FC2ブログ

慢心が招いた事実上の終戦 カターレ富山 対 福島ユナイテッドFC



試合前にこの3連戦が大事と書いた東北チーム相手の3連戦初戦。

スタメンはGK岡、DF松原、柳下、林堂、MF花井、稲葉、椎名、馬渡、戸高、FW平松、武。サブはGK齋藤、DF川崎、MF佐々木陽次、末木、田中佑昌、FW大野、宮城。
前節から4人を入れ替え。稲葉が3試合ぶりにメンバーに入って来た。

試合は序盤から攻撃されていたわけではないが、ここ数試合うまくはまっていた前線からの守備があまりはまらなかった。
ボールは保持できていたものの、ちょっとふわっとした立ち上がりだった。

試合が動いたのは、飲水タイム明けの直後だった。
中盤で花井がボールを奪われ、そのボールをすぐに前線にパスが通る。
これがこれほどないというくらいにうまく通り、相手FWイスマイラを警戒するあまり、林堂も前に出ていて、その裏に入った。
そこで失点し、許してはいけない先制を許す。

前半はその後、戸高や椎名のシュートであわやという場面も作ったが、そのまま終了。
後半に行くことになった。

このまま行くと、極端な話、今年が終わってしまう試合。
何らかの変化が必要ということで、それほど悪いようにも見えなかった椎名に代わって佐々木陽次を入れる。
そして、これが大正解。

低い位置まで下がってパスを引き出す佐々木陽次が入ることで、パスがよく回るようになった。
そう思った後半開始早々。
現地で見ていて、DF松原が持った時に「マメ(松原のニックネーム)、下げるな」と誰かが言って、そのとおり、松原が前にパスを送ると、それを佐々木陽次がスルーして、前線の武につながる。
そのボールを武がワンタッチでさらに前線の平松にスルーパス。
これに抜け出した平松が左足で決めて、非常に早い時間帯に追いついた。

流れはよくなった。
その後もチャンスが生まれる中で、逆転まで行く。
相手GKがボールを保持してキックしようとしたところ。
武が猛然とプレッシャーを当てて、GKが蹴ったボールを足で防いだ。
上に上がって落ちて来たボールに武が競り勝ってこれが決まって逆転。
完全に流れは富山に傾いた。

実際に逆転した後もボールを持てた。
ちょっと細かすぎるきらいもあったが、パスも回り、チャンスもあった。
平松の惜しいオフサイドもあり、更に武のシュートでコーナーキックも奪った。

だが、そのコーナーキックからだった。
相手クリアを更に攻撃につなげようと前線に送ったパスが相手に渡り、そこからカウンターを許す。
前線に出されたパスにイスマイラが追いつき、カターレの守りはついていけず。
また、そのパスを最初クリアに行こうとGK岡が飛び出し、中途半端な位置どりに。
そこをイスマイラは見逃さず、サイドからゴロで撃ったボールがカターレのゴールに吸い込まれた。
いい流れだっただけに非常に勿体無い失点だった。
リスク管理ができていなかった。

試合はその後、カターレが勝ち越すために更に攻め込もうとするが、いい流れが途切れてしまって、どこかすんなりと行かない。
ボールを保持してパスは回すが狭いところで回すばかりで、効果的な攻撃につながらない。
動きが減ってしまったようだ。

選手交代で平松に代わり宮城が入り、彼がボールを持つシーンが増えた。
今日の宮城は前節も感じたが、ボールを持って前線に運ぶのはいいのだが、肝心のところで攻め切るところまで行かないため、どこか中途半端な気がした。
こちらのカウンターは動きが悪くはまらない。

逆に福島のカウンター、一度はクロスボールをクリアしたが、その跳ね返りを再び強いクロス性のシュートを打たれ、こちらはそれをクリアできずにオウンゴールに。
結局、それが決勝点となり、3連勝したかった3連戦の初戦を落としてしまった。

この3連戦、3連勝したらもしかしたらと思っていたのだが、あっさりと初戦で崩れてしまった。
先制されたのがよくなかったのだが、それでもそこから一度は逆転した。
逆転してからも流れは良かっただけに、攻めるなら攻める、守るなら守ると、慎重な戦い方が必要だった。

夜に長野が勝ったため、昇格権との差は11に開き、残り7試合で11差はよほどの奇跡でも起きない限り、終戦だ。
大事な試合でというか、大事な試合に至る前に、今年は星を落としてしまっていた。
特に9月の4連敗は致命的で、悪い時にでも何とか星を拾う、勝点1でも奪うことができていれば、また違っていただろう。
結局、シーズンを通してメンバーが固まらなかった印象で、ここ最近になってようやく固まって来た感もあるが、遅かった。
誰が出てもそれなりにできるのだが、他を圧倒するまでには至らなかった。

残り試合、こうなったら、今日ゴールした平松と武には何としても2桁の10点以上を取ってほしい。
チームとしてこの選手に点を取らせるという形を見せるのだ。

(選手の動向)
1 GK 岡 7試合連続スタメンフル出場
2 DF 松原 6試合ぶりスタメン
3 DF 川崎 サブは14試合ぶり
4 DF 戸根 ベンチ外
5 DF 今瀬 ベンチ外
6 MF 碓井 ベンチ外
7 MF 佐々木陽次 今季初のサブから途中出場
8 FW 高橋 ベンチ外
9 FW 武 2試合ぶりスタメンでフル出場、1得点
10 MF 花井 2試合連続スタメンでフル出場
11 FW 大谷 ベンチ外
13 MF 佐々木一輝 ベンチ外
14 FW 大野 21試合ぶりのサブ
15 MF ルーカス・ダウベルマン ベンチ外
16 MF 末木 11試合ぶりサブから途中出場
17 MF 稲葉 3試合ぶりスタメンでフル出場
18 FW 松澤 ベンチ外
19 DF 柳下 2試合連続スタメンフル出場
20 FW 宮城 5試合連続サブから途中出場
21 GK 田中勘太 ベンチ外
22 MF 椎名 2試合連続スタメン
23 DF 林堂 5試合連続スタメンフル出場
24 MF 滝 ベンチ外
25 MF 松本 ベンチ外
26 MF 馬渡 3試合ぶりスタメンでフル出場
27 MF 田中佑昌 6試合ぶりサブ
31 GK 齋藤 5試合連続サブ
32 MF 戸高 3試合連続スタメンでフル出場
33 MF 池高 ベンチ外
37 FW 平松 2試合連続スタメン、1得点
38 FW 玄 ベンチ外
39 FW 里見 ベンチ外
40 MF 向川 ベンチ外
41 MF 益田 ベンチ外
42 MF 橋場 ベンチ外

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
47位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク