チケット価格改定など(2015/12/20)

来年のチケット価格、シーズンパスの価格などが発表された。
ちょっと変化があったので、それを比較してみたい。

まずは席割図。上段が2015年、下段が2016年だ。

2015年


2016年


大きな変化としては、
・今年は、S席、A席と言っていたのがメイン席、ゴール裏席という表記に変わったところ。
・アウェイのゴール裏が閉鎖になり、アウェイサポーターはメイン自由席のアウェイ側に陣取ることになったこと。
・そのためか、メインの自由席をゴール裏側に少し広げたこと。
・アウェイゴール裏のゲートを作る必要がなくなったことから、ホームゴール裏用のゲートができたこと。
だろうか。依然として、バックスタンドは閉鎖される。

値段の安い席が、本当のゴール裏に近い位置に限定されるのは歓迎だ。
ゴール裏に近づきたくなく観戦するだけという人に、少し高い料金を払ってもらうというのはいいことだと思う。
ただ、それでも、料金の安いところをと言って、応援に加わらない人がいるのも困るのだが。

また、アウェイサポーターの人たちがメインの側に陣取るというのは、メインのアウェイ側の観客動員が少ないことを考えれば致し方ないだろうか。
人数が少ないアウェイゲートを省略することができて、その分、ホームゴール裏に近い入口が設定されるのは、ホームの観客にとってのサービスにつながることだ。

次に、チケット価格を見てみよう。
上段が2015年、下段が2016年の価格表だ。

2015年


2016年



続いてシーズンパス。
2015年



2016年


エキサイティングシートは半額になり、ゴール裏チケットは前売り価格で25%オフ。
シーズンパスも大幅に値下げになっており、ゴール裏自由席は、ファンクラブ会員価格でも、8,500円の値下げ。
そのほかも大幅値下げだ。

また、ファンクラブの方については、以下のとおり。

2015年


2016年


今年から継続会員と新規会員とに価格が分かれ、新規会員は値上げになった。
また、ファミリー会員も、ファミリー会員の人数1人あたり500円となり、その人数によって金額が変わる仕組みに。
自分以外の家族が2人で継続なら、4,000円で済むことになる。
それと、なにげにジュニア会員というのがなくなっている。
小中高生はファミリー会員との兼ね合いもあり、あまり多くなかったということか。

今回の改定、全体的に見れば、チケットの値段が大きく下がったことになる。
価格が下がるのは嬉しいことではあるが、逆に言えばチームの収入が減ることになる。
果たしてその当てはあるのだろうか。

それと個人的には、ゴール裏チケットの人が、メインのコンコースに行くことができるのかが心配だ。
あそこには、いろいろな出店があるので、そこに入れないとなるとちょっと困るところがある。
そのあたりは実際に始まってみないとわからない部分もあるだろうが、価格は下がって、サービスも悪くなったにならないようにしてもらいたい。

また、シーズンパスも大幅に値下げになったので、果たしてこれでいいのかと思うところ。
ゴール裏のシーズンパスでは申し訳ない気になってくる。
1試合、1,000円にも満たない計算になるのだから。

(私の10年日記)
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
88位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク