残酷なチャンピオンシップ(2016/12/05)

J1はチャンピオンシップの結果、鹿島アントラーズがJ1の優勝になった。
こういうレギュレーションで1年間を戦ってきたのだから、仕方がない。
こうなることがあり得ることも初めから分かっていたことだ。

土曜の時点ではまだそう思えていた。
だが、今日、クラブW杯に鹿島が出場するというニュースを見た。
Jリーグの優勝チームだから、そうなのだが、何とも複雑な気持ちになった。

あの2試合の結果で、そこまで与えてしまうのかと。
リーグ戦の34試合で、浦和が取った勝ち点が74、鹿島は59である。
勝ち点差は16。
5勝しても届かない差である。

今年のレギュレーションの場合、そこまで年間勝ち点に意味はない。
多少チャンピオンシップでのアドバンテージは得られるが、本当に多少である。
2試合通じて同点でもアウェイゴールが多い方が勝つ。

これも分かっていたことだ。
しかも、この制度は今年で終わってしまう。
わずか2年でまた元の年間勝ち点1位が優勝という制度に戻ってしまうのだ。

本当に浦和は割りを食ってしまったとしか言えない。
誰もが鹿島の勝負強さ、浦和の勝負弱さを言うが、それだけでいいのか。
この制度を作ってしまったリーグ側には、何も問われずにそのまま行くのでいいのだろうか。

ずっとそんな気持ちでもやもやしている。

(私の10年日記)
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
133位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク