FC2ブログ

困ってるひと/大野更紗(10/16)

先週の出張時、移動時間が多かったので、その間にほとんど読み切ってしまった。
突然難病にかかってしまったビルマについて研究する大学院生の闘病記。

闘病記といっても、今も作者の大野更紗さんはテレビなどでも活躍しているし、活動もされており、本の内容は読んでいてつらくなるような感じではない。
もちろん、本人はとても辛い日々を送っていたのだろうが。

本では、まず病名の特定にたどり着くまでに、少し動くのもつらい体で、病院をあちこちと回り続ける様子が描かれ、最後に藁をもすがるような感じで大学病院に入院する。

そこで繰り広げられる数々の検査。
途中で別の病院で受ける検査とその病院の様子が描かれるがそれは壮絶なものだ。
「でもね、今すぐは無理だと思うけれど、ここでこういうふうにしか生きられない、それでも生きている患者さんがいることを、忘れないでね。(以下、略)」と看護師長さんが話す場面が、心に残る。

ようやく難病であるという診断がされると、今度は、薬が合わずに危篤状態になったり、その次は体に大きな異変が生じたりと、一筋縄では行かない。
さらには、難病患者のための制度、障害福祉サービスを受けるための手続きで苦悩し、そんな中でありながらも、自ら生活していくことを選ぶ。

とはいえ、そんな中でも友人との関係のもつれや、恋愛の話が出てくる。
そうかと思えば、自らの体験を踏まえての制度に対する批判も出てくる、といった風に読み物として飽きることがない。
一気に読み切ることができる本だ。

また、今やっている自分の仕事が、実際に世の中とつながっているという感覚も実感として感じることができた。
制度の説明をする機会が多いが、今後は、その内容にもより力を入れる部分が増えるだろうとは思う。

さすがにベストセラーになった作品で、とても面白かった。
ずっと気にはなっていて、ようやく読めたのだが、買ってよかった。
ブックオフに行くことはまずないだろう(笑)。

(私の10年日記)
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
585位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
87位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク