FC2ブログ

もう一度本来のサッカーを見せてくれ 日曜日はアウェイSC相模原戦

ちょっとプレビューの前に、カターレにいる選手の紹介をさせてほしい。

怪我のためなのかここのところずっと出場していないが、佐々木陽次という選手がいる。
富山出身で徳島から移籍して来て、今年が4年目になる。
加入当初はあまり守備をしない選手という印象があったが、運動量も増え、監督が安達監督になってからは特に完全に主力選手になった。
昨年は、前線を中心として動き回り、ゴール前の一番いいポジションにいてシュートをよく打つ選手になった。
陽次がいないとチームに活力が生まれない、それほどの選手になった。

また、今年守備の要として起用されている稲葉は、移籍3年目の選手だが、加入当初はボール奪取力はすごかったが、その後のパスミスが多く、長い時間使うには心配な選手だった。
だが、パスの部分はかなり練習もしたのだろう。
チーム内でも遜色のないレベルになり、その守備力を活かして今年は中心選手として起用されている。

同じ選手が同じチームにいながら、これだけ変わるという例をここ数年見て来ている。
今いる選手が更にワンランク上の選手になることは十分可能だ。

今のカターレは停滞しているように思える。
不動のレギュラーと言える選手も少なく、ポジション争いはいろいろあるように思えるが、レギュラーを勝ち取るというところまで行けていないように思う。

いろんな選手が使えるレベルにあるというのはいいことだが、それがチームのレベルの底上げにつながっていない。
強いチームならどんな選手が出ても、そのチームの強いサッカーができるということになるが、基礎となる強さができていない。
前節、戸高が入ってからの時間帯のように短い時間ならいいサッカーを見せることがあるが、それが長続きせず、相手の時間になることも長い。
時間がかかったとしても、本来の目指していたサッカーを取り戻すことがやはり必要だ。
急がば回れということではなかろうか。

さて、対戦相手の相模原は、ここに来て去年まで富山にいたFW才藤が2試合連続ゴール中と好調だ。
前節は上位の鳥取を破っており、調子は良さそう。
最初の対戦では勝たせてもらったが、二回り目の対戦になり、アウェイであることや今の調子を考えると勝つのはかなり難しいチャレンジということになる。

それでも本来のサッカーを取り戻すために、もう一度原点に立ち返ってほしい。
それができるチームだと信じたい。

カターレ通信2020
番記者赤壁さんのプレビューです。

J's GOALプレビュー記事
相模原の才藤が取り上げられていますが、古巣対戦となることには全く言及なし。
何というプレビュー記事!

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
44位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク