順当に勝って次は神戸戦 天皇杯1回戦 カターレ富山 対 アミティエSC京都(2017/4/23)

天皇杯1回戦。
相手は関西リーグに所属し、内田錬平がいるアミティエSC京都だ。
スタメンには、今年初めて、苔口、木本が名を連ね、進藤もスタメンだ。
並びは、GK永井、DF山形、代、平出、國吉、MF西室、窪田、佐々木一輝、進藤、木本、FW苔口。
サブには、GK服部、DF脇本、MF椎名、北井、FWホドリゴ・カベッサ。

結果から行くと、相手のシュートは90分で1本だけに抑えていて、一方的にも見えるが、試合を見た印象ではそうでもなかった。
前半は互角か、むしろ相手の方が良かったかもしれない。
ボールを奪われることも多かった。

それでも、チャンスはこちらの方が多く、木本のシュートや苔口のヘディングなどあったが、相手GKにうまく阻まれた。

注目していた内田錬平は、センターバックではなく、左サイドバックとしてプレイしていた。
前半は上がったのは1、2回だっただろうか。
基本的に守備に徹している印象だった。

後半に入り、カターレもボールを持てる時間帯が増えて、だんだんペースを掴んできた。
その中で、今日唯一の得点が。
右サイドでボールを持った苔口から、それを追い越す動きの進藤にパス。
進藤があげたグラウンダーのクロスは相手DFの間を抜けて逆サイドへ。
そこに國吉が走り込み、左足で見事なシュートを決めた。

これは見事な崩しであり、素晴らしい得点だった。
その後は、選手交代もあり、大きなチャンスはなかったものの、危ない場面も少なく、試合を終えた。
無事に試合を終えた印象だった。

内田錬平は後半途中から、他の選手の交代によるフォーメーションの変更で、センターバックに移った。
幸い、彼のヘディングを恐れるようなセットプレイのシーンもなく、得点は許さなかった。

試合後、レンペーが出てきて、カターレのサポーターに挨拶をしていた。
しっかりと前を向いていて、好印象だった。
試合前、彼には、多くの拍手が送られたようで、良かった。

再びJでプレイできるように精進し、また、チャンスを掴んでもらいたい。

アミティエサポ。


試合の様子。


カターレサポ。


試合後、挨拶に来た内田錬平。


(私の10年日記)
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と中学生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
133位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク