FC2ブログ

悔しくて悔しくてたまらない ヴァンラーレ八戸 対 カターレ富山(2019/11/17)

数時間前にテレビで試合を見終えた。
今になって悔しさがあふれ出てきている。
こんな形では結局これまでの年の繰り返しではないか。

勝たなければならない試合に連敗する。
長いシーズンだからそれは負ける試合もあるだろう。
でも、今日の負けが何を意味するかは。。。
誰もがわかっていたはずだが、なぜかリズムが狂っていた。
新しいメンバーが入ってきていたことが理由かもしれないが、それは前節結果が出なかったからであり、それは言い訳にしかならない。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、代、今瀬、MF白石、稲葉、花井、伊藤、前嶋、FW大谷、平松。サブはGK太田、DF柳下、MF碓井、佐々木一輝、椎名、FW高橋、苔口。
前節からスタメンが4人代わり、代、白石、稲葉、伊藤がスタメンに復帰した。

とにかく、今日は前半から風が強かった。
置いてあるボールも動くほどで、相手の差波がCKを蹴るのに苦労していた。
そして風上を取ったにも関わらず、前半のうちに続けて2失点。
さすがにこれはまずいと前半のうちに稲葉に代わって椎名が入った。

後半開始早々、椎名にビッグチャンスが生まれたがこれは相手GKに防がれる。
その後もある程度チャンスは作るものの得点は生まれなかった。
また、いつもほどチャンスを作れたわけでもないように見えた。

チームの特徴である左サイドの白石、前嶋もそれほど効果的なクロスを入れることができず、大谷のスピードも活かせる場面がなかった。
ここ2試合、大谷が目立たないのが気になるところだ。

結局、前半の2失点のまま、試合は終了。
これで今季の昇格の可能性は完全に消えたと思ったが、同時に行われていた藤枝も敗れており、結果的には、まだ可能性は残った。

何年か前にもこんな状況になったことがあったが、その時も結局自ら可能性を消してしまった記憶がある。
例え届かないにしても自ら可能性を消すことだけはしてほしくない。
今日は藤枝が勝っていたらそうなっていた。

もう可能性は限りなく少なくなったのだが、今日のような試合ではなく、見に行ってよかったと思える試合を見せてほしい。
結果として勝ち点が届かないならそれはそれで仕方ない。
他力本願なのは夏頃から始まっていて、その状況はずっと変わっていない。
中断明けから見せてくれた素晴らしいサッカーは楽しい時間だったが、それを継続できなくなったら結局過去に見てきた風景というのはあまりにもつらい。

もう一度、やり直そう。



(選手の動向)
1 GK 榎本 13試合連続スタメンフル出場
2 DF 脇本 6試合連続スタメンフル出場
3 DF 代  4試合ぶりスタメンでフル出場
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 21試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 2試合ぶりサブから途中出場
7 MF 佐々木陽次 ベンチ外
8 FW 高橋 3試合ぶりサブ
9 FW 苔口 2試合連続途中出場
11 FW 才藤 ベンチ外
13 MF 佐々木一輝 2試合ぶりサブ
14 MF 白石 3試合ぶりスタメンフル出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン ベンチ外
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 8試合ぶりスタメン
19 DF 柳下 9試合ぶりサブ
20 DF 花井 11試合連続スタメンでフル出場
21 GK 太田 13試合連続サブ
22 MF 椎名 2試合連続サブから途中出場
24 MF 前嶋 4試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 11試合ぶりスタメン
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 11試合連続スタメン
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
30 MF 安永 ベンチ外
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外
37 FW 平松 12試合連続スタメンでフル出場

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

相手を分析して目の前の試合の勝利を目指すだけ 日曜はアウェイ八戸戦(2019/11/15)

前節、長野にホームで痛い敗戦を喫した。
長野にラッキーもあったが、その運を引き寄せる力を持っていたということだ。
後半戦初黒星で、数字的な面では正直苦しくなったという声もある。

でも、プロサッカーチームというのは、どんな試合であっても全力を尽くし、見に行ったお客さんを楽しませることが使命の一つ。
それがアウェイの試合であっても、見に行く人がいる限り。

相手の八戸とは6月、ホームで対戦して逆転負けを喫している。
後半に佐々木陽次のゴールで先制しながらも逆転負け。
その時のチームとしてはどんどんクロスボールを入れて、ヘディングの強い谷尾に合わせて来るパターンが多かった。
かといって、チーム自身はロングボールばかりではなく、ボールはつないでいるし、得点力は全チーム中6位。
得点パターンも谷尾だけではなく、途中交代が多いながらもすでに10点取っている上形、9点の三田と得点できる選手が多くいる。

また、八戸には去年までカターレにいた佐藤和樹と差波がいる。
差波は前回対戦の時にはまだ加入していなかったので、八戸の差波としては初対戦になる。
佐藤和樹も含め、前線の強いFWに入れて来るパスやクロス、ミドルシュートは脅威になるだろう。
そして、八戸は大石監督の退任も発表された。
この影響がどう出るのかわからないが、何らかの影響が出る可能性もある。

こちらは前節の負けを受けてメンバーを少し入れ替えて来るだろうか。
いくつか選手が代わりそうな場所はある。
そこは安達監督の采配を見守りたい。
今年はアウェイの方が相性が良く、しかも東北では負けていない。
スタジアムは元々風が強い場所で、最近強風の中での試合が多いことをアドバンテージとして生かせるか。
そこもポイントになって来る。

次のYS横浜戦は参戦予定なので、ぜひその試合につなげるいい試合を期待したい。
苦しい試合になるのはわかっているが、後半戦のチームは今のJ3の中でも確実に1位、2位になれる力を持っている。
八戸相手に初勝利をあげてかえってきてほしい。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

圧倒的な数のチャンスを決められず カターレ富山 対 AC長野パルセイロ(2019/11/10)

3試合ぶりのホームでありながら、富山での今シーズン最後の試合になる。
長野からも多くのサポーターがかけつけて結果的に5千人を超える観客が詰め掛けた。
大観衆の前で勝利を飾れれば最高だったのだが。。。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、今瀬、柳下、MF佐々木陽次、花井、碓井、前嶋、FW高橋、大谷、平松。サブはGK太田、DF代、MF白石、稲葉、椎名、伊藤、FW苔口。
碓井がスタメンに復帰し、苔口が久しぶりにメンバー入りした。

前半はなかなかシュートまでたどり着けない。
しかし、そんな中で事故のような出来事が起こる。

長野の左サイドから去年カターレに所属していた木村のクロスが上がると、これを榎本がキャッチできずこぼしてしまう。
それでもボールの先には今瀬がいたので大丈夫かと思われたがそのクリアボールが前嶋に当たってその跳ね返りがきれいに自陣のゴールに吸い込まれてしまった。
その後、前半には佐々木陽次の惜しいシュートがあったが、相手GK阿部に阻まれる。
前半は1点リードを許して終了した。

後半に入り、一人目の交代で白石を2試合ぶりに投入する。
これで流れが変わる。
白石がドリブルでチャンスを次々と作る。
それでもなかなかゴールを割れず、二人目の伊藤に続いて、三人目の交代で投入されたのは苔口だった。

実に7試合ぶりにメンバー入りした苔口だったが、彼が入った直後に同点に追いつく。
一度苔口がヒールパスで流したボールを前嶋がゴール前にクロス。
そのボールは右サイドまで抜けていってしまうが、逆サイドから中に入れられたクロスの跳ね返りを花井がシュートを決めた。
サポーターみんなが苔口の活躍を祈っていて、そこから生まれたゴールのようにも思えた。

これで一気に逆転もと思った矢先だった。
そのわずか7分後に長野にまた勝ち越しを許してしまった。

再び追いつこうと攻めまくるカターレ。
決定的なチャンスも何度かあったが、シュートが枠をとらえられず、試合はそのまま終了となった。

後半戦に入って初めての敗戦。
リーグ戦で敗れたのは8月頭の藤枝戦以来で、約3か月ぶりの黒星となった。

上位との差は広がり、数字上は厳しくなった。
しかし、他力に頼らざるを得ず、こちらが勝たなければならない状況に変わりはない。
残り4試合、いずれも真価が問われる試合になる。
今年の集大成を見せなければならない。

最後に、長野にも触れておきたい。
10月に発生した台風による水害で、普段使っていた練習場が被害にあって使えない状態だと聞く。
そんな中でもチームの調子を上げて来ていることには本当に敬意を表したい。
その頑張りがあったからこそ、今日は長野に幸運がもたらされたのかもしれない。
元々は実力のあるチーム。
同じ北信越の仲間として頑張ってほしい。



試合前にはマスコットの共演も。


長野サポーター。


カターレサポーター。


(選手の動向)
1 GK 榎本 12試合連続スタメンフル出場
2 DF 脇本 5試合連続スタメンフル出場
3 DF 代  3試合連続サブ
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 20試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 2試合ぶりスタメンでフル出場
7 MF 佐々木陽次 10試合連続スタメン
8 FW 高橋 2試合連続スタメン
9 FW 苔口 7試合ぶりのメンバー入りから途中出場
11 FW 才藤 ベンチ外
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 MF 白石 2試合ぶりメンバー入りから途中出場
15 MF ルーカス・ダウベルマン ベンチ外
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 5試合連続サブ
19 DF 柳下 8試合連続スタメンフル出場
20 DF 花井 10試合連続スタメンで2試合連続ゴール
21 GK 太田 12試合連続サブ
22 MF 椎名 2試合ぶりサブ
24 MF 前嶋 3試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 2試合連続サブから途中出場
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 10試合連続スタメンでフル出場
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
30 MF 安永 ベンチ外
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外
37 FW 平松 11試合連続スタメン、初の途中交代

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

早くも富山での最終戦 #県総に1万人 いろいろな思いを込めて長野と戦う(2019/11/8)

前節の福島戦を勝って、首位との勝ち点9差、2位との勝ち点5差は変わらない。
監督も言っているが、このままこちらが勝ち続けても、上位が負けなければ順位は上がらない。
だが、そうは言ってもこちらが負けてその権利をみすみす手放す必要もない。
そうならないように、今はとにかく勝ち続けること。
下位チーム相手に取りこぼさないことが大切だ。

次の試合、迎える相手は長野。
県総の工事の関係で富山で行われるのはこの試合が今年最後になる。
その試合で勝ち点を落とすわけにはいかない。

怪我なのか何なのかは分からないが、スタメンが少しずつ変わっているとはいえ、どのメンバーが出ても安定した試合ができるようになっていて、終盤に来てチームは成熟して来ていると見る。

対する長野。
台風19号の水害に見舞われ、試合の延期もあった。
ホームの長野Uスタジアムの周辺も水害に見舞われ、公園内は災害ボランティアの拠点にもなっている。
自分も現場を見る機会があったが、現地はまだ大変な状況で今も復旧復興に向けた作業が行われている。
そのような中ではあるが、前々節は勝利、前節は好調の鳥取相手にアウェイで引き分けと調子も上がっていると見る。
前々節には元カターレの木村と三上が揃って得点を決めていた。
長野も地元の人々を喜ばせたいと気持ちが入っているはずで、簡単な試合にはまずならないだろう。

対戦成績は富山側から見て3勝3分4敗。
今年アウェイで勝ったことはまだ記憶に新しいところだが、去年0−5で敗れたのも忘れてはいない。
また、昨年のホームでは苔口の終了間際のゴールで追いつく劇的な試合だった。

面白い試合になることは間違いない。

この試合は、富山での最終戦ということのほかに、J2時代にはいろんなジンクスのある射水市の日であるし、長野とのダービーマッチといろんな重みがついて回る。
さらに、試合当日はチームの要、花井聖選手の誕生日だそうだ。
先日のラジオでも1万人来て欲しいと言っていた。
できるだけ多くの人に来てもらって、今年最後の富山開催の試合を白星で飾り、シーズン終了後の朗報に向かって進んでいきたい。

そして、来年も安達監督が継続して指揮をとることが発表された。
安達亮監督 来季続投のお知らせ
シーズン終盤に来て、環境がざわざわし始める頃でもあるが、試合に集中できる環境を打ち出せたことはとても大きい。
とはいえ、まずは残り試合の全勝を。
信じています。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

ホーム戦最新情報
県総最終戦セレモニー、射水市の日、芝の改修前に県総合インザピッチ、長野からライオーもやってくる、あったかグルメなどなど盛りだくさん!

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

苦しみながらも勝ちは逃さず 福島ユナイテッドFC 対 カターレ富山(2019/11/4)

今日は用事があって生では全く試合を見ることができず。
移動中にメールで勝利を確認できた。
ほっとする。
内容は苦しんだようだが、何はともあれ結果はしっかりと残した。

スタメンは、GK榎本、DF脇本、今瀬、柳下、MF佐々木陽次、花井、椎名、前嶋、高橋、FW大谷、平松。サブはGK太田、DF代、MF碓井、佐々木一輝、ルーカス、稲葉、FW伊藤。
椎名が今季初スタメンで、高橋も久しぶりのスタメンとなった。

試合は2試合続けて強風の中での試合となったようだ。
前半は風上だったが、前の試合同様に特別そのアドバンテージを活かす風でもなかった。
だが、得点は前半に生まれた。

1点目は高橋のボール奪取からそれを花井につないで花井がGKと1対1に。
冷静にボールを浮かしてゴールに流しこみ、先制した。

その後、福島の反撃にあい、同点とされるも、その後前半のうちに勝ち越す。
CKのチャンスにキッカーは椎名。
ゴール前に上げるかと思いきや、ボールはゴロで蹴り込み、そこに回り込んで走ってきた大谷がミドルシュート。
このサインプレーが見事に決まって再びリードした。

後半にはチャンスもあったもののこれを決められず。
後半の後半は福島の方にも流れがあったような気がしたが、碓井、稲葉、ルーカスと守備的な交代で1点リードを守りきった。

空中に浮いたボールは風で大きくコースが変わる難しい環境で、福島にパスを回される場面もあったが、得点は許さずに逃げ切った。
上位がなかなか負けない中ではあるが、こちらはとにかく勝ち続けるしかないわけで、それを実行できたことは大きい。
次の試合にも希望がつながる試合だった。

また、この試合は代健司選手の出場がなかった。
前々から気になっていたことだが、彼が出場しない試合はなかなか勝てなかったのだが、彼の出場なしでは4月の岩手戦以来の勝利となった。
もはやどのメンバーでもしっかりと勝てるようになっている。
次につなげよう。



(選手の動向)
1 GK 榎本 11試合連続スタメンフル出場
2 DF 脇本 4試合連続スタメンフル出場
3 DF 代  2試合連続サブ
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 19試合連続スタメンフル出場
6 MF 碓井 6試合ぶりサブから途中出場
7 MF 佐々木陽次 9試合連続スタメン
8 FW 高橋 14試合ぶりのスタメンでフル出場
9 FW 苔口 ベンチ外
11 FW 才藤 ベンチ外
13 MF 佐々木一輝 3試合連続サブ
14 MF 白石 ベンチ外
15 MF ルーカス・ダウベルマン 4試合連続サブから9試合ぶりの出場
16 DF 杉山 ベンチ外
17 MF 稲葉 4試合連続サブから途中出場
19 DF 柳下 7試合連続スタメンフル出場
20 DF 花井 9試合連続スタメンで1ゴール
21 GK 太田 11試合連続サブ
22 MF 椎名 今季初スタメン
24 MF 前嶋 2試合連続スタメンフル出場
25 MF 伊藤 3試合ぶりサブ
26 MF 馬渡 ベンチ外
27 FW 大谷 9試合連続スタメンでフル出場、1ゴール
28 DF 谷奥 ベンチ外
29 FW 田中 ベンチ外
30 MF 安永 ベンチ外
31 GK 齋藤 ベンチ外
32 MF 野田 ベンチ外
37 FW 平松 10試合連続スタメンフル出場

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

目指すは残り試合全勝 アウェイ福島ユナイテッド戦は月曜日(2019/11/1)

前節の群馬戦は引き分けに終わった。
勝ちたかった試合ではあったが、強い相手で結果的には妥当なものだったかもしれない。
これで上位との直接対決は終わり、残り試合は、福島、長野、八戸、YS横浜、FC東京U23、沼津と続く。

県総の工事の関係で富山で行われるのは次の長野戦だけで、それ以外はホーム扱いで長野で行われる試合も含め、5試合が県外での試合になる。

まずはその1試合目となる福島戦である。
後半戦ずっと負けていないため、相手のマークもかなりきつくなってくるだろう。
ただ群馬戦を見ていても好調さは失われていない。
攻撃の破壊力は依然として高いレベルを維持している。

メンバー的にも怪我人でも発生しない限り、動かす要素は見当たらない。
個人的には出場時の勝率の高い代健司の出番も欲しいところだが、その彼が入る余地がないほどチームの調子はいいと言っていい。

対する福島。
シーズン序盤は調子が良かったように思うが、現在10位で負けが先行してきている。
とは言っても、ボランチのチームの中心である橋本や富山戦に強い樋口、そして13得点をあげている武などいい選手はいる。
決して侮れない。

対戦成績は通算でカターレの4勝3敗3分。
圧倒しているわけでもなく、今年のホームでの対戦はホーム初戦であったが、敗れている。
今シーズン唯一、2点差以上をつけられて負けたチームでもある(1−3)。

とは言っても、ここは星を落とすわけにはいかない。
先制点を奪って試合を優位に進めたいところだ。
前節抑えられた平松、大谷、佐々木陽次の3人に期待したいところ。
背番号(それぞれ37、27、7)からトリプルセブンと勝手に呼び始めたこの3人に得点が生まれれば勝利が近付くことになる。
福島からの朗報を待っている。

カターレ通信2018
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事

(私の10年日記)
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク