FC2ブログ

大分トリニータ対カターレ富山

 4連敗中で迎えたアウェイの試合。相手は4連勝中で5位と好調の大分トリニータ。カターレは怪我人も多く、いい材料がない中で、DFの吉川健太をボランチに上げて、そこに池端を入れるという布陣。そして、DFの要、福田が戻ってきた。

 大分はかなりの雨と言うことで、ドームの屋根が閉まった中での試合。かなりの蒸し暑さだったようだ。

 さて、今日は前線からかなり動いていて、ボールを圧倒的に試合されるということはなかった。前半はそれでも押され気味で、相手FWの森島が脅威になっていた。何度かうまくDFを外してシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。攻撃面では、いつものように、ロビングでDFラインから前線に送る攻撃が多いが、FWが体を張るタイプではない木本ということもあり、そのボールでは前線で支配できない。それでも、徐々にボールを持てるようになってきて、シュートも打てるようになってきた。

 しかし、そんな矢先。

 カターレの右サイドからクロスボールを上げられると、逆サイドにいた三平がフリーになっていた。シュートを打たれると、一度はGKの守田が防いだものの、そのこぼれ球をまた押し込まれて大分に先制されてしまった。

 先制されると苦しいカターレ。今シーズン一度も逆転勝ちはない。今日も嫌な予感がしていたが、前半の30分頃だったろうか、まずは、ヨシケンの低く押さえた左足のミドルシュートからコーナーキックを得る。一回目のコーナーキックのこぼれ球は、誰か(木本?)がミドルシュートでもう一度コーナーを取る。そして、二回目のコーナーキック。

 ソ・ヨンドクが上げたボールに、DF福田がきれいにヘディングシュートを決めて追いついた。大分戦ではこれで3得点目となったDF福田。DF面だけでなく、攻撃面でも頼りになる。そのほかにも、ソ・ヨンドクから大西へのスルーパスでの崩しなど、いつもは見られない場面も作ることができて、前半は同点のまま終了した。

 後半の前半は、大分に危険な位置でセットプレイの場面を何度も作られ、危なかったが、いずれも集中してしのいでいた。カターレも何度か逆襲を試みる。苦し紛れに前線に蹴り出すということは今日は少なく、前線まで上がってクロスボールと言う展開がよく見られていた。

 特に右サイド。ここ数試合の大西は動きはいい。後はクロスボールの精度だが、飛び込む選手も少ないので、なかなか流れの中ではいい場面は作れない。唯一、ミドルシュートで相手を押し込んで、セットプレイからというのが、今の唯一の攻撃パターンか。

 試合は、後半はスコアが動くことはなく、ドロー。アウェイでの上位相手でのドローは悪くないが、順位が順位なだけにもう少し何とかできないかという思いもある。

 それでも、希望が持てる内容ではあった。次節も上位の山形との対戦。何とか次も勝ち点を。富山では内容が伴った試合をあまり見れていないが、ホームだからと気負うことなくいい試合を見せてほしい。


 読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ 
関連記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
40位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク