FC2ブログ

追悼(10/2)

日本でも報道されましたが、女優のチェ・ジンシルさんが自ら死を選びました。原因はよくわかりませんが、きっと報道されているとおりなんでしょう。

大好きな女優さんでした。私が韓国にいた96~97年頃には、すでに大人気で、当時のナンバーワン女優はチェ・ジンシルか、チェ・シラかというくらいの勢いでした(ちなみにカタカナで書くと同じ「チェ」ですが、発音は違います。漢字で書くと「崔」と「蔡」)。特に、私は「ピョルン ネ カスメ(星に願いを)」ではまり、その後映画「ピョンジ(手紙)」などなど。「ピョルン ネ カスメ」のラストシーン、エバーランドでのコンサートシーンでアン・ジェウクとの抱擁の場面はいまだに強烈な印象が残っています。

ただ、かわいい役をするだけの女優ではなく、朝鮮族の役もしたり、最近はすっかりおばさんの役もしてました。ただ、そこに女優魂を感じるのです。そう、とても女優魂を感じる人でした。少し悪いうわさが立ったりするのも、女優らしいところで。私生活でもプロ野球選手と結婚して、そして離婚し。でも最後に、こんな噂に泣かされるとは。恐ろしい世界です。

最近、録画した「ばら色の人生」はまだ全く手をつけていないのだけれど、近いうちに手をつけたい。また、「ピョンジ」もまた見てみたいなあ。最後の号泣シーンには胸を打たれます。あの映画は、パク・シニャンもすごいのだけれど。

でも、いろいろとニュースを見ていると彼女の自宅の住所が、私が韓国で住んでいた街なんだよね。どこに住んでいたのかなあ。当時、あそこにはいなかっただろうけど、今でも土地勘はあるから気になる。ああ、行きたいなあ。

それから、改めて指摘してもらって気付いたのだが、このブログのアドレスにある「jinshil」は彼女の名前からとったわけで、彼女の魂はこのブログとともに生かし続けていきたいと思います。だから、どんなことがあっても、私が生きている限り、途中でやめることはないでしょう。過去のホームページも改めて見返して、リンクがおかしくなっているところに気付いたので、直しました。いろいろなところに、「チェ・ジンシル」の文字は残っていました。

私の中でもショックは消えませんが、どんな苦しいことがあっても私は生き続けます。いずれにせよ、限りある命なのだから。

朝鮮日報(日本語)
「【ニュース特集】チェ・ジンシルさん自殺」

この写真がまたいい写真なんだな。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
52位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク