、FW苔口、大谷。

出場停止の碓井に代わって脇本が入り、柳下の代わりに白石が右ウイングバックに2列目左には佐々木陽次が入った。また、GKに榎本が復帰した。

試合は前半は藤枝の方がチャンスが多かった。
とはいえ、これを無得点に抑えて、後半へ。

しかし、後半早々、藤枝のCkから相手の選手にヘディングゴールを決められる。
これはいけない。
この時点では誰に決められたのかも確認しないまま、そのまま応援を続けていた。

これを受けて、選手交代で大谷と苔口を投入して、この2人の2トップで点を取りに行く。
苔口が起点となって、惜しいチャンスが二度ほどあったが、これを決められず。
試合終了時は大谷がCKを取ったところで終了の笛が吹かれたもの。
このチャンスも活かせずということになってしまった。

大事なホームの試合でまたも敗れてしまった。
これで熊本、北九州、藤枝と上位相手の対戦で1勝もできなかったことになる。
もはや首位よりも最下位の方が勝ち点的には近い。

昇格云々を口にすることはもうできないだろう。
まずは、自分たちのサッカーだけではなく、相手チームをリスペクトし、しっかりと研究すること。
個人的にはこれを望む。

今日も試合後に藤枝からのカターレ富山コールがあったが、今年もコールの返しはなし。
ゴール裏にいた私にもはっきりと聞こえたが、コールリーダーは次節に向けた話を始めて反応はなし。
こちらが拍手で返すのが精いっぱいだった。
本当に情けない。

試合の勝敗とは関係ないが、結局応援する側も相手を見ていないということだろうか。
こういうところをクリアしないとJ2など夢のまた夢のような気がする。

家に帰ってから、得点を許したのが秋本だったことを知る。
J2ラストシーズンの主力だった秋本に決められたのなら仕方がない。
踏ん切りをつけるのにはちょうどいい試合になった。

藤枝サポ。




(選手の動向)
1 GK 榎本 5試合ぶりスタメンでフル出場
2 DF 脇本 11試合ぶりスタメンでフル出場
3 DF 代  5試合連続スタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 9試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 出場停止
7 MF 佐々木陽次 3試合ぶりスタメン
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 苔口 3試合連続サブから途中出場
10 MF 新井 4試合連続サブから途中出場
11 FW 才藤 3試合連続スタメン
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 6試合連続スタメン
15 MF ルーカス・ダウベルマン 5試合連続スタメンフル出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 ベンチ外
19 DF 柳下 3試合ぶりサブ
20 DF 花井 11試合連続スタメンでフル出場
21 GK 太田 5試合ぶりサブ
22 MF 椎名 ベンチ外
24 MF 前嶋 12試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 4試合連続スタメンフル出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 2試合連続サブから途中出場
28 DF 谷奥 3試合ぶりサブ
29 FW 田中 ベンチ外
30 MF 安永 移籍後初のサブメンバー入り
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

真夏の夜の戦い 土曜は首位藤枝戦(2019/8/2)

暑い日が続く。
しかし、まだリーグ戦は続き、先週に引き続き大事な試合が続く。
先週の北九州に続き、今週は首位に浮上した藤枝が相手。

開幕直後に藤枝が首位に立った時、いつかは落ちてくるだろうと思っていたが、結局、調子は落ちることなく、ここにきて上がってきているようにすら思う。

攻撃は何といってもデカモリシが要だがマークもされているはずだが、それでも得点している。
守備陣は元カターレの秋本を中心に失点が少ない試合を続けている。
秋本はカターレ時代よりもさらにうまくチームをまとめているように思う。

片やカターレはどうか。
前節、完全アウェイの北九州相手に引き分けた。
伊藤が移籍後初ゴールをあげたのは良かったが、やはり2点目を奪えなかったのが響いた。

ここまで来ると守備陣に0点に抑えろというのはどうも今のチームは難しいようで、それなら2点目を必ず取るということが重要なようだ。

今日の試合は碓井が出場停止なので、代わりは稲葉か脇本か。もしかしたら佐々木陽次という選択肢もあるのか。

藤枝は数少ないといってもいい相性のいい相手。
確かホームでは全勝のはずだ。
この相性は途切れさせたくないところ。
重要な試合になる。
ただ、選手には冷静に熱くプレイしてほしい。

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
66位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク