FC2ブログ

富山県が壁を一つ超えた(1/13)

今日は富山第一高校が高校サッカーの決勝戦を戦う日。
だが、この3連休は妻の実家の大阪に来ており、試合の時間はちょうど、帰りの電車に乗ろうかという時間帯で、外にいる。

途中、ヨドバシカメラなどにも行っていたから、見ることはできたかもしれないが、歩き疲れてしばらくタリーズコーヒーで休憩を選び、結局は、映像は全く見ず。

映像を見ていないので何ともいえないが、前半に1点を奪われ、後半にも追加点。完全に負けパターンだったようだが、80分を超えて1点を返して、星陵から今大会初得点を奪い、アディショナルタイムでPKをゲット。同点に追いついて延長戦へ。

こうなれば流れは完全に富山第一だったのだろうか。延長後半の終了間際に勝ち越し点を奪ってまさかの大逆転優勝。

現在の国立競技場での最後の高校サッカー決勝が、ものすごいドラマで幕を閉じたことになる。

これまで、野球やサッカーなどのメジャースポーツの全国大会で、年齢を問わず、富山県が全国優勝したというのは、私も40年以上生きているが記憶にない。富山県の歴史を富山第一高校が塗り変えたと言っても過言ではない。

これまで、富山県は、どうせ全国では勝てないとか、緊張してだめだとか、県民自身がそう言って、負け犬根性が染みついていた。たぶん、この優勝もまぐれだとか言う人もいるだろう。

でも、まぐれで6連勝して優勝できるだろうか。大会で最も点を取ったチームになれるだろうか。PK戦になると見るや、PK阻止が得意なGKを交代で入れるなんて采配ができるだろうか。途中交代で入れた選手2人が得点を決めて、優勝するなんてそんなことができるだろうか。

こんなチームは今まで他県でしか見たことがなかった。
富山県の何かが変わった、極端なことを言えばそれくらいにインパクトのあることだと思う。

今回の優勝、なでしこジャパンの優勝の時と同じような感慨を覚える。震災の後の希望の光となったなでしこジャパン。
富山県は別に悪いことが重なっていたわけではないけれど、できないと勝手に自分が思っていて、超えられない壁を作り上げていただけなのではないか。

そんなことすら、思ってしまった。

サッカー界に大きなインパクトを残した富山第一高校。
その上位に位置するカターレ富山は、今年こそインパクトのある成績を残さなければ。

そんなカターレ富山は明日始動。
富山第一高校OBの森泰次郎だけが、まだ去就が発表されていないのが気になるが、どんな発表があっても森泰次郎がカターレに必要な選手であることは間違いない。
また、補強も前線が少々足りないような気がする。

やるべきことはやって、カターレも超えられないと思っている壁を超えよう。

(私の10年日記)
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
47位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク