今季の日程 前半戦(2017/1/26)

今季のJ3の日程が発表された。
1節ごとに見てみたい。

第1節 3月12日(日)アウェイ FC東京U23戦
開幕戦で東京ということで顔を出してみたいところだが、ちょっと難しいかもしれない。
FC東京はかなり補強しているので、U23にもまさかという選手が来そうな気もする。
何とか勝ちたい。

第2節 3月18日(土)ホーム 鹿児島戦
早くも対戦する前監督の三浦監督との対戦。
監督が代わっただけでなく、補強も進めており、強力な相手。
ここは勝って波に乗りたい。

第3節 3月26日(日)アウェイ 盛岡戦
アウェイの盛岡戦では、まだ勝っていない。
春先でまだ寒いことも予想され、手ごわい相手。
まずは、岩渕を封じること。
ここは勝ちたい。

第4節 4月2日(日)ホーム 沼津戦
昇格組の沼津。
ここ2年連続で昇格組は好成績を残しており、今年も侮れない気がする。
とはいえ、確実に勝っておきたいところ。

第5節 4月16日(日)ホーム 琉球戦
ホームでの試合なので、この時期に暑さに苦しむことはない。
エースの田中恵太が抜けて琉球はどうなったのか。
例年、開幕当初は調子がいい琉球。
注目の試合である。

第6節 4月29日(祝)アウェイ 藤枝戦
去年は自分のホームで圧倒的な勝率を見せた藤枝。
監督は今年も大石監督で継続が予想される。
星を落とすことは避けたい。

第7節 5月7日(日)ホーム 福島戦
なかなか東北のチームに勝てないというジンクスがあるが、それを払しょくしなければ昇格はない。
ホームで確実に勝っておきたい。

第8節 5月13日(土)アウェイ C大阪U23戦
前半に当たるU23チームには確実に勝っておきたい。
オーバーエイジで誰が来るかだが、清原とか福満とかJ3を知る選手が来るかもしれない。

第9節 5月20日(土)ホーム Y.S.C.C.横浜戦
確実に勝ちたい相手。
内容よりも結果である。

第10節 5月28日(日)アウェイ 長野戦
今年最初の大一番になりそうな試合。
毎年、この時期の対戦があるが、今年は勝利をつかめるか。

第11節 6月3日(土)ホーム 相模原戦
これまでの対戦成績はあまりよくないが、ホームでは勝っておきたいところ。

第12節 6月11日(日)アウェイ 秋田戦
苦手の東北アウェイ。
監督が代わり、チームがどうなったのか。
アウェイでの初勝利と行きたい。

第13節 6月18日(日)アウェイ 鳥取戦
鳥取とのアウェイは久しぶりのとり銀バードスタジアム。
対戦成績は悪くなく、勝ちたい。

第14節 6月25日(日)ホーム G大阪U23戦
前半のU23チームには確実に勝ちたい。


第15節 ホーム 北九州戦
ここからの2連戦が正念場。
昨年はうまく行かなかったとはいえ、本来J3にいるチームではないだろう。

第16節 7月8日(土)アウェイ 栃木戦
アウェイでどんな結果を残せるか。
昨年は、この栃木戦で事実上終戦となった。
話されないようにしたい。

第17節 試合なし

(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
133位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク