FC2ブログ

カターレ相手にゴールを決め、その後加入した選手たち

先日、藤枝から(レンタル元は大分から)姫野選手が加入することが発表されたが、姫野選手には去年、ゴールを決められている。
また、その前に加入が発表されていた黒木選手は、かなり前のC大阪時代にゴールを決められている。

これまでも得点を決められた記憶がある選手がやってくるケースは何度もあったが、以前からそれを一度まとめてみたいと思っていた。

そこで、今回過去の選手を振り返ってみることにする。
懐かしい名前も出てきます。

1 大西容平(在籍2011-2015)
 2009.6.21 ホーム 対甲府 89分 (試合結果1−1)

J2後半の中心選手、大西には甲府時代にゴールを決められている。
終了間際に同点とされたゴールだった。


2 西川優大(在籍2012−2014、2016)
 2009.9.12 ホーム 対岐阜 56分(試合結果0−2)
 2011.11.27 アウェイ 対岐阜 55分(試合結果1−1)

西川優大には、加入前に2点決められている。
加入前年の終盤にも決められており、その印象から引き抜いたか。
岐阜に加入したルーキーの時が一番活躍した。


3 山瀬幸宏(在籍2012−2013)
 2010.8.22 アウェイ 対鳥栖 4分(試合結果2−2)

兄が元日本代表で今も現役を続けている山瀬は、F・マリノスでの実績もあり、かなり注目されていたが、怪我等もあり、ほとんど出場できなかった。
鳥栖時代にゴールを決められている。


4 國吉貴博(在籍2012-2017)
 2009.8.29 アウェイ 対甲府 83分(試合結果0−1)

2012年途中から加入し、6シーズンプレーした國吉には甲府時代に得点を決められている。
終盤、途中交代直後に決められたゴールだった。
富山では、加入当初は中盤の選手だったが、J3降格後は左サイドバックにコンバートされ、活躍した。


5 御厨貴文(在籍2013−2014)
 2010.8.15 ホーム 対草津 77分(試合結果1−2)

センターバックとして、2014年にはキャプテンも務めた御厨には草津時代にゴールを決められている。
終盤、先制直後に同点とされるゴールだった。
現在は、審判に転身して活躍中だ。


6 秋本倫孝(在籍2014)
 2010.4.18 アウェイ 対甲府 56分(試合結果0−5)

2014年に在籍した秋本には甲府時代に決められている。
大敗につながる後半の1点目だった。
カターレでは当初ボランチとして出場していたがうまくいかず、シーズン終盤はディフェンダーとして活躍したが、チームはJ3に降格した。


7 衛藤裕(在籍2016−2017)
 2011.6.29 ホーム 対徳島 71分(試合結果0−2)
 2011.7.30 アウェイ 対徳島 7分(試合結果1−3)
 2011.7.30 アウェイ 対徳島 68分(試合結果1−3)
 2012.6.13 ホーム 対徳島 57分(試合結果0−1)

加入前からカターレキラーと呼ばれていた選手で、都合4点を決められている。
いずれの試合も敗れており、嫌な選手だったが、味方になるとこれほど頼もしい選手はない。
キャリアの終盤での加入だったが、当時のチームの誰よりもうまかった。


8 平繁龍一(在籍2017)
 2014.3.30 ホーム 対群馬 72分(試合結果0−2)

2017年、昇格への切り札として途中加入したが、結果を残せず、失速するチームを象徴する形になった。
群馬時代にPKを決められている。
実績のある選手で、2017年も前半は熊本で背番号10番をもらっていたが、活躍できずにシーズン途中で加入したもの。
いいプレーもあったが、得点につながらず、チームにもなじめなかった。


9 才藤龍治(在籍2018−2019)
 2016.11.6 ホーム 対琉球 64分(試合結果1−1)

2018年に加入。闘志あふれるプレーでその年は中心選手だった。
琉球在籍時に同点ゴールを決められている。
富山では平松にポジションを奪われ、昨年移籍。
移籍した相模原では当初サブだったが、結果を残して先発に定着。
先発に入っても引き続き活躍し、J2昇格の立役者の一人だった。
今年から同じくJ2に昇格する秋田に移籍し、初のJ2を戦う。


10 遠藤敬佑(在籍2018)
 2017.4.29 アウェイ 対藤枝 45分(試合結果1−1)
 2017.10.15 ホーム 対藤枝 43分(試合結果1−1)

加入前年に藤枝で2桁ゴールをあげ、対カターレ戦ではホーム、アウェイともにゴールを決めており、大きな期待を受けて加入したが、チームにフィットできず、その年は2ゴールのみでシーズン途中で藤枝に復帰する形に。
ただ戻った藤枝でもあまり活躍できず、現在は関東1部のVONDS市原にいる。


11 田中智大(在籍2019)
 2016.8.7 ホーム 対秋田 45+2分(試合結果0−1)
 2017.11.5 ホーム 対秋田 26分(試合結果0−4)
 2018.4.29 ホーム 対秋田 15分(試合結果1−4)
 2018.4.29 ホーム 対秋田 35分(試合結果1−4)
 2018.4.29 ホーム 対秋田 42分(試合結果1−4)

田中もカターレキラーの一人で、5点を決められている。(いずれもカターレホーム)
特に2018年、前半だけで秋田に4点を奪われた試合で、前半だけでハットトリックを達成。
2016,2017年と2年連続で2桁ゴール、2018年も好調だったが後半は出番を失っていた。
カターレでは出場時にはさすがのプレーを見せてくれていたが、怪我もあったのかなかなか出場機会を得られず、結局、その年で引退となった。


12 武颯(在籍2020)
 2019.4.29 ホーム 対福島 73分(試合結果1−3)

去年活躍した武には、福島時代にゴールを奪われている。
2019年に福島で15得点をあげて大いに期待され、加入した。
出場すればそれに見合った活躍はしていたが、なぜか途中出場となる試合が多く、出場時間が短かった。
それでも10得点は立派で、今年は秋田で初のJ2を戦う。


13 松原優吉(在籍2011−12,2020)
 2018.7.8 アウェイ 対長野 38分(試合結果0−5)

ちょっとイレギュラーな形だが、カターレでプロデビューを飾った松原は、その後長野に移籍し、昨年チームに復帰したが、長野時代に1点決められている。
0−5で大敗した試合だった。
去年、カターレでは怪我もあり、なかなか出場時間を得られなかった。
それでも3アシストを記録したのは立派で、早く次のチームが決まってほしい。


14 田中佑昌(在籍2020−)
 2009.10.7 アウェイ 対福岡 52分(試合結果1−1)
 2013.7.3 ホーム 対千葉 46分(試合結果1−2)
 2013.7.3 ホーム 対千葉 55分(試合結果1−2)

ベテランの田中にもかつては決められたことがある。
唯一、異なる2チーム所属時の得点。
2013年の2得点は、当時まだ強かったジェフ相手に1−2で敗れ、1点差なのにブーイングが起きた試合として記憶に残っている。


15 黒木聖仁(在籍2021−)
 2009.6.14 アウェイ 対C大阪 80分(試合結果3−2)

新加入の黒木は、遡ること12年。
カターレ富山のJ2初年度2009年、香川、乾がいたC大阪に勝った歴史に残る試合があるが、その試合で一度は同点となるゴールを決めている。
守備を引き締める存在として期待している。


16 姫野宥弥(在籍2021−)
 2020.10.7 アウェイ 対藤枝 60分(試合結果2−1)

まだ記憶に新しい去年のアウェイ藤枝戦。(まだ3か月ほど前だ)
見事なシュートを決められた。
彼もボランチとして中盤を引き締めてくれることを期待したい。


私の調べでは、過去に16人。
これからもいろんな出会いがあるでしょう。

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
585位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
87位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク