FC2ブログ

レンペーの活躍を嬉しく思う カターレ富山 対 おこしやす京都(2018/5/27)

天皇杯の1回戦はいつもの県総ではなく、高岡スポーツコアでの試合。
球技専用の会場である。
近くに駐車場がないのではと思って行ったが、駐車場が確保されていて、少し遅れてスタジアムに入る。

客席が少ないため、観衆は千人くらいであったが、それでもメインの方はほぼ満員であった。中央の方にはメンバー外の選手や、朝日コーチの姿なども見えた。
さらには、森泰次郎の姿もあった(平野甲斐も来ていたらしい)。
また、レンタル中の馬渡はメンバー外だったが、朝日コーチと話している場面にも出くわした。

なかなかアットホームな雰囲気の中だったが、スタメンは、GK太田、DF谷奥、代、柳下、MF進藤、椎名、差波、弓崎、佐々木陽次、FW遠藤、苔口。サブはGK永井、MF新井、稲葉、前嶋、FW才藤。

柳下が今季初めての出場になった。

試合の方は、相手のおこしやす京都(以下、「お京都」と表記)の前線からのプレスが激しく、ボールを支配される展開に。
それでも何とか持ちこたえると、一瞬のスキをついて、差波のFKから弓崎が抜け出してゴールを決める。

自分もパスが出たところは目を離していて、気が付けば、弓崎がもう抜け出していた。
冷静に決めた弓崎は見事だった。

お京都は2016年までカターレにいた内田錬平がキャプテンとしてDFラインを統率。
すっかり頼もしくなっていた。
そのせいかどうかは分からないが、次第にカターレサポーターがレンペーがボールを持つとブーイングを始めた。
それは試合終了時まで続いた。

試合はそのまま後半に入る。
後半の前半はちょっと停滞気味で、決定機を決められないまま、後半にさしかかり、眠くなってきた。

だが、試合終盤になるにつれて、お京都が攻撃的になり、徐々にカターレのゴール前での時間が長くなる。
さらにはレンペーもFWの位置に上がり、脅威を与える。

セットプレーからレンペーのヘディングがゴールポストに当たるというきわどいシュートもあり、終盤は危なかったが、何とか1-0で結果だけはつかんだ。
監督も言っていたとおり、難しい試合になったが、次にはつながったので、まあ良しとしよう。

試合後には、試合中ブーイングを受けていたレンペーとメンバー外だった馬渡がコアサポーターとメインに挨拶に来てくれた。
それにしっかりとコールとチャントで返したサポーター。
いい光景だった。

今のレンペーはまさにカターレが必要とする選手なんじゃないかな。
そんな風にすら思えた。

(私の10年日記)
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年

読んで面白かったら、一押しお願いします。励みになりますので。
にほんブログ村 サッカーブログ カターレ富山へ ←ほかにもカターレ仲間がいます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ ←ほかにも富山仲間が。
関連記事

テーマ : カターレ富山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

さば

  • Author:さば
  • 40代、男。妻と高校生の息子がいます。
    性格は基本的に後ろ向き。何をするにも尻込みして、やってみたとしてもどんくさい。何かを変えたいと思っていても実は現状肯定主義者で偉そうに語ることもあります。
    こんな私ですが、ブログを見てもらった人には和んでいただきたいと思って書いております。
    なお、更新は数日おきにまとめて更新していることが多いのでご了承下さい。
    管理用ページへ
twitter

プロ野球
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
138位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク